ディアルガ個体値。 【ポケモンDPt】ディアルガ・パルキアの入手方法!おすすめの性格・厳選方法【ダイヤモンド・パール・プラチナ】

【ポケモンGO】ディアルガの個体値一覧

ディアルガ個体値

1 こわいかお ノーマル 変化 - 90 10 相手の『すばやさ』ランクを2段階下げる。 15 きりさく HS ノーマル 物理 70 100 20 急所に当たりやすい。 19 パワージェム HS いわ 特殊 70 100 20 通常攻撃。 24 メタルバースト HS はがね 物理 - 100 10 そのターンに最後に受けた『わざ』のダメージの1. 5倍をその相手に与える。 28 ドラゴンクロー HS ドラゴン 物理 80 100 15 通常攻撃。 37 はどうだん HS かくとう 特殊 90 - 20 自分の命中率、相手の回避率に関係なく必ず命中する。 46 ときのほうこう HS ドラゴン 特殊 150 90 5 使用した次のターンは行動できない。 02 ドラゴンクロー ドラゴン 物理 80 100 15 通常攻撃。 05 ほえる ノーマル 変化 - 100 20 必ず後攻になる。 野生のポケモンとの戦闘を終了する。 トレーナー戦の場合はポケモンを強制的に交換させる。 06 どくどく どく 変化 - 85 10 相手を『もうどく』状態にする。 08 ビルドアップ かくとう 変化 - - 20 自分の『こうげき』『ぼうぎょ』ランクを1段階ずつ上げる。 10 めざめるパワー ノーマル 特殊 - 100 15 自分の個体値によって『タイプ』と威力が変わる。 11 にほんばれ ほのお 変化 - - 5 5ターンの間、天気を『ひざしがつよい』にする。 15 はかいこうせん ノーマル 特殊 150 90 5 使用した次のターンは行動できない。 17 まもる ノーマル 変化 - - 10 必ず先制でき、そのターンの間、相手の『わざ』を受けない。 連続で使うと失敗しやすくなる。 18 あまごい みず 変化 - - 5 5ターンの間、天気を『あめ』にする。 20 しんぴのまもり ノーマル 変化 - - 25 5ターンの間、状態異常にならなくなる。 交換しても効果は続く。 21 やつあたり ノーマル 物理 - 100 20 ポケモンがなついていないほど威力が高くなる。 最高102。 相手がわざ『そらをとぶ』『とびはねる』を使っている時でも命中する。 26 じしん じめん 物理 100 100 10 相手がわざ『あなをほる』を使っている時でも命中し、ダメージが2倍になる。 27 おんがえし ノーマル 物理 - 100 20 ポケモンがなついているほど威力が高くなる。 最高102。 31 かわらわり かくとう 物理 75 100 15 相手のわざ『リフレクター』の効果を受けず、相手のわざ『リフレクター』『ひかりのかべ』を壊す。 32 かげぶんしん ノーマル 変化 - - 15 自分の回避率を1段階上げる。 34 でんげきは でんき 特殊 60 - 20 自分の命中率、相手の回避率に関係なく必ず命中する。 37 すなあらし いわ 変化 - - 10 5ターンの間、天気を『すなあらし』にする。 40 つばめがえし ひこう 物理 60 - 20 自分の命中率、相手の回避率に関係なく必ず命中する。 42 からげんき ノーマル 物理 70 100 20 自分が『どく』『まひ』『やけど』状態の時、威力が2倍になる。 地形が草むらと水たまりの時は『ねむり』状態、沼の時は『すばやさ』ランクを1段階下げ、水上の時は『こうげき』ランクを1段階下げ、砂地の時は命中率を1段階下げ、岩場と洞窟の時はひるませ、雪原と氷上の時は『こおり』状態、その他は『まひ』状態にする。 44 ねむる エスパー 変化 - - 10 『HP』と状態異常を全て回復した後、2ターンの間『ねむり』状態になる。 58 こらえる ノーマル 変化 - - 10 必ず先制できる。 そのターンに『ひんし』状態になる攻撃を受けても『HP』が1残る。 連続で使うと失敗しやすくなる。 59 りゅうのはどう ドラゴン 特殊 90 100 10 通常攻撃。 65 シャドークロー ゴースト 物理 70 100 15 急所に当たりやすい。 68 ギガインパクト ノーマル 物理 150 90 5 使用した次のターンは行動できない。 70 フラッシュ ノーマル 変化 - 100 20 相手の命中率を1段階下げる。 71 ストーンエッジ いわ 物理 100 80 5 急所に当たりやすい。 73 でんじは でんき 変化 - 100 20 相手を『まひ』状態にする。 76 ステルスロック いわ 変化 - - 20 使用後、相手はポケモンを交換する度に、出てきたポケモンはダメージを受ける。 『タイプ』相性の影響を受ける。 77 じこあんじ ノーマル 変化 - - 10 相手にかかっている補助効果を自分にもかける。 82 ねごと ノーマル 変化 - - 10 自分が『ねむり』状態の時のみ使用可能。 自分の持っている『わざ』のうち1つをランダムで使う。 『PP』が減少するのはこの『わざ』のみ。 83 しぜんのめぐみ ノーマル 物理 - 100 15 持っている『きのみ』によって『タイプ』と威力が変わる。 『きのみ』はなくなる。 87 いばる ノーマル 変化 - 90 15 相手を『こんらん』状態にするが、相手の『こうげき』ランクを2段階上げてしまう。 分身は状態異常にならない。 92 トリックルーム エスパー 変化 - - 5 5ターンの間、『すばやさ』が低いポケモンから攻撃できるようになる。 ただし、必ず先制できる『わざ』には効果がない。 もう1度使用すると元に戻る。 01 いあいぎり ノーマル 物理 50 95 30 通常攻撃。 04 かいりき ノーマル 物理 80 100 15 通常攻撃。 ただし、攻撃が外れたり連続で使用しないと元に戻る。 相手がわざ『そらをとぶ』『とびはねる』を使っている時でも命中し、ダメージが2倍になる。 H S じゅうりょく エスパー 変化 - - 5 5ターンの間、全てのポケモンの命中率が上がる。 とくせい『ふゆう』や、『ひこう』タイプのポケモンに『じめん』タイプの『わざ』が当たるようになる。 また、わざ『そらをとぶ』『はねる』『とびはねる』『でんじふゆう』が使えなくなり、使用している場合は解除される。

