生理 前 イライラ する。 生理前ってどうしてイライラするの?自分なりの対処法を見つけよう

生理前のひどいイライラは、無理せず専門医に相談しましょう

生理 前 イライラ する

女性にとって、毎月やってくる生理はとてもブルーな日です。 生理前は理由もなくイライラしたり、落ち込んでしまったり、「どうにかしたい」と思うその焦りが余計にイライラしてしまう・・・。 こんな悩みを抱えている女性は多いのではないでしょうか? 生理前に起こるイライラの原因は、ホルモンバランスの急激な変化によるものだと言われており、イライラや不安定な気持ち等の症状をPMS(月経前症候群)といいます。 毎月のこととはいえPMSは辛いものです。 そこで今回は、PMSの症状を抑えるのに役立つ、 生理前のイライラを解消する方法をご紹介いたします。 ホルモンバランスは生活習慣が大きく影響するため、特にイライラがひどい方は是非参考にしてみてくださいね。 スポンサーリンク 生理前のイライラを解消する方法 なぜ生理前はイライラするのか? 実に女性の8割が経験しているという生理前のイライラ。 それ以外にも頭痛や腰痛等様々な症状を併発することがあります。 これらの症状はホルモンバランスが乱れることで引き起こされるといわれており、こういった心と体に起こる症状をPMS(月経前症候群)といいます。 症状やその重さにも個人差があり、場合によっては起き上がるのも辛いくらい重い症状に悩まされる女性もいるようです。 生理前のイライラの元PMS PMSは生理が始まる1~2週間くらい前から起こり、生理が始まると同時に症状が消えて軽くなっていくのが特徴です。 生理が始めってから起こる「生理痛」とは別のものです。 排卵前に分泌されるエストロゲン(卵胞ホルモン)と排卵後に分泌されるプロゲステロン(黄体ホルモン)のバランスが崩れ、自律神経のバランスが乱れるためにPMSの症状が表れると言われています。 また、女性ホルモンの分泌量が低下することで、気分を高めたり幸せを感じる脳内ホルモンの分泌も低下してしまうこともイライラの原因として考えられています。 スポンサーリンク PMSが悪化する要因 女性のホルモンバランスが崩れることが症状を重くする原因です。 PMSを悪化させてしまう要因として考えられているのは、ストレス、体の冷え、睡眠不足が主な要因です。 また、タバコやアルコール、カフェインや糖分、塩分、脂肪の取り過ぎも体を冷やし自律神経を乱す原因になります。 生理前のイライラを解消するには 基本的にPMSは、自律神経が女性ホルモンのバランスを乱すことで発症しているので、いかに自律神経を整えるられるかが「イライラ」を解消させる上で重要になります。 具体的にイライラを解消させるためにどのような方法が有効なのかを見ていきましょう。 バランスの取れた食生活 生理前は栄養バランスが崩れる事もPMSの症状が重くなる原因と考えられているので、生理前はバランスの取れた食生活を心がけるようにしましょう。 特に生理前はビタミンやミネラル類が不足しがちになります。 ビタミンやミネラルの不足を補うためには、主食を玄米や蕎麦などに置き換えるのがおすすめです。 玄米は人によって好き嫌いが分かれるかとは思いますが、生理前だけでも玄米にする習慣を付けるといいかもしれません。 スポンサーリンク 大豆製品を食べる おすすめは豆乳を飲むようにすること。 大豆に含まれるイソフラボンには、女性ホルモンと似た働きをすることで有名です。 その他にも、きな粉、納豆、豆腐、味噌などの大豆製品も効果的です。 普段の食事に大豆製品を積極的に取り入れるようにしましょう。 また、カルシウムやマグネシウムを多く含む食材は、PMSの症状を軽くするお手伝いをしてくれるのでおすすめです。 ゴマ、アーモンド、小魚、 パセリ、ブロッコリー、ピーマン、ほうれん草(緑黄色野菜)も効果的です。 ビタミンB6を摂取する 女性ホルモンの働きを活発にしてくれるのがビタミンB6です。 むくみや貧血、肌荒れの予防にも大きな効果が期待できるビタミンなので、生理前はビタミンB6をしっかり摂取するようにしましょう。 具体的な食材としては、サンマ、カツオ、マグロ、サバ、イワシといった魚やレバー類。 若鶏やバナナなどにも豊富に含まれているので、生理前にはこれらの食材を取り入れてるようにしましょう。 必須脂肪酸は女性にとってとても大切な成分ですが、自分の体内では生成することができず、食品から摂取する以外に方法はありません。 必須脂肪酸は植物油に含まれているので、油をつかう場合はオリーブ油や大豆油、サフラワー油といった必須脂肪酸を含んでいる植物油から油分をとるようにしましょう。 スポンサーリンク ストレスを溜めない ストレスもPMSの症状を悪化させる原因です。 寝る前にはリラックスできるような音楽やアロマオイルの香りで癒されるのが効果的です。 入浴にもストレスを発散させる効果があるので、できるだけリラックスして、ストレスを溜めこまないように意識しましょう。 また、精神的に負担がかかるようなダイエットなども、この時期にはおすすめできません。 カラダを温める カラダが冷えると自律神経が乱れ、ホルモンバランスが崩れる原因になります。 冷やさないようにお風呂にゆっくりつかり温めるなど、 できるだけカラダを冷やさないようにしましょう。 飲み物も冷たい物ではなく、常温のお水やお茶、ホットレモンやショウガ湯、ホットミルクなどを飲むと更に体が温まります。 適度な運動 生理前は幸せを感じる脳内ホルモンの「セロトニン」の分泌も減少してしまう為、イライラを増幅させると言われています。 また、普段運動をする習慣がない人は、基礎代謝が低く体が冷えやすい傾向にあります。 そこで、有酸素運動を20分~30分程度行うことで、セロトニンの分泌を促したり体の代謝を上げるのに効果的です。 リラックス系のヨガやストレッチをしたり、ウォーキングなど無理のない範囲で有酸素運動を取り入れるようにしましょう。 適度な運動はストレスを発散させホルモンバランスを整え、 PMSの症状も軽くなるお手伝いしてくれます。 スポンサーリンク よく寝る 睡眠不足もホルモンバランスが乱れる大きな原因になります。 お肌のゴールデンタイムといわれている午後10時~深夜2時までの時間帯に、できるだけ多く睡眠時間が確保できるとホルモンバランスも整います。 良質な睡眠は美肌づくりにも欠かせないので、しっかりと睡眠をとるようにしましょう。 生理前のイライラを解消すには生活習慣の見直しを いかがでしょうか? 以上が、生理前のイライラを解消する方法です。 生理前のイライラは、女性であれば誰でも経験する症状かと思います。 辛い時には是非今回の内容を参考にしてみてくださいね。 それでもPMSの症状がひどく続くようであれば、婦人科や専門医に相談するようにしましょう。 また、もしあなたの仕事が上手くいっていなかったり、職場での悩みがあるのであれば「」もあわせて読んでみましょう。 きっと今までの悩みや問題が一瞬で解決できるキッカケをつかむことができるはずですよ。

