映画 ビートルズ。 『イエスタデイ(2014)』映画レビュー「ビートルズに衝撃を受けたノルウェーの少年4人組の青春!」

レット・イット・ビー (映画)

映画 ビートルズ

シングル [ ] 英国 [ ] チャートは「ニュー・ミュージカル・エクスプレス」• I Love You 【英;17位】• Help! Back in the U. Sgt. Help! Sgt. Free as a bird , I Saw Her Standing There , This Boy , Christmas Time Is Here Again 【米;6位】• Help! Sgt. ただし『マジカル・ミステリー・ツアー』のみステレオ、モノラルの併売。 日本盤のEP33回転とは異なり、イギリス盤EPの再生速度は毎分45回転で、シングル盤と同じく中心部に折り取れるようにLPと同じ穴がある。 ("The Beatles' No. I Love You"• ("Beatles For Sale No. Love Me Do () 【英;4位】 "Love Me Do", "P. I Love You", "Love Me Do Original Single Version "• 12"ヴィニールでの発売(1992年に5"CD化)• ボックス・セット『E. Collection』収録のボーナスEP。 英国未発表のステレオ・バージョンで収録。 BBC Radio1放送音源• ("Free As A Bird")() "Free As A Bird", "I Saw Her Standing There Take 9 ", "This Boy", "Christmas Time Is Here Again "• CDのみの発売• ("Real Love")() "Real Love", "Baby's In Black", "Yellow Submarine", "Here There and Everywhere"• CDのみの発売 米国 [ ] 全盤モノラル。 Postman"• Moonlight", "Everybody's Trying To Be My Baby" 日本 [ ]• Postman", "And I Love Her"• "Help! 当時は、各面ごとに収録曲順を考慮したためにあえて記す。 現在、英国版オリジナルアルバムは、全てCD化されている。 したがって、CDの後半に収録の曲番は、A面の収録曲数にB面の曲順を足したものとなる。 また、オリジナルリリースがCDの場合は、曲順のみ通し番号で記す。 なお、CD化するにあたり はミキシングを若干変更している。 そのためアナログ版と少々異なる雰囲気になっている。 英国盤公式オリジナル・アルバム [ ]• - () ビートルズの記念すべきデビュー・アルバム。 シングルで先行発売された4曲を除く10曲を、ほぼ1日でスタジオでライヴ録音したもの。 レコーディング時間は、正味6-7時間といわれている。 というジャンルを音楽的なアートと呼ばれるまでに押し上げた、彼らの最初の金字塔を打ち立てた作品。 - () ボーカルのダブルトラッキングも使いはじめているが、2トラック録音である。 - () タイトル曲は、リンゴのふと漏らしたつぶやきから決定した映画のタイトルに合わせてジョンが作ったもの。 それまでのカバー曲とオリジナル曲で構成されたアルバムとは異なり、初めて全曲オリジナルの構成で発表された。 - () の商戦に合わせてツアーの合間に作られたため、1、2枚目のアルバム同様、ビートルズのオリジナル曲にカバー曲を加えて短期間で録音された作品。 メンバーが敬愛するやのカバーも収められている。 - () レコードではA面、CDでは前半が映画のサウンドトラックである。 「」「」では、セッションミュージシャンが起用されている。 タイトル曲「」は、映画のタイトルに合わせてジョンが作った曲である。 - () このアルバムで初めてジョージが持ち込んだインドの楽器が、「ノルウェーの森」で演奏されている。 ジョンとポール双方の作品も質・数ともにバランスが取れはじめ、ジョージも佳作を出し始めてきた時期の作品。 - () この頃からスタジオテクノロジーも駆使しはじめ、複雑化したサウンドが主流となって、スタジオで出す音をステージで再現することは不可能になった。 1966年のコンサートでは本作品からの曲は披露されず、以後ビートルズはコンサートツアーを停止した。 - () 世界初のと呼ばれ、その後のポップ・ミュージックに大きな影響を与えた。 - () 通称 『ホワイト・アルバム( WHITE ALBUM)』。 レーベルの初アルバムで、オリジナルアルバムでは唯一のダブル・アルバム(二枚組)である。 30曲収録というボリュームで、曲調はバラードからギターの弾き語り調、ボードビルから、風まで幅広い。 - () レコードではA面 CDでは前半 のみがビートルズの作品。 メンバーが当初乗り気でなかったので、既録音の余った曲や捨て曲が主に入れられた。 レコードB面 同じくCDでは後半 は作曲・編曲による、オーケストラでのサウンドトラック フィルモグラフィーなども参照のこと。 - () 不発に終わった『』のアルバム(仮称"Get Back")制作後にレコーディングされた作品であるため、レコーディング・セッションの詳細が明るみに出るまでは、本作がビートルズのラスト・アルバムとされてきた。 しかし本アルバムがリリースされた後の1970年にも『ゲット・バック・セッション』のレコーディングが続けられ、その後同年3月から4月にわたってがアルバムを再制作し直したことが明らかになったため、名実ともに次作の『レット・イット・ビー』がビートルズのラスト・アルバムであることが判明した。 『ゲット・バック・セッション』に失敗したこの時期、メンバー間には亀裂が生じていたがアルバムの完成度は極めて高く、特にアナログ盤B面に収録された、未完成曲を繋げたメドレーは秀逸作として非常に名高い。 なお4人が並んでを歩くは非常に有名である。 - () ~、および~のでレコーディングされた音源を元に、1970年からにかけてがオーケストラやコーラスを加えるなどして編集し完成させたアルバムである。 曲目が全て一緒ではないが、当時の曲の本来のアレンジに近く編集・リミックスされたアルバムが、11月、『』として発売された。 米国編集アルバム [ ]• - () 日本では未発売。 社からのリリース。 - () 社からのリリース。 以後同社からのリリースに統一。 - ()• - () 日本では未発売。 当初社からリリースされたが後年キャピトルに移行している。 - ()• - ()• - () 日本では未発売。 - ()• - ()• - ()• - () 日本では未発売。 - ()• - () 日本では未発売。 - () 同名映画のサウンドトラック(英オリジナルはEP盤で発売)に、同時期に発表されたシングル曲を加えLPアルバムとした編集盤。 後にイギリスでもリリースされた。 のCD化の際には英国盤公式オリジナル・アルバムに準ずる扱いを受けている。 楽曲の発表順では『』の後に位置し9月9日発売のデジタルリマスター盤では9作目のオリジナル・アルバムの位置に順番付けられている。 詳細は当アルバムの項目を参照のこと。 - () 後にイギリスでもリリースされた。 1960年代当時のアメリカでは楽曲の出版登録の関係によってアルバムには12曲までしか収録することができなかったため、これらの米国版アルバムは、英国版オリジナルアルバムの収録曲を減らした上で、何枚かのアルバムからピックアップした曲にシングルのうちアルバム未収録、または別バージョンなどを加え、アルバムの数を水増ししたような形で発売された。 