見つかっ た アセンブリ の マニフェスト 定義 は アセンブリ 参照 に 一致 しま せん。 「www.eventagram.comcessでのエラーに関して」(1) Database Expert − @IT

%%ItemTitle%%

見つかっ た アセンブリ の マニフェスト 定義 は アセンブリ 参照 に 一致 しま せん

お世話になっております。 Visual Basic 2010 Express で Microsoft Office 2007 のDLL Microsoft Office 12. 0 Object Library へ 参照しているアプリケーションを開発しています(開発OSに、Office 2007 をインストールしてあります)。 そして、Office 2007 がインストールされている一般パソコンのOSでこのアプリケーションを動作させ、利用してきました。 このたび必要が生じたため、開発パソコンへ別途 Visio 2010 をインストールしました。 ビルドして、Office 2007 がインストールされているOSでこのアプリケーションを実行させると、次のようなエラーとなり実行できません。 [System. 指定されたファイルが見つかりません。 プロジェクトの参照情報をみると、参照名こそ "Microsoft Office 12. dll" と、2010?のDLLを参照してしまっています。 いったんこの参照を削除して追加をしてみました。 DLL"と表示されています。 しかし、追加してみると、先ほどの参照先に変わってしまい、2007用のDLLを参照させることができません。 Office 2007と2010が共存している開発環境で、2007のDLLを参照させる方法はありますでしょうか? Office関係DLLの参照時に、Office バージョンに依存させない参照方法などはありますでしょうか?(Object型を利用したり、動的にリンクするしかないでしょうか?変数はともかく、定数・列挙値はDLLの定義をできれば常に参照させたいと思っています) 宜しくお願い致します。 ものっそい力技ですが、 1. 対象のアセンブリを読み込む。 Dim ass As System. Reflection. Reflection. Assembly. LoadWithPartialName "Office" 2. 対象の列挙体を取得する。 Dim typ As System. GetType "Microsoft. Office. Core. MsoFileDialogType" 3. 取得した内容をループし、名称が一致する要素を判定する。 For Each value As Object In typ. GetName typ, value If name. Reflection. Assembly. LoadWithPartialName が旧形式だ~っ!!」とVSに怒られちゃいますが、 GACから自動判定で読み込む良い手段が思いつきません。 中途半端でスイマセン。。。 ただし、個人的には定数や列挙体くらいなら作成するアプリ内に保持しても良いと思います。 オブジェクトについては、変数を Object 型で作成しておいて遅延バインディングさせる方法で対応したいと思います。 定数・列挙値について、動的に取得する、もしくはOffice系DLLでバージョンに依存せず取得させる方法がもしあれば、ご紹介いただけますと幸いです。 たとえば Office2007では "Microsoft. Office. Core. MsoFileDialogType. msoFileDialogFolderPicker"の値は 4 ですが、遅延バインディングのような方法で、リンク対象のDLLに応じた(仮にOffice2013では8であれば8を)取得する方法はあるものでしょうか? 宜しくお願い致します。

次の

見つかったアセンブリのマニフェスト定義がアセンブリ参照と一致しません。 (HRESULTからの例外:0x80131040)

見つかっ た アセンブリ の マニフェスト 定義 は アセンブリ 参照 に 一致 しま せん

SQL Operations Studioを使用してVSコードのターミナルからデータベースを生成しようとしています。 移行を生成しようとすると、このエラーが発生します。 dotnet ef migrations add init 未処理の例外:System. dll '。 見つかったアセンブリのマニフェスト定義がアセンブリ参照と一致しません。 (HRESULTからの例外:0x80131040) これは私の. csprojが今のように見える方法です Exe netcoreapp2. 1 これの回避策はありますか? これは、 Microsoft. EntityFrameworkCore. Designパッケージを間違ったプロジェクトに追加した場合にも発生する可能性があり Microsoft. EntityFrameworkCore. Design。 パッケージを project A netcore に追加しました。 後で私はプロジェクトAを netstandardをターゲットとすることにし netstandard。 次に、 project A now netstandard Project B netcore を参照する Project B netcore を作成しました。 プロジェクトBで移行を作成しようとすると、ビルドは成功し Microsoft. EntityFrameworkCore. Designが、 Microsoft. EntityFrameworkCore. DesignがBではなくAで参照されたため、移行は失敗し Microsoft. EntityFrameworkCore. Design。 nuget参照をBに移動すると、問題が解決します。

