ミライース 改造。 ミライースターボ(TR

ダイハツ・ミライース

ミライース 改造

ミライースはエコを代表する軽自動車なので ターボモデルは登場させにくいのではないでしょうか。 ミライースのコンセプトは環境汚染につながらない 燃費の良い車なので、その逆といえるターボモデルを出すと コンセプトと違う車になってしまいます。 もちろん、筆者はミライースにターボモデルが出てほしいし 軽量化された車にターボを積むとどれだけ加速が良くなるのか 大変興味があるのです。 でも、アルトワークスが登場しても、なにも音沙汰がないのであれば ターボモデルは登場しない可能性のほうが高いでしょう。 ミライースのコンセプトは何か? もともと初代ミライースは「エコ&スマート」をコンセプトに 開発をしてきた軽自動車です。 新型ミライースになってからは初代ミライースと 少しコンセプトは変わってきたようです。 その理由は、ユーザーは燃費にさほど 興味を示していないことが分かったからでしょう。 自動車メーカーの相次ぐ燃費不正から脱却するためなど 燃費を追い求めるコンセプトだけではダメだと気付いたからでしょう。 新型ミライースでは「みんなのエコカー」というキャッチフレーズで 宣伝されていました。 つまり、エコに関してはまだこだわりがあり 走りに関する快適性は犠牲にしていると思われます。 ミライースが進化していくのはエンジンのパワーアップではなく 安全性に重点を置いた進化を遂げていくのではないでしょうか。 思わせぶりな新型ミライースのデザインは何のため? 新型ミライースになってフロントデザインが 車好きにとって思わせぶりなものとなりました。 カッコ良いデザインになった現行型を見て 一部の車好きは「TR-XX」が登場するのではないかと ネット上で考察をやり始めたのです。 もちろん、筆者もミラ・TR-XXを運転したことがあり その快適な走りは今も忘れられません。 ですが、新型ミライースのデザインは空力を考えて開発したら そのようなデザインとなったというだけではないでしょうか。 新型ミライースを横から見ると トヨタ・アクアと同じ「トライアングルシルエット」を 採用しているような気がします。 屋根にもトヨタ・アクアと同じ「カモメルーフ」が さりげなく採用されているので、空力を考えた作りになっているはずです。 ミライースもトヨタ・アクアと同じ スペシャルエコカーなのかもしれません。 ミライースのターボ仕様を大胆に予想してみた! ミライースターボが本当に登場するという場合を想定して 筆者の願いも含め予想をしていきます。 エンジン自体はムーヴと同じターボエンジンを搭載し コペンのエンジンとは差別化を図ります。 とはいえ、コペンのエンジンは同じ「KF-DET」でも 仕様が異なるエンジンが搭載されます。 ミライースやムーヴに「KF-DET」を搭載したところで コペンの売り上げには全く影響されないでしょう。 理由は、コペンは軽自動車のスポーツカーで サスペンションが全く異なる味付けがされているからです。 ミライースターボが登場するならAT?CVT? ミライースターボが登場するなら トランスミッションは「CVT」が採用されるでしょう。 スムーズな加速を実現させるために CVTのような滑らかに変速するシステムを採用されます。 ダイハツ・コペンでもCVTが採用されているので ミライースだけがATを採用するという事はあり得ません。 ミライースはチューニングカーにも劣らない軽量化と 空力を考えたボディデザインとなっているので ターボ仕様が登場すると楽しい走りをする車が登場するでしょう。 以上、筆者が考える、ミライースターボの考察でした。 エコカーのターボモデルを出しても売れない?! さて、現実問題としてですが、ミライースがターボモデルを出しても おそらく売り上げは伸びないと思われます。 なぜなら、今どきのノンターボは昔ほど遅くはないし 日常的な使い方なら不満はほとんど出ないからです。 確かに坂道などによっては、パワー不足を感じるかもしれません。 しかし、ノンターボのほうが新車値段は安いし燃費も良いので 快適で燃費の良いノンターボのほうが必要とされていると思われます。 ミライースにはターボモデルはないですが ターボ車を買うのに向いている人は以下の通りです。 軽自動車でもパワーのある走りを楽しみたい人• 家族4人以上を乗せて買い物やレジャーを楽しみたい人• 自宅の周辺が坂道が多くて、パワーのない車だとつらいという人• お出かけに高速道路を多用する人 ノンターボでも走りを楽しむことができますが どんな道でも快適に走りたいという人はターボのほうが良いでしょう。 また、ターボモデルの場合は高速道路の合流や坂道で その威力を発揮することができます。 最近は絶滅品種となった軽自動車という理由で 高速道路の合流から本線に入ろうとしたら 加速してくるポンコツ乗用車も返り討ちにできます。 つまり、高速道路の合流もスムーズに本線に入ることができますし 坂道でもパワー不足を感じることは少ないでしょう。 