ハチナイ リセマラ。 【八月のシンデレラナイン(ハチナイ)】最新リセマラ当たりキャラ(選手)ランキング!!&みんなのガチャ結果まとめ!!『2017/11/7更新!』

【八月のシンデレラナイン(ハチナイ)】リセマラやり方、ガチャ当たり一覧

ハチナイ リセマラ

スポンサーリンク 最近のハチナイはリニューアル・アップデートで変更・廃止になったイベントがあったりと、昔ながらの攻略が今の初心者の方に一部あてはまらない部分が出てきました。 なので、今回サブ垢を作ってハチナイを初心者の気持ちを思い出しながらやり直してみることにしました。 ここから始まる一連のチュートリアル記事はその記録になります。 初心者の方に何かしら参考になることがあれば幸いです。 制限事項 私は初心者ではないのでちょっとした制限事項を加えていきます。 といってもいわゆる縛りを目的としたものではなくて、ガチャキャラを頼りに攻略しても参考にならないだろうというのが制限をかける理由です。 ・初期レアリティがSSRの選手については使用を控える。 ・ガチャは1日10連1回で、合計80連まで可能。 ちょうどアニメ化キャンペーンで8日間10連無料をやっているのでそれだけやってもいいことにする。 それ以上はガチャしない。 基本的にはSSRでメンバーが埋まるくらいまでは、ガチャを回すのがナインスターの正しい使い方なんですが、あまりガチャガチャやっても再現性が低くなってしまうので自粛。 ガチャ産のSR、Rやイベント産SRなどをメインで使用して攻略していこうと思います。 目標は、常設されている最初の高難易度イベントの「星に願いを」クリアまでを予定しています。 けっこう強い相手なのでもしかしたら長い道のりになってしまうかもしれません。 1日目 チュートリアル終了して、プレゼントボックスから受け取って、まず初日のぶんの10連ガチャを引きます。 ちなみにチュートリアルで引けるSRの投手は野崎、東雲、岩城の3人がいますが、どれも大差ないです。 強いて言えば野崎がいくらか試合で活躍、東雲と岩城はデレストで活躍といったところでしょうか。 引けなかった選手も気長にやっていればガチャからそのうち出てきます。 あらー、10連ガチャですがいきなりSSRが出ちゃいました。 残念ながら今回はSSRは使用を控えるので封印します。 通常プレイであれば制限とかは無意味なので、運良く最初に加入してくれたSSRの選手はどんどん使っていきましょう。 SSRの選手は覚醒させる必要がないので、初期がSR以下の選手よりも簡単に即戦力になってくれます。 編成を変更して、とりあえず最初はこんな感じになりました。 まだRも十分にいないので最初からいるNの選手をしかたなく使用していきます。 Nの選手はガチャやイベントで上位レアの選手が入り次第置き換えていくので育成する必要はないと思います。 育成とかはまたあとでやるとして早速試合していきましょうか。 最初にやる試合は、「ベアマックス大量獲得イベント」と「毎日1回まで挑戦できるイベント」(イベントの名称)からやっていきます。 どちらも毎日1試合ずつできるので日付が変わる前にまっさきに手を付けていっていいでしょう。 翌日になると再挑戦できますが、午前0時ではなく、午前4時に回数がリセットされるようになっています。 ナインスターを使用してもう1試合することもできますが、最初のうちはこちらにスターを使ってしまうのはもったいないと思います。 ステージごとに難易度が上がっていきますが、最初はよわよわなのでStage1から行きます。 敵の強さ、ドロップ品などが試合前に確認できます。 報酬がいいからと後半のStageに挑んでしまうと返り討ちにあってしまうので敵の強さはよく見ておきましょう。 これは試合するごとに選手1人だけ信頼度を貯めることができ、パラメータを少し上乗せすることができるというものです。 信頼度を上げる選手は誰にしてもいいのですが、チュートリアルで出たSR投手の東雲さんは今後活躍してもらうので東雲さんに信頼度を振っていきましょうか。 ハートを設定した選手を試合に参加させれば信頼度(TPといいます)が貯まっていきます。 スタメンかベンチメンバーに入れておく必要があるので、メンバーを変えた場合、ハートの設定も変更するようにしましょう。 スポンサーリンク では、気を取り直して試合いきます。 試合はオートでいきます(「選手に任せる」を選んだ状態)。 選手に指示出しする戦術モードは最初のうちはハードルが高いですからね。 試合はオートで進行するので、勝つか負けるかはある程度運がからみます。 実力が近い相手と試合すれば勝ったり負けたりになりますが、育成して力をつければ今まで苦労してた相手にも勝率が上がって、より強い相手に挑めるようになります。 試合中はお好みで進行スピードを変更したり、一時停止/コマ送りなどができます。 文章で説明すると長くなってしまうので、実際に触って慣れてみてくださいね。 記念すべき初試合ですが、いきなり負けてしまいました。 まさか最初のステージで負けるとは思ってなかったのでワタクシ少々動揺しております。 負けちゃってどうしようと思ってましたが、 1日1回挑戦できるイベントは負けてしまっても挑戦回数は消費しないので、そこは親切設計ですね。 よかったよかった。 特に育成などはせずに、改めて再試合します。 今度は勝ちました。 な?