茂野いずみ。 茂野いずみ (しげのいずみ)とは【ピクシブ百科事典】

茂野いずみについて【茂野大吾の姉】大量の写真付き!

茂野いずみ

最大総査定 3780 メリット・強い点• ダイナマイト発生率がかなり高い• 球速練習の埋蔵量がかなり多いため、ダイナマイト練習を多く踏める• コツイベで取れるコツが優秀なものばかり• 後イベが完走しやすい デメリット・懸念点• シナリオとしてクロスナインよりも査定最大値がかなり低い• 前イベが計11と重く、未完リスク高め• 技術ptが不足しやすい• 変化練習の埋蔵量がやや少なく、早期枯渇しやすい• いずみに変化ボナが付いていないと変化量を伸ばしにくい• 相棒なしのため、星石の入手手段が休むコマンドのみ 各デッキで実際に育成してみた結果 クロスナイン乃蒼入り 使用デッキ ナナセ 久しぶりにマントルをやって立ち回りがかなり怪しかったですが、経験点がそこそこ伸びてくれてPG1先発目前というところまで行きました。 そもそも査定的にマントルはシナリオとしてクロスナインに劣りますが、 アサガミ・降谷・沢村がいないなど手持ちによってはいずみ入り編成でマントルをやってみてもいいのかなとは思います。 ギリギリPG2先発までは見えましたね。 7,7,1 達成がより楽になった印象。 変化ボナなしでも十分使える印象 クロスナインではダンスタイプ、マントルでは変化メダルで変化ptを賄えるため、Lv50で付く変化ボナに関しては無くても十分使えるということが分かった。 クロスナイン・マントルでは精神ptが不足することが多いため、50を借りるならいずみではなくやの方が良いだろう。 この先多く使われることになりそうなので、前回やったエプロン優花と同じように依存ステ・成功率の検証を後々行う予定。 それに比べ、今回検証したデッキはイベ完走率が高めで一発の爆発力もあるため、既存最強テンプレに匹敵する強さと言えるだろう。 ただし、そもそもシナリオとしてクロスナインには劣るのでその点は注意。 今後どうなればよりいずみが輝くのか考察 1, 真・ドクターKの実装 いずみの金特1種目はで虹特対応となっているが、2種目のはまだ虹特化されていない。 このドクターKが虹特化されればのように 1人で超高査定を担えるようになるため、「真・ドクターK」の近日実装に期待したいところ。 2, 虹谷の覚醒.

次の

MAJORの吾郎モテすぎワロタ : オリックス速報@なんJまとめ

茂野いずみ

茂野家は父と祖父の稼ぎもあって経済的には充実しており、専業主婦である母の、姉のと共に野球設備とプールがある大きな豪邸で生活している。 現役選手を続ける父・吾郎は国内外のあらゆる球団を単身渡り歩いているため、自宅にいる時間は少ないものの、親子関係は良好。 元メジャーリーガーの吾郎の子であることから「茂野二世」、加えて実の祖父・と義理の祖父・も共に元プロ野球選手であることから「茂野三世」と野球界の超サラブレッドとして周囲から期待されるも、先読み判断力は父親譲りであるものの、本人の野球センスは至って平凡であり(更には中学2年の時点で未だ低身長である)、周囲の期待を裏切ってしまうことへの恐怖と父や祖父たちへの劣等感から野球を一度は捨てた。 しかし、小学6年時のとの出会いをきっかけに野球を再びすることを決め、光の父で吾郎の親友・の指導のもとを目指すようになる。 父のような図抜けた身体能力こそ持たないが、日々の鍛錬でそれを補っている。 また、中学2年ではメンバー不足に陥った風林中野球部のキャプテンを務め、癖のある新入生をまとめている。 父譲りのではあるが、父とは違い礼節を弁えているため 隠れ熱血漢と言える。 ただし、鋼のメンタルの持ち主である吾郎よりもまともな感性を持つがゆえに、精神的に脆い面がある。 小学生編では前述の件に加え、光がクロスプレーで大怪我を負ったこと、中学生編では野球部の崩壊や光の変貌によって心が折れてしまっており、その都度吾郎や寿也の助言を受けて立ち直っている。 関連タグ 関連記事 親記事.

次の

メジャーセカンド茂野吾郎の現在は?死亡や登場シーン・監督就任についても

茂野いずみ

茂野家は父と祖父の稼ぎもあって経済的には充実しており、専業主婦である母の、姉のと共に野球設備とプールがある大きな豪邸で生活している。 現役選手を続ける父・吾郎は国内外のあらゆる球団を単身渡り歩いているため、自宅にいる時間は少ないものの、親子関係は良好。 元メジャーリーガーの吾郎の子であることから「茂野二世」、加えて実の祖父・と義理の祖父・も共に元プロ野球選手であることから「茂野三世」と野球界の超サラブレッドとして周囲から期待されるも、先読み判断力は父親譲りであるものの、本人の野球センスは至って平凡であり(更には中学2年の時点で未だ低身長である)、周囲の期待を裏切ってしまうことへの恐怖と父や祖父たちへの劣等感から野球を一度は捨てた。 しかし、小学6年時のとの出会いをきっかけに野球を再びすることを決め、光の父で吾郎の親友・の指導のもとを目指すようになる。 父のような図抜けた身体能力こそ持たないが、日々の鍛錬でそれを補っている。 また、中学2年ではメンバー不足に陥った風林中野球部のキャプテンを務め、癖のある新入生をまとめている。 父譲りのではあるが、父とは違い礼節を弁えているため 隠れ熱血漢と言える。 ただし、鋼のメンタルの持ち主である吾郎よりもまともな感性を持つがゆえに、精神的に脆い面がある。 小学生編では前述の件に加え、光がクロスプレーで大怪我を負ったこと、中学生編では野球部の崩壊や光の変貌によって心が折れてしまっており、その都度吾郎や寿也の助言を受けて立ち直っている。 関連タグ 関連記事 親記事.

次の