エロい痛いのは嫌なので防御力に極振りしたいと思います。 スマートフォンゲーム「痛いのは嫌なので防御力に極振りしたいと思います。~らいんうぉーず!~」 | D

2020年冬アニメ「痛いのは嫌なので防御力に極振りしたいと思います。」【8話】感想 Tweetをまとめました(順不同です)

エロい痛いのは嫌なので防御力に極振りしたいと思います

出典 : Amazon. jp 累計発行部数が25万部を越えた「小説家になろう」発の作品 『痛いのは嫌なので防御力に全振りしたいと思います。 』略して『防振り』。 そして本条楓は 「痛いのは嫌だ」という理由だけで、防御力が一番高い職業 「大盾」を選択し、そのアバターに 「メイプル」という名前を付けてゲームを開始しました。 そこからメイプルは自分でも驚くほど「NewWorld Online」はハマり、 驚異のスピードで成長していきます。 まずは、そんなメイプルの基本情報をみていきましょう。 メイプルとは? 本条楓ことメイプルは、145cmという小柄な身長と黒髪黒目が特徴の美少女です。 アバター名のメイプルは、本名の「楓」を英語にしてつけました。 頭のてっぺんにあるアホ毛がチャームポイント。 ゲームに無知なことと、痛いのが嫌だったという理由で、 すべてのステータスポイントを「防御力(VIT)」に振っています。 いわゆる 「極振り」でアバターを育成している特化型のプレイヤーです。 それゆえに、「防御力」以外のステータスはすべて並以下。 ゲーム内の街で歩いていると、他のプレイヤーにどんどん追い越されていくレベルで鈍足です。 メイプルの性格 メイプルの性格は、普通の優しい女の子といった感じです。 「NewWorld Online」内の他のプレイヤーからは良い子だと評されています。 ゲーム内の服装にはこだわりを持っており、装備をオーダーメイドで作ることも。 頭が良くゲーム内のギミックや取得条件が特殊なスキルを独自の発想で解いてしまう天才。 かなりマイペースにゲームを楽しんでおり、自身が面白そうと思った方向へどんどん進んでいくプレイスタイルです。 ちなみに食べ物の好き嫌いは少ない方ですが、味覚は子供っぽいようです。 続いてはそんなメイプルが持つ装備やスキルといった能力の情報をまとめてみました。 スキル「悪食」 「悪食」は、メイプルが 毒竜(ヒドラ)というボスを単独撃破したことで獲得したスキルです。 その能力は 敵の攻撃を無効化し、大盾にMPとして力を蓄えるというもの。 MPが少ないステータスであるメイプルはこの「悪食」で吸収したMPを使って大火力のスキルを使用しています。 スキル「毒竜」 「毒竜(ヒドラ)」も「悪食」と同じ条件で手に入れたスキルです。 「悪食」を使ってMPを吸収したあとに使う 大火力のスキル。 周囲に 即死級の毒を展開します。 飲みこまれた敵は瞬殺。 ちなみに、残った毒溜まりは使用者にも効果がありますが、メイプルは 「毒無効」のスキルで無効化しています。 続いては、メイプルを 最強と言わしめる原因となったエピソードをまとめてみました。 第1回イベントで唯一の無傷 第1回イベントとは、プレイヤーなら誰でも参加可能なゲーム内でのイベントのことです。 上位入賞者には運営から報酬が与えられるということで、歴戦のゲーマーたちが参加していました。 第1回イベントの内容は、単純なバトルロワイヤル。 時間制限内に倒したプレイヤーの数と受けたダメージ量で順位を競うというものでした。 そのイベントで、ゲーム初心者だったメイプルが見事 3位に入賞します。 しかもその内容は凄まじく、撃破数は2028人で 受けたダメージは驚異の0。 結果こそ3位でしたが、イベント序盤で地面にお絵かきしていなければ、1位でもおかしくなかったと観戦者から評されていました。 この時点でメイプルに勝てる可能性のあるプレイヤーは2人だけと言っても過言ではないでしょう。 ですが敵と戦いにすらなっていなかったところを見ると、作中最強でもおかしくなさそうですね。

