エリア88。 エリア88

エリア88の登場人物

エリア88

eria88. より それは真とそして国家を超えた 戦いの幕開けだった。 最終回 世界中の戦争を操り、 莫大な利益を得ようとする組織にして 計画である「プロジェクト4」。 中東を制圧しヨーロッパに触手を伸ばそうとしていた。 それは神崎により実行された計画だった。 そしてアスラン王国は内戦状態へと陥る。 プロジェクト4と戦う決意をした真は 壊滅したエリア88に原子力空母を提供するなど 密かに支援を行っていた。 そしてエリア88を除隊した真だったが、 エリア88の司令官「サキ」による 反攻作戦に自らの戦闘機を駆ってかけつけた。 プロジェクト4の計画は 失敗に終わり 王宮を逃げ出す神崎を見つけたが あえなく逃げられてしまう。 eria88. modelより アニメ見るなら原作読んでおいた方がいい。 戦闘ものですが人の悲哀も描かれています。 更に帰還兵の精神障害を描ききった 作品は他にあるのでしょうか。 しかし、兵器類がトンデモで、 戦闘機が理論的に説明の付かない動きをするとか 面白いです。 結末付近はご都合主義が横行してる節は有ります。 2兆円近い金をゲットしたり、実戦で核使ったり。 画風を気にしなければ楽しく読めるかと。 というか、観る前に読んだ方が絶対にお得。 『エリア88』をはじめ 名作漫画、映画、アニメ、ドラマを お試し期間を上手に使って 無料で楽しみませんか。 おすすめは総合コンテンツ配信サービス2社 「U-NEXT」と 「FOD」 『FODプレミアム』で観る・読む がお得でおすすめです。 動画配信サービスの中には、 映画・アニメ・ドラマなどの動画だけでなく、 漫画・雑誌・書籍などもセットで楽しめる サービスがあります。 まさに総合的なコンテンツ配信サービスです。 電子書籍はデータ転送量が動画に比べて、 少なく、移動中などにスマホで気軽に購読できる メリットがあります。 料金体系も動画と共通になっている場合が多いので、 動画、書籍バラバラで会員になるより 1本にまとめればお得に利用できます。 とりあえず登録して気に入らなければ退会できます。 コンテンツの量で圧倒。 新作の配信スタートも早い! 料金 月額料金:1,990円 毎月1,200ポイント付与(最新コミックなら約2冊分) コンテンツ数 動画:110,000本以上(うち見放題は65,000本以上)(カラオケを含む) 漫画・書籍330,000冊、雑誌70誌以上 無料期間 31日間の無料お試し期間あり + 600ポイントプレゼント アカウント 4つ(4人分)使えます ダウンロード ダウンロードすればwifiに繋がっていなくても作品が楽しめます 放送中の最新作から、懐かしの大人気ドラマも! 料金 月額見放題コース ・FODプレミアム:月額888円 ・他、1種類 月額ライブコースもあり コンテンツ数 動画見放題対象作品は2,000作品以上 漫画・書籍:4万タイトル・15万冊 雑誌:80誌 無料期間 今ならYahoo! Japan IDで登録すれば、FODプレミアムコースを31日間無料お試し可能 特典 FODプレミアム会員なら、8の付く日(8日、18日、28日)は400ポイントプレゼント!(2017年11月特典).

次の

「エリア88」 この超絶クオリティにはもう原作ファンも唸るしかない!