次の

生理前・生理中にイライラしてしまう…心の不調の原因と解消法 | 女性の美学

生理 前 イライラ する

もくじ• 自分では、コントロールできない 生理が始まる3~10日前から、自分ではコントロールできないさまざまな症状が現れる状態を、生理前症候群(PMS)と言います。 イライラする• 精神的に落ち着かない• 腹痛・頭痛• 倦怠(けんたい)感• 眠気など これらが代表的な症状になりますが、症状は個人差が大きく、現れる症状もさまざまです。 また、月によって現れる症状が異なったり、まったく症状がない月があったりするのも特徴です。 生理が始まると、症状はなくなります。 生理前症候群の症状は、精神神経疾患の症状に似ている部分もあります。 ・生理周期との関連性 ・精神神経疾患ではない 診断する場合は、これらを確認する必要があります。 原因は、ストレス・不規則な生活習慣など 生理前症候群の原因も個人によって異なります。 精神的なストレス• 不規則な生活習慣 これらが原因になるケースが、多くみられます。 生理前症候群の原因は、明確にはなっていません。 不規則な生活をしている場合も、生理前に、腹痛・頭痛などの、身体的な症状が多くみられる傾向があります。 周期・症状を記録しておく 生理前症候群(PMS)は、医師による問診で診断します。 「過去3ヶ月以上連続して、PMS特有の症状のうち、ひとつ以上があるか」 「月経前の、どのくらいの時期に症状があるか」 問診では、このようなことを質問します。 そのため、受診の時は、すぐに答えられるよう、生理周期や症状など、簡単な記録をつけておきましょう。 改善には、ストレスの軽減とリラックス 生理前症候群は、生活習慣を見直せば、症状を和らげ、改善ができます。 規則正しい生活を心がけ、バランスのとれた食事と、十分な休養をとりましょう。 規則正しい生活をし、ゆっくりとリラックス時間もとるようにすると、精神的なストレスも軽減できるため、生理前症候群の症状を緩和できるでしょう。 それだけで症状が改善できない場合は、婦人科で相談し、薬を処方してもらえます。 薬を服用しながら、生活習慣を整えると、改善が早くなることもあります。 症状が重くて、つらい場合は、医師に相談しましょう。 生理前症候群は、体調の変化で、影響を受けます。 そのため、一度改善されても、再び症状が出てくる場合もあります。 無理せずに、調子が悪い時は、薬も使用しながら、上手につきあっていきましょう。 まとめ 生理前症候群は、女性特有の悩みです。 個人差も大きいため、周囲に理解されない場合もあり、さらにストレスに感じてしまうかもしれません。 生活習慣を整えると改善される人も多くいるので、まずは、今の生活習慣を見直していきます。 また、無理しないことが、改善にもつながるので、我慢せずに医師に相談しましょう。 【参考文献】 公益社団法人日本産科婦人科学会HP 月経前症候群(premenstrual syndrome : PMS).