ミライースのターボは後付けが可能! 実は、ミライースのターボは、後付けが可能です。 ターボの後付けは専門のショップで 作業をしてもらう必要があります。 パワーハウスDTM• ハーフウェイ 他にも、ターボキットを販売して 取り付けてくれるショップがあるかもしれませんが 筆者が知る限りでは、以上の通りです。 ミライースをこよなく愛し買い替えはあり得ないという人は ターボキットを取り付ける価値は十分にあります。 しかも、ミライースという非力な車が 驚くほど速い加速を見せるギャップを求めるなら ターボキットは必須アイテムといえます。 パワーハウスDTMのミライース用ターボキットの値段 パワーハウスDTMのターボキットは 誰でも快適でアグレッシブなドライブを楽しむことができます。 このようなハイパワーチューニングをすると 「耐久性に問題があるの出てくるのでは?」という心配も出てくるでしょう。 パワーハウスDTMはいろいろな考えられるシーンを想定し 過酷な耐久性チェックをしています。 その中でちゃんとクリアした製品のみが 販売されているので耐久性の低下は心配ありません。 チューニングをすると燃費が悪くなるという意見もありますが パワーハウスDTMのターボキットは思ったほど燃費は悪くなりません。 ボルトオンターボキット Turbo-S:240,000円 ボルトオンターボキット Turbo-R:300,000円 ボルトオンターボキット Turbo-Z:350,000円 パワーハウスDTMミライースターボキットの詳しいことは 以下の公式サイトを参考にしてくださいね。 ハーフウエイのターボキットも圧倒的なレスポンスと 低燃費を実現しています。 ミライースを運転していると道路状況によっては ノーマルより少しだけパワーがあればと思うことがあるでしょう。 そういった場合は、ハーフウエイのターボキットが とても役に立ちます。 ノーマルのドライブフィールを生かしつつ きびきびした走りを楽しむことができます。 ハーフウェイの場合はATからMTにすることができ オートまでもマニュアル操作を楽しみたいという人にピッタリの改造です。 動力伝達装置の変更になるので 改造検査が必要になります。 ミライースをターボ化させたときは ハイオク仕様になるので要注意です。 他にもノンターボの時のようにフリーメンテナンスをすると 不都合が起きる可能性があります。 毎週ボンネットを開けて点検をするという覚悟を持って ターボ化する必要があります。 ミライースをターボ化するということは 快適な走りを手にするだけではありません。 これまでのように、エンジンオイルの管理も 徹底しないといけないしプラグも時々チェックしないとだめでしょう。 ミライースをターボ化させたらサスペンションも改造しよう! ミライースをターボ化するとコーナーリングは サスペンションがパワー負けしてロール量が大きくなります。 なので、エンジンをパワーアップさせたら サスペンションにも手を加える必要があります。 ほかにも、パワーが上がれば それなりのブレーキパッドも欲しいところです。 チューニングというのはトータルバランスが重要で 単体だけでは効果がありません。 理想的なのは、ブレーキをまず強化してから サスペンションやボディ剛性を上げて ターボ化していくほうが良いでしょう。 理由は、パワーだけを上げても使いにくい車になりますし コーナーリングが遅くなるならターボ化しても意味がないからです。 それに、パワーだけを上げるだけだと コーナーリングでアンダーが強くなり危険な車になってしまいます。 なので、最初はブレーキから始まりサスペンションを強化し ボディ剛性を上げてからターボ化を検討すると良いでしょう。 ターボ車といえば燃料をたっぷり使用されチューニングされた車であれば さらに燃料の減り具合が激しいと思われがちです。 つまり、ターボ化していないときと ほぼ同じ実燃費を実現しているという事です。 ムーヴターボのカタログ燃費は「27. ただ、ミライースの場合は実燃費で計測しているので カタログ燃費と同じでも実際はムーヴターボのほうが燃費が悪い可能性もありますね。 ミライースのデザインが大好きだけど パワーに不満があるならターボ化も検討すると良いでしょう。 でも、ムーヴターボもH24年式を狙うなら 手ごろな値段も出ているのは事実です。 「わざわざ、ミライースにターボを取り付けなくても」 そう思うなら、ターボ化よりも ダイハツが開発したターボ車に乗り換えると良いでしょう。 まとめ• ミライースにターボモデルは追加されないと予想• ターボは後付けできる• ターボ化したら燃料はハイオクになる• 快適な走りが手に入る代わりにちゃんとしたメンテも必要になる• ターボ化する場合は思い切った決断が必要 ネット上ではミライースに ターボモデルが登場するという噂があります。 しかし、筆者はミライースにターボモデルは追加されないと そのように予想しています。