最初の相手なんてこのとおり楽勝ですよ。 このように試合するごとに結果が違ってくるので、あからさまに実力差がある相手じゃなければ何度も挑んで突破するというのも十分アリです。 一度負けたくらいのことはあまり気にしないってのは意外と大事なポイントかもしれませんね。 試合後のリザルトでは、 青春ポイント(青春ランク=プレイヤーランクを上げるのに必要な経験値)、 TP(キャラの信頼度を上げるのに必要なポイント)、わずかながら 部費(育成に必要なお金)と 経験値が入ります。 最初のうちはこの経験値もばかにならないんですよね。 あとは勝った場合は アイテムのドロップがあり、内容はステージによって異なります。 いろいろと用語らしきものが出てきましたが、このへんは複雑なものではないので、なんとなく理解しておけばだいじょうぶです。 最初のうちは必要経験値が低いのでどんどん青春ランク(プレイヤーランク)が上がっていきます。 このあたりは他のソシャゲでよくある方式で、ランクアップすると元気(スタミナ)が全快します。 溢れたスタミナは上限を超えて溜まっていくので無駄にはなりませんが、最初のうちはランクアップが非常に頻繁なのでまとまって時間が取れるときにやったほうがいいですね。 次の試合に入る前に、せっかくなので自分の学校名は変更しておきましょうか。 チュートリアルで適当に決められた名前のままにしておいたのですが、それだと相手校と自校の区別もつきにくいですからね。 私の学校とわかりやすいように「たどこさ高校」にしておきましょうか。 うーんネーミングセンスなし。 ブログ名も3日くらい考えたあげく「たどこさブログ」にした人間だからね。 スポンサーリンク 試合に戻って、ベアマックスイベントをやったので、今度は1日1回イベントをやっていきます。 1日1回イベントは敵の強さはぜんぶ同じですが、ステージによって報酬でもらえる内容が違います。 それぞれ簡単に説明しますね。 1.英知のカケラ。 試合をオートではなくプレイヤーが指示出しをするときに使えるコマンドを増やすのに使います。 ベンチ枠を増やすのにも使うのである程度は序盤で欲しいです。 2.ココロのカギ。 選手の信頼度を上げればその選手の能力が底上げされていきます。 3.絆の結晶。 選手のスキルはデレストというミニゲーム?で取得するのですが、デレストが面倒な人のために絆の結晶を消費してスキルを獲得することができます。 また、一部の上位スキルはデレストでは取得できず絆の結晶を使用する必要があります。 4.ソウルストーン。 選手のシーンごとに持っている悩みを才能に変えたり、才能のレベルを上げるのに必要です。 ソウルストーンはデレストをやることでも獲得できますが、すべての選手の才能を開花させるためには膨大なソウルストーンが必要になるので、いくらかはここで集めておくと便利です。 初心者がどこからいくべきかと言われれば、ズバリ「ソウルストーン」です。 手に入れた選手はすべて「悩み」持ちの状態からスタートしますが、ソウルストーンを使って解決しないままの悩みだと試合で大きく足を引っ張ってしまうので、試合で使う選手の悩みだけは早期に解消しておく必要があるためです。 これがいちばん即効性が高いので、真っ先に取り組むべきはソウルストーンになります。 英知のカケラは最初は800くらいあれば十分(ベンチの開放分)で、それは初期のメインストーリーで簡単に集まります。 ココロのカギは長期的には最重要なのですが、いまいち即効性にかけるので初心者が最初から狙っていくほどのものではないです。 絆の結晶は初心者のうちはほとんど意味がないアイテムですし、後々必要になる分は別の方法で入手することになります。 試合はあっさり勝利。 非常に弱い相手なので初心者でも問題ないです。 1日1回しかできないだけあって、ソウルストーン大量でありがたいです。 ベアマックスイベと1日1回イベ、説明は今回限りですがこれは今後も必ずやるようにします。 せっかくソウルストーンを取ったので、ここでさっそく悩みを解消していきましょうか。 才能開花のタブを選択して解消したい悩みを選んで必要なソウルストーンを消費して解消します。 試合によく使う選手、概ねレアリティが高い順に悩みを解消していくといいです。 私の場合は信頼度と同様に、まずはSR投手の東雲さんから悩みを消していくことにします。 やはり投手の能力は試合結果に直結しますからね。 先程の試合で得た以外にスタート時にプレゼントボックスに入っていたソウルストーンがあったので悩みは両方解決できそうです。 イエーイ!!悩み解消!!!!!!!!(不必要なテンション) 悩みを解消したあとは、才能のレベルを高めていくこともできますが、最初のうちは才能レベルを上げるよりも赤い悩みを消すことを優先するようにしましょう。 なので2人3人と別の選手の悩みを消して、あらかた片付いてきたら才能を伸ばすという感じがいいと思います。 ちなみに才能のレベル上げにはソウルストーンの代わりにナインスターを消費して開花させることもできますが、死ぬほどもったいないのでやめましょう。 スターを割るボタンは誰も使ってないと思いますし間違って押しそうになるので消してくれませんかねえ・・・。 本日はここまで。 まだほとんど試合してなくて元気だだ余り中なのですが、プレイしながら説明を書いていたら日付が変わってしまったので2日目に続きます。

