サレ妻慰謝料ブログ。 サレ妻の修羅場とは

不倫の慰謝料の相場っていくら?

サレ妻慰謝料ブログ

元記事: 当ブログを何ページか読んでくださったあなたは、すでにご存知かと思いますが、私はたくさんのパパさん(既婚者の男性)と不倫をしてきました。 あなたには聞き苦しいことかもしれませんが、私はパパさんとの不倫をとても楽しんでいました。 不倫といっても、していることは普通の恋愛と変わりませんので、甘い甘い時間を過ごしてきました。 そんな愛人であった私が、パパさんの妻であるあなたにされては困ることがいくつかありました。 元パパ活女子として、妻であるあなたにされてほしくないことをズバリ述べます。 憎っき愛人からあなたの旦那様を取り戻すために、ぜひ読んでみてください。 ズバリ「慰謝料の請求」 当時、愛人であった私が一番恐れていたことは、やはり慰謝料を請求されることでした。 愛人への慰謝料の相場は、300万円~500万円と言われています。 当時の私は派遣社員でしたので、年収は200万円程度。 私の年収をはるかに超える額の「慰謝料」を請求されることは、とても恐れていました。 あなたの旦那様を愛人に取られたら、ムカつきますよね。 そんな 愛人に仕返しをしたければ「慰謝料」の請求が一番効果的です。 不倫をするくらいの愛人なので、根性がすわっています。 嫌がらせのメールなどは、なんてことも思っていません。 むしろあなたに対抗心を燃やすために、不倫をエスカレートさせることもあります。 場合によっては、あなたの夫を奪ってしまうことすらあります。 なので自分で嫌がらせをするより、「法的に慰謝料を請求する方法」で愛人を困窮させてしまいましょう。 肝がすわっている愛人でも、法律には叶いません。 「法的な証拠」を突き付けられること また愛人であった私は、「法的な証拠」を突き付けられることも恐れていました。 法的な証拠を突きつけられたら、私自身だけでなく、私の両親や家族をも巻き込むことになります。 愛人は、ラインのメッセージや、インスタグラム、Facebookのタグ付けを証拠として付きつけられることはなんとも思っておりません。 そこにはなんの効力もなく、どうにでも言い逃れができるからです。 また賢い愛人は、SNSのタグ付けやいいねなどはしません。 こっそりと不倫を楽しんでいるのです。 法的な証拠を元に慰謝料を請求できる 「法的な証拠」があると、「慰謝料」を請求することができます。 もしもあなたが、ご主人のラインやSNSで浮気の証拠を見つけたとしても、それはなんの効力を持ちません。 慰謝料を請求はできませんし、愛人の生活を脅かすようなことは、何もできないのです。 せいぜい愛人の闘争心をかき立てて、不倫をエスカレートさせる火に油を注ぐようなものなのです。 あなたが不安な気持ちはよくわかります。 あなたの夫とその愛人に対する怒りもよくわかります。 しかし感情的になっては、解決はしません。 あくまでも冷静に冷酷に対応しましょう。 「法的な証拠」とは? では「法的な証拠」とはどういうものなのでしょうか。 具体的には、 あなたの夫とその愛人が密会している現場を「法的な方法」で押さえることです。 当ブログでご紹介している、原一探偵事務所が取り扱っている「法的な方法で証拠」を押さえる具体的な例をあげると、 ・あなたの夫と愛人がホテルに入っていく現場の写真 ・カフェでいちゃいちゃしている現場の写真 ・不倫旅行をしている現場の写真 ・不倫旅行に行っている車のナンバーと標識の写真 など、あなたの夫と愛人が密会している現場の写真を押さえることです。 「法的な証拠」となるのは、1回の密会現場を押さえることだけでは効力はありません。 単なる仕事の打ち合わせである場合もありますし、またそう言い逃れることもできるからです。 法的に認められているのは、「複数回の密会現場の写真」を押さえることです。 何度もあなたの夫と愛人が密会しているのであれば、「法的な証拠」となります。 その「法的な証拠」をもとに、愛人が一番恐れている「慰謝料の請求」をすることが可能になります。 もっと詳しく「不倫にまつわる法的な証拠」について知りたい場合は、下記の原一探偵事務所の、 無料の電話相談で詳細を問い合わせてみましょう。 あなたと復縁されること 「不倫」といっても、中身は男女の恋愛ですので、あなたと愛人はライバル関係なわけです。 愛人であった私は、パパさん(既婚者の男性)がまたあなたの元に戻ってしまうことも避けたいことでした。 愛人であった私にとっては、失恋を意味するのですから。 愛人には、家庭や法律的に守ってくれるものは何もなく、一人になってしまうのですから。 しかしあなたの旦那様も男ですので、一度あなたから愛情がはなれて、ほかの女性に目移りしてしまったら、なかなかあなたを再び愛するようにはなりません。 あなたの夫を愛人から取り戻すには、あなたが変わっていく必要があります。 あなたが変われば、旦那様は浮気をやめて、またあなただけを愛するようになります。 しかしあなたがどうすべきか、どう変わったら夫が家庭に戻ってくるのかわからない場合は、下記の「」を読んでみることをオススメいたします。 愛人があなたにされたら困ることのまとめ 私の実体験をもとに、愛人が妻であるあなたにされては困ることをまとめてみました。 愛人への仕返しには、プロの探偵社を頼って、慰謝料を請求したり法的な証拠を付きつけたりする方法が、もっとも効果的です。 またあなたが変わって、旦那様があなたの元に戻ってくることも、愛人にとっては避けたいことなのです。 旦那様の不倫は、本当に腹が立ちますよね。 ムカつくのも当然です。 そしてあなたは、同じくらいに愛人を憎んでいることでしょう。 そんなムカつく愛人には、思いっきり仕返しをして、あなたは旦那様を奪い返しましょう! あなたの旦那様が、再びあなたを愛するようになって、 あなたの心に平和が戻ってくることを願っております。 com).

