サンデー スポーツ キャスター 女性。 NHK「サンデースポーツ」キャスターに大越健介氏 自ら志願 4月から登場/芸能/デイリースポーツ online

副島萌生アナがかわいい!出身高校や大学やカップは?【NHK】

サンデー スポーツ キャスター 女性

キャスターを務める日本テレビの報道番組「NEWS ZERO」の男性プロデューサーからのセクハラおよびパワハラ被害が報じられている、フリーアナウンサーの山岸舞彩=やまぎし・まい(26)が3日、都内で「日経トレンディ 2013年上半期ヒット商品ベスト30」発表会に出席し、「セクハラという認識はなかった」とセクハラ表現に違和感を示した。 一方で、番組スタッフらに悩みを相談したと明かし、パワハラと受け取れる行為があったことは否定しなかった。 セクハラ騒動後初の公の場で、渦中の山岸が口を開いた。 イベント終了後、1人会場に残り、報道陣からの質問をNGとした上で、自ら騒動について説明を始めた。 「この度はお騒がせしてしまっているんですけど、こういう報道になったのっていうことは私自身、残念に思っております」と切り出し、「ほかの方(被害女性)がどういうふうに考えるかは別にして、私自身がセクハラを受けたという認識はなかった。 セクハラって言葉を自分から発したこともなかったので、セクハラという言葉が一人歩きしている点は残念ですし、不本意」と発言。 セクハラ被害の認識がないことを強調した。 山岸は今年4月、「NEWS ZERO」のキャスターに就任したが、同番組プロデューサーが打ち合わせと称して、楽屋に居座り、二人きりの反省会をメールで誘うなど、執ように付きまとわれていたという。 数人の女性スタッフも同様の被害を受けており、セクハラおよびパワハラ被害の疑いとして社内調査が行われ、プロデューサーは6月1日付で職を解かれる事態となっていた。 セクハラの認識は否定した山岸だが「わたし1人の問題でもないので、すべてお話しするわけにもいかない」と含みも持たせた。 プロデューサーという立場が上の人間からの度重なる誘いを断れないなどのパワハラ被害を暗に示唆した。 この日は、NHK「サンデースポーツ」などで注目を集めたミニスカ姿でイベントに登場。 熊本県のゆるキャラ「くまモン」に肩を抱かれるなど元気な様子を見せた。