次の

【ハチナイ】八月のシンデレラナインのリセマラ方法とガチャ当たりキャラ

ハチナイ リセマラ

『ハチナイ』をダウンロードする• チュートリアルをクリアする(ストーリースキップ可能)• 名前を入力する(重複可能・後から変更可能)• プレゼントからガチャチケットやナインスターなどの報酬を受け取る• ガチャを引く• レアリティ 提供割合 SSR 3% SR 17% R 80% リセマラの終了ライン・狙いガチャ 『ハチナイ』のリセマラ終了ラインとしては、最高レアリティであるSSRキャラです。 チーム編成の人数が多いので、ガチャをたくさん回せる期間にリセマラをするのがおすすめです。 誰も僕のことを知らない街。 冷やかしや過度の期待は、もうない。 もう、【野球】に縛られることもない。 ここでゆっくり、普通の学生生活を送るんだ。 「有原翼です!好きなものは、野球です!」 要らないはずだった。 捨てた……つもり、だった。 「野球が大好きなんでしょ?」 もう一度、君と目指したい。 小さい頃からずっと夢見た、あの舞台ーーー 【甲子園】を。 C Akatsuki Inc.

次の

ハチナイのリセマラ方法は?高速で出来るやり方はある?

ハチナイ リセマラ

スポンサーリンク 最近のハチナイはリニューアル・アップデートで変更・廃止になったイベントがあったりと、昔ながらの攻略が今の初心者の方に一部あてはまらない部分が出てきました。 なので、今回サブ垢を作ってハチナイを初心者の気持ちを思い出しながらやり直してみることにしました。 ここから始まる一連のチュートリアル記事はその記録になります。 初心者の方に何かしら参考になることがあれば幸いです。 制限事項 私は初心者ではないのでちょっとした制限事項を加えていきます。 といってもいわゆる縛りを目的としたものではなくて、ガチャキャラを頼りに攻略しても参考にならないだろうというのが制限をかける理由です。 ・初期レアリティがSSRの選手については使用を控える。 ・ガチャは1日10連1回で、合計80連まで可能。 ちょうどアニメ化キャンペーンで8日間10連無料をやっているのでそれだけやってもいいことにする。 それ以上はガチャしない。 基本的にはSSRでメンバーが埋まるくらいまでは、ガチャを回すのがナインスターの正しい使い方なんですが、あまりガチャガチャやっても再現性が低くなってしまうので自粛。 ガチャ産のSR、Rやイベント産SRなどをメインで使用して攻略していこうと思います。 目標は、常設されている最初の高難易度イベントの「星に願いを」クリアまでを予定しています。 けっこう強い相手なのでもしかしたら長い道のりになってしまうかもしれません。 1日目 チュートリアル終了して、プレゼントボックスから受け取って、まず初日のぶんの10連ガチャを引きます。 ちなみにチュートリアルで引けるSRの投手は野崎、東雲、岩城の3人がいますが、どれも大差ないです。 強いて言えば野崎がいくらか試合で活躍、東雲と岩城はデレストで活躍といったところでしょうか。 引けなかった選手も気長にやっていればガチャからそのうち出てきます。 あらー、10連ガチャですがいきなりSSRが出ちゃいました。 残念ながら今回はSSRは使用を控えるので封印します。 通常プレイであれば制限とかは無意味なので、運良く最初に加入してくれたSSRの選手はどんどん使っていきましょう。 SSRの選手は覚醒させる必要がないので、初期がSR以下の選手よりも簡単に即戦力になってくれます。 編成を変更して、とりあえず最初はこんな感じになりました。 まだRも十分にいないので最初からいるNの選手をしかたなく使用していきます。 Nの選手はガチャやイベントで上位レアの選手が入り次第置き換えていくので育成する必要はないと思います。 育成とかはまたあとでやるとして早速試合していきましょうか。 