奥二重 二重。 奥二重の人【必見】目を大きく見せるメイク方法を教えます!奥二重のメリットもご紹介!

奥二重の人【必見】目を大きく見せるメイク方法を教えます!奥二重のメリットもご紹介!

奥二重 二重

[目次]• 二重まぶたと一重まぶたの構造上の違い まぶたを開くときに働いている筋肉は上眼瞼挙筋という筋肉です。 まぶたが開くときは、この筋肉がまぶたを引っ張ることによりまぶたが開かれるのですが、この筋肉はいくつかに枝分かれしてまぶたのさまざまな部分とつながっています。 一部はまぶたの目の縁を構成している部分にくっついていたり、また他の一部は目の縁より上側のまぶたの皮膚にくっついていたりという感じです。 そして、二重まぶたは、目の縁より上側のまぶたの皮膚に付着している上眼瞼挙筋がその部分の皮膚を引っ張ることによって皮膚が内側に折り込まれ形成されます。 反対に、一重まぶたの場合は目の縁より上側の皮膚に筋肉がくっついていないか、くっつき方が弱い、あるいは皮下脂肪により皮膚が折り込まれにくくなっているために二重のラインが形成されません。 二重とはどういうもの?その構造は? 二重にはさまざまな種類があり、奥二重はそのうちの一種です。 二重は大きく分けると平行型の二重と、末広型の二重、奥二重に分けることができます。 平行型の二重は二重の幅が一定の形をした二重、末広型の二重は、目頭では二重ラインが皮膚の下に隠れてしまっているものの目尻に行くにつれて二重ラインがはっきりしてくる二重です。 一方、これらの二重とは違い、奥二重は二重の幅が極端に狭く、二重のラインが全体的にまぶたの皮膚の内側に隠れて見えなくなってしまった状態の二重です。 目尻の方に行くと二重のラインが見えることもありますが、一見すると一重のように見えることもあります。 上眼瞼挙筋がまぶたの皮膚にくっつき、その部分の皮膚が筋肉によって引っ張られ折りたたまれることによって二重ができるのですが、人によって上眼瞼挙筋がまぶたの皮膚に付着する位置は異なると考えられます。 よって上眼瞼挙筋によって折りたたまれる皮膚の部位、すなわち二重のラインができる部位も異なります。 奥二重に多い悩みとは 奥二重であるために二重でも一重に見えてしまうという悩みや、自分自身の気持ちとは裏腹に表情がキツく見えてしまったり、不機嫌そうに見えてしまったりするという悩みを持つ人は少なくありません。 また、二重がまぶたの皮膚の内側に隠れてしまうため、アイラインやアイシャドーをしてもメイク部分が二重と一緒に皮膚の内側に隠れてしまいメイク効果が薄れてしまったり、だからといって太めにアイラインを引くと一重のように見えてしまったりといったメイクをする際の悩みを抱える人もいます。

次の

奥二重さん必見アイメイク術!アイライン・アイシャドウ・マスカラ似合う色や塗り方って?

奥二重 二重

あれではメイクの効果がちっともわかりません。 奥二重、実は本当の所を知らない人も多いのかも…。 でもそんな奥二重、意外なメリットがあるって知っていましたか? 【奥二重】にはメリットも!ハンサム女子&老けにくい 奥二重の有名人はたくさんいらっしゃいます。 可愛いイメージでは 黒木メイサ、冨永愛 など。 今はジェンダーレスな時代。 以前に増して 「 ハンサム女子」が人気です。 年齢を重ねるとカラダ全体の肉が落ちます。 でも奥二重の場合、まぶたが肉厚でくぼんだりシワになる事が少なくスッキリしたちょうどいい目元になるというわけです。 【奥二重】で目を大きく見せるメイクとは? それでも少しでも目を大きく見せたいというのが女心。 そんな奥二重さんに必要なのは「アイシャドウでだます」メイクテクです。 「二重+涙袋=目が大きく見える」という目の錯覚を利用します。 《用意するもの3つ》• ハイライトカラー(A)、ミディアムカラー B 、引き締めカラー C の3色アイシャドウ• ペンシルタイプのアイライナー• ロングタイプのマスカラ 《メイク手順》• 目を開けた状態で、理想の二重の辺りに引き締めカラー C でチョンと印をつける。 ペンシルアイライナーでまつげの間を埋めるように、少し太めに描く• ロングタイプのマスカラを上下のまつげに塗ったら完成! 今回は、メイクアップアーティストALISAさんの動画を参考にさせて頂きました。 奥二重の特徴を生かしたメイクや、たれ目風メイクなども公開されています。