次の

痛いのは嫌なので防御力に極振りしたいと思います。 アニメブログ・テーマ

エロい痛いのは嫌なので防御力に極振りしたいと思います

「仕方ない…面倒だけど…私が殺るか」 概要 CV: 本名は(しろみね りさ)。 ことの親友で、腕の立つゲーマー。 楓に『NewWorld Online』を勧めるが、自身は学業不振のせいでしばらく勉強に専念したため、遅れてゲームを始める。 プレイヤー名は自分の名前を逆読みにしたもの。 楓には様々なゲームを押し付け、もとい紹介してきたらしく、規格外の大盾使いとして予想外のエンジョイぶりを見せる楓と組むにあたって、機動性を重視した短剣使いをベースに 「回避盾」となる道を選ぶ。 観察眼が鋭く、本気を出せば常人離れした集中力と機敏さを見せる。 相対した者曰く「(攻撃を避けるのではなく) 攻撃が避けていく」。 作中での二つ名は無いが、読者や視聴者からは第二回イベントで彼女が行った 三桁にのぼるPKから 【六日目の悪夢】の二つ名が贈られている。 勿論圧倒的な回避力は噂として広く知れ渡っている。 集中力の持続力も途徹もなく、 12時間ほぼぶっ続けでオーブ奪取並びにマッピングに奔走して限界まで疲労した所をクラスのプレイヤー100人がかりで攻め込んで漸く当てられ得る その行程で30人程犠牲を出している レベルである。 親友と『NWO』を楽しめることを素直に喜んでおり、メイプルが培った人間関係を尊重して判断を委ねることもある。 一方でその彼女が階層を跨ぐ度にどんどん珍妙なスキルを身に付けては強くなり、超難度クエストを「弱体化なしで」「真正面から」クリアする姿を見て、一人のゲーマーとしては内心焦りを感じてもいる。 の類が常軌を逸して苦手であり、過去にはお化け屋敷で腰を抜かして歩けなくなり、泣きながら係員に連れ出された経験を持つ。 この時彼女は中学生である。 高校生になった今もまるで克服できておらず、それがテーマの6層では完全に戦力外になった。 プレイスタイル 速度重視の回避盾。 メイプルの耐久盾スタイルに触発されて「無傷で勝つコンビ」を目指したもので、効率や定石を踏まえて極振りはしていない。 集中を高めることで能力を最大限に発揮する、プレイヤー・理沙としての強さも持ち味としており、愛用するユニークシリーズの装備も独力でダンジョンを攻略して入手したもの ユニークシリーズ自体初見かつソロでの攻略が必要なのだが。 基本戦術はヒット&アウェイ。 ゲーマーとしての経験値に裏打ちされた戦術眼を持ち、STRに振らない分を武器攻撃力と攻撃魔法で補い、立ち回りの巧さと手数の多さで削っていく、やや偏っているものの常識的・正統派な戦闘スタイル。 メイプルとのシナジーも考慮しており、最適連携時の強さは運営が頭を抱えるレベル。 尚、ゲーマーとしてのプライドか、強くなる近道を知っても人のプレイスタイルを真似するつもりはない。 例えばを活用すれば安全にモンスターのスキルやチートスキル「悪食」も習得できると思われるにも関わらず、それを実行していない。 已む無く補食で止めを刺した際もメイプルに後ろめたさを感じている。 尚、PCとしてのサリーのスペックとしては、「被弾=死 HPやVITは最低値 」「所持スキルの大半が基礎的なものまたは高度なプレイヤースキルを要求されるもの」「雑に強いスキルが『超加速』程度」とメイプルとは別のベクトルでかなりピーキーであり、理沙以外がこのPCを操作しても碌に使えないものに仕上がっている。 このピーキーさはに通じるものがある。 ユニーク装備やレアスキルの関係上やのスキルをよく使用するが、実装されている属性スキルは火や土も含め一通り使用可能。 強力なスキルを習得する度に空中の機動力が増しており、この点に関してはテイムモンスターで更に地上戦に特化させたと対照的になっている。 プレイスキルには自信があるものの危険な橋は極力渡らない主義で、ギルド対抗戦以外では安牌を取ることを優先している他ピンチも幸運により切り抜けているためメイプルと共に一度も死亡していない。 どころか何だかんだダメージ自体はよく受けているメイプルとは異なり 一度たりともHPが減少していない。 『NWO』はトッププレイヤーの死に戻りが日常茶飯事なバランスに設定されている。 最上位プレイヤーのやドレッドもダメージを受ける描写があり、また彼らがいずれもダメージを受けていない限り習得できないスキルを所有していることや「メイプルと比べれば何だって普通」と息巻いていた運営からも「もしかするとメイプルよりもヤバイ」とすら言われていることを考えると、こと プレイヤースキルにおいては全プレイヤー中でサリーを上回る者は存在しないと思われる。 