住民 票 原本 コンビニ。 住民票関連の証明書について 荒川区公式ホームページ

コンビニエンスストア等における証明書等の自動交付【コンビニ交付】

住民 票 原本 コンビニ

この記事の目次• 住民票の写しとコピーの違いとは? みなさんは住民票の「写し」と「コピー」に違いがあるのを知っていますか? なんだかとてもややこしい感じがしますが、この「写し」と「コピー」にはどんな違いがあるのかについて調べてみましたので、知識として知っていると今後の役にたつかもしれません。 住民票とは? 自分の住所など必要な情報を証明するための書類で、お近くの市町村の役所などで取得することができます。 今はある条件を満たせば、コンビニでも取得できるようになりました。 もし何かの手続きをする際に、住民票が必要になることがある際に 住民票の写しをご用意下さいと言われる場合と住民票はコピーで構いません。 と言われた場合にこれだと、どちらでも利用することができると言うことわかりますか? 住民票の写しの場合 市町村の役所などで取得した原本が必要となり、「住民票はコピーで構いません」の場合は原本をコピーすると言うことなんです。 もし自宅に取得した住民票があると「住民票の写しのコピー」がすぐ作成することができます。 住民票の写しのことを原本と呼ぶことがあるのは、コピーと間違えない為? 住民票の写しのことを原本と呼ぶことがあるのですが、なんだかややこしい感じがしますよね。 しかしこれにはこんな意味があるそうです。 住民票が必要になった時に、その担当の人に「住民票の写しを持ってきてください」と言われることがあるかと思いますが、その際にその写しをコピーして持って行く人が多いからとよく耳にします。 なので、写しを原本と呼ぶことが広がったそうなんです。 確かに住民票の写しを持ってきてくださいと言われると、大抵コピーして持って行けばいいのかと捉えてしまいますよね。 もしこの時に原本を持ってきてくださいと言われたら、そのまま持っていけば良いのかと思いますよね。 そう考えるとなんだかニュアンスが難しいですね。 もし今後、住民票を持ってきて下さいと言われることがある時には、原本かコピーどちらかなのか?を確認しておくと良いでしょう。 もしわからない時には原本を持っていくと、まず間違いはありません。 コピーで良い場合はその場でコピーしてくれることもありますし、近くのコンビニでコピーしてもいいですからね。 原本、写し、コピーの違いを理解してから住民票を取得しましょう! 様々なシーンで住民票が必要になることがありますが、その際書類などで確認すると「住民票の原本を提出してください」と書いてあることがあります。 しかし、役所から原本をもらってしまうことはできません。 もしもらってしまったら、自分の住民票の情報が消えてしまいます。 どうすればいいの?原本提出って?慌てなくても大丈夫です! 実は住 民票の原本=原本の写しなのです。 あくでも役所で発行してくれるものは、全て原本の写しなのです。 こう書いてあるのは、コピーではないものを提出してくださいと言うことなのですが、だったら最初から、「コピーではないものを提出してください」と書いてくれたほうが、紛らわしくなくわかりやすいと思いますよね。 でも、あまり使用する頻度が少ないとわからないですよね。 もし、書類に「住民票の原本を提出してください」と書いてあっても役所でもらうのは、あくまでも写しということを認識しておきましょう。 住民票はコンビニでも取得できます! 住民票がコンビニでも取得できるようになり、近くに市町村の役所がない人にとってはとても便利になりました。 コンビニで住民票取得する時は? 事前に住民基本台帳カードかマイナンバーカードのどちらかが必ず必要です。 もし今後、コンビニで取得しようと思うのであれば事前に役所に行き、マイナンバーカードの手続きを完了し、コンビニに行く際には必ず持参しないと取得することはできません。 その他にも手数料として200円が必要になります。 コンビニで住民票を取得する手続方法は、コンビニに置いてあるコピー機などの機械の画面を見ると「行政サービス」というボタンがあるので、それを押して画面を見ながら進んでいきます。 操作が終了すると、住民票の原本が印刷され出て来て完了です。 初めにマイナンバーの登録は必要ですが、混んでいる役所で待つこともなく、時間も気にせず簡単に手に入れることができるので、とても便利です! 住民票を取るのに手数料がかかるのに納得がいかない、何故? 高い税金を払っているのに、住民票を取るのに手数料がかかるのに納得がいかないと思う方も中にはいるようですが、これにも賛否両論の考え方があるかと思います。 しかしこれを無料で受け取れるサービスにしてしまうと、じゃあ100枚くらいちょうだい!と言う人も出てきてしまうのを防ぐ為と言う意味もあるのです。 税金を納めている人全てが、必要とするものではありませんし、もし毎年国民全員が必要とする書類であれば、税金も取得する方法も変わってくるのかもしれません。 人件費等を税金で賄っていることで、発行手数料は安くなっていることもあり、もしそうでなければ金額はもっと高くなることも考えられます。 無料であれば、それはとてもありがたいことなのですが、こればかりは今の現状に従う方法しかないかと思います。

次の

住民票の原本と写しの違いは? 写しとコピーはどう違うの?

