レイモンド チャンドラー。 レイモンド・チャンドラーの映画作品

レイモンド・チャンドラーの「フィリップ・マーロウ」シリーズおすすめ5選!

レイモンド チャンドラー

レイモンド・チャンドラーの生涯 1888年7月23日、イリノイ州シカゴで生まれる。 幼少期は両親らとネブラスカ州プラッツマスで過ごす。 土木技師であった父はアルコール中毒でもあり、レイモンドが7歳のころに家族を捨てて去った。 1900年、レイモンドが12歳のとき、母は息子に最高の教育を受けさせるためロンドンに移り住む。 レイモンドはパブリックスクールで古典教育を受けた。 その後、大学には進学せずにパリやミュンヘンで語学力を磨いた。 1907年、19歳のレイモンド・チャンドラーは公務員試験を受けるためイギリスに帰化。 試験に合格し、イギリス海軍本部で職を得る。 公務員が性に合わず1年ほどで退職。 チャンドラーは新聞記者となる。 また、フリーライターとして文芸雑誌に書評を書いたり、ロマン主義の詩も書いていた。 1912年、24歳のチャンドラーは職を求めてアメリカのサンフランシスコに移り住み、母を呼び寄せる。 翌年、ロサンゼルスの乳業会社に就職。 第一次世界大戦(1914~1918)にアメリカが参戦すると、29歳のチャンドラーは1917年にカナダ海外派遣軍に入隊。 フランスでの戦闘に参加した。 休戦成立後、ロサンゼルスに戻ったチャンドラーは18歳年上のシシイと恋愛関係となる。 二人の関係を認めなかった母が1923年に亡くなると、二人は翌年に結婚した。 チャンドラーは簿記係兼監査役として1922年から石油会社で勤務。 1931年、43歳のチャンドラーは副社長にまで登りつめたが、飲酒、欠勤、女性従業員との不倫などが原因で翌年に解雇される。 大恐慌(1929~1933)のなか、経済的に苦しかったチャンドラーは作家として生計を立てることを決意。 1933年、大衆向け雑誌に中篇『脅迫者は撃たない』が掲載され、デビューを果たした。 1939年には処女長編『大いなる眠り』を発表。 探偵フィリップ・マーロウの初登場であった。 2作目の長編『さらば愛しき女よ』は映画化され、その後チャンドラーも脚本を依頼されるようになる。 1954年、チャンドラーが66歳のときに妻シシイが亡くなる。 その寂しさから執筆の質も量も低下。 1959年3月26日、レイモンド・チャンドラーは肺末梢血管ショックと腎前性尿毒症により70年の生涯を閉じた。 レイモンド・チャンドラーがアメリカの市民権を得たのは亡くなる3年前のことである。 - Raymond Chandler (レイモンド・チャンドラー) - 悪いウイスキーというものは存在しない。 ただ他のウイスキーよりも味の劣るウイスキーがあるだけだ。 2.英語の名言・格言 Alcohol is like love. The first kiss is magic, the second is intimate, the third is routine. - Raymond Chandler (レイモンド・チャンドラー) - アルコールは恋に似ている。 最初のキスは魔法のようだ。 二度目で心を通わせる。 そして三度目は決まりごとになる。 あとはただ相手の服を脱がせるだけだ。 3.英語の名言・格言 Use your pride on that. - Raymond Chandler (レイモンド・チャンドラー) - 飲むのなら自尊心を忘れないようにして飲みたまえ。 4.英語の名言・格言 There is no trap so deadly as the trap you set for yourself. - Raymond Chandler (レイモンド・チャンドラー) - 自分で自分に仕掛ける罠ほどたちの悪い罠はない。 - Raymond Chandler (レイモンド・チャンドラー) - ある人が技術について話し始める時、それは彼のアイディアが枯渇したことの証明でもあるんだ。 6.英語の名言・格言 What did it matter where you lay once you were dead? In a dirty sump or in a marble tower on top of a high hill? You were dead, you were sleeping the big sleep. - Raymond Chandler (レイモンド・チャンドラー) - 死んだあと、どこへ埋められようと、本人の知ったことではない。 きたない溜桶の中だろうと、高い丘の上の大理石の塔の中だろうと、当人は気づかない。 君は死んでしまった。 大いなる眠りをむさぼっているのだ。 7.英語の名言・格言 From 30 feet away she looked like a lot of class. From 10 feet away she looked like something made up to be seen from 30 feet away. - Raymond Chandler (レイモンド・チャンドラー) - 30フィート離れたところからはなかなかの女に見えた。 10フィート離れたところでは、30フィート離れて見るべき女だった。 8.英語の名言・格言 My kind of pride is different. - Raymond Chandler (レイモンド・チャンドラー) - ぼくのいう自尊心はちがうんだ。 ほかに何も持っていない人間の自尊心なんだ。 - Raymond Chandler (レイモンド・チャンドラー) - 撃っていいのは撃たれる覚悟のある奴だけだ。 - Raymond Chandler (レイモンド・チャンドラー) - ギムレットには早すぎる。 11.英語の名言・格言 All men are the same. So are all women — after the first nine. - Raymond Chandler (レイモンド・チャンドラー) - 男はみんな同じね。 女だってそうさ — 最初の九人の後はね。 12.英語の名言・格言 A really good detective never gets married. - Raymond Chandler (レイモンド・チャンドラー) - 本当に優れた探偵は、決して結婚しない。 13.英語の名言・格言 There are two kinds of truth: the truth that lights the way and the truth that warms the heart. The first of these is science, and the second is art. Without art, science would be as useless as a pair of high forceps in the hands of a plumber. Without science, art would become a crude mess of folklore and emotional quackery. - Raymond Chandler (レイモンド・チャンドラー) - 真実には2種類ある。 一つは道を照らしだすもの。 もう一つは心を温めるもの。 前者は科学、後者は芸術だ。 芸術なき科学は、配管屋に手術用の鉗子を持たせるかのごとく使い道のないものである。 科学なき芸術は、民俗と感情的ペテンの粗野な混乱だ。 14.英語の名言・格言 The more you reason the less you create. - Raymond Chandler (レイモンド・チャンドラー) - 論理的になればなるほど、創造性は失われる。 15.英語の名言・格言 I certainly admire people who do things. - Raymond Chandler (レイモンド・チャンドラー) - わたしは行動する人間を疑いなく称賛する。 次ページへ続きます。