次の

副島萌生アナがサンデースポーツでかわいい!カップや大学は?|女子アナキャスターリサーチ

サンデー スポーツ キャスター 女性

この項目では、NHKのスポーツニュース番組について説明しています。 日本テレビ系で放送されていた番組については「」をご覧ください。 テレビ朝日で放送されていた番組については「」をご覧ください。 概要 [ ] に『 サンデースポーツスペシャル』としてスタートした。 度は『』(第1期)の化に合わせ『 サンデースポーツタイム』に改題された。 に『スポーツタイム』が『』開始に伴い終了したため『 NHKサンデースポーツ』に改題。 後にNHKの冠が外れ『サンデースポーツ』となる。 2018年度(初回は2018年4月1日22:00 - 23:00放送)よりを見据えて日本スポーツの「今」を掘り下げる番組内容などに一新され、番組タイトルも『 サンデースポーツ2020』(英題:SundaySPORTS- 2020 -)に改題されることになった。 担当者は、NHKプロ野球解説者が総合司会を担当したり、アナウンサーだけで進行したりと、時代によって大きく異なる。 2011年4月 - 2013年3月は度以来13年ぶりの司会者3人となる。 アナウンサーの場合はスポーツ中継を担当するアナウンサー 以外にも、本来はスポーツ中継に携わらず報道・情報などのジャンルのアナウンサー も多数参加する。 日曜日は通常公職選挙の投票日にあたるため、などの大規模な選挙特番が行われる日は基本的に休止となる。 また各地方自治体の選挙の日には地域によって全部または一部を開票速報に差し替えて放送するところがあり、当該地域では差し替えられた部分の振替放送は行わない。 また、の決勝戦の週は通常番組は休止する代わりとして、テニスの試合開始前に10 - 15分程度のスポーツニュースを送る。 向けのでは、 0:00 - 0:59()に時差放送する。 NHKワールドTVは英語放送強化による番組改編で2008年3月30日(日本国内)放送分で終了となった。 は 放送分からはアナログ放送、NHKワールド・プレミアムともにレターボックス16:9での放送に変更された。 より、『サタデー』とともに、を開始予定である。 大塚範一 ( - 11月2日)• (11月9日 - )• 上半期 下半期• 中村克洋 サンデースポーツタイム 上半期 22:00 - 23:00(60分)• 道傳愛子 1989年下半期 22:05 - 23:00(55分) (NHK)サンデースポーツ 22:05 - 23:00(55分)• 22:05 - 22:50(45分)• 22:00 - 22:50(50分)• 草野満代 ( - 1997年2月)• (1997年3月) 21:50 - 22:50(60分)• 有働由美子• 上半期 2004年下半期 21:53 - 22:52(59分) 21:50 - 22:49(59分)• 堀尾正明• 與芝由三栄 21:50 - 22:39(49分) 21:50 - 22:40(50分)• (レポーター 2011年度)• (レポーター 2012年度)• 松尾剛• 21:50 - 22:39(49分)• 杉浦友紀• 杉浦友紀• サンデースポーツ2020 21:50 - 22:50(60分)• (政治部記者、キャスター)• 前番組『』の内容によって、繰り下がる時あり。 年度により22:55まで、あるいは22:05から放送したのは、定時ニュースがあったため。 2008年度以降は、1996年度以来12年ぶりに50分番組となった。 『』関連のミニ番組が22:40から22:50に放映されるため。 2010年10月24日放送分は22:35-23:25の放送だったが、北海道地方では冒頭から15分間、衆議院北海道5区補欠選挙の開票速報に差し替えられ、途中飛び乗りでの開始後も、カタカナの「コ」の形をした画面(L字型画面に似せたもの)で各市区町村別のそれぞれの候補者の得票数を字幕テロップで伝えられた(2010年7月に行なわれた参議院通常選挙開票速報の時と同じ形式。 途中飛び乗りでも北海道地方では「NHK G」のウォーターマークは表示なし)。 2011年9月11日はが選挙関連の特別番組を放送したため、この日のの話題は翌日の9月12日の夕方のニュース番組『』で再編集したものをニュースリポートの形で放送した。 2018年6月10日は、新潟県知事選挙の開票速報を全国ニュースとして、3分間放送した。 