住民 票 原本 コンビニ

この記事の目次• 住民票の写しとコピーの違いとは? みなさんは住民票の「写し」と「コピー」に違いがあるのを知っていますか? なんだかとてもややこしい感じがしますが、この「写し」と「コピー」にはどんな違いがあるのかについて調べてみましたので、知識として知っていると今後の役にたつかもしれません。 住民票とは? 自分の住所など必要な情報を証明するための書類で、お近くの市町村の役所などで取得することができます。 今はある条件を満たせば、コンビニでも取得できるようになりました。 もし何かの手続きをする際に、住民票が必要になることがある際に 住民票の写しをご用意下さいと言われる場合と住民票はコピーで構いません。 と言われた場合にこれだと、どちらでも利用することができると言うことわかりますか? 住民票の写しの場合 市町村の役所などで取得した原本が必要となり、「住民票はコピーで構いません」の場合は原本をコピーすると言うことなんです。 もし自宅に取得した住民票があると「住民票の写しのコピー」がすぐ作成することができます。 住民票の写しのことを原本と呼ぶことがあるのは、コピーと間違えない為? 住民票の写しのことを原本と呼ぶことがあるのですが、なんだかややこしい感じがしますよね。 しかしこれにはこんな意味があるそうです。 住民票が必要になった時に、その担当の人に「住民票の写しを持ってきてください」と言われることがあるかと思いますが、その際にその写しをコピーして持って行く人が多いからとよく耳にします。 なので、写しを原本と呼ぶことが広がったそうなんです。 確かに住民票の写しを持ってきてくださいと言われると、大抵コピーして持って行けばいいのかと捉えてしまいますよね。 もしこの時に原本を持ってきてくださいと言われたら、そのまま持っていけば良いのかと思いますよね。 そう考えるとなんだかニュアンスが難しいですね。 もし今後、住民票を持ってきて下さいと言われることがある時には、原本かコピーどちらかなのか?を確認しておくと良いでしょう。 もしわからない時には原本を持っていくと、まず間違いはありません。 コピーで良い場合はその場でコピーしてくれることもありますし、近くのコンビニでコピーしてもいいですからね。 原本、写し、コピーの違いを理解してから住民票を取得しましょう! 様々なシーンで住民票が必要になることがありますが、その際書類などで確認すると「住民票の原本を提出してください」と書いてあることがあります。 しかし、役所から原本をもらってしまうことはできません。 もしもらってしまったら、自分の住民票の情報が消えてしまいます。 どうすればいいの?原本提出って?慌てなくても大丈夫です! 実は住 民票の原本=原本の写しなのです。 あくでも役所で発行してくれるものは、全て原本の写しなのです。 こう書いてあるのは、コピーではないものを提出してくださいと言うことなのですが、だったら最初から、「コピーではないものを提出してください」と書いてくれたほうが、紛らわしくなくわかりやすいと思いますよね。 でも、あまり使用する頻度が少ないとわからないですよね。 もし、書類に「住民票の原本を提出してください」と書いてあっても役所でもらうのは、あくまでも写しということを認識しておきましょう。 住民票はコンビニでも取得できます! 住民票がコンビニでも取得できるようになり、近くに市町村の役所がない人にとってはとても便利になりました。 コンビニで住民票取得する時は? 事前に住民基本台帳カードかマイナンバーカードのどちらかが必ず必要です。 もし今後、コンビニで取得しようと思うのであれば事前に役所に行き、マイナンバーカードの手続きを完了し、コンビニに行く際には必ず持参しないと取得することはできません。 その他にも手数料として200円が必要になります。 コンビニで住民票を取得する手続方法は、コンビニに置いてあるコピー機などの機械の画面を見ると「行政サービス」というボタンがあるので、それを押して画面を見ながら進んでいきます。 操作が終了すると、住民票の原本が印刷され出て来て完了です。 初めにマイナンバーの登録は必要ですが、混んでいる役所で待つこともなく、時間も気にせず簡単に手に入れることができるので、とても便利です! 住民票を取るのに手数料がかかるのに納得がいかない、何故? 高い税金を払っているのに、住民票を取るのに手数料がかかるのに納得がいかないと思う方も中にはいるようですが、これにも賛否両論の考え方があるかと思います。 しかしこれを無料で受け取れるサービスにしてしまうと、じゃあ100枚くらいちょうだい!と言う人も出てきてしまうのを防ぐ為と言う意味もあるのです。 税金を納めている人全てが、必要とするものではありませんし、もし毎年国民全員が必要とする書類であれば、税金も取得する方法も変わってくるのかもしれません。 人件費等を税金で賄っていることで、発行手数料は安くなっていることもあり、もしそうでなければ金額はもっと高くなることも考えられます。 無料であれば、それはとてもありがたいことなのですが、こればかりは今の現状に従う方法しかないかと思います。