次の

ファイルまたはアセンブリ 'www.eventagram.com'またはその依存関係のいずれかを読み込めませんでした

見つかっ た アセンブリ の マニフェスト 定義 は アセンブリ 参照 に 一致 しま せん

NET製品を使用したアプリケーションの実行には、製品のランタイムファイル(アセンブリのDLLファイル)が必要です。 そのため、アプリケーションを運用環境へ配布する際は、製品のランタイムファイルも一緒に配布する必要があります。 ランタイムファイルの配布に何らかの問題がある場合、アプリケーションの実行時に「ファイルまたはアセンブリ名 'xxx'、またはその依存関係の 1 つが読み込めませんでした。 (Could not load file or assembly 'xxx' or one of its dependencies. )」というエラーが発生します。 本エラーの発生原因と対処方法について説明します。 製品ヘルプは、スタートメニューなどから表示できます。 アセンブリのDLLファイルが配布されていない 【エラーメッセージ】 「ファイルまたはアセンブリ名 'xxx'、またはその依存関係の 1 つが読み込めませんでした。 指定されたファイルが見つかりません。 」 「Could not load file or assembly 'xxx' or one of its dependencies. The system cannot find the file specified. 」 【原因】 アプリケーションが、使用している製品のランタイムファイルを見つけられない場合、本エラーが発生します。 【対処方法】 製品のランタイムファイルを、アプリケーションから参照可能な、運用環境の適切な場所(アプリケーションのEXEやDLLと同じフォルダ、またはグローバルアセンブリキャッシュなど)に配置してください。 DLLファイルのアセンブリバージョンが異なる 【エラーメッセージ】 「ファイルまたはアセンブリ名 'xxx'、またはその依存関係の 1 つが読み込めませんでした。 見つかったアセンブリのマニフェスト定義はアセンブリ参照に一致しません。 」 「Could not load file or assembly 'xxx' or one of its dependencies. The located assembly's manifest definition does not match the assembly reference. 」 【原因】 運用環境に配布されているランタイムファイルのアセンブリバージョンが、アプリケーションのビルド時に参照されていたバージョンと異なる場合、本エラーが発生します。 たとえば、製品のサービスパック適用によりアセンブリバージョンが更新された場合、適用後にビルドしたアプリケーションを実行するには、そのバージョンのDLLファイルが必要です。 そのため、サービスパック適用時には、アセンブリのDLLファイルもあらためて配布しなおす必要があります。 【対処方法】 アプリケーションのビルド時に参照されていたアセンブリのバージョンを確認し、同じバージョンのDLLファイルを運用環境に配布してください。 DLLファイルの対象プラットフォーム(32bit/64bit)が異なる 【エラーメッセージ】 「ファイルまたはアセンブリ名 'xxx'、またはその依存関係の 1 つが読み込めませんでした。 間違ったフォーマットのプログラムを読み込もうとしました。 」 「Could not load file or assembly 'xxx' or one of its dependencies. An attempt was made to load a program with an incorrect format. 」 【原因】 一部の製品では、32ビット(x86)環境と64ビット(x64)環境のそれぞれに対応した専用のランタイムファイルが用意されており、運用環境に合わせて適切なファイルを配布する必要があります。 たとえば、32ビット環境用のDLLファイルを64ビット環境に配布した場合、本エラーが発生します。 【対処方法】 運用環境のプラットフォームに合わせ、適切なランタイムファイルを配布してください。 関連情報•

次の