この時に放送していた特集は、ニュースの後から再開された。 コメンテーター [ ] 以下、アナウンサーがメインを担当するようになった1997年から2008年、および2011年以後の主な出演者。 (NHK解説者 2000年から2009年・2013年-)• (NHK解説者として2001 - 2003年ごろ、NHK衛星放送大リーグ中継解説者として2014年、同年にメインキャスター松尾の休暇期間中に代理キャスターを担当。 (NHK解説者 2011年)• (NHK衛星放送大リーグ中継解説者 2011年)• (NHK解説者 2011年-)• (NHK解説者 2011年-)• (評論家、解説者 2011年)• (NHK解説者 2012年-2015年)• (評論家 2012年-)• (NHK解説者 2013年- 監督兼務 )• (解説者、2013年-)• NHK解説者 2014年-2017年• (・・・・・・解説者、2014年-)• (・・・解説者、ゲスト解説者 2014年-2015年)• NHK解説者 2016年-• (元大関・琴風)• (第61代横綱・北勝海)• (第52代横綱 NHK大相撲専属解説者• (元関脇・栃乃和歌)• (第72代横綱・稀勢の里)2019年5月場所から• (2003年ごろから2008年ごろ 主として日本代表関係の解説で出演)• (2004年夏まで、2011年-)• (2011年)• (2011年-)• (2011年 ・なでしこジャパン特集)• ( 2011年 7月10日・特集)• ( 2014年6月15日 特集)• ( 同上)• (漫才コンビ 同上) ウィンタースポーツ• (2011年・2012年11月。 2010年以前も出演あり) 全ジャンル• マンスリーキャスター [ ] 2015年4月5日(一橋・杉浦シリーズ初回)から、毎月1か月間(4 - 5回)を通して、スポーツ関係者やスポーツファンの各界著名人・有識者を「マンスリーキャスター」として迎える。 2018年度の放送から「サンデースポーツ2020」と番組名が変更されたことに伴い、マンスリーキャスター制度は廃止された。 2015年度 年月 マンスリーキャスター 肩書 備考 2015年 4月 東北楽天ゴールデンイーグルスシニアアドバイザー(その後球団副会長) 野球評論家 当番組初代総合司会。 のために死去。 SP・のレギュラー版は出演せず、2016年レギュラー版は〜までの出演となった 2月 レスリング選手 当番組初の女性マンスリーキャスター アテネ・北京オリンピック女子レスリング72kg級銅メダリスト の娘 3月 野球解説者、野球評論家 2016年度 年月 マンスリーキャスター 肩書 備考 2016年 4月 監督 は10分拡大SPを放送したため出演せず、2016年レギュラー版は〜までの出演となった 5月 野球解説者 2015年度を以って現役選手(最終所属・埼玉西武ライオンズ)引退 は出演せず、代役としてが出演した 6月 理事長 女子マラソン銀メダリスト アトランタオリンピック女子マラソン銅メダリスト 7月 前監督 サッカー指導者 はのため休止 は出演せず、2016年レギュラー版は・・の出演となった 8月 - - 〜はリオデジャネイロオリンピックのため休止 2016年レギュラー版はの放送となった 9月 ミュージシャン、マルチタレント、ジャーナリスト、相撲評論家、大相撲解説者 ・はタイムのため休止 2016年レギュラー版は・の出演となった 10月 プロ野球選手 当番組初の現役プロ野球選手マンスリーキャスター は出演せず、2016年レギュラー版は〜の出演となった 11月 元プロ野球選手(投手) 2016年度を以って現役選手(最終所属・横浜DeNAベイスターズ)引退 12月 フィギュアスケート選手、タレント 2017年 1月 元ラグビー選手 2017年レギュラー版はからの出演となる。 2月 元競泳選手 2016年リオ五輪にて現役引退 3月 元プロサッカー選手 2017年度 年月 マンスリーキャスター 肩書 備考 2017年 4月 プロボクサー 5月 アマチュアレスリング選手 2016年リオ五輪金メダリスト 6月 プロバスケットボール選手() 日本人初のNBA出場選手 6月25日は出演せず 7月 スノーボーダー 2016年ソチ五輪銀メダリスト。 は議員選挙のため短縮版 であったため出演なし はウィンブルドンテニス男子シングルス決勝中継のため休止 8月 8月20日・27日は杉浦アナウンサーが休暇により休演。 アナウンサーが代行。 