超一流のプレイヤースキルに加え倍のレベル差まで持っているペイン、しかも 集う聖剣の面々が全力でバフをかけた状態のそれを相手にしてすら、一対一なら優位に戦えるとまで言われるほどである。 地の文に。 なお、ダメージこそ受けていないものの、メイプルの身捧ぐ慈愛ありきで意図的に被弾したり、回避し損ねたもののダメージはスキルで無効化されたことならば一応経験している。 装備 水中に潜む巨大魚を単独で撃破して手に入れたユニークシリーズ。 水面のマフラー、大海のコート、大海のレギンスといった、白と青を基調とした装備に、別途で見繕った黒っぽいサイハイブーツを合わせている。 得物は一対の短剣である、深海のダガーと水底のダガー。 一定の範囲内の敵に対して移動能力を低下させるスキルなどが付与されている。 ちなみに、体格やコート、マフラーのせいでなかなか気付かれないが、の上からを履いた格好のため、脇腹から腰回りに掛けてのサイドが丸見えというなかなかにセクシーな服装。 他の破壊不可のユニーク装備と異なり5種類のうちマフラーとコートにしか固有スキルが付与されていない。 作者のノリと言われると仕方がないが、あえて考察するならメイプルのユニーク装備が大暴れした故に装備の仕様が変わったばかりで且つ一層相応の性能で、更に高AGI以外に目立ったビルドがないため装備に反映されなかったと考えられる。 ユニークシリーズの破壊成長を破壊不可に運営が自重した時期にゲームを始めた事で終盤まで通用する装備でなくなったのが不運といえる。 2つの固有スキルは使い方で大化けするタイプのものなのでハズレというわけでもないが、 5層、6層、7層と階層が上がる度にボスやモンスターが堅くなり攻撃力不足に悩まされ始めている。 おんぶシステム 速度を捨て去ったメイプルの移動能力を補う方法を指した、一部読者による通称。 通称は恐らくが元ネタと思われる。 装備を初期状態にして軽量化したメイプルがサリーに背負われることで通常移動速度を補う方法。 仲間の傍へ瞬間移動して攻撃から庇うメイプルのスキル「カバームーブ」を疑似瞬間移動として使うもの。 メイプルの致命的な鈍足をサリーの機動力で補うため、戦術をしっかり立てればメイプルはと化す。 模倣 ベテランゲーマーである理沙の真骨頂。 経験値・観察眼・集中力の全てをつぎ込み、 習得していない、或いは存在しないスキルの動作を模倣し再現する。 勿論、スキルの効果は出ないので通常プレイでは役に立たない。 これが役立つのは対人プレイに於いてで、敵対者へのブラフやギルドメンバーのプレイヤースキル特訓で使われる。 作中では『流水』(敵の攻撃を一定時間弾き返す)、『攻撃誘導』(敵の攻撃を任意の方向へ逸らす)というスキルを使ったように見せかけ、を欺いている(実際は派手な動きで双剣を振り回したり、引きつけて回避しただけ)。 この存在しないスキルは運営が「実際にスキルとして採用してもいいかな」と思わせるほどだった。 これとは別にの「恐怖センサー」を模倣する練習としての トラップを発動させてから避けるという人間離れした神業も披露してみせた。 アニメ版にて プレイスタイルの関係上仕方がないのだが、メイプル以上に アニメ化の恩恵を受けている。 ボス戦では巨大な敵を相手にとにかく動き回って手数で攻め、対人戦では視聴者からに喩えられる程の人外機動で殲滅鏖殺せしめる。 その戦いぶりは一見の価値ありである。 また、原作では(ゲーム上なので当然と言えば当然だが)誰に対してもタメ口で会話していたが、アニメ版では初対面の相手や他ギルドのメンバーに対して敬語で応対するよう台詞が変更された為、書籍版よりも少し印象が良くなっている。 関連タグ :で、メイプルから どういうわけかサリーと間違われた。 …の一員でサリーと似たプレイスタイルのプレイヤー。 ビルド自体はサリーよりはだいぶマイルドである。 …集う聖剣の一員でサリーをライバル視しているプレイヤー。 他作品共通点 …登場作品がもの・主人公のにして・イメージカラーなど、共通点多数 …に投稿されているVRMMORPGものの作品の主人公。 同じく紙装甲のオワタ式のプレイスタイルを人外PSでカバーしている。 …VRMMORPGでのトッププレイヤー、イメージカラー、主武装、戦闘スタイル、普段の様子からは予想もつかないような弱点がある、水に何かしら縁があったり、凄まじい集中力を持つ等と共通点が多い。 同士もソシャゲでコラボが決まっており、も共通点の多いキャラクター。 関連記事 親記事.

