フィギュアスケート オネエ。 濱田美栄フィギュアコーチの年収やレッスン料は?指導法と選手時代と子供は?

フィギュアスケート☆グランプリシリーズ その他スポーツブログ・テーマ

フィギュアスケート オネエ

フィギュアスケートがシーズンインする10月が 待ち遠しい。 浅田真央ちゃんをはじめ、各国の選手たちのプログラム使用曲も 発表されてきている。 安藤選手は まだだが。 今季はオリンピックシーズンだから てっきり 真央選手のプログラムは 先シーズンよりも 多少は楽なものに するのかと思いきや、 そうでは なさそうな感じ。 タラソワコーチは テーマは 「 克服 」 と言っていた。 克服 ・・・ 踏み切り違反をとられる ルッツ ? おそらく、真央選手は 昨季の時点で ルッツの矯正は 出来ていたのではないだろうか。 本人は昨シーズン中 「 あとは気持ちの問題 」 と言っているから 練習どおり 跳べるようになることが このシーズンに 真央選手に課せられた宿題だろう。 ルッツは 3回転半を除けば、 基礎点が 一番高いジャンプだ。 タラソワコーチの言う 「 克服 」 とは ルッツに限らず もっと もっと 別のところにありそう。 私個人としては タラソワさんのプログラム構成は 好みだ。 タラソワさんの プログラムには 余裕がない。 詰め込みすぎ、という感も 否めない。 しかし、真央選手は 果敢に挑む。 昨シーズンは 見ごたえのあるプログラムだった。 ただ、真央選手には 取りこぼしが 多い。 取りこぼすのは プログラムに 余裕がないからとも 思う。 仮面舞踏会を、あれだけのプログラムを、滑りきるには 技術は言うまでもないが 持久力がいる。 森永のウイダー、牧野トレーナーは 見事に 真央選手の体作りを 1年で あそこまでもってきた。 仮面舞踏会の最後の45秒ステップ。 あれは バランスを崩して 転んでもよさそうな動き。 しかし、真央選手は 踏ん張った。 そこには 牧野トレーナーの成果が出ていたと思う。 今季も 牧野トレーナーは びっちり真央選手に 付いている様だし 先日の 公開練習を見ても 体作りはしていても 体の線が 崩れてはいない。 筋肉ムキムキには なっていない。 すらりとした体型は 保っている。 では 余裕のあるプログラムとは ? 真っ先に思い浮かぶのが キムヨナ選手の プログラム。 彼女は スタミナがないので 真央選手のような プログラム構成は 滑りきれない。 キムヨナ選手に くっついているカナダのオネエは その事を よーく わかっていらっしゃる。 オネエとは ・・・ オーサー・コーチのこと。 自分で 告白したんだから オネエでいいでしょう・・・ ( オーサーと言えば 現役時代に アメリカにも オーサー選手がいた。 2人はライバルで アメリカのオーサーが いつも1位だった ) 私は キムヨナ選手は ジュニアからシニアに転向した頃のスケーティングが 好きだった。 手先まで 神経の行き届いた芸術性は 見事だと思っていた。 最近は 演技中の彼女の顔の 目鼻口の動きに 私は目が行ってしまう ・・・ (笑) 3月の世界選手権では フリーで キムヨナ選手は 2回点半を 2度も入れている。 そして 更に加点を貰っているので 2回転半なのに 3回転の基礎点(3回転の難度が 中ぐらいの基礎点)を 2つ、貰ったことになる。 これだと 「 小銭稼ぎ 」 と言われても仕方ないだろう。 上位5人の中で 2回点半を 2度も入れたプログラムを滑ったのは キムヨナ選手だけだ。 現に 男子は 4回転を飛ばなくても 優勝できる。 