9月 () 10月 11月 元柔道選手 2016年金メダリスト 12月 元選手 、2016年新体操団体代表選手 2018年 1月 元選手、放送ナビゲーター 2月 3月 ナレーター [ ]• 速報VTR部分は、原則として専属のナレーター(氏名テロップ出し無し)が担当する。 ルポルタージュVTRはスポーツ記者・アナウンサーが自ら取材・報告する場合がある。 サンデースポーツ2020では、が担当。 過去は、、他が担当していた。 テーマ曲 (テーマソング) [ ] テーマソング・タイトル映像は基本的に姉妹編『』と共同で使用される。 1997年4月 - 1998年3月:「I can see your smile!! 」(歌 - 、作詞 - 有馬寿美、作曲・編曲 - 山崎利明)• 1998年4月 - 1999年3月:• 1999年4月 - 2000年3月: タイトル不明、先代のアレンジ版• 2000年4月 - 2002年3月: 「WAY BACK HOME」(作曲:)• 2002年4月 - 2005年3月: 「Believe」(作曲:内池秀和、演奏:)• 2005年4月 - 2007年3月: OP「タイトルなし 」(作曲・ハーモニカ演奏:)、ED「心の扉」(作詞:、作曲:内池秀和、歌:)• 2007年4月 - 2009年3月: オリジナル曲「サンデースポーツテーマ」(作曲:、演奏:NHK音響効果部)• 2011年4月 - 2013年3月24日: 「Walk on」(作曲:())• 2013年3月31日 - 2015年3月29日: (作曲:)• 2015年4月5日 - 2018年3月25日• 2011年度はヘッドラインが無くなったが、その代わり「土曜スポーツタイム」や同年度からのと同じように、司会者が挨拶する前にその日の特に注目すべきスポーツニュースを1点選んで、それに関連したミニドキュメンタリーを絡ませつつそれを伝える(キャスター自らが取材したものもある)。 なお、プロ野球速報では公式戦でスコアテーブルを原則として全試合表記するが、オープニングで取り上げた項目がプロ野球である場合はスコアテーブルが表記されない試合がある。 2015年度(一橋・廣瀬シリーズ)では、ミニドキュメント形式で伝える最初の項目はアバンタイトルの形式(「土曜スポーツタイム」の方式と同じ)で始める。 お楽しみに! 」(開始当初は「来週のサタデースポーツもお楽しみに…」)と話して締めた。 毎回今が旬のスポーツ選手に密着取材したドキュメンタリーとゲストを交えたトークのコーナーで構成される。 この関係から、日曜日のスポーツニュースは番組の前半に集中して伝える。 が開催される時期には、千秋楽当日に幕内優勝力士がゲスト出演する。 ただし、地方開催(春場所・名古屋場所・九州場所)に関してはそれぞれの会場がある地域の放送局からの中継出演となり、この場合キャスターのどちらか1人が聞き手として中継で出演、もう1人は東京のスタジオから単独で進行する。 2014年5月場所からは好角家のも出演するようになった。 毎年12月の最終日曜日(カレンダー配置によってはその一つ手前の週も)は「サンデースポーツ」としては休止する代わり、「スポーツハイライト」と題してその1年間のスポーツシーンのまとめを紹介する特番が組まれる。 年度によりサンデースポーツの司会者がナレーターを担当することがある。 正月3が日と重複する日は原則として休止するが、はと、は「新春スペシャル」として放送される予定である。 レポーターの取材コーナー [ ] 毎週、取材レポーター(2011年度・小宮山、2012年度・酒井)は全国各地で行われる注目のスポーツイベントを取材し、その取材レポートと、現地(週によっては東京のスタジオ)から取材後記を述べるコーナーがあった。 その他 [ ] 「サンデー」では、数々のスポーツの課題・問題点、注目のアスリートに取材したルポルタージュやインタビューを行う他、2014年度のの低迷後は「日本サッカーの明日を考える会議」と題し、NHKサッカー解説者やサッカーに精通した有識者・芸能・文化人をゲストに迎えた討論会が行われた。 2015年度はこれに加え、アスリートを科学の視点で解析する的な「神髄」と題したコーナーも新設する。 特別拡大放送 [ ] の・いわゆる「日本対イラク」戦が行われた際、地上波では放送権の関係で放送することができなかったが 、当時メンテナンスタイムとなっていた(の)午前0時から2時まで、この試合に特化した特集が行われた。 