ヘモグロビン a1c 基準 値 2019。 HbA1c(ヘモグロビン・エイワンシー)とは?2016

ヘモグロビンA1cとは?高いと糖尿病?HbA1cを基準値に下げる方法

ヘモグロビン a1c 基準 値 2019

健康診断で計測される数値の1つ、HbA1cは日本の国民病ともいわれる『糖尿病(2型)』を判定する検査値です。 糖尿病は、放っておくと重い合併症を引き起こすため、その基準となる数値を知るのは大切なことです。 この記事では、HbA1cの基準値や、高い場合のリスク、下げるために注意することについて解説します。 HbA1cは糖尿病を判定する重要な数値 1. HbA1cとは ヘモグロビンには、赤血球中のたんぱく質で、全身に酸素を運ぶ役割があります。 『HbA1c(ヘモグロビンエーワンシー)』とは、ヘモグロビンが血液中のブドウ糖が結合したものになります。 つまり、 たんぱく質や脂質が糖と結びつき、糖化された状態のものです。 このHbA1cの数値によって、過去1~2か月間の血糖値の平均を調べることができます。 HbA1cの基準値 HbA1cが 6. 血液検査でHbA1cが6. HbA1cの正常値(NGSP)は年代・性別で異なるため、以下の表を参考にしてください。 3 5. 4 5. 4 5. 8 6. 0 5. 2 5. 4 5. 5 5. 7 5. 9 5. 8 3. HbA1cが高い場合のリスク 血液中に糖があればあるほど、ヘモグロビンが糖化され、HbA1cの値は高くなります。 HbA1cの値が高く、糖化が起こると、 糖尿病・動脈硬化・アルツハイマーといった病気を引き起こすこともあります。 血糖と血糖値、HbA1cとのちがい 血糖とは「血液中に含まれるブドウ糖」のことで、血糖値とは「血液中に血糖が占める濃度」のことです。 血糖値は食事や運動の影響を受けやすく、検査前に一時的に節制することで数値が変わってしまう性質があります。 HbA1cの数値だけが高い場合 HbA1cの数値のみが6. 甲状腺機能亢進症・異常ヘモグロビン症・褐色細胞腫などが原因で、HbA1cが高い数値を示しているケースもあるでしょう。 重大な病気の可能性があるため、 HbA1cの数値だけが高い場合も必ず病院を受診しましょう。 HbA1cが基準値より高ければ、病院の受診を 1. 糖尿病の検査について HbA1cと血糖値両方が基準値より上回っていれば、糖尿病と診断されます。 しかし、1つの検査だけ基準値を超えていた場合は、可能性をしぼるために3つの段階に分けて検査をおこなっていきます。 糖尿病の判断材料 糖尿病の判断材料はHbA1cの数値のほか、空腹時血糖値・随時血糖値・経口糖負荷試験(OGTT)2時間値も3つがあります。 〈経口糖負荷試験(OGTT)2時間値〉 1. 10時間以上絶食して検査前血糖値測定をおこなう 2. 75gのブドウ糖を溶かした水を5分以内に摂取する 3. 以後30分、1時間、2時間後の血糖値を測定。 負荷前、負荷後で判定する 糖尿病型かどうかの診断 診断はまず、健康な「正常型」・糖尿病予備軍といわれる「境界型」・「糖尿病型」に分けられます。 「糖尿病型」とされるのは、以下の4項目のいずれかが該当する場合です。 糖尿病の治療について 基本は食事と運動 糖尿病の治療は、食事療法をおこなわなければ、どんな薬を使っても治療は成功しません。 食事療法にくわえ、体内の脂肪を減らして、インスリンの効果を高め血糖値を下げる運動療法も効果的です。 薬物療法について 薬物療法もありますが、治療よりも病状のコントロールが目的です。 食事療法や運動療法がうまくいかない場合に、血糖降下薬が使われるほか、インスリンを分泌する力が非常に低下した場合、インスリン注射を使用することもあります。 糖尿病の治療期間は? 糖尿病は完全に治ることはありません。 そのため治療期間は定められていません。 医師や管理栄養士の指導に基づいた食事と運動を続け、血糖コントロールをおこなっていきます。 網膜症・神経障害・腎症などの合併症を防ぐ治療もあわせておこないます。 一度上がったHbA1cは基準値まで下げられる? 1. 食事面でできること 指導に沿った食事をおこなう 過食や偏食をせずに、正しい食習慣を身につけることが重要です。 主治医が血糖値などから病状を推測し、年齢・体格・労働量などを参考に、1日の食事のエネルギー量(kcal)を割り出します。 それに沿って1日の食事を考え、適正体重になるように努めましょう。 バランスの良い食事が大切! 1日のエネルギー量を気にするだけでなく、栄養バランスの良い食事をとることが大切です。 健康を保つために必要な栄養素(炭水化物・たんぱく質・脂質・ビタミン・ミネラル)や、食物繊維の過不足がないように、気をつけましょう。 食品交換表を活用 食品交換表とは、日常食べている食品を、6つの食品グループに分けたものです。 1単位を80kcalとしており、1日の摂取エネルギー量を計算しやすくなっています。 極度なエネルギー制限は低血糖をまねく恐れもあるので、必ず主治医の指示に従いましょう。 運動面でできること 運動による作用 運動すると血中のブドウ糖が大量に消費され、 血糖値を抑制するように働きます。 また、インスリン作用を高める効果があります。 健康状態に合った運動をおこなう 運動によるトラブルを防ぐために、事前に健康状態をチェックし、運動の種類や強度、時間を決定します。 さらに運動をくわえるなら 週2~3回、骨格筋に負荷を与える運動を組み合わせることが望ましいとされています。 水泳やウオーキングなどの有酸素運動がおすすめです。 しかし、 運動も過度におこなうと低血糖をまねく恐れがあるので注意しましょう。 まとめ 『HbA1c』は、糖尿病を判断する大事な数値 HbA1cが、基準値より「少し高い」と言われたまま放っておくのは、糖尿病の進行を進めることにもなります。 高血糖により引き起こされる三大合併症(糖尿病網膜症・糖尿病腎症・糖尿病神経障害)を発症する前に、自身の身体と向き合っていくことが大切です。 生活習慣の改善が大切です 糖尿病は生活習慣に気をつけることで改善がみられる病気です。 糖尿病の可能性がある場合は診断を受け、正しい生活習慣を身につけていきましょう。