エリア88

航空機 戦闘機・攻撃機 アメリカ製 山岳基地のとして主に登場。 視界不良時の着陸誘導をグレッグがかって出る。 また、マッコイの発言から対地攻撃部隊もある模様。 ベトナム戦争時代に戦闘疲弊症から麻薬中毒になり錯乱したパイロットがミッキーの僚機を誤射し撃墜した際にも登場。 安価で信頼性・整備性に優れ、本来はながらとしても使用できるほど運動性能も高く、多数の国で採用された傑作機。 エリア88でも初期のグレッグなどにより数多く使用され、主力機と言える。 また、ギリシアの訓練基地でも数多く使用されており、作品末期まで活躍を見せた。 真はギリシアで訓練に数回使用。 ミッキーも山岳基地でF-14再入手まで使用していた。 他にM型も登場する。 プロジェクト4のタンドリア侵攻の際に地上軍を偵察するも撃墜される。 88に搭載。 ブラシア攻撃の第2次攻撃隊に使用されている。 また、序盤の核ミサイル迎撃の際にエリア88から退避するシーンも見られる。 砂漠空母攻撃や首都上空の最終作戦のほか、空母上で姿が確認できる。 当時最新の地上攻撃機。 砂漠空母の頑丈さに業を煮やしたグレッグがマッコイに手持ちの全額を渡して入手を依頼し、に配備される予定だったものを手に入れた。 砂漠空母戦には間に合わなかったが対プロジェクト4戦では地上攻撃に大活躍した。 なお、グレッグのA-10は40mmバルカン(実在しない)に換装されている。 山岳基地ではケンの操縦でもう一機、さらに塗装パターンの違うモブキャラの乗った機が二機登場している。 熱源探知による砂漠空母探索やセラ・キムのブラシア組救出作戦など要所要所で活躍した。 不死鳥チャーリーの乗機で本来二人乗りのところを彼はひとりで乗っていた。 の多くで大量採用された戦闘機であり、基本的にエリア88等政府側の機体となったが、主要登場人物が常時搭乗した機体ではなくモブキャラが使用するなどの脇役としての登場に終わった。 なお、プロジェクト4制圧後のアスランは基本的にの機体を使用しているが、一部、ブラシア制圧後にアッサンらを演習の標的として攻撃した時(戦闘の描写はないが、エリア88の部隊と会敵後、撃墜された描写はある)、スエズ作戦発動前のの練習で使用される等、旧アスラン政府所属機が使用されていたと思われる。 登場するのはたいがいが機首にガトリング機関砲を装備する E型であるが、一部コマでは D型と思しきものもあった。 発展途上国空軍向けのベストセラー機である。 所有機体がないときの真が山岳基地以前によく使用した(砂漠空母戦でも使用)。 真以外にもエリア88の傭兵達も数多く使用。 テレビ版には登場しない。 F-8Eを撃墜された真の搭乗機。 前述F-5Aの発展型で、運動性も良い。 空戦中の被弾がもとで着陸に失敗し失われた。 その後別の機体を購入した様だが、ウルフ・パックの攻撃で破壊されたものと見られる。 また、ブラシア空軍の主力戦闘機としてアッサンやその部下も使用。 アメリカ海軍初の超音速戦闘機。 同時期の空軍機を上回る高性能を持ち、特に後に登場するF-4ファントムIIを上回る運動性を発揮する。 エリア88登場の兵器には現実には入手困難なものが多いが、本機はアメリカ海軍を退役した中古機をが実際に購入している。 風間真の作中最初の乗機で、物語序盤に登場したボリスの乗機でもあり真もかなり気に入っていた様子。 劇中、飛行中に翼を折り畳んで敵の罠(通称:砂漠の牙)を突破するシーンがあるが、実際に折り畳んだまま航空母艦から発艦して地上基地に着陸したという記録(実質的には事故)があるものの飛行中の折り畳み操作は不可能。 ゲイリー・マックバーンの回想シーンで所属機が登場。 エリア88の隊員は使用していない。 ミッキーの主な乗機。 最初の機体はへ引き渡されなかった分の機体で、砂漠空母の攻撃により撃墜されて失われた。 その後山岳基地時代にマッコイがどこからか再度入手し、交換部品の入手難や整備性・燃費の悪さに泣かされながらも最後まで使用した。 本機は本来二人乗りの複座機だがミッキーは一人で乗っており、一時期セラが後席に座っていた事もある。 