次の

生理前のイライラを解消する方法12つ

生理 前 イライラ する

PMSは「月経前症候群」とも呼び、生理前なのに頭痛や腹痛、イライラなどが出る状態がまさにPMSなのです。 PMSの原因は、まだ100%解明されていませんが月経による女性ホルモンの急激な変化による影響がもっとも有力な原因説になっています。 症状も個人によってまったく異なり、本人自身がPMSだと認識をしていないことも珍しくありません。 PMSの症状は150種類!?その中でもイライラがもっとも多い!• 急激な眠気• 胸が張って痛い• 食欲増進• 積極的になるなど気分が高まる• 寂しくなるなど気分が落ち込む 腹痛や頭痛、肌荒れなどは生理前のよくある症状で有名ですが、PMSは急に眠くなるなど普段の生活では表れない症状もでます。 この他にもPMSの症状は様々で、現在では150以上の症状があると考えられています。 そして、その中でももっとも多くの女性を悩ませている症状がイライラ、イライラが原因による人間関係のトラブル、自己嫌悪になります。 PMSの症状は女に生まれたことを後悔するほど辛いもの。 少しでも症状を和らげるための解決策を知りましょう。 PMSになりやすい人の特徴 PMSを経験したことのある女性は症状の重さを問わず、なんと女性の約80%にも及びます。 中にはPMSのような症状を全く感じたことも無い方もいらっしゃいますが、こんなタイプの女性がPMSになりやすいとされています。 人にやさしいまじめタイプ• 生活が不規則• ストレスを溜めこみやすい• 強いこだわりを持っている• 自分に厳しい完璧主義 PMSは、体の症状だけではなく心の症状もあらわれます。 そんなときに真面目で心の優しい方は、自分に性格に問題があると責任をすべて背負い込もうとしてしまいます。 でも、それは間違い、すべてはPMSのせいですので正しい解決策を知り、少しずつから対策をしていきましょう。 PMSは悪化するため放置厳禁!PMDDへ進行 「生理前は具合が悪くなるものだからしょうがない」と思っている方は、特に注意です。 PMSを放っておき具合が悪いままでいると、そのまま悪化して 「PMDD」に進行する可能性があります。 PMDDとは「月経前気分障害」であり、イライラだけでなく極度な精神の揺らぎに加え、 日常生活に支障をきたすほどの頭痛や腹痛など、身体的・精神的なダメージが強い症状を指します。 また重度の鬱や自殺願望があらわれるなど、生命を脅かす可能性もある非常に危険な状態へ発展します。 PMSとの見分けは難しいですが、すぐにでも病院に行って治療してもらいたいと思うほどのPMSであれば、PMDDの可能性があります。 PMSやPMDDは病気です。 しっかりと症状と状態を自覚して、早めの対応を心がけるようにしてください PMSの解消法をチェック! 生理前の体調不良は、その軽重種類が個人によって大きく異なります。 胸が張り眠気が酷くなる方もいれば、生理前なのに生理中のようにお腹が痛くイライラが治まらない方など様々です。 症状は人それぞれでも、PMSの対処法や予防は単純なことで緩和できるのです。 一つずつチェックしていきましょう。 1.毎日軽い運動をする PMSを少しでも良くするためには、軽い運動が効果的です。 代謝を促したり気分転換にもなりますので、症状の緩和が期待できます。 ウォーキングなど外に出る運動でなくても、部屋でできるストレッチや心呼吸をするだけでも効果的です。 ですが、PMSの症状で悩まされている真っ最中はストレッチすらもできません。 運動はPMSの立派な対処法ですが、現実的な対策とはいい難い部分もあります。 2.ストレスを溜めないようにする PMSやPMDDは精神面の負担からも来るため、普段からストレスを溜めず気楽に過ごすことも症状緩和の手段にはなります。 しかし、ストレスは自分でコントロール出来るものではなく、ストレスを溜めこまない生活こそ運動よりも現実的ではありませんよね。 日常生活の中でストレスを避けることを意識しすぎて、それが新たなストレスにも発展します。 せめて日頃のストレスは定期的に解消できるように、休日は思いっきり好きなことをして一日中楽しく過ごすことを目標としてみてください。 3.医薬品を使う 病院で薬を処方された薬を飲むことが今のところ一番効果のある方法です。 しかし、薬には副作用が付きものです。 