かの世界選手権で!!! それが ここ 数年間、続いている。 今の採点方式だと 難易度を下げて 加点をもらって 点を稼ぐというプログラムが 組めてしまう。 確かに 難度を下げたプログラムを 完璧に きっちりと 滑っている様子は きれいに見える。 男子優勝者、アメリカのライサチェックの演技は 4回転なしでも 素晴らしかった。 真央選手は 世界選手権では精彩を欠いていた。 滑る前から 顔が こわばっていた。 それでも 言うほど悪い滑りでは なかったと思う。 大会前、色々な事があった。 もめごと。 また、優勝者の目を剥くようなパラダイス銀河点についても ここでは 言及しない。 安藤選手は よく滑った。 心から拍手を贈った。 怪我に悩まされた数年だが、この人も いける。 日本中を あっと言わせたのが 世界選手権が終わり、2週間後にあった国別対抗戦。 たった2週間で 真央選手は 最後の最後に 自らを立て直した。 SP は 完璧だった。 フリー は やはり 要所要所で 取りこぼしが あったけど。 あのとき、タラソワコーチは ロシアで解説者としてTVに出ていたため 真央選手の傍には いなかった。 後に 私は ロシアで中継された同大会の動画を 字幕つきで見たが タラソワコーチは 真央の演技に 首っ丈だった。 ロシアの放送の解説者であることを すっかり 忘れているかのようだった。 「 私の可愛い真央、ああ なんて美人なんでしょう 」 「 世界選手権での・・・( 略 ) 私の責任。 いや、もう その話は やめましょう 」 といった具合。 8月初旬のアイスショーで アメリカのサーシャ ・ コーエンの演技を 動画で見た。 ショーなので ジャンプは コンビネーションもないし ジャンプ如何については わからないが 体の柔軟性、芸術性は 健在だった。 ウエストがないのが 気になったけど。 あと、豊胸もしましたね。 同じく、キムヨナ選手のショーも見た。 太った ? それとも 筋肉が 背中、足、上腕部に付いたのか 動画では見極めが つかなかったが ジャンプは 重そうに跳んでいる様に感じた。 いずれにせよ、10月のGP フランス大会では 強豪の激突。 また ストレスを ためながら 私は パソコンの 更新ボタンを 押し続けるのか ・・・ オリンピックでの フィギュアスケートは 日本時間では 朝の9時ごろから リアルタイムで テレビで見られる。 日本選手は 最終グループに入るだろうから お昼の12時前後か、それ以降か。 もちろん日本選手を応援するけれども 各国の選手の演技も楽しみ。 こわいけど (笑) 願わくば、観衆にも分りやすい採点を望みたい。 コメントをありがとうございます。 フィギュアスケートについては 今回、初めてアップしたんですよ。 おっしゃるとおり、3月末の後味の悪さから 毒気のある記述に なりそうだったので あえて 語るのは 避けていたんです。 選手たちの今シーズンの動きも 伝えられていますし 毒気なしで 書いてみました。 が !!! 「 オネエ 」 のところで うっぷんが 出てきたかな、と自分でも思います。 キムヨナ選手のコーチに就いたあと、 自ら カメラの前で 告白していました。 さてさて。 あと 1ヵ月半で ジャパンオープンですね。 まず、ここで 真央選手と 中野選手が 国際ジャッジから どんな判定を受けるのか、 いい判断材料になると思います。 そのあと すぐに フランス、ロシア大会と続きます。 ストレス、たまりますよね。 実は まだ 今回の記事では 書き足りないのですが ・・・ どないしましょ ・・・ ヒートアップしそうで こわ〜い。