楽曲のなかには英国よりも先にリリースされた作品もある。 このキャピトル・レコードのやり方にビートルズのメンバーは非常に怒っていたそうで、実際にジョン・レノンはキャピトルに対して怒りを見せ 、はグループ解散後のインタビューで「最悪の編集版だよ」と語っている。 ちなみには、ビートルズが仕方なくアメリカ編集盤を出していたのとは逆に、アメリカ編集盤という事を逆手にとった形で利用し、アメリカの「チェス・スタジオ」で録音した音源を積極的に収録したりするなど、ビートルズとは逆のアプローチをしている。 ビートルズの音源については、日本独自の編集盤も含めて契約上、各国さまざまな収録曲目のアルバムやミックス違いのヴァージョンが、初期から中期にかけて顕著に発売された。 後年CD化によって、アメリカ編集盤『マジカル・ミステリー・ツアー』を除き、各国とも曲目・ヴァージョンは英国オリジナルのものに統一された。 近年ではアメリカ編集盤もCD化がなされている。 2004年11月『』、『』、『』、『』の4枚の米国盤が、CDアルバムボックスセット『』(『THE CAPITOL ALBUMS VOL. 1』)として発売。 2005年には『』、『』、『(米国編集版)』、『(米国編集版)』の4枚が、『』(『THE CAPITOL ALBUMS VOL. 2』)として発売された。 Vol. 1、Vol. 2とも、CD1枚にモノラル版とステレオ版が収録されている。 日本編集アルバム [ ]• - Meet The Beatles() 日本での1stアルバム。 ジャケットはアメリカ盤のデザインを転用し、一部を変更している。 曲順も日本独自のもの。 モノラル盤のみ。 - The Beatles' Second Album() 日本での2ndアルバム。 詳細は前項に同じ。 - A Hard Day's Night() 日本での3rdアルバム。 曲順は英国オリジナルと同一だが、ジャケットが映画の一場面の写真に変更されている。 - Beatles For Sale() 曲順もジャケットの仕様も英国オリジナルと同じになったが、「Beatles For Sale」という文字のデザインのみが異なる。 さらに、アルバムの邦題は別内容のアメリカ編集盤と重複している。 - Beatles No. 5() 最後の日本編集盤。 ジャケットはアメリカ盤「Beatles '65」のデザインを転用し、一部を変更している。 曲順も日本独自のもの。 モノラル盤のみ。 - Please Please Me()• - With the Beatles() 来日記念盤。 日本では初めてステレオ仕様で初期の2枚が紹介された。 ただし、ジャケットも曲順もオリジナルの仕様とは異なる。 見開きジャケットで写真集つき。 1976年にアルバムの仕様が英国オリジナル通りに戻されて再発された際に、邦題のみが帯のタイトル表示に残ることになった。 ビートルズの人気がアメリカを通して紹介された日本では、デビューアルバムもアメリカ盤に沿う形で製作された。 しかし曲順は曲数の少ないアメリカ盤とは異なり、たっぷり14曲が選ばれた。 3枚目のアルバム『』から、曲順は英国仕様に準拠することになり、それ以前の曲でアルバム未収録だった曲をまとめた『ビートルズ No. 5』をもって日本独自の編集盤は作られなくなる。 しかし、これらのアルバムは、1976年に日本でも初期のアルバムが英国オリジナルの仕様で発売されるようになってからも、何枚かのアメリカ編集盤と共に「日本オリジナル」盤として品番を変えて発売され続けた。 また、1966年に、ビートルズの来日を記念して、日本独自のベストアルバム『THE BEST OF THE BEATLES』が企画され、曲目やジャケットも決定し試作盤も製作されたが、結局実現はしなかった。 そのため東芝音楽工業は、日本ではオリジナルの曲目で発売されていなかった1stアルバム『Please Please Me」と、2ndアルバム『With the Beatles』をステレオ盤仕様で発売することでそれらを来日記念盤とした。 ベスト盤・編集盤 [ ]• - (2枚組)(アナログ盤リリースは、CD化) 通称「赤盤」。 - (2枚組)(アナログ盤リリースは、CD化) 通称「青盤」。 CD化に際して「」の冒頭のSE()が除去され、「」のクロスフェード部分が修正された。 上記の2作は、当時レコード対策として発売された。 選曲はによるもの。 が施されており、既存CDと同じミックスの曲でも音量バランスや音質、ノイズの程度が異なっている。 特にノイズ面が顕著でオリジナルCDと比較するとテープヒス等のノイズが大部分除去されている。 - (2枚組)(アナログ盤リリース、未CD化)• - (2枚組)(アナログ盤リリース、未CD化)• - (英国アナログ盤リリース、未CD化)• - (米国アナログ盤リリース、未CD化)• - (英国アナログ盤リリース、未CD化)• - (8枚組)(英国アナログ盤リリース、未CD化)• - (アナログ盤リリース、未CD化)• - (アナログ盤リリース、未CD化) ライブ盤 [ ]• (旧邦題ザ・ビートルズ・スーパー・ライヴ! ) - The Beatles at the Hollywood Bowl(アナログ盤リリースは、CD化) とにので行われたライブ演奏を収録したアルバム。 観客の悲鳴によって音質が悪かったが、がリミックスを行った結果、発表できることとなった。 長年CD化されていなかったが、にアナログ盤未収録音源4曲の追加と邦題・ジャケット写真の一新、による再リミックスを経て初CD化された。 オリジナル・アルバムCD化以降の作品 [ ]• パスト・マスターズ Vol. 1 - Past Masters Vol. 1()• パスト・マスターズ Vol. 2 - Past Masters Vol. 2() 英国オリジナルアルバム未収録曲・レアバージョンをまとめたシリーズ。 CDアルバム未収録曲を補完する意味合いがある。 - The Beatles Live At The BBC CD、アナログLPとも2枚組 、一時廃盤になっていたがに再発 音源での初期のを収録し、ライブバンドとしてのビートルズの姿を伝える作品。 海賊版対策を兼ねている。 「ベイビー・イッツ・ユー」がシングルカットされた。 1〜3 - The Beatles Anthology それぞれ、CDは2枚組、アナログLPは3枚組 ~ 1990年代のビートルズのアンソロジー・プロジェクトにより実現した、ライヴ・バージョン、未発表曲、リハーサルテイクなどを収録したアルバムシリーズ。 目玉としてジョンが生前残した音源に3人が手を加えた「新曲」の発表がなされた。 「BBC」同様、海賊版対策である。 - Anthology 1 CDは2枚組、アナログLPは3枚組 1957年から64年までの未発表音源と、ビートルズ名義の新曲「」を収録。 - Anthology 2 CDは2枚組、アナログLPは3枚組 1965年から68年までの未発表音源と、新曲の第二弾「」収録。 - Anthology 3 CDは2枚組、アナログLPは3枚組 1968年から70年までの未発表音源を収録。 - Yellow Submarine Songtrack CDは1枚もの、アナログは30cmLP 同名アニメーション映画の再発(、)に合わせ発表された、映画のナンバーを集めた新しいコンピレーションアルバム。 1969年に発表されたアルバム『』と収録曲が異なるほか、リミックスによって音質の向上と楽曲の現代的な再構築が試みられた。 - The Beatles 1 「英・米のチャートで1位になった曲をまとめた」というコンセプトで作られたベスト・アルバム。 全世界で約2500万枚の売り上げがあり、現在も売り上げを伸ばし続けている。 