薬のおかげでイライラは収まったけれど胸のムカムカが止まらないなど、意図しない反作用があらわれてしまうこともあります。 個人の体質によって大きく異なりますが、意外と薬は副作用が出ることも多いため、深刻でないPMSならば別の方法で対処することをおすすめします。 4.食生活の改善する PMSの辛い症状を和らげるには、食生活を変えることも大変有効です。 体の調子が悪い時はイソフラボンやビタミンB群を、イライラなど心が不安定な時はカルシウムやマグネシウムを多めに摂りましょう。 また、朝が弱く、朝ごはんを食べていない方はいませんでしょうか? 朝食抜きで仕事に行くと、エネルギーが補給されていない状態で消費だけされていくので、直接イライラに繋がる原因ともなります。 ただでさえPMSや生理中は無駄なエネルギーが消費されますので、食事は3食きっちり食ることをおすすめします。 反対に、アルコールやカフェイン、塩分の摂取は普段より控えめにしましょう。 ホルモンバランスを意識した食事を心がけることはPMSの良い解決方法ですが、毎日栄養や成分を考えた食事を作るのはとても大変です。 どちらの対処法にもメリットもあればデメリットもあり一長一短の対策といえます。 そこでnanairo 編集部がおすすめするPMS対策は、サプリメントを活用することです。 生理前のイライラにはサプリがおすすめ!その理由… サプリメントを使うくらいならば薬のほうが効果も確実で良いと思われがちですが、実はサプリには薬には無いメリットがいくつかあるのです。 サプリと薬の違いを知り、自分にどちらが合っているか確認しましょう。 これは薬でもサプリでも共通のメリットですね。 近頃はパッケージも可愛いものが多いので、仕事場や外出先にパッケージのまま持っていっても恥ずかしくないものばかりです。 薬でPMSの症状は収まったけど、仕事中に猛烈な眠気が襲ってくるようではあまり意味がありませんよね。 サプリメントはあくまで健康食品であるから、通常ならば副作用の危険性はありません。 ただ、使用原料によっては副作用が出る可能性のあるサプリもありますので、チェックする必要があります。 PMS対策のされたサプリのほとんどは、食事で不足しがちな栄養をしっかり補給できるようビタミンやミネラルなどの成分も含まれています。 毎日の食事の栄養バランスに自信がない方は、特にサプリの使用をおすすめします。 ただし、PMSサプリと一言で言っても数え切れないほどの商品がありどれを選んでよいか分からない方も多いと思います。 PMSサプリメントの正しい選び方 実際に自分の生活スタイルや症状に合う方法で対処していくためには、PMSサプリの正しい選び方を知る必要があります。 何を選んでよいかわからない方は、この4つを抑えておけば実感できないハズレサプリを引くことはありません。 1.これだけは欠かせない2大成分配合 PMS対策サプリを選ぶのでしたら、材料に「ピクノジェノール・チェストベリー」のどちらか(両方ならなお良し)が配合されているサプリがおすすめです。 ピクノジェノールとはフランスに生息する松の樹皮から抽出したエキスのことで、ポリフェノールを多く含んでいるため生活習慣病の予防や子宮内膜症・月経困難症への期待されている成分です。 さらに、ポリフェノールは抗酸化作用もあるため、美肌効果やしわ予防にも効果的です。 まさに女性のための成分ですので、是非ここで名前を覚えていただきたいです。 チェストツリーは草食動物のメスが妊娠中に食べているハーブとして発見されたもので、人が使っても副作用が確認されないことからどんどん人間の生活にも浸透していきました。 チェストツリーは、イライラや不安感など不安定な心をサポートする効果があります。 生理前の症状で多くの人が経験している胸の痛みやハリを緩和する効果も期待できるため、生理前に心が不安定になってしまう方はチェストツリーの含まれたサプリを選ぶことをおすすめします。 2.サポート成分が充実している サプリメントは、メイン成分一本で勝負するものからサポート成分が充実して多方向から補助するものまで様々です。 生理前の辛い症状は多くの栄養が足りていないことも原因の一つとして挙げられますので、サポート成分は充実しているものの方が効果が期待できます。 特に「ビタミンB6・カルシウム・マグネシウム・鉄」が含まれているものがおすすめです。 例えば、現在鉄サプリを使っている方は、同量程度の配合量で他の成分も含まれたサプリを探してみてはいかがでしょう。 