次の

今更ですが、糖尿病の診断基準値が変わりました!

ヘモグロビン a1c 基準 値 2019

検査値には「糖尿病です」、「糖尿病が疑われます」といった判定基準が決められています。 HbA1c、空腹時血糖値、随時血糖値、75gOGTT値のいずれかが基準値を超えている場合を「糖尿病型」といい、空腹時血糖値、随時血糖値、75gOGTT値のいずれかとHbA1c値の両方が糖尿病型である場合、もしくは口渇(口の渇き)、多飲、多尿、体重減少などの典型的な糖尿病の症状が出たり、糖尿病網膜症がある場合は、1回の検査で「糖尿病」と診断されます。 HbA1cが糖尿病型でなくても、血糖値が糖尿病型の場合は、別の日に再検査をします。 そして、そこでも血糖値が糖尿病型であれば糖尿病と診断されます。 HbA1cの結果のみの糖尿病型の場合は、血糖検査を含め再検査が必要です。 フローチャートを見て下さい。 参考:日本糖尿病学会 編・著: 糖尿病治療ガイド2018-2019, p. 23-24, 文光堂 2018 糖尿病の臨床診断のフローチャート 健康な人でも食後の血糖値は食前よりすこし高くなり、すぐ正常値まで低下します。 この食後血糖値の上昇の幅が通常よりも大きく跳ね上がり、なかなか低下しない状態を食後高血糖といいます。 食後高血糖がある人は糖尿病になる危険性が高く、また動脈硬化による合併症を起こしやすいことが分かってきています。 ただ、食後高血糖があっても空腹時血糖値には異常を示さない場合があるので、このタイプは健康診断では見つけることができません。 健康診断で空腹時血糖値は正常で、HbA1cがやや高いという場合には食後高血糖が隠れている可能性があります。 参考:医療情報科学研究所 編.病気がみえる vol. 3 糖尿病・代謝・内分泌 第4版. メディックメディア, 2014: 26. その場合はかかりつけ医に相談をしてください。 経過観察時の血糖コントロールの指標は次のようになります。 糖尿病.

次の

基準値とは

ヘモグロビン a1c 基準 値 2019

ヘモグロビンA1c(HbA1c)の基準値とは ヘモグロビンA1c(HbA1c)の値は、医学的に糖尿病になりにくい境界を示す数値です。 実は、糖尿病の判定基準値は厚生労働省、人間ドッグ学会、日本糖尿病学会それぞれで基準とする数値が健診機関によって異なるのをご存知でしょうか。 ここでは、糖尿病を診断する際に必要となるヘモグロビンA1c(HbA1c)の基準値について詳しく解説していきます。 厚生労働省の定める糖尿病の判定基準値• 基準範囲 5. 要注意 5. 異常 6. ブドウ糖負荷試験の検査方法は、水に溶かしたブドウ糖75gを飲み、30分後、1時間後、2時間後に採血して血糖値を測定します。 1~2ヵ月間の血糖変動を表します。 空腹時血糖値とは、朝食前に測定する血糖値。 インスリンの働きや状態を示す指標を表します。 3つの健診機関のヘモグロビンA1c(HbA1c)の基準値について 各健診機関の基準値はそれぞれ異なりますが、人間ドッグ学会と厚生労働省の ヘモグロビンA1c(HbA1c)の値に関しては大きくズレはございません。 HbA1c 5. ですが、HbA1cだけではなく空腹時血糖値とともに考えていくことが重要です。 補足ですが、2012年の3月までヘモグロビンA1c(HbA1c)の基準値は日本糖尿病学会の基準で「JDS」という基準を使用していましたが、国際標準値とズレがあり基準の統一をするため国際基準である「NGSP」を2012年の4月から 使用し始めました。 変更された理由としては、基準統一のほかに、糖尿病の研究や治療法の開発で不利益を被る可能性があるためです。

次の