内山はこの特集番組の資料付けのため試合をモニターしていたため、通常の放送には出席せずに有働の単独司会で放送を行った。 は本来であれば休止日であるが、この年行われたと大会を舞台とした特集が放送された。 は招致の実現に当たり、当初は22:00 - 22:50放送予定だったものを、24:00までに拡大 し、当初からコメンテーターとして参加することになっていたに加え特別客演(、、、、、。 特別ゲストMCとして)を招いた2時間特別篇を放送した。 、同年初回の放送も「新春特集」として22:05 - 24:00までの2時間拡大放送を行う。 この回はと()が番組の舞台となり、それらの大会で活躍が期待される日本のアスリートを特集した。 はワールドカップブラジル大会初戦の「対戦」をメインとした21:00 - 22:50の1時間50分拡大放送が行われた。 は本来であれば休止日であるにを舞台とした90分スペシャル(21:15 - 22:45)が放送され、とによる新春ビッグ対談が行われる。 脚注 [ ] [] 注釈 [ ]• なお、アナウンサーや一部の外部キャスターは姉妹編・「」(度から度まで・および度から)でも司会を担当する。 大塚、森中、西田、鳥海、青山、廣瀬ら。 目加田、中村、有働、堀尾、松尾、杉浦ら。 この時は番組キャスター・レポーターのNHKアナウンサーが1名担当して伝える。 この回が「与田・廣瀬シリーズ」の最終回。 ただし、の都合により放送できない権利映像(主に、海外の一部スポーツニュース、民放局が放送権を所持する権利映像など)が含まれる場合、一部をカットした上での放送となり、放送時間は国内より若干短くなることがある。 その時の残りの空白時間は映像や5分以上残っている場合はミニ番組で穴埋めされる。 番組の流れの関係での形で放送されるため、お断り画面が挿入される場合もある。 但し、2011年3月27日放送分 は東日本大震災関連のニュースによる特別編成の都合上、NHKワールド・プレミアムも国内同時放送となった(放送できない部分はで対応する)。 当初予定されたはが開催されるため休止。 それまではではなく4:3アップコンバートであった(他の各番組・も同様)。 星野が中日ドラゴンズ監督就任のため1986年11月2日で降板。 以後、1987年3月まで総合司会者は置かれず。 1989年に山本が広島東洋カープ監督に就任するため降板。 11月から阪急ブレーブスを引退したばかりの山田が新総合司会者に。 1992年度は当初3人でスタートしたが、1993年に梨田が近鉄バファローズコーチに就任するのに伴い1992年11月末で降板。 1992年12月-1993年3月は代役を立てずにアナウンサー2名だけでの進行に。 病気治療・療養のため降板。 その直後の1995年5月29日没。 5月21日から1996年1月に原がキャスターに就任するまでは草野一人で司会進行し、その間は草野のパートナーとしてスポーツ界に精通した有識者・ファンを週代わりゲストキャスターとして迎えた。 1997年2月をもってNHKを退局。 3月のみ藤井が代役で出演。 1997・98年度は3人体制だったが原が読売ジャイアンツコーチに就任するため1998年10月末で降板。 1999年は代役を立てずアナウンサー2人だけでの進行に。 「」(2009-2010年度担当)からの異動。 後述の通り、2017年12月にマンスリーキャスターとして出演している。 日本代表としての活動は主にシーズンオフの10-11月、およびやの開催時期が中心であるため、シーズン中はNHK解説者の活動が可能である。 関西のみ、当番組放送時間帯に選挙速報も放送されたため休止• ただしロゴおよび一部分の色などが変わっている。 2013年度は色も共通化された。 1993年度のみは平日の『』とも共用された。 NHK-FMの関東甲信越地域向け番組「」2005年の放送で西脇をゲストに迎えこの曲がフルサイズで流された際には「NHKサタデー・サンデースポーツ テーマ」と呼ばれた。 以前は別枠で、映像とナレーションのシンプルなものであったが、以後はスタジオにその年活躍したスポーツ選手を迎え、キャスターとの座談を交えて展開する形(殆どの回は事前収録)である。 スタジオゲストがある場合放送しない場合があるが、2011年後期以後はほぼ毎週レポーターもスタジオの進行に参加することが多かった。 地上波ではで、NHKではで放送された。 途中22:50 - 23:00はニュース中断を挟む。 出典 [ ].