赤盤、青盤と同様にが施されているが、このアルバムの発売に際して新たにし直したため、オリジナルCDや赤盤、青盤とも異なる音質・音量となっている。 2015年にはによって大幅なリミックスが施され、バンド初のミュージック・ビデオ集と合体させた形式で発売された。 - Let It Be... Naked CDは2枚組、アナログ盤は30cmLPと17cmEPのセット オリジナルアルバム『レット・イット・ビー』から、による編集やダビングを取り除き、幻のアルバム『ゲット・バック』での本来のテーマにそった形で再制作された作品。 - The Capitol Albums Vol. 1 『』、『』、『』、『』の4枚の米国盤をリマスターした、紙ジャケットCDのボックスセット。 - The Capitol Albums Vol. 2 『』、『』、『(米国編集版)』、『(米国編集版)』の4枚の米国盤をリマスターした、紙ジャケットCDのボックスセット。 - Love 21世紀に入って2つ目となる最新作。 元はビートルズの楽曲を元にしたのでの常駐公演『LOVE』のために作られていたものであるが、正式にアルバム作品となることが確定。 ビートルズにおいて初めて、リミックスを音質の調整ではなく作品の再構築の手段とした 一種のとも言える アルバムとなる。 スペシャルエディションDVD とDVD music 映像を収録せず音声のみ収録の のハイブリッド では、ビートルズ作品初の映像を伴わない音声での作品となった。 - The Beatles Stereo Box() イギリス盤公式オリジナル・アルバム12作とアメリカ編集盤『マジカル・ミステリー・ツアー』、これらのアルバムに収録されなかった楽曲が集めた編集盤『パスト・マスターズ』をコンパイルした作品。 収録曲はいずれも2009年度改訂デジタル・マスターを使用している。 - The Beatles Stereo Box(2009年) 『プリーズ・プリーズ・ミー』から『ザ・ビートルズ(ホワイト・アルバム)』までのイギリス盤公式オリジナル・アルバム8作品とアメリカ編集盤『マジカル・ミステリー・ツアー』、これらのアルバムに収録されなかった楽曲及び未発表となっていたモノラル・ミックスを集めた編集盤『モノ・マスターズ』をコンパイルした作品で、『ザ・ビートルズ BOX』のモノラル・バージョンにあたる。 ' - On Air — Live at the BBC Volume 2 () BBCによる初期のライブ音源の第2弾。 - The U. Albums(2013年) 「キャピトルボックス」に未収録だった『ハード・デイズ・ナイト』・『ザ・ビートルズ・ストーリー』・『イエスタデイ・アンド・トゥデイ』・『「リボルバー」・『ヘイ・ジュード』が初収録された。 ただし、音源は2009年のステレオとモノのマスターに変更されている。 後にバラ売りされたが『ザ・ビートルズ・ストーリー』のみバラ売りされなかった。 - The Japan Box(2014年) 『ビートルズ! 』・『ビートルズNo. 』・『ハード・デイズ・ナイト』・『ビートルズNo. 』・『ヘルプ! 4人はアイドル』を紙ジャケと発売当時の帯を復刻したボックス。 ただし、音源は2009年のステレオとモノのマスターに変更されている。 クリスマス・レコード・ボックス(2017年) ファンクラブ限定で配布されたソノシートを、アートワークを再現した上で7枚のカラー・シングル・レコードとして復刻させた作品。 英国において発表されたが、CD化されていない作品 [ ]• - A Collection Of Beatles' Oldies 1966年はオリジナルアルバムが8月の『』のみで、クリスマス商戦の時期にオリジナルアルバムが作られなかったので用意されたベスト盤。 からにかけてのシングル曲・有名曲に加えて、当時英国で未発表であった「」を収録した。 From Then To You オフィシャル・ファン・クラブ会員のために1963年以降クリスマス用に配布された7インチEPを全作収録したLP。 1970年はバンドが解散してしまったためこのアルバムを制作・配布された。 アメリカのファン・クラブでは別デザインのカバーで、タイトルも「The Beatles' Christmas Album」とされた。 長く本作のアセテート盤やブートレグが出回っていたが、2017年に『』として音源のリマスターが施された。 発売がアナウンスされながら未発表となっている作品 [ ]• ゲット・バック - Get Back 、 の音源を元に製作された、『』の前身ともいえるアルバム。 プロデューサーは。 このプロジェクトの発端がコンサート活動の再開〜TVコンサートであったため、映像関係に太いパイプのあった同氏が選ばれた。 制作過程によって2種類のバージョンがあり、選曲と曲順が異なっている。 「原点に帰れ」のコンセプトから、オーバー・ダブを極力排し、シンプルでストレートなアレンジを鉄則として定め、ジャケットの表記タイトルは『』のそれをもじって「Get Back with Don't Let Me Down and 13 other Songs」と命名、ジャケット写真も『プリーズ・プリーズ・ミー』の時と同じ場所、同じようなポーズ、同じカメラマンで撮影がなされた(後にこのアルバムとは別のテイクが『』で使われた)。 先にマスター・アップしたバージョン 1969. 28制作 がボツにされたため、グリン・ジョンズは再度編集を試み、70年には各放送局宛にアセテート盤がサンプルとして配布されるまでに至った。 しかし、映画のサントラでありながら完全にはシンクロしていないこと、それまでのビートルズが発表してきたような完成度の高い曲が少ないこと、さらにグリンへの不信感(プロデューサーとしてクレジットを入れたがったのをジョンが売名行為だと非難した)などから再びボツとなり、マザー・テープがに託された時点で消滅。 レコーディング中のライブ感を出したかったためか、前述の正式発表バージョンがある曲(ドント・レット・ミー・ダウン)を含む半分ほどの曲では制作過程の中途半端なテイクを使ったりしており、マニアにとっては興味深い内容ではあるものの、万人が聴きやすいアルバムとは言えない。 セッションズ - Sessions 音質がよくジャケットも本物かと見紛うような海賊版が横行することに頭を痛めていたEMIが企画した、未発表音源収録物。 既発表曲のデモや別バージョン、ファンクラブ用ソノシートの収録曲、また完全な未発表曲などで構成されている。 マスターテープとアルバムカバーが完成した段階で、なぜか某メンバー(明らかにされていない)から異議が出たため、文字通りお蔵入りしてしまう。 後にボリュームアップして形を変え、『』へと昇華した。 音源とジャケットデザインが流出し数多くのブードックが出回り、90年代には『ウルトラ・レア・トラックス』らと共にレンタル店で扱われていた。 非パーロフォン・セッション [ ] 英(傘下のレーベル)との契約以前にレコーディングされていたもの• フィルモグラフィー [ ] 主演作品• - A Hard Day's Night() ドキュメンタリー風の映画。 次作と共にグランプリ受賞監督の初期の傑作としても知られる。 - Help! () 前作と同じくレスター作品。 リンゴが中心となる映画で、前作とは違い完全フィクション映画である。 - Magical Mystery Tour() 制作・脚本などすべてビートルズが自主制作したTV映画 監督は「」。 サイケ色の強い。 - Yellow Submarine() 作品。 声を当てているのは声優だが、メンバーもラストで映像出演している。 - Let It Be() アルバム制作過程を追ったドキュメンタリー。 