また、ミッキーの回想では後期の場面で米海軍の同機が登場しているが、実際には同戦争での本格的な投入は行われておらず、実戦投入は末期の1975年でほとんど使用されていない(の節を参照)。 本機は維持費の高額さや入手の困難さも相まって、常に乗機とするわけにはいかなかった。 通常二人乗りであるところをミッキーは一人で乗るため、マッコイから受領した一機目の機体は、火器管制システムの使用モードを限定したり後部座席を外したりしている(二度目に手に入れた機体ではセラ等が搭乗することもあり外されていない)。 作中でたびたび予備部品の高価さ(電子部品の予備2セットで中古戦闘機と同等の値段)や、燃料消費量の大きさ等が語られていたが、内戦終盤では予備部品の調達ができず、火器管制システムのプログラムもエラーが頻発し整備時の動作チェックで自転車一台への攻撃のために核ミサイルの使用を希望するなどとんでもない動作をしていた(火器管制システムのエラーについては最終決戦直前にマッコイから「電子部品の予備パーツが入手できた」との連絡があったため電子部品の交換により解決したと思われる)。 最終局面ではエンジンノズルの消耗が激しく飛行に影響を及ぼすほどだったが、これも交換部品がなく、それが彼の死の遠因ともなった。 なお原作では空母エリア88の飛行甲板上に数機描かれている。 TV版においてのミッキーはA型ではなく、B型に搭乗していた。 砂漠基地にてサキ用に配備されたものの直後の核ミサイル迎撃に真が使用したのみで、その後、ウルフ・パックの攻撃で破壊されたものと見られる。 また、プロジェクト4制圧後のブラシアでアッサン等が標的として参加した演習でもプロジェクト4側に1機存在している。 真を除くエリア88の隊員は運用していない。 原作では登場しない。 OVAでは不死鳥チャーリーの愛機(原作ではF-4ファントムII)として登場する。 ウルフ・パックとの空中戦のどさくさにまぎれて真のF-5Eを攻撃するが海岸付近に追い詰めた際にを起こして海に墜落、チャーリーも戦死した。 作品連載当時の西側の最新鋭制式採用機。 砂漠空母がリモコン操縦機を運用したり(シンとミッキーが砂漠空母から強奪して脱出に使用し、搭乗機としようとした)、神崎が終盤で専用機とするなど敵役が多かった。 OVAではモブキャラの友軍機として登場するも、ほとんどが撃墜される。 山岳基地でも一機がモブキャラの友軍機として登場する (F-5G) 真の代表的な乗機で、F-5系列の発展型。 まだプロトタイプなのをマッコイが入手、真の乗機となった(ちなみにOVA版でシンが「有り金叩いて買った」と発言している)。 味方の基地上空まではたどり着いたが、その後の場面は描かれていない。 真は生還した。 世界初の超音速戦闘機として有名な戦闘機。 ミッキーの作品中での最初の乗機。 F-14が入手できないときに使用することが多く、地上空母がサキ不在のエリア88を奇襲した際にも使用している。 本機のエンジンは真のF-8と同じだが機体の性能はかなり落ちる。 ギリシャの訓練基地で使用。 また、復旧したエリア88基地滑走路に大穴のペイントを入れた際、それをウォーレンとサキが確認する際にも使用されている。 本来は戦闘機だがRがつくのは派生型の偵察機であり、アメリカ・で採用された。 元々が複座である事から訓練基地で練習機、または連絡機として使われたものと思われる。 セラがからアスランに戻るのに空軍機を強奪。 のちにプロジェクト4を脱走して仮設基地に向かう際にも使用され、不時着したが修復し、乗機として使用した。 グエンの乗機となったでの主力として活躍した戦闘爆撃機。 人であるグエンにとっては同胞を虐殺した因縁めいた機体である上、はこの機体を保有しておらず、ベトナム人が操縦桿を握った記録はない。 グエンが敢えてこの機体を選択した背景は不明である。 対空地雷によって失われた。 地上空母戦でエリア88基地壊滅後の再集結の時に空港に登場。 