次の

ミライースターボ(TR

ミライース 改造

私の場合、車販売店ディーラーでは30万円の下取りが、 買取業者では88万円になりました。 約60万GET しました。 複数社からの買取査定の比較は必ず行わないと損します。 なぜなら、市場の競争の原理として 買取業者同士で勝負してもらうことで買取額が吊り上がるからです。 一社だけに買取査定を依頼すると、比較する業者がいないので 必ず最安値の買取額を提示されます。 必ずです。 そうならないために一括査定を使います。 大手買取業者10社以上が勝手に競ってくれます。 無料でその場で スマホで 45秒で愛車の最高額がわかる! スポンサードリンク ミライースの内装をチェック 気になるミライースの車内を覗いてみよう。 画像は公式HPから引用:ダイハツミライース 高級感があって豪華な室内・・・とは程遠い作り。 車内は至って シンプルです。 そこがまた、ミライースの魅力です。 ツートーンのインパネがおしゃれさを際立てています。 画像は公式HPから引用:ダイハツミライース 運転席・後部座席です。 シートもシンプルですね。 軽自動車ならではの感じがします。 車中泊するにはかなり物足りなさを感じるかもしれません。 画像は公式HPから引用:ダイハツミライース 室内の高さは1240mm 室内の長さは2025mm 運転するには申し分ない広さです。 後部座席もゆったりしていて足の置き場に困ったり、長時間乗っていると疲れるなんてこともなさそうですね。 お買い物や、ドライブ、旅行など行くのにも、たっぷり荷物は収納できそうです。 後部座席もゆったりで、家族4人乗っても、窮屈な感じはしなさそうですね。 ミライースが人気の理由• 意識せずとも知らず知らず エコ運転ができる。 エコ技術にこだわり、 燃費が良い。 低価格でお財布に優しい。 万が一に備えた【 スマートアシスト】搭載で安全装置が強化されている。 コンパクトだが、後部座席にもゆとりがある。 見た目がかわいくておしゃれ カテゴリー•