ポールはこれを利用して再びライヴ活動をしたかったようだが、皮肉にもバンド崩壊の様子を後世に伝える作品となってしまった。 上記4作品はDVD化されているが、当作品のみ未発売である。 - The Beatles: Eight Days a Week() リバプール時代から1966年のライブ活動休止までのライブ活動を中心に扱ったドキュメンタリー。 監督は。 ドキュメンタリー・映像作品 (アップル製作のみ)• 武道館コンサート - Concert at Budokan 1966 1966年6月30日の武道館コンサートを収録。 日本のみの発売で、1993年に別編集で再発売。 未DVD化。 ザ・ファースト U. ヴィジット - The First U. Visit 初のアメリカ上陸時のドキュメンタリー。 2004年にDVD化。 当時の貴重な映像や、メンバー他関係者のインタビューで構成されている。 その他• ビートルズ・ライヴ - Ready Steady Go! Special Edition THe Beatles Live! 1964年のテレビ・スペシャル「Around The Beatles」の抜粋。 未DVD化。 ビートルズ・スペシャル - Ready Steady Go! イギリスのテレビ番組『Ready Steady Go! 』出演時の映像集。 日本のみの発売。 未DVD化。 メイキング・オブ・ア・ハード・デイズ・ナイト - The Making Of A Hard Day's Night 映画「ア・ハード・デイズ・ナイト」製作ドキュメンタリー。 進行役は。 映画未収録の「You Can't Do That」を初公開。 エド・サリヴァン presents ザ・ビートルズ ノーカット完全版 - The Four Historic Ed Sullivan Shows featuring The Beatles 1964年、1965年のエド・サリヴァン・ショー出演時のDVD2枚組。 ライヴ演奏した放送回のすべてが収録されている。 書籍 [ ]• - The Beatles Anthology (、リットーミュージック。 ) アンソロジー・プロジェクトの書籍版で、唯一の公式な自伝といえる作品。 各年代のメンバーの発言を中心に、貴重な未発表写真などを加え編集されている。 無名時代から絶頂期、解散に至るまでの経緯がメンバー自身の言葉で語られている。 追記 [ ] メンバーのソロ作品として発表された作品のうち、ビートルズ時代にデモが作られたり、ビートルズとしては未発表となった主なもの。 ジョン・レノン• 「チャイルド・オブ・ネイチャー」 「」(『』収録)の原曲。 インド滞在中に作曲され、「ホワイト・アルバム」のレコーディングセッションおよび「ゲット・バック・セッション」でも演奏されている。 「」(アルバム『イマジン』収録) 『Let It Be.... Naked』のBonus Discにわずかながら収められている。 「」(『イマジン』収録) 1969年のビートルズのゲット・バック・セッションでジョンとポールが演奏を試みている。 「」 ジョンレノンのシングル• リンゴスターが作品に参加している。 ポール・マッカートニー• 「」(『』収録) ゲット・バック・セッションで演奏、お蔵入りになったプロモーション盤『ゲット・バック』にも収録されていた。 『』収録。 「」(ソロ・シングル) ゲット・バック・セッションでポールのピアノ弾き語りが演奏されている。 「」(『マッカートニー』収録) ゲット・バック・セッションでポールのピアノ弾き語りが演奏されている。 「」(『』収録) ゲット・バック・セッションでポールのピアノ弾き語りが演奏されている。 「」(『』収録) 、インド滞在時に書かれた色の強い曲。 ビートルズでの演奏は不明。 ジョージ・ハリスン• 「」(アルバム『』収録) ゲット・バック・セッションの前後に、バンドのリハーサルがなされた。 マルチ・トラック・テープで録音したデモバージョンは、『』に収録。 「」(『』収録) 『ザ・ビートルズ ホワイト・アルバム]』のセッションで100以上に及ぶ膨大なテイクが録音されたにもかかわらず、ビートルズとしては未発表となった。 『』に収録。 このテイクでのリードギターはポールだといわれている。 「イズント・イット・ア・ピティ」(『』収録)• 「サークルズ」(『』収録) リンゴ・スター• 「ティキップ・オブ・ア・カロライナ」 ゲット・バック・セッションの最中に演奏。 この一部が『Let It Be... Naked』のBonus Discに収められている。 脚注 [ ]• マイク・エバンス編著、斉藤早苗監修 『ビートルズ世界証言集』 恩蔵茂・中山啓子訳、ポプラ社、2006年、p. 446• プレスリリース , , 2016年7月20日 , 2019年10月20日閲覧。 NME Japan. 2016年7月20日. 2019年10月20日閲覧。 AV Watch 株式会社インプレス. 2015年9月16日. 2018年10月20日閲覧。 ORICON NEWS. 2015年9月15日. 2019年10月20日閲覧。 NME Japan. 2017年11月2日. 2019年10月20日閲覧。 外部リンク [ ]•

次の

レット・イット・ビー (映画)

映画 ビートルズ

シングル [ ] 英国 [ ] チャートは「ニュー・ミュージカル・エクスプレス」• I Love You 【英;17位】• Help! Back in the U. Sgt. Help! Sgt. Free as a bird , I Saw Her Standing There , This Boy , Christmas Time Is Here Again 【米;6位】• Help! Sgt. ただし『マジカル・ミステリー・ツアー』のみステレオ、モノラルの併売。 日本盤のEP33回転とは異なり、イギリス盤EPの再生速度は毎分45回転で、シングル盤と同じく中心部に折り取れるようにLPと同じ穴がある。 ("The Beatles' No. I Love You"• ("Beatles For Sale No. Love Me Do () 【英;4位】 "Love Me Do", "P. I Love You", "Love Me Do Original Single Version "• 12"ヴィニールでの発売(1992年に5"CD化)• ボックス・セット『E. Collection』収録のボーナスEP。 英国未発表のステレオ・バージョンで収録。 BBC Radio1放送音源• ("Free As A Bird")() "Free As A Bird", "I Saw Her Standing There Take 9 ", "This Boy", "Christmas Time Is Here Again "• CDのみの発売• ("Real Love")() "Real Love", "Baby's In Black", "Yellow Submarine", "Here There and Everywhere"• CDのみの発売 米国 [ ] 全盤モノラル。 Postman"• Moonlight", "Everybody's Trying To Be My Baby" 日本 [ ]• Postman", "And I Love Her"• "Help! 当時は、各面ごとに収録曲順を考慮したためにあえて記す。 現在、英国版オリジナルアルバムは、全てCD化されている。 したがって、CDの後半に収録の曲番は、A面の収録曲数にB面の曲順を足したものとなる。 また、オリジナルリリースがCDの場合は、曲順のみ通し番号で記す。 なお、CD化するにあたり はミキシングを若干変更している。 