また、プロジェクト4がアスランに初めて上陸した時、それを偵察するエリア88側偵察機としても登場した他(対空地雷によって失われている)、終盤でプロジェクト4側から寝返ったアスラン空軍の中にも同機による部隊が存在している。 モーリスの乗機。 かつてのミッキーも練習機として使用した。 レシプロ機の特徴を生かしてエリア88の窮地を救った。 超音速練習機のベストセラー。 セラの山岳88基地からの脱出や、真の操縦によるザク国王フランス亡命の際に使用。 (対ゲリラ戦用機)。 本来は人間や軽車両を攻撃する目的の機体であり空母攻撃に使用可能な火力は持たない。 OVAではエリア81に配備されていたが、ウルフ・パックの攻撃を受けた際に標的同然に破壊された。 アメリカ空軍の実験機だったが、エリア88復帰にあたり真の専用機となった。 軍事評論家・はスコラ文庫版の解説で「実験機のX-29では航続距離不足や武装・レーダーの追加などで実戦投入は大変だろう」と述べており、劇中でも燃料切れにより放棄されている。 ソ連(ロシア)製 作品開始時に風間真が撃墜した、反政府軍の機体。 おそらくその頃の反政府軍の主力機と思われる。 K-5空対空ミサイルを搭載していることから PFU型と判別できるが、40機程度がソ連防空軍に配備された程度で輸出はされていない(ただし連載当時のソ連はMiG-17PFUの宣伝写真を多数公開しており、それを見て西側は数百機は量産されていると誤認していた)。 MiG-17の後継機でソ連初・世界2番目の超音速戦闘機。 極めて運動性が高く、その点は後継機のMiG-21すら凌ぐ。 エンジン寿命が短く、頻繁にオーバーホールが必要なのが欠点であり、MiG-21を採用した国では急速に退役していった。 反政府軍も例外ではないと思われ、登場回数は極めて少ない。 空対空ミサイルを搭載していることから PM型と思われる。 東側のベストセラー戦闘機で、物語中盤以降の反政府軍の主力戦闘機。 風防の形状からして PFM初期型と思われる。 マックバーン達プロジェクト4でも主力機として採用しているが、西側の電子機器を採用して近代化改修をしている模様(本作品終了後ではあるが、実際にMiG-21を西側の電子機器を採用して近代化改修した例がある)。 MiG-21の後継機であるMiG-23の攻撃機型 MiG-23Bの輸出型。 後述のMiG-27と早々に交代したためか作中での出番は少ない。 戦闘機としては運動性においてMiG-21に及ばず、反政府軍の採用もなかったようだ。 ただし後の発展型はかなり性能向上しているが、その事は当時の西側には知られておらず、当然ながら作者も知りえなかった。 テレビ版では機首にトカゲのノーズアートを施し、かつてミッキーのベトナム戦争時代の元部下でもあったエピソードキャラクターのパトリック・リード中尉の乗機として登場する(ちなみに、そのトカゲのノーズアートを描いたのはミッキー自身である)。 ただし、パトリック・リード中尉とその僚機達(リード中尉を含めて5機編隊)の機体は機首に円錐形を装着していたことや、垂直尾翼前縁から胴体背面に伸びるドーサルフィンが小さいことから、MiG-23の戦闘機型の中でも後期型に分類されるのいずれかと推定される。 MiG-23Bの発展型。 可変空気取り入れ口を廃止し胴体下部固定武装をガトリング砲に換装しているのが主な相違点。 反政府軍でも傭兵部隊「ウルフ・パック」が同機を使用してエリア88と交戦して以降は広く採用されて主力攻撃機となっていた。 後にプロジェクト4に乗っ取られたアスランでは正規軍も使用。 D型というのはMiG-27をM型規格に改修した機体を指す。 旧ソ連のVTOL戦闘機。 反政府軍がその能力を活用して山岳基地行きの輸送機を奇襲した。 登場機は「ネコのヒゲ」と呼ばれる障害物接近感知センサーを取り付け、森林内を飛行し遮蔽された基地に帰投できるようにすることで反撃を防いでいた。 内部機器は西側諸国の製品が使われている。 現実のフォージャーは機体性能では英国のハリアーより劣り、作中で示したような運用は不可能と考えられる。 ただし連載当時には実態は明らかではなくハリアーに優る高性能を持つ脅威の超音速VTOL戦闘機と考えられていた。 