次の

ダイハツ ミライース LA350S ドライブレコーダー取付 前方、後方カメラで側面録画

ミライース 改造

ミラ・イースって良い車? この間乗っていた車のミッションが硬くなった為、行きつけの車屋さんで見てもらったら、『ミッションを全て交換しなければならない』との返事でした。 僕は『クロカン』が大好きで、今乗っている車も『パジェロ』。 しかし最近不況とガソリン値上げの為か、4人いた『クロカン仲間』はみんな普通車や軽に代わってしまい、今では僕だけです。 20代前半と違って『砂浜を走破!』とか『山道を走破!』なんて機会も今は無いですね。 タイヤも普通車と比べるとメチャ高いし、、。 もう大差ですね。 もう20代後半でいい年だし、この先結婚も控えているし、他の仲間も落ち着いちゃったし、、。 この際エコカーにしようと思うんですが、『ミラ・イース』みたいな軽自動車で不便は無いですかねぇ? 坂を上らないとか、遠出が疲れるとか、交差点でエンジン止まったまま掛からないとか、、。 長所、短所なんでもいいので、乗ってる人の感想を教えて下さい。 因みにホンダの『フィット』ってどう? 乗っていませんがおかげさまでミライースとフィットもかなり売っています どちらかと言えばフィットの方が売っています 申し遅れましたが私は車販売会社やっており常時100~200台並べて販売させてもらっています ご予算もあるでしょうが車の出来自体ならパジェロからならフィットをおススメですね ホンダはカムとかも変えて可変バルブも他のメーカーより走る設定していてパジェロよりスポーティーかもしれませんよ 燃費ならお客様に聞いたら(80人位)大体が満足してしていて15km位だそうです(ただハイブリットだけは手を出さないように普通のフィットとさほど燃費変わらず値段も高いだけですからイメージで売ってる商品です) それと本題のイースですが燃費は19kmと言いますが実際は16km位だそうです じゃなぜ燃費が良いか?と言われるかと言えば平坦な道を60km位で走り坂もなく上り下りもなくアクセルも一定ならその数字になります ですが不可能ですよね 笑 上りもあれば下りもあるし加速したいときもある ですから燃費で考えるなら「どちらも同じような物」と言えます それとアイドリングストップ これは危険です あなたは車好きだと思われるので話しますがエンジンは止まったり動いたり何回もすればどうなるか?マラソンしてたらいきなりストップしたら心臓は血流は?そうです寿命を短くするだけで良いことは何もない ですからアイドリングストップは各ディーラーでも「売らないようになるべくしてるし車知らない人ほどハイブリットとかストップを言う」という事 ですからなるべくならキャンセル ボタンがありますから)して乗ることが得策ですがその機能自体のお金も払うし故障の原因にもなります ですからCMなどに踊らされずしっかりと商品を見て考えて買ってください 私なら 個人的な意見) 1、フィット1,3G 2、ミラ(イースじゃないミラ) 番外スプラッシュかスイフト(この二台はプロの間でも好評) 値段ならミラかスプラッシュ安く買えますし維持費考えるならミラですね イースはどこに?と言われると思いますがイースは値段設定が最初が高い車ですからどうしてもイースという方にしか売りません それと基本的に「背が低くコンパクトな車体に小さなエンジン排気量」で燃費は決まります 私は自家用でアルトワークス かなり改造してます)でサーキットでもぶん回して回してますが燃費は良いです12km切ったことはないです 反面わごんRやタントなど燃費が悪く背が高い車は良くないですね走りも鈍重ですから 後の判断はあなたです お役に立ちましたか?また機会があれば合いましょう ミライースはCMのイメージ作りが上手過ぎます。 落ち着いて見てください。 価格が安いのは何も付いてないからで、必要な装備で追加して行けば結構な価格になります。 カタログ上の燃費は30Kをうたっていますが、ひどい人は走り方にもよりますが、半分も行かない事もあり、中途半端なデザインでなにも良い所はありません。 ミライースも含めて軽自動車が経済的と思うのは、税金が優遇されているからです。 ターボ付きの車両価格ではフィットより高い物も多く、実際の燃費もフィットより悪い物も沢山あります。 これから結婚の予定もお有りでしたら軽を買っても何年かで買い替える事になる可能性は高いですから、 今からフィットにしておけば10年くらいして子供がかなり大きくなるまでは十分乗れます。 パジェロに比べればハイブリッドでないフィットでもガソリン代は半分にはなりますし、税金等の維持費もかなり安くなるはずです。 長い目で見て長く乗れる車選びが結局は一番経済的だと思います。 >『ミラ・イース』みたいな軽自動車で不便は無いですかねぇ? 不便はないと思います しかし MT乗りなら、多少ストレスが感じられるかも 0kmからの発進時、アクセルのロスタイミング 転がり抵抗が少ないので、下り坂道などではスピードが出過ぎ あとは、普通のミラと同じぐらいの走行性能 因みにホンダの『フィット』ってどう? 普通に燃費を重視するなら フィットの1300CVTのほうがいいかも 4バルブのうち 1400回転以下の巡航では 吸気2バルブのうち、1個が停止して、 3バルブで動いており 巡航で走る場合、意外と燃費が伸びます アクセルの応答も良いので、売れていますね 1度、両方とも試乗をお勧めいたします.

次の