次の

是等はエロいコミックの動画ですか。【マンガ動画LNG】痛いのは嫌な...

エロい痛いのは嫌なので防御力に極振りしたいと思います

出典 : Amazon. jp 累計発行部数が25万部を越えた「小説家になろう」発の作品 『痛いのは嫌なので防御力に全振りしたいと思います。 』略して『防振り』。 そして本条楓は 「痛いのは嫌だ」という理由だけで、防御力が一番高い職業 「大盾」を選択し、そのアバターに 「メイプル」という名前を付けてゲームを開始しました。 そこからメイプルは自分でも驚くほど「NewWorld Online」はハマり、 驚異のスピードで成長していきます。 まずは、そんなメイプルの基本情報をみていきましょう。 メイプルとは? 本条楓ことメイプルは、145cmという小柄な身長と黒髪黒目が特徴の美少女です。 アバター名のメイプルは、本名の「楓」を英語にしてつけました。 頭のてっぺんにあるアホ毛がチャームポイント。 ゲームに無知なことと、痛いのが嫌だったという理由で、 すべてのステータスポイントを「防御力(VIT)」に振っています。 いわゆる 「極振り」でアバターを育成している特化型のプレイヤーです。 それゆえに、「防御力」以外のステータスはすべて並以下。 ゲーム内の街で歩いていると、他のプレイヤーにどんどん追い越されていくレベルで鈍足です。 メイプルの性格 メイプルの性格は、普通の優しい女の子といった感じです。 「NewWorld Online」内の他のプレイヤーからは良い子だと評されています。 ゲーム内の服装にはこだわりを持っており、装備をオーダーメイドで作ることも。 頭が良くゲーム内のギミックや取得条件が特殊なスキルを独自の発想で解いてしまう天才。 かなりマイペースにゲームを楽しんでおり、自身が面白そうと思った方向へどんどん進んでいくプレイスタイルです。 ちなみに食べ物の好き嫌いは少ない方ですが、味覚は子供っぽいようです。 続いてはそんなメイプルが持つ装備やスキルといった能力の情報をまとめてみました。 スキル「悪食」 「悪食」は、メイプルが 毒竜(ヒドラ)というボスを単独撃破したことで獲得したスキルです。 その能力は 敵の攻撃を無効化し、大盾にMPとして力を蓄えるというもの。 MPが少ないステータスであるメイプルはこの「悪食」で吸収したMPを使って大火力のスキルを使用しています。 スキル「毒竜」 「毒竜(ヒドラ)」も「悪食」と同じ条件で手に入れたスキルです。 「悪食」を使ってMPを吸収したあとに使う 大火力のスキル。 周囲に 即死級の毒を展開します。 飲みこまれた敵は瞬殺。 ちなみに、残った毒溜まりは使用者にも効果がありますが、メイプルは 「毒無効」のスキルで無効化しています。 続いては、メイプルを 最強と言わしめる原因となったエピソードをまとめてみました。 第1回イベントで唯一の無傷 第1回イベントとは、プレイヤーなら誰でも参加可能なゲーム内でのイベントのことです。 上位入賞者には運営から報酬が与えられるということで、歴戦のゲーマーたちが参加していました。 第1回イベントの内容は、単純なバトルロワイヤル。 時間制限内に倒したプレイヤーの数と受けたダメージ量で順位を競うというものでした。 そのイベントで、ゲーム初心者だったメイプルが見事 3位に入賞します。 しかもその内容は凄まじく、撃破数は2028人で 受けたダメージは驚異の0。 結果こそ3位でしたが、イベント序盤で地面にお絵かきしていなければ、1位でもおかしくなかったと観戦者から評されていました。 この時点でメイプルに勝てる可能性のあるプレイヤーは2人だけと言っても過言ではないでしょう。 ですが敵と戦いにすらなっていなかったところを見ると、作中最強でもおかしくなさそうですね。

次の