イスラエル・欧州諸国製 (劇中内の呼称はクフィール) アスランの友好国である製戦闘機で、おそらくアスラン空軍の主力戦闘機と思われ、後のプロジェクト4配下でも相当数が引き続き使用されていたと見られる。 第1話から登場しサキも終盤まで使用している(彼の機体の垂直尾翼にはアスラン王家の紋章が描かれている事が多い)。 ウルフパックの攻撃でエリア88所属機体の大半が失われた際、10機が緊急配備されサキの他9人の精鋭に与えられた。 ウォーレン、ケンなど、他の88メンバーも多数使用。 マッハ2級の超音速機だけに整備も難しいとされ、エリア85では整備不良で一機が失われている。 ラウンデルの乗機。 低速・低空での運動性の良さを活かして活躍する。 本来はのであり、後にサキがを入手した際に重宝する事となった。 後にキムの乗機。 である事を利用して活躍した。 キムが最初に使用した機体は米海兵隊から引っ張ってきたAV-8Aだったが、キムが山岳基地を脱出する時はF-20を使用したため放棄されたと思われる。 後にまた乗るようになったハリアーGR. 1(もしくはAV-8A)はマッコイが調達してきた別物と思われる。 OVA版では反政府軍が有人機を装備しており、燃料集積所の防空部隊としてタイトロープ作戦を行ったシンたちを待ち伏せて迎撃している。 英国製戦闘機。 黒人傭兵3人組「エスケープ・キラー」(脱走兵殺し)が使用。 輸出例は少なく、エリア88ではない3人がどのようにこの機体を入手したかは不明である。 88の傭兵は自分達の機材を棚に上げ「また古い機体で戦争しに来たな」と驚いていた。 が定時訓練で使用。 ボッシュの誘いでシンも搭乗することになった。 ボッシュ曰く「飛ぶだけならどれも同じ」。 エリア88の隊員は使用していない。 原作では登場しないが、TV版にてキトリの乗機として登場する。 なおキトリの機体以外の他にエリア88にも数機が配備されている。 タンドリア空軍主力戦闘機。 作中では哨戒飛行を行うのみで、戦闘シーンは無い。 イタリア空軍曲技飛行隊採用機ということで、マリオ・バンディーニが赴任してきた際に、名前だけ挙げられている。 エリア88の隊員は使用していない。 クフィルでデルタ機に慣れた真が次の乗機として選んだ機体。 作中でマッコイ曰く「ミッキーのF-14と同等又はそれ以上の調達資金を必要とした」が、その整備性の良さで活躍している。 砂漠空母の対空ミサイルにより撃墜されている。 岡部いさく曰く「(スウェーデン製で本来は寒冷地で使用する)ドラケンを砂漠地帯の仕様にあわせて使うのはかなりの道楽で、真は帰国を諦めて戦闘機オタクになっていたのではないか」と述べている。 ただし、J35の前任機(世代としては前々世代)のはコンゴ動乱で国連軍に編入されたスウェーデン空軍が使用しているという実例があり、J35も砂漠地帯で使用することは困難だという断定はできない。 爆撃機 で眼の治療を受けたサキが帰国の際に手に入れた当時最新鋭の超音速。 エンジンをからロールス・ロイス社製に換装し試験を行うためにイギリスへ密かに持ち込まれた機体を供与している。 沢は開発した本国でも使用していない機体を供与された事に驚いていたが、サキは「中東にはいろんな国がおべっかを使いたがっているから」と返答していた。 プロジェクト4が大量に導入した全天候大型爆撃機。 主に胴体内部に給油タンクを増設して空中給油機として飛ばしている。 にに改造されたB-52は存在しないが、プロジェクト4は最低でも1機は改造しているようである。 エリア88の隊員は使用していない。 原作では登場しないが、テレビ版にて敵機として登場したソ連製。 初登場の回では、原作においての反政府軍側の作戦参謀J.C.ゴールドを乗せた輸送機として登場した。 エリア88の隊員は使用していない。 輸送機 S-2の型がC-1である。 の使用しているとは別機種。 ベンディッツが退任して基地を出発する際に使用した(C-1ではなくS-2の雑用型US-2の可能性もある)。 