最初にやる試合は、「ベアマックス大量獲得イベント」と「毎日1回まで挑戦できるイベント」(イベントの名称)からやっていきます。 どちらも毎日1試合ずつできるので日付が変わる前にまっさきに手を付けていっていいでしょう。 翌日になると再挑戦できますが、午前0時ではなく、午前4時に回数がリセットされるようになっています。 ナインスターを使用してもう1試合することもできますが、最初のうちはこちらにスターを使ってしまうのはもったいないと思います。 ステージごとに難易度が上がっていきますが、最初はよわよわなのでStage1から行きます。 敵の強さ、ドロップ品などが試合前に確認できます。 報酬がいいからと後半のStageに挑んでしまうと返り討ちにあってしまうので敵の強さはよく見ておきましょう。 これは試合するごとに選手1人だけ信頼度を貯めることができ、パラメータを少し上乗せすることができるというものです。 信頼度を上げる選手は誰にしてもいいのですが、チュートリアルで出たSR投手の東雲さんは今後活躍してもらうので東雲さんに信頼度を振っていきましょうか。 ハートを設定した選手を試合に参加させれば信頼度(TPといいます)が貯まっていきます。 スタメンかベンチメンバーに入れておく必要があるので、メンバーを変えた場合、ハートの設定も変更するようにしましょう。 スポンサーリンク では、気を取り直して試合いきます。 試合はオートでいきます(「選手に任せる」を選んだ状態)。 選手に指示出しする戦術モードは最初のうちはハードルが高いですからね。 試合はオートで進行するので、勝つか負けるかはある程度運がからみます。 実力が近い相手と試合すれば勝ったり負けたりになりますが、育成して力をつければ今まで苦労してた相手にも勝率が上がって、より強い相手に挑めるようになります。 試合中はお好みで進行スピードを変更したり、一時停止/コマ送りなどができます。 文章で説明すると長くなってしまうので、実際に触って慣れてみてくださいね。 記念すべき初試合ですが、いきなり負けてしまいました。 まさか最初のステージで負けるとは思ってなかったのでワタクシ少々動揺しております。 負けちゃってどうしようと思ってましたが、 1日1回挑戦できるイベントは負けてしまっても挑戦回数は消費しないので、そこは親切設計ですね。 よかったよかった。 特に育成などはせずに、改めて再試合します。 今度は勝ちました。 な?最初の相手なんてこのとおり楽勝ですよ。 このように試合するごとに結果が違ってくるので、あからさまに実力差がある相手じゃなければ何度も挑んで突破するというのも十分アリです。 一度負けたくらいのことはあまり気にしないってのは意外と大事なポイントかもしれませんね。 試合後のリザルトでは、 青春ポイント(青春ランク=プレイヤーランクを上げるのに必要な経験値)、 TP(キャラの信頼度を上げるのに必要なポイント)、わずかながら 部費(育成に必要なお金)と 経験値が入ります。 最初のうちはこの経験値もばかにならないんですよね。 あとは勝った場合は アイテムのドロップがあり、内容はステージによって異なります。 いろいろと用語らしきものが出てきましたが、このへんは複雑なものではないので、なんとなく理解しておけばだいじょうぶです。 最初のうちは必要経験値が低いのでどんどん青春ランク(プレイヤーランク)が上がっていきます。 このあたりは他のソシャゲでよくある方式で、ランクアップすると元気(スタミナ)が全快します。 溢れたスタミナは上限を超えて溜まっていくので無駄にはなりませんが、最初のうちはランクアップが非常に頻繁なのでまとまって時間が取れるときにやったほうがいいですね。 次の試合に入る前に、せっかくなので自分の学校名は変更しておきましょうか。 チュートリアルで適当に決められた名前のままにしておいたのですが、それだと相手校と自校の区別もつきにくいですからね。 