そのためアナログ版と少々異なる雰囲気になっている。 英国盤公式オリジナル・アルバム [ ]• - () ビートルズの記念すべきデビュー・アルバム。 シングルで先行発売された4曲を除く10曲を、ほぼ1日でスタジオでライヴ録音したもの。 レコーディング時間は、正味6-7時間といわれている。 というジャンルを音楽的なアートと呼ばれるまでに押し上げた、彼らの最初の金字塔を打ち立てた作品。 - () ボーカルのダブルトラッキングも使いはじめているが、2トラック録音である。 - () タイトル曲は、リンゴのふと漏らしたつぶやきから決定した映画のタイトルに合わせてジョンが作ったもの。 それまでのカバー曲とオリジナル曲で構成されたアルバムとは異なり、初めて全曲オリジナルの構成で発表された。 - () の商戦に合わせてツアーの合間に作られたため、1、2枚目のアルバム同様、ビートルズのオリジナル曲にカバー曲を加えて短期間で録音された作品。 メンバーが敬愛するやのカバーも収められている。 - () レコードではA面、CDでは前半が映画のサウンドトラックである。 「」「」では、セッションミュージシャンが起用されている。 タイトル曲「」は、映画のタイトルに合わせてジョンが作った曲である。 - () このアルバムで初めてジョージが持ち込んだインドの楽器が、「ノルウェーの森」で演奏されている。 ジョンとポール双方の作品も質・数ともにバランスが取れはじめ、ジョージも佳作を出し始めてきた時期の作品。 - () この頃からスタジオテクノロジーも駆使しはじめ、複雑化したサウンドが主流となって、スタジオで出す音をステージで再現することは不可能になった。 1966年のコンサートでは本作品からの曲は披露されず、以後ビートルズはコンサートツアーを停止した。 - () 世界初のと呼ばれ、その後のポップ・ミュージックに大きな影響を与えた。 - () 通称 『ホワイト・アルバム( WHITE ALBUM)』。 レーベルの初アルバムで、オリジナルアルバムでは唯一のダブル・アルバム(二枚組)である。 30曲収録というボリュームで、曲調はバラードからギターの弾き語り調、ボードビルから、風まで幅広い。 - () レコードではA面 CDでは前半 のみがビートルズの作品。 メンバーが当初乗り気でなかったので、既録音の余った曲や捨て曲が主に入れられた。 レコードB面 同じくCDでは後半 は作曲・編曲による、オーケストラでのサウンドトラック フィルモグラフィーなども参照のこと。 - () 不発に終わった『』のアルバム(仮称"Get Back")制作後にレコーディングされた作品であるため、レコーディング・セッションの詳細が明るみに出るまでは、本作がビートルズのラスト・アルバムとされてきた。 しかし本アルバムがリリースされた後の1970年にも『ゲット・バック・セッション』のレコーディングが続けられ、その後同年3月から4月にわたってがアルバムを再制作し直したことが明らかになったため、名実ともに次作の『レット・イット・ビー』がビートルズのラスト・アルバムであることが判明した。 『ゲット・バック・セッション』に失敗したこの時期、メンバー間には亀裂が生じていたがアルバムの完成度は極めて高く、特にアナログ盤B面に収録された、未完成曲を繋げたメドレーは秀逸作として非常に名高い。 なお4人が並んでを歩くは非常に有名である。 - () ~、および~のでレコーディングされた音源を元に、1970年からにかけてがオーケストラやコーラスを加えるなどして編集し完成させたアルバムである。 曲目が全て一緒ではないが、当時の曲の本来のアレンジに近く編集・リミックスされたアルバムが、11月、『』として発売された。 米国編集アルバム [ ]• - () 日本では未発売。 社からのリリース。 - () 社からのリリース。 以後同社からのリリースに統一。 - ()• - () 日本では未発売。 当初社からリリースされたが後年キャピトルに移行している。 - ()• - ()• - () 日本では未発売。 - ()• - ()• - ()• - () 日本では未発売。 - ()• - () 日本では未発売。 - () 同名映画のサウンドトラック(英オリジナルはEP盤で発売)に、同時期に発表されたシングル曲を加えLPアルバムとした編集盤。 後にイギリスでもリリースされた。 のCD化の際には英国盤公式オリジナル・アルバムに準ずる扱いを受けている。 楽曲の発表順では『』の後に位置し9月9日発売のデジタルリマスター盤では9作目のオリジナル・アルバムの位置に順番付けられている。 詳細は当アルバムの項目を参照のこと。 - () 後にイギリスでもリリースされた。 1960年代当時のアメリカでは楽曲の出版登録の関係によってアルバムには12曲までしか収録することができなかったため、これらの米国版アルバムは、英国版オリジナルアルバムの収録曲を減らした上で、何枚かのアルバムからピックアップした曲にシングルのうちアルバム未収録、または別バージョンなどを加え、アルバムの数を水増ししたような形で発売された。 楽曲のなかには英国よりも先にリリースされた作品もある。 このキャピトル・レコードのやり方にビートルズのメンバーは非常に怒っていたそうで、実際にジョン・レノンはキャピトルに対して怒りを見せ 、はグループ解散後のインタビューで「最悪の編集版だよ」と語っている。 ちなみには、ビートルズが仕方なくアメリカ編集盤を出していたのとは逆に、アメリカ編集盤という事を逆手にとった形で利用し、アメリカの「チェス・スタジオ」で録音した音源を積極的に収録したりするなど、ビートルズとは逆のアプローチをしている。 ビートルズの音源については、日本独自の編集盤も含めて契約上、各国さまざまな収録曲目のアルバムやミックス違いのヴァージョンが、初期から中期にかけて顕著に発売された。 後年CD化によって、アメリカ編集盤『マジカル・ミステリー・ツアー』を除き、各国とも曲目・ヴァージョンは英国オリジナルのものに統一された。 近年ではアメリカ編集盤もCD化がなされている。 2004年11月『』、『』、『』、『』の4枚の米国盤が、CDアルバムボックスセット『』(『THE CAPITOL ALBUMS VOL. 1』)として発売。 2005年には『』、『』、『(米国編集版)』、『(米国編集版)』の4枚が、『』(『THE CAPITOL ALBUMS VOL. 2』)として発売された。 Vol. 1、Vol. 2とも、CD1枚にモノラル版とステレオ版が収録されている。 日本編集アルバム [ ]• - Meet The Beatles() 日本での1stアルバム。 ジャケットはアメリカ盤のデザインを転用し、一部を変更している。 曲順も日本独自のもの。 モノラル盤のみ。 - The Beatles' Second Album() 日本での2ndアルバム。 詳細は前項に同じ。 - A Hard Day's Night() 日本での3rdアルバム。 曲順は英国オリジナルと同一だが、ジャケットが映画の一場面の写真に変更されている。 - Beatles For Sale() 曲順もジャケットの仕様も英国オリジナルと同じになったが、「Beatles For Sale」という文字のデザインのみが異なる。 さらに、アルバムの邦題は別内容のアメリカ編集盤と重複している。 - Beatles No. 5() 最後の日本編集盤。 ジャケットはアメリカ盤「Beatles '65」のデザインを転用し、一部を変更している。 曲順も日本独自のもの。 モノラル盤のみ。 - Please Please Me()• - With the Beatles() 来日記念盤。 日本では初めてステレオ仕様で初期の2枚が紹介された。 