ひたちなか 市 台風 被害。 ひたちなか市|発令情報詳細|茨城県 防災・危機管理ポータルサイト

気象庁 | 気象警報・注意報 | ひたちなか市

ひたちなか 市 台風 被害

水戸市、那珂市、ひたちなか市などを中心に茨城県全域が対応エリアとなっております。 その他の地域の方もお気軽にご相談ください!• 県央地域• 水戸市 笠間市 小美玉市 東茨城郡茨城町 東茨城郡大洗町 東茨城郡城里町• 県北地域• ひたちなか市 那珂市 日立市 常陸太田市 高萩市 北茨城市 常陸大宮市 那珂郡東海村 久慈郡大子町• 県西地域• 古河市 筑西市 常総市 坂東市 結城市 桜川市 下妻市 結城郡八千代町 猿島郡五霞町 猿島郡境町• 鹿行地域• 鹿嶋市 潮来市 神栖市 鉾田市 行方市• 県南地域• 稲敷市 つくば市 土浦市 取手市 牛久市 龍ケ崎市 石岡市 守谷市 かすみがうら市 つくばみらい市 稲敷郡阿見町 稲敷郡河内町 稲敷郡美浦村 北相馬郡利根町.

次の

ひたちなか市で台風被害により破損した雨樋の補修工事を火災保険申請│街の屋根やさん水戸店

ひたちなか 市 台風 被害

【AD】 台風19号で氾濫した那珂川で、水戸、ひたちなか両市の無堤防区間3カ所からも水があふれ、住宅や田畑が浸水した。 地元住民らは流域の首長と共に、河川を管理する国に対し築堤を繰り返し要望しており、不安が的中した形だ。 国土交通省は河川整備計画に基づき20〜30年を目標に堤防の整備を進めているが、今後も記録的な大雨が降る可能性は高く、対策が急がれる。 東水戸道路の高架橋下に位置する三反田地区は豪雨から一夜明けた13日朝、那珂川から泥水があふれ、田畑や道路などが冠水した。 上流約2キロ先の市下水浄化センター付近まで堤防は完成したが、下流側はいまだ全域が無堤防。 右岸の水戸市圷大野、中大野、小泉町なども田畑が浸水し、河口付近の那珂湊市街地では床上浸水の被害が出た。 無堤防区間を巡っては1986 昭和61 年の那珂川水害で氾濫。 これを機に水戸市など流域6市町で組織する那珂川改修期成同盟会は国交省に築堤を繰り返し要望してきた。 国交省が16年1月にまとめた那珂川水系河川整備計画に、三反田地区などの堤防整備が盛り込まれた。 ひたちなか市によると、市内の無堤防区間約5・5キロのうち約3・5キロが14年度に事業化され、地質調査が続いている。 河口までの残り約2キロは事業化にも至っていない。 計画全体の期間は約30年と長い。 今回、事業化区間で浸水したひたちなか市関戸の自治会長、橋本正弘さん 78 は「地質調査の次の段階が見えず、国の動きは遅い。 大規模災害が増える中、早く堤防を造ってほしい。 自然は 堤防完成を 待ってくれない」と訴えた。 水戸市の国田自治実践会副会長の石川幸一さん 61 も「那珂川の近くに住む市民も多い。 後世のためにも国に対策を求めていきたい」と話した。 地球温暖化で今世紀末までに気温が2度上昇し、洪水頻度が倍増するとの前提で治水対策を見直すため、国交省は18日、新たな施策の進め方を社会資本整備審議会に諮問した。 台風19号や西日本豪雨など大水害が相次ぐ中、有効な対策を打ち出せるか注目される。 斉藤明成、前島智仁.