次の

アイプチで奥二重を二重にする方法を紹介!やり方とポイントを徹底解説

奥二重 二重

奥二重が酷くなる前に対策 「あなたは今、何歳でしょうか?」 奥二重が酷くなる前に、対策するなら早いに越したことはありません。 年齢が上がるにつれて、奥二重は徐々に 「一重まぶた」に変化します。 まぶたが構造的に変化するわけではなく、加齢で皮膚がたるむので、どんどん「一重まぶた」のように見えるようになるのです。 たしかに、美容商品を活用して、奥二重をぱっちり二重にする方法もありますが、同時に、まぶたのたるみが進行しないように対策するのがお勧めです(まぶたがたるむと奥二重が「一重まぶた化」します…) 特に、まぶたが重いと感じる方は、奥二重がどんどん一重に近づくので対策しましょう。 このページでは、次の3つのアプローチを紹介します。 奥二重が重いと「一重」になる!? 奥二重が重いと、どんどん「一重まぶた」に近づくので注意が必要です。 まぶたが重くなる原因は、主に次の3つ。 上まぶたの 「たるみ」「むくみ」「眼瞼下垂」。 これらの要因でまぶたが重くなると、徐々に奥二重のラインが見えなくなって、一重まぶたに変化します。 この「一重まぶた化現象」は、二重のラインが消えたわけではなく、まぶたの皮膚が垂れたせいで二重のライン(線)が見えなくなっている状態です。 一重まぶた化を防ぐ対策や改善法(二重幅を広げる方法)を紹介する前に、まずは原因を詳しく解説します。 「たるみ」が進むと奥二重が一重に! 加齢の影響や外的ダメージの蓄積で、まぶたの皮膚は徐々に下にたるんできます。 「たるみ」が進行すると、目の上の皮膚は二重のラインを覆うように垂れてくるので、奥二重の線は徐々に隠れて見えなくなります。 「たるみ」のせいで奥二重の目尻のラインが完全に見えなくなると、外見上はほとんど「一重まぶた」と変わらない状態になってしまいます。 生まれつき奥二重の方は、年齢とともに「一重まぶた化」するだけでなく、皮膚の下垂(かすい)で目のサイズも小さくなるので早めの対策が大切です。 *まぶたが重いと感じる方は、目の上の皮膚の「たるみ」が進んでいる可能性があります。 「むくみ」で奥二重は重くなる! 体や目元の疲れでまぶたがむくむと、奥二重は重くなり、二重のラインが隠れてしまいます。 「むくみ」が悪化すると、皮膚が垂れて目尻のラインが見えなくなるので、奥二重はパッと見、一重まぶたに見えてしまいます。 主に「むくみ」は、血行不良でまぶたに 余計な水分や老廃物をため込んでいる状態です。 体の疲れや眼精疲労がひどくなると、目元の血流が悪くなり、代謝不良でまぶたは腫れぼったくむくんでしまうのです。 現代人はパソコンやスマホの使用時間が長いので、目元の緊張が続いて、まぶたは慢性的にむくみやすい傾向があります。 目が重く感じられたり、奥二重が一重に変化した場合、体や目元の血行・代謝を改善するのが大切です。 「眼瞼下垂」で奥二重が一重になる!? 眼瞼下垂(がんけんかすい)とは、 「上まぶたの筋肉のトラブル」で目の開きが小さくなる症状のことを言います。 まぶたを上げる筋肉の「上眼瞼挙筋(じょうがんけんきょきん)」が機能低下すると、上まぶたは持ち上がりにくくなり、徐々に下垂(かすい)してしまいます。 この症状を「眼瞼下垂」といいますが、 上まぶたが垂れ下がるので、二重のラインが皮膚で隠れて見えなくなることがあります。 眼瞼下垂は中高年に多い症状で、徐々に二重幅が狭くなったり、奥二重が一重になる原因になります。 奥二重をぱっちり二重にする方法 奥二重をぱっちり二重にする方法として、まず 「美容商品を活用する方法」から解説します。 そのあと、 「美容商品に頼らない方法」と 「セルフケアで一重まぶた化を防ぐ方法」を解説しますので、最後まで要チェックです! 特に、まぶた(奥二重)が「重い」と感じる方はセルフケアが重要です。 ぱっちり二重にする美容アイテム 一重を二重にする美容アイテムとして「アイプチ」や「アイテープ」があります。 これらの商品は二重アイテムとして定番ですが、 「奥二重をぱっちり二重にする」のにも効果的です。 ただし、アイプチやアイテープの使用には、注意点もあります。 これらの二重アイテムは、無理にまぶたをくっつけてアイラインをつくるので、 まぶたの皮膚が伸びたり、たるんだりトラブルが発生します。 