教示する 例文。 ビジネス文書・メールで頻出!「ご教示」の意味と正しい使い方

【例文つき】「ご教示」と「ご教授」の違い&正しい使い方とは

教示する 例文

「ご教示ください」の意味と使い方 「ご教示ください」という表現は、ビジネスや正式な場面などで正しく使いこなしたい丁寧表現のひとつです。 普段聞きなれない言葉であることから、この記事では「ご教示ください」に焦点を当てて、ビジネスシーンやかしこまった場面で適切に使いこなせるようにご紹介していきます。 まずは、「教示」の言葉の意味から、文法的な意味の解説、そして実際にどういうシチュエーションで使われるのかを見ていきましょう。 そもそも「教示」とはどういう意味なのか 「教示」には「教え示すこと」、という意味があります。 何を教え示すのかというと、知識や方法などについて、それを知らない相手に対して教えてあげるおこないのことです。 覚えておきたいビジネス敬語のひとつ 「ご教示ください」は、ビジネスや正式な場などのかしこまった状況において、相手から何の情報や知識を得たいときに使える便利な言い回しです。 その使い方は、相手に敬意を示しながら伺い尋ねることにあります。 ちなみに、「ご教示ください」のほかにもバリエーションが色々とあり、相手や状況によって丁寧度を変えることが望ましいです。 ビジネス敬語は、しっかり使いこなせることで相手に対して信頼性を与えることができます。 ひとりのプロフェッショナルとして、正しい丁寧表現の使い方をしっかりマスターすることをおすすめします。 ビジネス敬語を使いこなすメリットは大きいです。 きちんとした言葉遣いができることから相手に与える信頼感や、「この人であれば任せられそうだ」といった安心感を与えることができます。 どんな時に使われるのか 「ご教示ください」がよく使われるシチュエーションとしては、職場の上司や同僚など、比較的軽い敬意を示すべき相手に、何かの情報を得るために質問をする場合が多いでしょう。 ただし、質問の種類は、相手が簡単に答えられるような内容です。 何かの具体的な情報や、時間や数字、有無や可否についてなどのように、相手が明確に答えられる種類の質問をする際に「ご教示ください」を使います。 次に具体例を挙げていきます。 では、「ご教示ください」が使われる例文としてはどんなものがあるでしょうか。 具体的な例文を挙げてみていきましょう。 「スケジュールについてご教示ください」 平たく言うと、「スケジュールについて教えてください」という意味です。 「教えてください」の代わりに、「ご教示ください」を使用することで丁寧でかしこまった印象を与えることができるため、より礼儀正しい表現になります。 例えば、会社の上司に社内研修などの予定を聞きたいときなどに使えるでしょう。 「プロジェクトの予算についてご教示ください」 こちらも使い方は同じで、プロジェクトの予算について教えてほしい際に、より丁寧で畏まった印象を与えることのできる使いまわしです。 仕事を進める際に、目上の人や敬意を示す対象から、ある情報や知識を得なければならないときに有用です。 具体的には社内の部長などに予算や、顧客リストなどの「すでに存在する情報や簡単に答えの出る情報」をもらいたいときに使います。 「教えてください」から感じ取れる、どこか幼稚な印象はビジネスシーンなどにおいては避けましょう。 「ご教示ください」を使用することにより、よりプロフェッショナルな印象を与えることのできる質問の仕方です。 文法的な構成はどうなっているのか 文法的な構成については、「教示」に敬語の「ご」を付け、相手の教示に対して敬意を示しています。 その「ご教示」を「ください」と丁寧語で乞うことにより、相手の持つ情報に対して敬意を示しつつ丁寧に「教えてください」と、質問している構成です。 ちなみに「ください」の部分の言い回しを変えていくことで、丁寧度やニュアンスを変えることができます。 それについてはのちほどご紹介します。 書き言葉で使われます 上司や同僚に対してもかしこまった言葉遣いをすることで、明確でスムーズなやりとりをすることができるでしょう。 取引先とのメール 仕事の取引先に何か問い合わせする際に使います。 適度に距離を置き、なおかつ敬意を示すことのできるこの表現が、しっくりくる状況のひとつと言えます。 ただし、状況によりもう少し丁寧度を上げてもよいでしょう。 就職活動時 就職活動、希望の会社に何か尋ねたい情報があるときに適切な言葉遣いです。 ただし、もう少し丁寧度を上げるとよいでしょう。 冠婚葬祭などのかしこまった機会 結婚式やお葬式などの場面でも使います。 ただし、メールよりは手紙などでの使用が多くなります。 「ご教示ください」の別の言い回し 「ご教示ください」はシンプルで覚えやすいのですが、どこか淡々としています。 余裕があれば「ご教示ください」に加えて、さらに表現力の豊かなバリエーションも押さえておきたいところです。 