ただし、ジャケットも曲順もオリジナルの仕様とは異なる。 見開きジャケットで写真集つき。 1976年にアルバムの仕様が英国オリジナル通りに戻されて再発された際に、邦題のみが帯のタイトル表示に残ることになった。 ビートルズの人気がアメリカを通して紹介された日本では、デビューアルバムもアメリカ盤に沿う形で製作された。 しかし曲順は曲数の少ないアメリカ盤とは異なり、たっぷり14曲が選ばれた。 3枚目のアルバム『』から、曲順は英国仕様に準拠することになり、それ以前の曲でアルバム未収録だった曲をまとめた『ビートルズ No. 5』をもって日本独自の編集盤は作られなくなる。 しかし、これらのアルバムは、1976年に日本でも初期のアルバムが英国オリジナルの仕様で発売されるようになってからも、何枚かのアメリカ編集盤と共に「日本オリジナル」盤として品番を変えて発売され続けた。 また、1966年に、ビートルズの来日を記念して、日本独自のベストアルバム『THE BEST OF THE BEATLES』が企画され、曲目やジャケットも決定し試作盤も製作されたが、結局実現はしなかった。 そのため東芝音楽工業は、日本ではオリジナルの曲目で発売されていなかった1stアルバム『Please Please Me」と、2ndアルバム『With the Beatles』をステレオ盤仕様で発売することでそれらを来日記念盤とした。 ベスト盤・編集盤 [ ]• - (2枚組)(アナログ盤リリースは、CD化) 通称「赤盤」。 - (2枚組)(アナログ盤リリースは、CD化) 通称「青盤」。 CD化に際して「」の冒頭のSE()が除去され、「」のクロスフェード部分が修正された。 上記の2作は、当時レコード対策として発売された。 選曲はによるもの。 が施されており、既存CDと同じミックスの曲でも音量バランスや音質、ノイズの程度が異なっている。 特にノイズ面が顕著でオリジナルCDと比較するとテープヒス等のノイズが大部分除去されている。 - (2枚組)(アナログ盤リリース、未CD化)• - (2枚組)(アナログ盤リリース、未CD化)• - (英国アナログ盤リリース、未CD化)• - (米国アナログ盤リリース、未CD化)• - (英国アナログ盤リリース、未CD化)• - (8枚組)(英国アナログ盤リリース、未CD化)• - (アナログ盤リリース、未CD化)• - (アナログ盤リリース、未CD化) ライブ盤 [ ]• (旧邦題ザ・ビートルズ・スーパー・ライヴ! ) - The Beatles at the Hollywood Bowl(アナログ盤リリースは、CD化) とにので行われたライブ演奏を収録したアルバム。 観客の悲鳴によって音質が悪かったが、がリミックスを行った結果、発表できることとなった。 長年CD化されていなかったが、にアナログ盤未収録音源4曲の追加と邦題・ジャケット写真の一新、による再リミックスを経て初CD化された。 オリジナル・アルバムCD化以降の作品 [ ]• パスト・マスターズ Vol. 1 - Past Masters Vol. 1()• パスト・マスターズ Vol. 2 - Past Masters Vol. 2() 英国オリジナルアルバム未収録曲・レアバージョンをまとめたシリーズ。 CDアルバム未収録曲を補完する意味合いがある。 - The Beatles Live At The BBC CD、アナログLPとも2枚組 、一時廃盤になっていたがに再発 音源での初期のを収録し、ライブバンドとしてのビートルズの姿を伝える作品。 海賊版対策を兼ねている。 「ベイビー・イッツ・ユー」がシングルカットされた。 1〜3 - The Beatles Anthology それぞれ、CDは2枚組、アナログLPは3枚組 ~ 1990年代のビートルズのアンソロジー・プロジェクトにより実現した、ライヴ・バージョン、未発表曲、リハーサルテイクなどを収録したアルバムシリーズ。 目玉としてジョンが生前残した音源に3人が手を加えた「新曲」の発表がなされた。 「BBC」同様、海賊版対策である。 - Anthology 1 CDは2枚組、アナログLPは3枚組 1957年から64年までの未発表音源と、ビートルズ名義の新曲「」を収録。 - Anthology 2 CDは2枚組、アナログLPは3枚組 1965年から68年までの未発表音源と、新曲の第二弾「」収録。 - Anthology 3 CDは2枚組、アナログLPは3枚組 1968年から70年までの未発表音源を収録。 - Yellow Submarine Songtrack CDは1枚もの、アナログは30cmLP 同名アニメーション映画の再発(、)に合わせ発表された、映画のナンバーを集めた新しいコンピレーションアルバム。 1969年に発表されたアルバム『』と収録曲が異なるほか、リミックスによって音質の向上と楽曲の現代的な再構築が試みられた。 - The Beatles 1 「英・米のチャートで1位になった曲をまとめた」というコンセプトで作られたベスト・アルバム。 全世界で約2500万枚の売り上げがあり、現在も売り上げを伸ばし続けている。 赤盤、青盤と同様にが施されているが、このアルバムの発売に際して新たにし直したため、オリジナルCDや赤盤、青盤とも異なる音質・音量となっている。 2015年にはによって大幅なリミックスが施され、バンド初のミュージック・ビデオ集と合体させた形式で発売された。 - Let It Be... Naked CDは2枚組、アナログ盤は30cmLPと17cmEPのセット オリジナルアルバム『レット・イット・ビー』から、による編集やダビングを取り除き、幻のアルバム『ゲット・バック』での本来のテーマにそった形で再制作された作品。 - The Capitol Albums Vol. 1 『』、『』、『』、『』の4枚の米国盤をリマスターした、紙ジャケットCDのボックスセット。 - The Capitol Albums Vol. 2 『』、『』、『(米国編集版)』、『(米国編集版)』の4枚の米国盤をリマスターした、紙ジャケットCDのボックスセット。 - Love 21世紀に入って2つ目となる最新作。 元はビートルズの楽曲を元にしたのでの常駐公演『LOVE』のために作られていたものであるが、正式にアルバム作品となることが確定。 ビートルズにおいて初めて、リミックスを音質の調整ではなく作品の再構築の手段とした 一種のとも言える アルバムとなる。 スペシャルエディションDVD とDVD music 映像を収録せず音声のみ収録の のハイブリッド では、ビートルズ作品初の映像を伴わない音声での作品となった。 - The Beatles Stereo Box() イギリス盤公式オリジナル・アルバム12作とアメリカ編集盤『マジカル・ミステリー・ツアー』、これらのアルバムに収録されなかった楽曲が集めた編集盤『パスト・マスターズ』をコンパイルした作品。 収録曲はいずれも2009年度改訂デジタル・マスターを使用している。 - The Beatles Stereo Box(2009年) 『プリーズ・プリーズ・ミー』から『ザ・ビートルズ(ホワイト・アルバム)』までのイギリス盤公式オリジナル・アルバム8作品とアメリカ編集盤『マジカル・ミステリー・ツアー』、これらのアルバムに収録されなかった楽曲及び未発表となっていたモノラル・ミックスを集めた編集盤『モノ・マスターズ』をコンパイルした作品で、『ザ・ビートルズ BOX』のモノラル・バージョンにあたる。 ' - On Air — Live at the BBC Volume 2 () BBCによる初期のライブ音源の第2弾。 - The U. Albums(2013年) 「キャピトルボックス」に未収録だった『ハード・デイズ・ナイト』・『ザ・ビートルズ・ストーリー』・『イエスタデイ・アンド・トゥデイ』・『「リボルバー」・『ヘイ・ジュード』が初収録された。 