次の

山岸舞彩、セクハラ否定もパワハラ示唆/芸能/デイリースポーツ online

サンデー スポーツ キャスター 女性

女性フリーアナウンサー、キャスター名鑑【一覧】 セント・フォース、フォニックス所属の女性アナウンサーはこちらから 事務所移籍など情報が古い場合もあります。 』 ・:元NHK鹿児島放送局契約キャスター ・:元長崎文化放送アナウンサー ・:元テレビ石川アナウンサー ・:元山形テレビアナウンサー ・:元岩手めんこいテレビアナウンサー ・:元北日本放送アナウンサー ・:TBS『はやドキ! IDL』、元スプラウト ニチエンプロダクション ・:元日本テレビナウンサー ・:元日本テレビナウンサー ・:元さくらんぼテレビジョン ・:日本テレビ系『Oha! moon ・:元フジテレビアナウンサー ワンエイトプロモーション ・:元テレビ愛知アナウンサー NEW STAR AGENT ・:元テレビ朝日アナウンサー エス・オー・プロモーション ・ ・ ・ キャスタークリエイト・ジャパン ・:元NHK契約キャスター ・:元仙台放送アナウンサー ・:元名古屋テレビアナウンサー スーパーコンチネンタル ・ タレント T-STYLE ・:『ZIP! 』2016年度お天気キャスター セントラルジャパン ・:NHK名古屋 エクステンション ・:元テレビ愛知アナウンサー ハセガワエスティ ・:元NHK沖縄放送局契約キャスター。 知念里奈の妹 ソニー・ミュージックアーティスツ ・ 舞舞プロ ・ ・ ・ 退所 ・:元テレビ信州アナウンサー サン放送アカデミー ・:元静岡第一テレビアナウンサー ドゥ・ストレート株式会社 ・:元日本テレビアナウンサー その他 個人事務所? ・:元テレビ朝日アナウンサー ・:元フジテレビアナウンサー ・:元日本テレビアナウンサー ・:元TBSアナウンサー ・:フジテレビ「直撃LIVE グッディ! 」 ・:元テレビ朝日スポーツ局記者 ・:TBS専属『NEWS23』 ・:元日本テレビアナウンサー ・:元バトミントン日本代表 ・:元フジテレビアナウンサー ・:元フジテレビアナウンサー ・:元フジテレビアナウンサー ・:元TBSアナウンサー ・:元TBSアナウンサー ・:元NHKアナウンサー ・:朝日放送 ABC アナウンサー ・:元テレビ朝日アナウンサー、夫はウッチャンナンチャンの内村光良 ・:元毎日放送 MBS アナウンサー ・:元毎日放送 MBS アナウンサー ・:元福岡放送アナウンサー ・:元NHK沖縄放送局 ・:元長崎国際テレビアナウンサー ・:元鹿児島読売テレビアナウンサー、フジテレビ『とくダネ』 ・:元東海テレビアナウンサー 夫はプロ野球DeNA三上朋也 ・:元東海テレビアナウンサー ・:元NHK室蘭放送キャスター ・:芸能リポーター ・:芸能リポーター ・:日本テレビ系『スッキリ!! 』リポーター ・:元テレビ大阪アナウンサー ・:NHK鹿児島放送局契約キャスター ・ ・:元NHK大津放送局契約キャスター 気象情報会社に所属する気象予報士 例外あり 株式会社ウイング ・:NHK甲府気象キャスター ・:NHK大阪気象キャスター ・:元NHK仙台契約キャスター ・:NHKBS気象キャスター ・:NHKラジオ気象キャスター 退所 ・:NHK大阪気象キャスター ・:NHKBS気象キャスター ・: 2016年4月セント・フォースに移籍 ・: 2016年4月契約終了、個人で活動? ウェザーマップ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・:元大分放送アナウンサー ・:元長野放送アナウンサー ・ ・ ・:元NHK青森放送局気象キャスター ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ 退所 ・:元NHK山形放送局 ウェザーニューズ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ オフィスNickNack ・:テレビ朝日『スーパーJチャンネル』 オフィス気象キャスター株式会社 ・ ・ ・:元テレビ朝日『羽鳥慎一モーニングショー』 ・ ・ CINEMACT ・ 株式会社サニースポット ・ 南気象予報士事務所 ・ ・吉村真希 ・西口香織 ・ ・ ・.

次の