爆笑問題 なんj。 爆笑問題vs鬼越トマホーク…27時間テレビの復讐

霜降り明星さん、ダウンタウンではなくなぜか爆笑問題を慕ってしまう

爆笑問題 なんj

笑いコンビ、爆笑問題の太田光(54)と田中裕二(55)が2日、TBSラジオ「爆笑問題の日曜サンデー」(日曜後1・0)に出演。 先月29日にYouTubeで活動再開した雨上がり決死隊の宮迫博之(49)や同30日にトークライブで仕事復帰したロンドンブーツ1号2号の田村亮(48)について言及した。 番組内では2人の復帰に対する世間の反応が亮には歓迎ムードである一方、宮迫には批判が集まっている話題を取り上げた。 田中は「そもそもそんな悪いことしてねぇじゃん、ってやっぱり思う。 基本に立ち返って、みんなこんだけ言ってるけど」と切り出し、 「大したことないのにね、本当に。 別に反社だったわけでもないしね、付き合ってたわけでもない、ちょっとなんかまぁ出ただけで」と持論を展開。 「宮迫の(謝罪動画)なんか泣きそうになったもん、見てて。 辛すぎるじゃん」と心境を吐露した。 続けて「(田村)淳がいろいろやったっていうんで、亮君はなんとなくいいものみたいな感じで。 宮迫が悪者のまんまみたいな、ちょっとかわいいそうかなって、俺は思うんだけどね」と私見を述べた。 ここで太田が「蛍原(徹)が使えないってことだよね」と切り込むと、田中は「だからそうなっちゃうし、そういう見方も出てくるんだよ」とツッコミ。 「(明石家)さんまさんも、なんかかわいそうだし、よくわかんない」と嘆く田中に、太田も「全部が吉本のこと、付き合いきれない」と同調した。 7701• 564• 416• 19359• 1743• 496• 387• 881• 10846• 400• 1258• 878• 684• 638• 1229• 2404• 659• 2197• 1636• 1210• 583• 222• 4031• 569• 998• 838• 179• 147• 339• 884• 199• 107• 495• 237• 189• 1 過去ログ 1068 2040 2103 1796 2681 1719 1232 1233 1797 1859 1799 1848 1843 1783 1854 1796 1708 904 728 621 580 601 601 629 773 829 822 788 715 688 795 732 713 761 778 763 690 645 672 634 665 565 600 629 615 654 662 720 655 649 671 631 518 491 515 532 601 676 648 667 662 652 642 576 578 497 502 533 516 563 553 528 429 152 18 199 350 241 60 なんJ・野球のアンテナ様.

次の

[B! 野球] なんJ PRIDE : 【朗報】爆笑問題・太田、工藤公康の行動に感動する

爆笑問題 なんj

32年の歴史に幕を閉じた「笑っていいとも!」は歴代のレギュラー陣が一堂に会し、華々しいフィナーレを飾った。 近年のバラエティ不況を吹き飛ばす高視聴率を叩き出したが、それは主であるタモリの幕引きだけではない。 「これ、プロレス? これ、オレの番組だぞ!」 独特の表現で タモリ(68)があきれ顔を見せる。 「はっきり言って、このメンバーで仲よくできるわけないだろが!」 爆笑問題・太田光(48)が大声で叫ぶ。 1%もの高視聴率を獲得。 特番では、タモリの永遠の恋人・吉永小百合が、千葉からの中継ながら初登場というサプライズがあった。 同じ特番に出演した バナナマン・設楽統(40)は翌日の「ノンストップ!」(フジ系)で、いみじくもこう語ったものだ。 「お笑いレジェンドたちが一堂に会した。 これ、すごいことなんですよ。 同じ画面にこういう形でこの人たちがいるのは、もろもろなことがあって実現しない。 同じ局内にいても絶対に会わないなんて噂を聞いたことがある」 当初はさんまに始まり、ダウンタウンやウンナンが1組ずつ順にタモリとトークをするという構成だった。 ところが、例によって先陣のさんまが引っ張ったため、「長いよ!」と言いながらダウンタウンとウンナンが乱入。 さらに、とんねるずと爆笑問題も割って入ったため、結果的に夢の共演が実現した形になったのだ。 その舞台裏について、 ナインティナイン・岡村隆史(43)が自身のラジオ番組で驚きの事実を口にしている。 「各事務所のマネジャーから怒号が飛び交っていた。 ただ立ち会っていただけの『めちゃイケ』のスタッフにも、『ここまでやるとは聞いてない!』とか『いったいどうなってんだ!』って迫っていましたから」 そして番組の終了後、ムッとした表情で飛び出したのが浜田だったという。 その浜田が、共演の場面でもツッコミすら入れずにスルーした相手が とんねるず・木梨憲武(52)であったことから、1つの仮説がぶり返す。 「やはり、浜ちゃんの嫁を巡る因縁を許していなかったんでしょうね」(スポーツ紙芸能デスク) その因縁とは、95年に出版された「とんねるずの元マネジャー」と称する渡辺進氏の暴露本「貴明と憲武」(鹿砦社刊)に起因する。 〈独身のはずの憲武のマンションに行くと、部屋の中に人の気配がした。 内側からドアが開いた。 見ると、あの肉感派の美女タレントNがそこに立っていた〉 それが浜田の妻である 小川菜摘(51)だったというのだ。

次の

爆笑問題「声優が結婚したとか毎日ネットニュースで見るけど、正直どうでもいいよな(笑)」

爆笑問題 なんj

コメント一覧 4• 名無しさん@NPB好き• 2019年04月01日 08:36• 名無しのまとめりー• 2019年04月01日 08:40• 肩から行ってるから鎖骨くらい逝ってるかと思ったけど骨に異常ないんだな• 名無しさん@NPB好き• 2019年04月01日 09:46• 名無しさん@NPB好き• 2019年04月05日 09:23• おもしれーーーーーwwwwwwwwwwwwwwww やっぱりテレビはこうじゃないとな 座って雑談するだけの番組なんていらねえよ 高いギャラ貰ってるんだからこれぐらい体張ってもらわないと笑えねえよ.

次の