ただし、音源は2009年のステレオとモノのマスターに変更されている。 後にバラ売りされたが『ザ・ビートルズ・ストーリー』のみバラ売りされなかった。 - The Japan Box(2014年) 『ビートルズ! 』・『ビートルズNo. 』・『ハード・デイズ・ナイト』・『ビートルズNo. 』・『ヘルプ! 4人はアイドル』を紙ジャケと発売当時の帯を復刻したボックス。 ただし、音源は2009年のステレオとモノのマスターに変更されている。 クリスマス・レコード・ボックス(2017年) ファンクラブ限定で配布されたソノシートを、アートワークを再現した上で7枚のカラー・シングル・レコードとして復刻させた作品。 英国において発表されたが、CD化されていない作品 [ ]• - A Collection Of Beatles' Oldies 1966年はオリジナルアルバムが8月の『』のみで、クリスマス商戦の時期にオリジナルアルバムが作られなかったので用意されたベスト盤。 からにかけてのシングル曲・有名曲に加えて、当時英国で未発表であった「」を収録した。 From Then To You オフィシャル・ファン・クラブ会員のために1963年以降クリスマス用に配布された7インチEPを全作収録したLP。 1970年はバンドが解散してしまったためこのアルバムを制作・配布された。 アメリカのファン・クラブでは別デザインのカバーで、タイトルも「The Beatles' Christmas Album」とされた。 長く本作のアセテート盤やブートレグが出回っていたが、2017年に『』として音源のリマスターが施された。 発売がアナウンスされながら未発表となっている作品 [ ]• ゲット・バック - Get Back 、 の音源を元に製作された、『』の前身ともいえるアルバム。 プロデューサーは。 このプロジェクトの発端がコンサート活動の再開〜TVコンサートであったため、映像関係に太いパイプのあった同氏が選ばれた。 制作過程によって2種類のバージョンがあり、選曲と曲順が異なっている。 「原点に帰れ」のコンセプトから、オーバー・ダブを極力排し、シンプルでストレートなアレンジを鉄則として定め、ジャケットの表記タイトルは『』のそれをもじって「Get Back with Don't Let Me Down and 13 other Songs」と命名、ジャケット写真も『プリーズ・プリーズ・ミー』の時と同じ場所、同じようなポーズ、同じカメラマンで撮影がなされた(後にこのアルバムとは別のテイクが『』で使われた)。 先にマスター・アップしたバージョン 1969. 28制作 がボツにされたため、グリン・ジョンズは再度編集を試み、70年には各放送局宛にアセテート盤がサンプルとして配布されるまでに至った。 しかし、映画のサントラでありながら完全にはシンクロしていないこと、それまでのビートルズが発表してきたような完成度の高い曲が少ないこと、さらにグリンへの不信感(プロデューサーとしてクレジットを入れたがったのをジョンが売名行為だと非難した)などから再びボツとなり、マザー・テープがに託された時点で消滅。 レコーディング中のライブ感を出したかったためか、前述の正式発表バージョンがある曲(ドント・レット・ミー・ダウン)を含む半分ほどの曲では制作過程の中途半端なテイクを使ったりしており、マニアにとっては興味深い内容ではあるものの、万人が聴きやすいアルバムとは言えない。 セッションズ - Sessions 音質がよくジャケットも本物かと見紛うような海賊版が横行することに頭を痛めていたEMIが企画した、未発表音源収録物。 既発表曲のデモや別バージョン、ファンクラブ用ソノシートの収録曲、また完全な未発表曲などで構成されている。 マスターテープとアルバムカバーが完成した段階で、なぜか某メンバー(明らかにされていない)から異議が出たため、文字通りお蔵入りしてしまう。 後にボリュームアップして形を変え、『』へと昇華した。 音源とジャケットデザインが流出し数多くのブードックが出回り、90年代には『ウルトラ・レア・トラックス』らと共にレンタル店で扱われていた。 非パーロフォン・セッション [ ] 英(傘下のレーベル)との契約以前にレコーディングされていたもの• フィルモグラフィー [ ] 主演作品• - A Hard Day's Night() ドキュメンタリー風の映画。 次作と共にグランプリ受賞監督の初期の傑作としても知られる。 - Help! () 前作と同じくレスター作品。 リンゴが中心となる映画で、前作とは違い完全フィクション映画である。 - Magical Mystery Tour() 制作・脚本などすべてビートルズが自主制作したTV映画 監督は「」。 サイケ色の強い。 - Yellow Submarine() 作品。 声を当てているのは声優だが、メンバーもラストで映像出演している。 - Let It Be() アルバム制作過程を追ったドキュメンタリー。 ポールはこれを利用して再びライヴ活動をしたかったようだが、皮肉にもバンド崩壊の様子を後世に伝える作品となってしまった。 上記4作品はDVD化されているが、当作品のみ未発売である。 - The Beatles: Eight Days a Week() リバプール時代から1966年のライブ活動休止までのライブ活動を中心に扱ったドキュメンタリー。 監督は。 ドキュメンタリー・映像作品 (アップル製作のみ)• 武道館コンサート - Concert at Budokan 1966 1966年6月30日の武道館コンサートを収録。 日本のみの発売で、1993年に別編集で再発売。 未DVD化。 ザ・ファースト U. ヴィジット - The First U. Visit 初のアメリカ上陸時のドキュメンタリー。 2004年にDVD化。 当時の貴重な映像や、メンバー他関係者のインタビューで構成されている。 その他• ビートルズ・ライヴ - Ready Steady Go! Special Edition THe Beatles Live! 1964年のテレビ・スペシャル「Around The Beatles」の抜粋。 未DVD化。 ビートルズ・スペシャル - Ready Steady Go! イギリスのテレビ番組『Ready Steady Go! 』出演時の映像集。 日本のみの発売。 未DVD化。 メイキング・オブ・ア・ハード・デイズ・ナイト - The Making Of A Hard Day's Night 映画「ア・ハード・デイズ・ナイト」製作ドキュメンタリー。 進行役は。 映画未収録の「You Can't Do That」を初公開。 エド・サリヴァン presents ザ・ビートルズ ノーカット完全版 - The Four Historic Ed Sullivan Shows featuring The Beatles 1964年、1965年のエド・サリヴァン・ショー出演時のDVD2枚組。 ライヴ演奏した放送回のすべてが収録されている。 書籍 [ ]• - The Beatles Anthology (、リットーミュージック。 ) アンソロジー・プロジェクトの書籍版で、唯一の公式な自伝といえる作品。 各年代のメンバーの発言を中心に、貴重な未発表写真などを加え編集されている。 無名時代から絶頂期、解散に至るまでの経緯がメンバー自身の言葉で語られている。 追記 [ ] メンバーのソロ作品として発表された作品のうち、ビートルズ時代にデモが作られたり、ビートルズとしては未発表となった主なもの。 ジョン・レノン• 「チャイルド・オブ・ネイチャー」 「」(『』収録)の原曲。 