次の

レイモンド・チャンドラー

レイモンド チャンドラー

村上春樹訳のハードボイルドミステリであるフィリップ・マーロウものの2作目。 旧訳のほうは荒々しく削り出した巌を撫でて温度を感じるようのな無駄のない文体だが、今作の新訳のほうは、岩の成分を一つ一つ手で探ってフィリップ・マーロウというキャラクターを浮かび上がらせるような作りになっている。 ハードボイルド、と いう単語から連想するような気取った感じはなく「こういう生き方しかできない」どこまでも不器用でたった一つの美学のみで突き進んでいくマーロウには男として憧れるものを感じる。 事件の流れから最後で明かされた真相の読後感もさることながら、マーロウの身に起こる一つ一つの出来事に対してのレスポンスが一番の魅力だろう。 ヒーローでもアンチヒーローでもなく、無力で繊細だが、その不屈の美学と飾らなさには凄く共感を覚える。 ある種の損な生き方というのは、時に得がたいものなのだ。 探偵フィリップ・マーロウが石油富豪一家の闇に探り込んでいく話。 はっとするような比喩表現が散りばめてあり、それだけでも読んでいて面白い。 それにしてもこの姉妹は現代のパーティピープルな米国セレブを描いているようだ。 こういう人ってこの時代からいるんだね。 話の筋が時々分かりにくくなるけど、巻末の翻訳者・村 上春樹の解説を読むとそれもOK!と思えてくる。 いくつかの殺人が話に出てくるけど、お抱えの運転手を殺したのは誰なのか?それが最後まで分からなかったなあ、よく読めばどこかに伏線があったのかなあ…と思っていた。 が、解説によると、当時チャンドラー氏に犯人を誰か聞いた人がいて、「私も知らない」と答えたそうだ…… そんな裏話を盛り込んだ解説も面白い。 春樹のチャンドラーへの愛が感じられる(カズオ・イシグロ氏とチャンドラーの素晴らしさについて熱く語り合ったそうだ)。 チャンドラー氏は、三流文芸雑誌の出身。 遅咲きのミステリー作家。 生活費を稼ぐために型にはまった書き方をせざるを得なかったそうだけど、それが逆に氏の小説執筆における足りないところ(プロットづくり)を補ってくれたようで、生来の表現能力を存分に小説に活かすことができたそうだ。 チャンドラーもこれで3冊目。 良かった順番は、 1 ロンググッドバイ 2 大いなる眠り 3 プレイバック 有名どころをもう読んでしまったのがさびしい。 大筋ではミステリだが 主人公フィリップ・マーロウの「ハードボイルド」を描くに多いに筆費やされる ミステリに対し私立探偵というその立場は 現在なら「警察ものミステリ」に入るだろう名(超)探偵でない職場ものであるものの 「ハードボイルド」なので安易に仲間はいない 君の瞳に乾杯するのも至極慎重 そういうハ ードボイルドとはなんなのかといえば一般に「大人の男の格好付け」で 格好良いと老若男女をできるだけ問わず言ってもらえるかが価値高低 それは時代と文明とに関わりなく人間として普遍のものであるはずで というのはハードボイルドは臨機応変格好良い理想なのだから 小説としてこれを描く手法は「青春小説」が好適 女性のような「現実的」で俗でない高尚で「本当のこと」を 男は格好良いものと求めて彷徨うわけだが 厳然たる現実と女性に対して格好良いから良いのだとする態度が 青春におけるこじらせた大人の男の格好よさと思いたがる 作者の主人公を描く様はあとがきにあるようにその匙加減が適当で 作品としてもミステリにからめて余韻良い.