次の

フィギュアスケート: ももくり(*^_^*)3年

フィギュアスケート オネエ

報道について問い合わせたところ、シプレの広報担当からAFPに「この件については、連盟が本人と共に対応している。 シプレはこの件に振り回されることがないよう、弁護士をつけている」という回答があった。 USAトゥデーは画像を直接確認したとのことで、インスタグラム()のシプレの公式アカウントから、2017年12月3日に送られたとみられると報じている。 しかし今年8月、家族の友人が米国セーフスポーツセンター()に被害を訴え出た。 さらにもう一人、ヴィニー・ディスペンザ()氏という別のコーチも今回の件に関わっているという。 こちらはシプレから被害に遭ったとされる女子選手ら未成年2人に対し、ピザをおごるから、写真がほしいというメッセージをシプレに送るよう伝えたとされている。 少女はディスペンザ氏から、このことを公にすれば「二度とスケートができなくなる」と言われたという。 USAトゥデーもシプレに連絡を取ったが、「話せることは何もない」と具体的な返事はなかった。 今回報告を受けたセーフスポーツセンターは、五輪競技での性的暴行を調査するため2017年に設立された機関。 センターは団体の規約を理由に、現在調査が行われているかは明らかにしていない。 c AFP.

次の

フィギュアスケート☆グランプリシリーズ その他スポーツブログ・テーマ

フィギュアスケート オネエ

この記事はザッとこんな感じ!• フィギュアスケート友野一希(とものかずき)とは!?かわいいのに面白い!? 友野一希は1998年5月15日に大阪の堺市で生まれた。 自宅から徒歩5分のところにスケートリンクがあり、幼い頃からスケートには親しんできていた。 また母親がフィギュアスケートをしていたこともあり、頻繁にスケートリンクには通っていたそうだ。 だが、友野一希本人はフィギュアスケートよりもアイスホッケーやスピードスケートなどのモノマネをして遊んでいたとか。 フィギュアスケートに本格的に取り組みだしたのは8歳の時で、2016年の世界ジュニア選手権では15位、翌年の2017年には9位と浮上した。 また2016年のグランプリシリーズスロベニア大会では3位に入った。 全日本ジュニア選手権で優勝したこともある実力者だ。 そして今年の2017-2018シーズンからシニアに転向した若きスケーターだ。 そんな友野一希は日本の男子フィギュアスケート界屈指のエンターテイナーで有名なのだ。 それは2016年12月に行われた全日本選手権のエキシビジョンに登場した彼は、警察官のコスプレにはふさわしくないかわいい犬耳をつけていたのだ。 ノービス時代から個性を活かしたプログラムで演技を披露してきた友野一希。 本人曰く、 観客のみなさんの歓声とかすごくて、スケートリンクを独り占めできてっていうのが、たぶんうれしかったのかな とコメントするあたり、大阪人の血が流れていると思わせられる。 同志社大学の1年生の友野一希は小さい頃は女の子のような顔をしていたようだ。 今でも女性らしい中性的な顔立ちは変わらず、かわいいと評判だ。 かわいいのに個性的な演技を披露する彼のグランプリシリーズデビュー戦のNHK杯では爪痕を残せるか、どこまで世界の選手を相手に戦うことができるのかにも注目が集まっている。 女優の剛力彩芽に似ているような気がしないでもない。 お茶目でかわいい友野一希は今後、注目したいスケーターの1人になるだろう。 そんな友野一希はフィギュアスケート界のプリンスとして 明日の日本男子フィギュアを担う逸材 として紹介されている。 友野一希はショートプログラムでパブロ・デ・サラサーテ「ツィゴイネルワイゼン 」の曲を使用して観客が手拍子をするほど演技を魅了した。 気になる得点は技術点43・80点。 構成点は36・08点。 合計得点は79・88点で6位という上々の結果で初日のショートを終えた。 表現力にはかなりの自信がある友野一希。 ショートはあまり得意ではないようだが、演技中には笑顔も見られた。 そして演技終了後には自分でも納得のいくすべりができたのだろう。 ガッツポーズをしてみせた。 そんな友野一希のグランプリシリーズデビュー戦、NHK杯ショートの演技動画をご覧いただこう。 【動画】2017グランプリシリーズNHK杯ショートプログラム|友野一希の演技.

次の