長期的に継続使用すると(伸びた皮膚が)元に戻りにくくなり、悩んでいる女性はとても多いです…。 また、アイプチやアイテープは強力な接着成分でまぶたを固定するので、皮膚に被れや炎症が生じるケースも多いです。 長期連用すると、被れた皮膚が硬くなって黒ずみが生じることも…。 定番のアイプチやアイテープには上記のようなリスクがあるので、代わりになる「まぶたに優しい」美容アイテムを紹介します。 まぶた専用美容ジェルがおすすめ! 奥二重をぱっちり二重にするなら、まぶた専用美容ジェル『リッドキララ』がお勧めです。 リッドキララは、物理的にまぶたの皮膚を引き上げて、 「目が大きくなる美容液」として人気上昇中です。 公式サイトのビフォーアフター画像を見てもらえば分かるともいますが、 奥二重が綺麗なぱっちり二重になっています! リッドキララは、塗ってすぐ、上まぶたの表面に皮膜を形成して物理的に持ち上げるので、奥二重をパッチリさせることが出来るんです。 重いまぶたもグッと引き上げるので、自然と目ヂカラがアップします。 重い印象の一重や奥二重で「目元に自信がない」女性は、『リッドキララ』をまずは試してみてほしいと素直に思います。 奥二重は、(仮に一重に見えても)構造的には二重瞼なので、アイプチやアイテープに頼らなくても、『リッドキララ』で二重のラインが見えるようにリフトアップさせることが出来ます。 皮膚に負担がないから安心! 『リッドキララ』がアイプチやアイテープと大きく異なる点は、 「まぶたを無理にくっつけない」という点です。 皮膚に負担をかけず、二重をぱっちりさせられるので長期的にも安心して使えます。 さらに、リッドキララは美容液として、「まぶたケア」もしっかりできるのが凄くいいです。 美容液として、ちゃんと有効成分を補ってハリが出る効果もありますし、たるんだ瞼をキューッと引き締めていくことが出来ます。 眼輪筋(目の周りの筋肉)を動かす• マッサージをする• 蒸しタオルを使う 眼輪筋を動かす 眼輪筋を動かす方法は、今すぐ簡単にできます。 「目をギューッと5秒強くつぶって、今度はパッと5秒大きく目を見開く」 これを1セットとして、5~10回ほど繰り返してください。 この目の開け閉め運動で、目の周りの筋肉(眼輪筋)を効果的に動かすことが出来ます。 眼輪筋を動かせば、目元の筋肉がほぐれます。 滞った血流が改善すれば、むくみが取れて奥二重がぱっちりします。 重いまぶたが軽くなるので、さっそく実践してみてください。 マッサージをする マッサージで二重をぱっちりさせる方法はこちらのページをご覧ください。 血液循環・リンパの流れを改善することで、腫れぼったい奥二重をスッキリさせることが出来ます。 腫れぼったい奥二重の方は、「むくみ」が取れることで二重幅が広がる効果が期待できるので、一定期間マッサージを継続してみてください。 *ただし、やり方を間違うとまぶたにダメージを与えるので、上記リンク先のページで「正しい方法」をチェックしましょう。 蒸しタオルを使う 蒸しタオルは電子レンジで簡単に作れます。 さらに詳しく「蒸しタオル」の作り方・使い方は、こちらのページで解説しています。 重い奥二重をトレーニングで改善! 加齢でまぶたに「たるみ」ができると、奥二重が重くなって一重まぶたに近づきます。 まぶたのたるみが進行すると、目の上の皮膚が垂れて目尻のラインも隠れてしまうので、ほとんど「一重まぶた」と変わらない状態になってしまいます。 「たるみ」の原因は、肌のコラーゲンの減少も影響しますが、 「目元の筋肉の衰え」も大きな要因です。 筋肉と皮膚は密接に関係していますから、目の周りの筋肉が衰退すると、皮膚のたるみも同時に進行します。 そして、「たるみ」の進行とともに奥二重の「一重まぶた化」も進んでいきます。 「一重まぶた化」を改善するには、まぶたの筋肉を鍛えるトレーニングを行うのが効果的です。 具体的には・・・ 眼球をドーナツ状に囲む筋肉の 「眼輪筋」を鍛えることで、目の周りの「たるみ」を予防・改善することが出来ます。 また、上まぶたを持ち上げる筋肉の 「上眼瞼挙筋」を鍛えることで、まぶたが垂れるのを防ぐことが出来ます。 まぶたのトレーニングを継続すれば、重い奥二重は軽くなり、ぱっちり二重に近づきます。

次の