次の

コンビニ等で取得できる証明書について

住民 票 原本 コンビニ

2010年2月2日より、以下の対応地域のセブンイレブンで、住民基本台帳カード(住基カード)を富士ゼロックス社製の新型マルチコピー機のカードリーダーにかざし、本人認証した上で手数料を投入し、ボタンの操作を行うと、「住民票の写し」・「印鑑登録証明書」が発行できるようになりました。 また、店員の介在なしで証明書を発行できる仕組みになっており、同社は、人的な作業で個人情報が漏れる可能性を減らす配慮をしているようです。 この行政サービスは、2008年春からセブンイレブンが、総務省や地方自治体などと検討を重ねて実現しました。 セキュリティ対策 以下のような万全のセキュリティ対策を講じているようです。 住基カード セブン-イレブンで住民票の写しと印鑑登録証明書を取得する際には、住基カードが必要になります。 暗証番号 上記に加え暗証番号が必要となります。 暗証番号の設定は、住基カードを市で交付するときに本人確認と同時に行います。 発行の際、店員は介在不要 証明書はマルチコピー機ですべて処理が完了し、コンビニ店舗の店員が一切介入しませんので、個人情報が他人に見られることはありません。 証明書に偽造防止対策 マルチコピー機から交付される証明書には何重もの偽造防止対策が施されていいます。 通信の暗号化 自治体からセブン-イレブンまでの通信は、暗号化された専用回線を使用しています。 補足情報 交付手数料 同じセブンイレブンでも市区町村ごとに異なりますが、200円~250円程度になります。 事前手続き 事前に、住民基本台帳カード(住基カード)の交付手続きと、自動交付を受けられるパスワード登録(ネットワークを利用するためのパスワード)を済ませることが必要です。 sej. html 住民票コンビニ受取に関するニュース映像 住民票のコンビニ受取対応済み自治体一覧 北海道 江別市、音更町 岩手県 奥州市 宮城県 大崎市 福島県 会津若松市、白河市、須賀川市、相馬市 茨城県 古河市、龍ケ崎市、つくば市 栃木県 足利市、栃木市、日光市、那須塩原市、下野市、那須町 埼玉県 さいたま市、春日部市、戸田市、北本市、小鹿野町 千葉県 市川市、木更津市、松戸市、成田市、山武市、芝山町 東京都 渋谷区、中野区、荒川区、足立区、葛飾区、三鷹市、町田市、小金井市 神奈川県 藤沢市、茅ヶ崎市、座間市 新潟県 三条市 富山県 南砺市 福井県 山梨県 富士吉田市、韮崎市、南アルプス市、笛吹市、甲州市、富士川町、忍野村、富士河口湖町 長野県 伊那市、駒ヶ根市、辰野町、箕輪町、飯島町、南箕輪村、宮田村 岐阜県 大垣市、 静岡県 掛川市、御殿場市、清水町 愛知県 一宮市、 三重県 鈴鹿市、いなべ市 滋賀県 彦根市、長浜市、愛荘町 京都府 木津川市、 大阪府 豊中市、枚方市、茨木市、泉佐野市、羽曳野市、門真市 兵庫県 西宮市、三木市 奈良県 生駒市 山口県 下関市 徳島県 三好市 愛媛県 宇和島市 福岡県 福岡市、大牟田市 熊本県 益城町 宮崎県 宮崎市 鹿児島県 鹿児島市、薩摩川内市 沖縄県 南風原町.

次の