3.毎日続けられる手ごろな価格 サプリメントは毎日続けるものですから、家計の負担にならない価格の商品を選びましょう。 どんなジャンルでもサプリの価格は上から下まで幅が広いですが、値段が高いといって効果があるとは限りません。 あまりに安すぎるサプリは添加物や副作用のある原料が含まれている可能性が高いですが、高いからといって信用して調べずすぐ購入しないでくださいね。 4.安全性が確認できる サプリの安全性は、原料や製造工場で確認しましょう。 通販で人気の商品は自然素材のサプリが多いですが、残留農薬や放射能検査は行われているか、工場はGMP認定であるかなどが確認のポイントです。 GMP認定は、厚生労働省の定めたガイドラインに沿って、品質管理についてをチェックし認定されます。 GMP認定のある工場は衛生的であり安全性が高いと考えて良いでしょう。 おすすめの厳選PMSサプリをご紹介 今回は「効果の期待できる成分配合・安全の確認できる・続けやすい価格」のPMSサプリを厳選して4つご紹介いたします。 どれもサポート成分で個性があり、そのサプリにしかない特徴もありますので、 見逃さずチェックしてください。 工場や素材の安全性も販売ページで確認でき、かつ安全性を重く見る医師の指導のもと、アレルギー物質不使用を貫いているサプリです。 サポート成分も多めでありビタミンB群をはじめとする、生理前の嫌な症状に必要なカルシウムやマグネシウムなどが的確に配合されています。 鉄や葉酸も入っていますが、個人的には生理前の体の冷えをサポートするジンジャーエキスが含まれているところも評価したいです。 定価価格は4,400円であるため、決して適当なサプリではありません。 メイン成分であるチェストベリーはチェストツリーの果実部分ですので、同じものと考えて問題ありません。 イソフラボンやアマニ油も含まれているため、ホルモンバランスを整え生理前のイライラを狙い撃ちに解消してくれるサプリです。 ルナベリーは9種類のハーブが配合されていますが、その中にピクノジェノールも含まれているため、生理前のPMSに効果が期待できるサプリです。 他のサプリではなかなか見られない「120日間の全額返金キャンペーン(4ヶ月分の商品代金)」も実施していますので、効果をじっくり試したい方は販売ページをチェックしてみてください。 乳酸菌がメイン成分の一つですが、生理前や生理中は便秘や下痢になりやすいため、毎日飲めるサプリとして乳酸菌をとることもPMSには有効です。 サポート成分の数は少々心許ないですが、ビタミンB6やオリゴ糖が摂取できるため決して悪くはありません。 どちらかと言うと、毎日摂取するべき栄養に不足は無いけれどPMSがなかなか改善されない方におすすめのサプリです。 女性のミカタ(すこやか編) 初回価格 メイン成分 サポート成分 安全性 980円 チェストツリー・メリロートなど 〇 〇 女性のミカタはチェストツリーがメイン成分のすこやか編と月見草がメイン成分の安らぎ編がありますが、どちらかと言えばすこやか編をおすすめします。 チェストツリーは生理前のイライラに効果が期待できますが、すこやか編に含まれているメリロートこそ注目すべき成分であり、古くから女性の悩みを解消する植物として親しまれてきました。 販売ページには原材料名・産地・配合量が明記されており工場の安全性も確認できるため、安全に対する意識は高いこともわかります。 定価価格も1,980円と手ごろな値段ですので、比較的続けやすいPMSサプリです。 サプリを使いPMSに負けない体を作ろう! PMS対策サプリは、使い方によっては病院処方の薬よりも便利な代物に変わります。 今は多くの方がサプリを使って体調管理をサポートするのが当たり前になりつつあります。 コストも平均的な値段のサプリならば食生活を変えるよりも安く抑えることができるので、PMSサプリはコスパ面でも優秀です。 心が不安定だったり体調が悪く仕事に支障をきたす時「生理前なので休みます」なんて言いづらく、泣く泣く我慢しながら頑張っていた方も、もう無理する必要はありません。 PMSに悩んでいるのであれば、まず自分にできる対策から少しずつはじめていきましょう。 PMSは体の病気・心の病気。 自分ひとりで背負い込まずに家族、恋人、医療機関、素晴らしい専用商品などの力をどんどん借りていきましょう。

次の