次の

不倫サレ妻ブログ~探偵の浮気調査を終えて慰謝料請求中

サレ妻慰謝料ブログ

どちらの呼び名にも大差はない。 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 最近、パートナーに婚外恋愛をされた夫を「サレ夫」、妻を「サレ妻」と言うらしい。 これらのワードはネット上で広く知れ渡り、「サレ夫」「サレ妻」が集まる掲示板では、パートナーへの愚痴や復讐方法について、日夜盛んに意見交換がされていることもある。 この連載では、いつも婚外恋愛をしている女性に話を聞いているが、今回は趣向を変えて「サレ夫」に取材を行った。 「ようやく私の我慢が実る時が来る……そう考えると今からワクワクしますよ。 もしかしたら僕も、生涯最後の恋愛ができるかもしれない、なんて考えたりして」 そう語る仁さん(仮名)は、現在妻と家庭内別居中だ。 結婚して20数年、郊外に家を建て、2人の子宝にも恵まれた。 専業主婦である3歳年上の妻と不仲になったのは、今から約2年前のことだという。 「上の子どもが独立して、自宅を出ていき、下の子が成人した頃からですね……原因は、妻の様子が次第に変わってきたこと。 もともと妻は気が強い方だったのですが、年を重ねるごとにヒステリックになってきて」 仁さんは当初「更年期障害なのかな?」と思っていたというが……。 「そうではなく、潜在的にそういう性格だったんでしょうね。 最近の言葉だと『毒親』っていうんですか? 思い返せば、昔から、子どもたちに対しては威圧的な態度で接することも多かったです」 奥さんの高圧的な態度の矛先が、子どもから仁さんに向けられるようになったということなのかもしれない。 「あなたの帰りが遅くて食事の片付けができない、風呂に入れない」など、朝から晩までガミガミと仁さんに当たるようになったのだという。 「妻の言い分もわかりますが、とにかくヒステリックな態度がきつくって。 下の子も、母親にあれこれ高圧的に言われるのがストレスになるようで、春からは一人暮らしをすると言っています。 でも、怒りの矛先が子どもから私に向き始めたのには、上の子が家を出たから以外、別の理由があったんですよ」.

次の

サレ妻の怒り爆発「旦那の不倫相手に慰謝料を請求した話」/24話

サレ妻慰謝料ブログ

すっかり久しぶりの投稿になってしまいました。 私がこのブログを更新できていない間も、アクセスしてくださる方がいました。 このブログにたどり着くのは、サレ妻さんのみだと思っています。 かなりマニアックな内容なので…。 アクセスの数だけサレ妻さんがいるんだなと思うと、とても辛くなりました。 みなさん、大丈夫ですか?ちゃんとご飯を食べられていますか? 私の方は、慰謝料請求真っただ中で、まだバトル中です。 慰謝料請求って、弁護士さんがかなりやってはくれますが、丸投げにはできないので、それなりにストレスがかかります。 往生際の悪い女が支払いを渋り、訴訟の決断も迫られています。 訴訟するパワーもお金もないよ…と思いながら、悩む日々を過ごしております。 旦那の不倫というものは、一体どこまでも私を苦しめるのだろうかと、思わされます。 最近、新しい仕事を始めました。 今は誰とも関わりたくない時期なので、ひっそりと在宅でマイペースに仕事をしています。 いつかは社会復帰しないといけないことは分かってはいますが… もう少し先にしようかなと思っています。 また少しずつブログも更新していきたいと思いますので、また遊びにきてくださいね! YUI•

次の