私の学校とわかりやすいように「たどこさ高校」にしておきましょうか。 うーんネーミングセンスなし。 ブログ名も3日くらい考えたあげく「たどこさブログ」にした人間だからね。 スポンサーリンク 試合に戻って、ベアマックスイベントをやったので、今度は1日1回イベントをやっていきます。 1日1回イベントは敵の強さはぜんぶ同じですが、ステージによって報酬でもらえる内容が違います。 それぞれ簡単に説明しますね。 1.英知のカケラ。 試合をオートではなくプレイヤーが指示出しをするときに使えるコマンドを増やすのに使います。 ベンチ枠を増やすのにも使うのである程度は序盤で欲しいです。 2.ココロのカギ。 選手の信頼度を上げればその選手の能力が底上げされていきます。 3.絆の結晶。 選手のスキルはデレストというミニゲーム?で取得するのですが、デレストが面倒な人のために絆の結晶を消費してスキルを獲得することができます。 また、一部の上位スキルはデレストでは取得できず絆の結晶を使用する必要があります。 4.ソウルストーン。 選手のシーンごとに持っている悩みを才能に変えたり、才能のレベルを上げるのに必要です。 ソウルストーンはデレストをやることでも獲得できますが、すべての選手の才能を開花させるためには膨大なソウルストーンが必要になるので、いくらかはここで集めておくと便利です。 初心者がどこからいくべきかと言われれば、ズバリ「ソウルストーン」です。 手に入れた選手はすべて「悩み」持ちの状態からスタートしますが、ソウルストーンを使って解決しないままの悩みだと試合で大きく足を引っ張ってしまうので、試合で使う選手の悩みだけは早期に解消しておく必要があるためです。 これがいちばん即効性が高いので、真っ先に取り組むべきはソウルストーンになります。 英知のカケラは最初は800くらいあれば十分(ベンチの開放分)で、それは初期のメインストーリーで簡単に集まります。 ココロのカギは長期的には最重要なのですが、いまいち即効性にかけるので初心者が最初から狙っていくほどのものではないです。 絆の結晶は初心者のうちはほとんど意味がないアイテムですし、後々必要になる分は別の方法で入手することになります。 試合はあっさり勝利。 非常に弱い相手なので初心者でも問題ないです。 1日1回しかできないだけあって、ソウルストーン大量でありがたいです。 ベアマックスイベと1日1回イベ、説明は今回限りですがこれは今後も必ずやるようにします。 せっかくソウルストーンを取ったので、ここでさっそく悩みを解消していきましょうか。 才能開花のタブを選択して解消したい悩みを選んで必要なソウルストーンを消費して解消します。 試合によく使う選手、概ねレアリティが高い順に悩みを解消していくといいです。 私の場合は信頼度と同様に、まずはSR投手の東雲さんから悩みを消していくことにします。 やはり投手の能力は試合結果に直結しますからね。 先程の試合で得た以外にスタート時にプレゼントボックスに入っていたソウルストーンがあったので悩みは両方解決できそうです。 イエーイ!!悩み解消!!!!!!!!(不必要なテンション) 悩みを解消したあとは、才能のレベルを高めていくこともできますが、最初のうちは才能レベルを上げるよりも赤い悩みを消すことを優先するようにしましょう。 なので2人3人と別の選手の悩みを消して、あらかた片付いてきたら才能を伸ばすという感じがいいと思います。 ちなみに才能のレベル上げにはソウルストーンの代わりにナインスターを消費して開花させることもできますが、死ぬほどもったいないのでやめましょう。 スターを割るボタンは誰も使ってないと思いますし間違って押しそうになるので消してくれませんかねえ・・・。 本日はここまで。 まだほとんど試合してなくて元気だだ余り中なのですが、プレイしながら説明を書いていたら日付が変わってしまったので2日目に続きます。

次の