そこで実際に使えそうな例文を列挙してみます。 ご教示願います 構成は、「ご教示+願います」になります。 ご教示くださいと似た簡潔さと明確さが特徴です。 ご教示お願い致します 構成は、「ご教示+お願い致します」になります。 結びを「お願い致します」に変えることで印象的な丁寧度が増します。 実際の場面で、この言い回しを使用するビジネスパーソンが多く、便利な言い回しと言えます。 ご教示のほどよろしくお願いいたします 構成は、「ご教示+のほど+よろしくお願いいたします」になります。 「のほど」は、「ご教示」に対する断定を和らげるための言葉で、婉曲表現による丁寧表現です。 結びを「よろしくお願い致します」に変えることで印象的な丁寧度が増します。 「のほど」の追加や、「よろしくお願いいたします」のような長いフレーズにより、先ほどの「ご教示お願いいたします」よりもかしこまった印象が高くなります。 実際の場面でこちらを使用するビジネスパーソンが多く見受けられ、便利な言い回しと言えます。 ご教示くださいますようお願い申し上げます 構成は、「ご教示ください+ます+よう+お願い申し上げます」になります。 「ご教示ください」は「ご教示くださる」の連用形です。 教示をする動作主の相手に対して、教示を受ける側が敬意を表す尊敬語です。 注意したいのが、「ご教示いただきますよう」と誤った使用をしてしまいがちなところです。 「いただく」は謙譲語なので、書き手自身が謙るための言葉です。 よって、相手に対して尊敬を表すべき時に使用するのは誤りです。 近年、「いただく」を尊敬語と勘違いする人が多く、間違いの多い表現なので注意してください。 ご教示くださいますと幸いです 構成は、「ご教示ください+ますと+幸いです」になります。 「ご教示ください」は「ご教示くださる」の連用形です。 教示をする動作主の相手に対して、教示を受ける側が敬意を表す尊敬語です。 よって前項の例文と同じで、「ご教示頂きます」ようなど、尊敬語のつもりで謙譲語を挟み込む間違いをしない様にしましょう。 「幸いです」と繋げることで、慎み深く柔らかな印象を与えることができるでしょう。 ご教示を賜りたく存じます 構成は、「ご教示を+賜りたく+存じます」になります。 「ご教示」は尊敬語で、「賜る」は謙譲語、そして「存じます」は謙譲語です。 「お教えをもらいたくおもいます」という意味の丁寧表現です。 「ご教示ください」の敬語 「ご教示ください」を敬語にする場合、どこかおかしな表現になります。 なぜなら、「ご教示ください」が、すでに敬語であるからです。 使い方のバリエーションは前項で扱ったとおりです。 ポイントは尊敬語と謙譲語の見極めが大切です。 敬意がどの方向を向いているのか、意味的に辻褄が合うようにして使うことがコツです。 敬語は中学の国語で習いますが、その後社会人になるまで使用する機会がなかなかないので、忘れてしまうことも多いでしょう。 敬語には、尊敬語、謙譲語、丁寧語があります。 まずは基本に立ち返って敬語の種類からおさらいしてみるとよいでしょう。 「ご教示ください」と「ご教授ください」の違い よく混同してしまいがちな表現が、「ご教授ください」です。 「ごきょうじ」と「ごきょうじゅ」と、読みも似ているため、間違えやすいですが、この機会に意味の違いを確認しておきましょう。 「ご教示ください」については、今まで焦点を当ててきたように、相手に対して教えてほしいという意味の丁寧表現であり、何かの答えを得るときに相手に丁寧に尋ねるための書き言葉です。 それに対して「教授」とは、学問や技芸に対して使う言葉です。 よって、「ご教授ください」は、相手に対して何かの手順や方法を尋ねるときに使われます。 簡単な質問をしたい際に使う「ご教示ください」とは区別してください。 「ご教示ください」の類語 「ご教示ください」は相手に対して何かの答えを教え示してほしいという意味の丁寧表現です。 情報を得るという目的において、同じ意味を持っているのが「ご提示ください」です。 ニュアンスの違いとしては、教示する対象にはさまざまな情報が含まれていますが、提示の場合は、書類や契約内容などに対して使われる点が違います。 「ご教示ください」をマスターしよう 今回は、「ご教示ください」について焦点を当ててきましたが、コツは掴めましたか。 おさらいをすると、「ご教示ください」とは、かしこまった機会に使われる書き言葉です。 主にメールで使用されることがあり、丁寧な言い回しにしたいとき使います。 バリエーションはさまざまありますが、尊敬語と謙譲語との勘違いなど、混同しやすい組み合わせや表現に注意してください。 敬語を実際に使用する機会は、社会に出てからという人がほとんどです。 正しい敬語の使い方をマスターすることは、日本人であっても簡単にはいきません。 なぜなら、職業によっては使う機会に恵まれない人もいるからです。 よって、日ごろから意識的に丁寧表現を身に着けておくことで、いざというときに役に立ちます。