次の

ひたちなか市で台風被害により破損した雨樋の補修工事を火災保険申請│街の屋根やさん水戸店

ひたちなか 市 台風 被害

このたびの令和元年台風19号において被災された皆様に、心からお見舞い申し上げます。 各自治体・金融機関などからさまざまな救援策が提供されています。 そのなかから、主に住まいに関わる最新情報をお伝えいたします。 各自治体の情報は、特記がある場合以外は10月21日~25日の各自治体ホームページに災害対応として記載があったものをもとにしており、随時更新されることがあります。 このページの最終更新日は【2019年12月11日 水 】です。 「り災証明書」は自治体が被害状況を調査し、被害状況が以下の4区分のどれに当たるか認定するもので、発行には時間がかかります。 「り災届出証明書」は被害を届け出たことを証明する書類であるため、申請時に即発行されます。 「り災届出証明書」で対応できる支援制度もあるので、各機関に確認をしましょう。 または補修しても機能を回復できないもの。 半壊 … 損害割合:20%以上40%未満 建物が用途に沿った基本機能の一部を損失した状態。 つまり、建物の損壊は甚大でも補修を行えば元どおりに居住・再使用できる程度の状態。 一部損壊 … 損害割合:20%未満(ごく小さい被害は除く) 建物の被害程度が全壊・大規模半壊・半壊に至らない程度で、補修を必要とする状態。 申請の予定のある方は、各自治体のサイトをご確認の上、早めの申請を。 「一時入居・仮住まい」に関する情報は、以下の記事ページをご確認ください。 以下の条件を満たす世帯が対象となります。 他の制度との併用ができない場合などもあるので、詳細は各市町村へ問い合わせを。 【台風19号で被災された方へ】住宅の応急修理制度があります 台風19号の被害による被害住宅の応急修理について ・茨城県 台風第19号で被害を受けた住宅の応急修理制度 【台風19号】災害救助法に基づく住宅の応急修理について 住宅の応急修理制度について ・ 台風19号で住家被害を受けた方への支援について(住宅の応急修理) 被災した住宅の応急修理を実施します 住宅応急修理制度について 台風19号による被害住宅の応急修理を支援します 令和元年度台風19号の被災住宅に対する応急修理について 台風19号における被災した住宅の応急修理について 住宅の応急修理制度(災害救助法) ・ 令和元年台風第19号の被災住宅に対する応急修理について ・ 令和元年台風第19号によってお住まいに被害を受けられた皆さまへ[1. ただし、住んで生活をしている人のみで事業所や工場、別荘、投資物件を除きます。 被災者に貸すための住宅を補修する場合も対象となります(原則として連帯保証人が必要)。 被災住宅に居住していた満60歳以上の親等(父母・祖父母等)が住むための住宅を補修する場合は、親孝行ローンを申し込むことができます。 補修の融資制度の詳細• 対象者 り災証明書を提出するなどの条件あり• 融資金利・限度額 【融資金利】全期間固定金利・年0. 36%(2019年12月1日~12月31日までに申し込みをされた方) 【融資限度額】補修資金:740万円(引方移転・整地をともなう場合+450万円)• 住宅の条件 床面積、築年数に関する制限はなし• 返済期間・方法 【返済期間】20年以内(1年以上1年単位) 【返済方法】元金均等毎月払い または 元利均等毎月払い• 被災者に貸すための住宅を建設・購入する場合も対象となります(原則として連帯保証人が必要)。 建設・購入の融資制度の詳細• 対象者 り災証明書を提出するなどの条件あり• 融資金利・限度額 【融資金利】 基本融資額:年0. 36%、特例加算額:年1. 26%(いずれも全期間固定金利。 2019年12月1日~12月31日までに申し込みをされた方) 【融資限度額】 ・建設の場合 建設資金:1680万円、土地取得資金:970万円、整地資金:450万円 +建設資金特例加算額:520万円 ・新築購入・中古購入の場合 購入資金:2650万円 +購入資金特例加算額:520万円• 住宅の条件 【建設の場合】 床面積・築年数の制限はありません。 【購入の場合】 ・新築の場合 1 床面積の制限はありません。 2 申し込み日に竣工2年以内、人が住んだことのない住宅 ・中古の場合 1 床面積の制限はありません。 2 申し込み日に竣工2年を超えているか、人が住んだことがある住宅 3 機構の定める耐震性や劣化状況の基準などに適合する住宅• 返済期間・方法 【返済期間】 35年以内 または 年齢に応じた最長返済期間(いずれも1年以上1年単位) 【返済方法】 元金均等毎月払い または 元利均等毎月払い• そのほか、各自治体から市町村税の納期限の延長などが発表されています。 以下にリンクのあるもの以外についても、詳しくは各市町村へお問い合わせを。

次の