西側の主力戦術輸送機で、現在でもを含め多くの国で主力輸送機になっている。 マッコイの愛機(操縦はプーキー)。 守銭奴の彼の機体らしく機首脇にはコインで膨れ上がった銭袋がマーキングされているが、巨大な山岳基地ではその垂直尾翼が邪魔になって着陸に苦労していた。 また、山岳基地へ物資を運ぶ部隊として、最低でも7機が登場している。 マッコイがギリシャの訓練基地に真のタイガーシャークを持ち込むのに使用。 エリア88には配備されていない。 哨戒機 空母登場直前、プロジェクト4の補給ルートへの海岸基地のエリア88による攻撃の際、プロジェクト4側が発進拠点を探知するのに登場。 エリア88の隊員は使用していない。 周辺地区の偵察哨戒任務についていたが、プロジェクト4上陸部隊を発見した哨戒機2機が撃墜されている。 元々、S-2は艦上であるが、漁業監視機や消防機などの多目的利用もされている。 エリア88に配備されているが、主要の隊員は搭乗していない。 空母88の艦載機として登場。 プロジェクト4のをで撃沈している。 なお、この対潜ミサイルは赤外線探知と記載があるが、実在する対潜ミサイルは音響誘導方式であって、赤外線誘導方式は存在しない。 主要メンバーは搭乗していない。 ヘリコプター エリア85に登場。 UH-1の進軍をバックアップした。 他にもプロジェクト4がブラシアで捕虜を標的とした訓練でS型を使用。 タンドリア戦線でプロジェクト4地上軍を攻撃した。 神崎と真が日本で過去の因縁話を終えた後、中東に帰る神崎を迎えにきた。 エリア88には配備されていない。 機体の不調で農園に不時着した真のF-5を回収するのに登場。 空母88に所属。 キムが故郷のルンガに向かったときや空母用の港を岸壁爆破で造成したときなどに活躍している。 基地には配備されていない。 バンバラのクーデター作戦でボッシュの配下のケニーが使用。 逃亡するシン達のトラックを上空から銃撃するがニップルの手榴弾により撃墜される。 エリア88には配備されていない。 エリア85の主力ヘリ。 機体両脇にガトリング砲とロケット弾ポッドを装備した、所謂ガンシップ。 その他 パリへザク国王を亡命させ除隊後に、日本人観光客の女性3人組に頼まれて遊覧飛行に共をして、セスナのパイロットが心臓麻痺で操縦不能になった時にシンが操縦して無事に着陸したFA1355機。 地上兵器 反政府軍の。 反政府軍の対空ミサイル車両。 エリア88にも配備。 反政府軍の自走砲。 反政府軍の対空車両。 戦車 砂漠空母の地上軍の主力戦車 砂漠空母の地上軍の走行車両。 プロジェクト4の主力戦車。 ただし実在するメルカバの輸出実績はない。 プロジェクト4のブラシアでの捕虜標的訓練で、標的にされたブラシア兵が搭乗。 プロジェクト4のブラシアでの捕虜標的訓練にて、ブラシア兵の搭乗するハーフトラックを砲撃する。 ブラシアのレジスタンスの対空車両。 プロジェクト4がタンドリア侵攻作戦において使用。

次の

タイガーIIとタイガーシャーク:エリア88の風間真の愛機について

エリア88

>ノイエン・ビッターさん おおー、あの台詞が聞き取れるとはすごい!航空関係のお仕事なんでしょうか? 【Mickey,we got some Bandit at three o'clock. 】 ミッキー、3時方向に敵機発見 【OK,I've got a _____】() 【____________】() 【Those guys again? 】 この間の奴らかねえ? 【I'll take kill him. 】 俺は彼(こっち)をやる。 【OK,I'll take kill other. 】 了解、じゃ俺は残った奴らだな。 【OK,Good-luck! 】 グッドラック 【Good-luck Partner! 】 グッドラック 相棒! と聞こえるんですが、合ってますか?___の部分は聞き取れませんorz bogey 又はboggy、未確認機 じゃなくてBandit 敵機)ってのが流石です ところで、砂漠のイリュージョンに英語版なんてあったんですね。 初めて知った。

次の