インド滞在中に作曲され、「ホワイト・アルバム」のレコーディングセッションおよび「ゲット・バック・セッション」でも演奏されている。 「」(アルバム『イマジン』収録) 『Let It Be.... Naked』のBonus Discにわずかながら収められている。 「」(『イマジン』収録) 1969年のビートルズのゲット・バック・セッションでジョンとポールが演奏を試みている。 「」 ジョンレノンのシングル• リンゴスターが作品に参加している。 ポール・マッカートニー• 「」(『』収録) ゲット・バック・セッションで演奏、お蔵入りになったプロモーション盤『ゲット・バック』にも収録されていた。 『』収録。 「」(ソロ・シングル) ゲット・バック・セッションでポールのピアノ弾き語りが演奏されている。 「」(『マッカートニー』収録) ゲット・バック・セッションでポールのピアノ弾き語りが演奏されている。 「」(『』収録) ゲット・バック・セッションでポールのピアノ弾き語りが演奏されている。 「」(『』収録) 、インド滞在時に書かれた色の強い曲。 ビートルズでの演奏は不明。 ジョージ・ハリスン• 「」(アルバム『』収録) ゲット・バック・セッションの前後に、バンドのリハーサルがなされた。 マルチ・トラック・テープで録音したデモバージョンは、『』に収録。 「」(『』収録) 『ザ・ビートルズ ホワイト・アルバム]』のセッションで100以上に及ぶ膨大なテイクが録音されたにもかかわらず、ビートルズとしては未発表となった。 『』に収録。 このテイクでのリードギターはポールだといわれている。 「イズント・イット・ア・ピティ」(『』収録)• 「サークルズ」(『』収録) リンゴ・スター• 「ティキップ・オブ・ア・カロライナ」 ゲット・バック・セッションの最中に演奏。 この一部が『Let It Be... Naked』のBonus Discに収められている。 脚注 [ ]• マイク・エバンス編著、斉藤早苗監修 『ビートルズ世界証言集』 恩蔵茂・中山啓子訳、ポプラ社、2006年、p. 446• プレスリリース , , 2016年7月20日 , 2019年10月20日閲覧。 NME Japan. 2016年7月20日. 2019年10月20日閲覧。 AV Watch 株式会社インプレス. 2015年9月16日. 2018年10月20日閲覧。 ORICON NEWS. 2015年9月15日. 2019年10月20日閲覧。 NME Japan. 2017年11月2日. 2019年10月20日閲覧。 外部リンク [ ]•

次の

ビートルズを知らない世界を描いた映画『イエスタデイ』、邦題&日本公開日が決定

映画 ビートルズ

『ロード・オブ・ザ・リング』のピーター・ジャクソンが監督するの新たなドキュメンタリー映画『The Beatles: Get Back』。 北米公開日が延期に。 当初は2020年9月4日に予定されていましたが、新型コロナウイルスの影響で1年後の2021年8月27日に公開される予定です。 映画の配給元であるディズニーが6月12日に発表しています。 このドキュメンタリー映画は、2019年1月に制作が発表された作品で、アルバム『Let It Be』制作時のセッションに新たな光を当てたもの。 1969年1月にマイケル・リンジー=ホッグが撮影したビートルズ「ゲット・バック・セッション」の未公開映像約55時間と、『Let It Be』アルバム・セッションからの未公開オーディオ140時間を基に制作されています。 また映画では、ビートルズの最後ライヴ・パフォーマンスとなる、1969年1月30日に英ロンドンのアップル・コアの屋上で行ったライヴ・パフォーマンスの映像もフィーチャーしています。 この映画は、、、オリヴィア・ハリソンの完全な協力のもとに制作されています。 つまりタイム・マシーンに乗って1969年に戻り、スタジオで4人が素晴らしい音楽を作っている現場に居合わせるような体験です」とコメントしていました。 また今回、「このプロジェクトに取り組むことは、喜ばしい発見でした。 史上最高のバンドが傑作を作り、演奏し、制作している間、私は壁のハエになる特権を得ました。 ディズニーがディストリビューターとしての地位をステップアップさせたことに興奮しています。 私たちの映画を最も多くの人に見てもらうのにこれ以上ない」ともコメントしています。 この当時バンドがうまくいかずに苦しんでいたというニュアンスでしばしば語られてきましたが、ピーター・ジャクソンは以前に「実際は神話とはずいぶん違うものだったと知って安心しました。 マイケル・リンゼイ=ホッグが、解散の18か月前に撮影した映像、そして音源をすべて確認したところ、これらが素晴らしい宝の山だということに気づきました。 もちろん感情的な行き違いの瞬間も捉えられていますが、これは、このプロジェクトが長年言われいたような仲違いの記録ではありません。 ジョン、ポール、ジョージ、リンゴの4人が、今やクラシックな楽曲を一から共に作りあげていく様子は、素晴らしいだけでなく、面白く、気分が高揚する体験で、また彼らの仲の良さには本当に驚かされます」「このような素晴らしい映像を託してもらえたことをとても光栄に思っています。 この映画を作ることは、私にとっては心から楽しい作業になるでしょう」とも話していました。 ピーター・ジャクソンは、第一次世界大戦のドキュメンタリー映画『They Shall Not Grow Old』のプロデューサーのクレア・オルセンと編集者のジャベス・オルセンと共にこの作品に取り組んでいます。 映像は『They Shall Not Grow Old』のために開発された映像修復の技術を用いて新品同様の状態にレストアされます。 この映画についてポール・マッカートニーは「ピーターが僕たちのアーカイブを掘り下げて、ビートルズのレコーディングについての真実を一緒に示す映画を作ったことを本当に嬉しく思う。 僕たちの友情と愛が知れ、僕たちがどんなに素晴らしい時を過ごしたかを思い出させてくれます」と話し、リンゴ・スターは「この映画をとても楽しみにしています。 ピーターは素晴らしく、この映像をすべて観るのはとてもクールなことです。 僕たちは何時間もただ笑ったり演奏をしたりしていました。 世に出たヴァージョンと全く違います。 多くの喜びがあり、ピーターがそれを見せてくれると思います。 このヴァージョンは、本当にそうであったように、もっと平和で愛に満ちたものになると思います」と話しています。 サイトVarietyによると、このドキュメンタリー映画の一部は、1月に開催されたユニバーサル・ミュージックの年次ショーケースで上映されています。 アップル・レコードの代表ジェフ・ジョーンズはショーケースにて、この映画について「私たちは『Let It Be』セッションがビートルズにとどめを刺したという神話を覆すであろう全く新しい映画を作りました」とコメントしています。 ショーケースでは、数分のプレビューを上映。 Varietyは、 「確かに映画『Let It Be』に対する驚くべき逆のストーリーが展開されている。 ヴィジュアル的にも精神的にも明るく、ビートルズが冗談を言ったり、お互いをからかったり、ふざけたアクセントで歌ったり、ヴィンテージのMoptop hijinksを楽しんだりしている多くのショットがある。 また、アルバム『Abbey Road』の曲をリハーサルするバンドのシーンもたくさんある。 ソロ・アルバムに登場するような曲のラフなヴァージョンもある。 ビートルズのファンはこの映画に夢中になるだろう」 とレビューしています。 なおディズニーは、映画『レット・イット・ビー(Let It Be)』(1970年)のレストア版も今後公開すると発表しています.

次の