次の

長いお別れ

レイモンド チャンドラー

村上春樹『チャンドラー方式』からの引用 (新潮文庫『村上朝日堂』所収。 1983年の作で、当時、作者は34歳か) 小説を書くときの方法。 ずっと前にレイモンド・チャンドラーが「小説を書くコツ」について語っていた、と村上春樹は書いている。 細かい点まで正確には覚えていないが、ともあれ、僕(=村上春樹)はそれを「チャンドラー方式」と呼んでいる。 以下村上春樹の文章の引用。 《 まずデスクをきちんと定めなさい、とチャンドラーは言う。 自分が文章を書くのに適したデスクをひとつ定めるのだ。 そしてそこに原稿用紙やら(アメリカには原稿用紙はないけれど、まあそれに類するもの)、万年筆やら資料やらを揃えておく。 きちんと整頓しておく必要はないけれど、いつでも仕事ができるという態勢にはキープしておかなくてはならない。 それでその二時間にすらすらと文章が書けたなら、何の問題もない。 そううまくはいかないから、まったく何も書けない日だってある。 書きたいのにどうしてもうまく書けなくて嫌になって放り出すということもあるし、そもそも文章なんて全然書きたくないということもある。 あるいは今日は何も書かない方がいいな、と直感が教える日もある(ごく稀にではあるけれど、ある)。 そういう時にはどうすればいいか? たとえ一行も書けないにしても、とにかくそのデスクの前に座りなさい、とチャンドラーは言う。 とにかくそのデスクの前で、二時間じっとしていなさい、と。 その間ペンを持ってなんとか文章を書こうと努力したりする必要はない。 何もせずにただぼおっとしていればいいのである。 そのかわり他のことをしてはいない。 本を読んだり、雑誌をめくったり、音楽を聴いたり、絵を描いたり、猫と遊んだり、誰かと話をしたりしてはいけない。 書きたくなったら書けるという体勢でひたすらじっとしていなくてはならない。 たとえ何も書いていないにせよ、書くのと同じ集中的な態度を維持しろということである。 こうしていれば、たとえその時は一行も書けないにせよ、必ずいつかまた文章が書けるサイクルがまわってくる、あせって余計なことをしても何も得るものはない、というのがチャンドラーのメソッドである。 …(中略)… 僕はもともとぼおっとしているのが好きなので、小説を書くときはだいたいこのチャンドラー方式を取っている。 とにかく毎日机の前に座る。 書けても書けなくても、その前で二時間ぼおっとしている。 》 (村上春樹『チャンドラー方式』より) なるほど、これは使えるかもと思ったので、書き留めておいた。 (ただ、その後数年も経つが、まったく実践できていない。 できていないが、今なお自分にとっても重要だという気がしている。 ) きょう、『ウエブ進化論』の著者・梅田望夫のブログを見ていて、たまたま 「チャンドラーと村上春樹、書くこと」という文が載っていた。 村上春樹の文を引用したもので、次に引用させていただく。 その中でチャンドラーの手紙を引用し、書くことについてこう述べている。 「 うまく文章を書くことは、彼(=チャンドラー)にとっての重要なモラルだった。 彼はある手紙の中にこのように書き記している。 「私は思うのですが、生命を有している文章は、だいたいはみぞおちで書かれています。 文章を書くことは疲労をもたらし、体力を消耗させるかもしれないという意味あいにおいて激しい労働ですが、意識の尽力という意味あいでは、とても労働とは言えません。 作家を職業とするものにとって重要なのは、 少なくとも一日に四時間くらいは、書くことのほか何もしないという時間を設定することです。 べつに書かなくてもいいのです。 もし書く気が起きなかったら、むりに書こうとする必要はありません。 窓から外をぼんやり眺めても、逆立ちをしても、床をごろごろのたうちまわってもかまいません。 ただ何かを読むとか、手紙を書くとか、雑誌を開くとか、小切手にサインするといったような意図的なことをしてはなりません。 書くか、まったく何もしないかのどちらかです。 略 」 彼の言わんとすることは僕にもよく理解できる。 職業的作家は日々常に、書くという行為と正面から向き合っていなくてはならない。 たとえ実際には一字も書かなかったとしても、書くという行為にしっかりとみぞおちで結びついている必要があるのだ。 それは職業人としての徳義に深くかかわる問題なのだ。 おそらく。 》 (ちなみに『 ロング・グッドバイ』は、村上春樹が訳した本の題名。 著者はレイモンド・チャンドラー) コメント Nike Shoes NFL Jerseys Nike Outlet Store Yeezy Boost 350 Travis Scott jordan 1 Yeezy 350 Yeezy Shoes Yeezy Yeezy 350 Yeezy 350 Yeezy Yeezy Adidas Yeezy Yeezy 700 Yeezy Boost 350 V2 Nike Outlet Yeezy Shoes MLB Shop コメントする Adidas Yeezy MLB Jerseys Yeezy 380 Yeezy 380 Nike Outlet Human Races Human Race Shoes Uggs Official Site• 1 archives• 12 recent comment•

次の