次の

「ご教示」の意味と使い方!例文や類語「ご教授」との違いも解説

教示する 例文

また取引先とのやりとりの中で、内容や手順、状況、対処の方法などを聞きたいときにも使われることがあります。 上司やクライアントなどとの日程調整で相手のスケジュールを聞きたいときも使うことが可能です。 ご教示願いますやご教示くださいは、メールなどでの書き言葉として使われることが多く、話し言葉ではお教えください。 ご指導をお願いいたします。 などが適切でしょう。 「ご教示願います」を使った例文をいくつか紹介します。 実際にビジネスメールなどを送る際に参考にしてみてください。 <例文> ・経費申請書の書き方を、お手すきでご教示願います。 ・〇〇のプランに申し込む場合の手順について、詳細をご教示いただければと思います。 ・貴社のご都合がつく日程を、いくつかご教示いただけますと幸いです。

次の

「ご教示願います」の意味は? 「ご教授」との違いと使い分けを知ろう

教示する 例文

前述した通り、「ご教示」は「教えてください」の丁寧な表現のため、敬語として使用することが可能です。 目上の人などに何か方法や知識を教えてもらいたい時に最適な表現だと言えます。 また、わからない部分を解決したいときなどにも使用することができます。 敬語で、なおかつ誰に対しても使うことができる丁寧な表現のため、使い方をマスターすればビジネスシーンのいたる場面で活用できること間違いなし。 ぜひ本来の意味などを理解し、上手に使いこなしてみてくださいね。 しかしながら、「ご教示ください」は時と場合によって目上の人に対して失礼に当たります。 原因は「〜ください」。 これが少し命令のように聞こえてしまうこともあるからです。 上司や目上の人に使う場合は「ご教示願います」や「ご教示お願い申し上げます」のような「ご教授ください」をより丁寧にした表現を使ってください。 この単語を用いて「ご教示ください」を表現することも可能です。 例えば「Please instruct me if there is an error in my understanding of it(私の認識に誤りがありましたら、ご教示願います)」というように表現することが可能です。 外資系企業でビジネス英語を使わなければならない方は参考にしてみてくださいね。 「ご教示」は書き言葉として使いこなそう! いかがでしたか?今回は「「ご教示」は正しい敬語?意味や例文・使い方・類語も紹介!【状況別】」をご紹介しました。 これまで間違って「ご教授」を使ってしまっていた人も少なくないのではないでしょか。 本記事で本来の意味を理解し、正しい敬語としてぜひビジネスシーンで活用してみてくださいね。 正しい使い方をすることで好感度も上がること間違いなしです。

次の