次の

【ポケモンORAS】ディアルガを厳選しつつゴージャスボールで捕まえる!

ディアルガ個体値

時を操るシンオウ地方の伝説ポケモン!ディアルガを厳選します ポケモンダイアモンドバージョンのパッケージを飾り、映画では2度も活躍した伝説のポケモン、ディアルガ。 はがね・ドラゴンという非常に優れたタイプを持ち、ディアルガだけ使って楽にストーリークリアできたことが思い出されます。 アルファサファイアバージョンにおいて一定条件を満たすとゲットすることが可能なディアルガ。 今回も、厳選しつつ ゴージャスボールで捕まえたいと思います。 ディアルガ捕獲環境の確認 本作でゲットできるディアルガのレベルは 50、他の伝説ポケモンに違わず、個体値は6ステータスのうち3つがV(個体値31)固定です。 捕獲時の技構成は下表の通り。 技名 タイプ 威力 PP はどうだん かくとう・特殊 80 20 アイアンテール はがね・物理 100 15 ときのほうこう ドラゴン・特殊 150 5 ラスターカノン はがね・特殊 80 10 4つの技すべてが攻撃技。 強力なタイプ一致技「ときのほうこう」にさえ気をつければ、あまりレベルの高くないポケモンでもダメージを気にせずボール投げに集中できそうです。 しかし、厄介なのがディアルガとの 遭遇条件です。 同じくORASでもゲットできるシンオウ地方の準伝説ポケモン「ユクシー」「エムリット」「アグノム」3匹を手持ちに入れていないとディアルガと遭遇することができないので、手持ちを5匹にして捕獲に臨む場合、この3体で枠を取られると、2匹しか捕獲要員を連れていくことができません。 いかに1匹の役割を無駄にしないかが鍵となります。 手持ちを6匹にして、すぐにムロタウンのポケモンセンターでパソコンからディアルガのスペックを確認するようにしても時間のロスは大差ないと思います。 目的とするディアルガのスペック 今回目的とするディアルガのスペックについては「性格:ひかえめ」、目的のV配置は「とくこう・すばやさ」が必須、かつ「HP・ぼうぎょ」のいずれかがVで、Vでない方の数値がある程度高いこと、という条件でいきたいと思います。 レベル50、性格:ひかえめの6V個体のステータス値は下表の通り。 HP こうげき ぼうぎょ とくこう とくぼう すばやさ 6Vひかえめディアルガ 175 126 140 187 120 110 捕獲後ステータスを確認し、目的のステータス値が合致していれば成功です。 いつも大変お世話になっております。 ディアルガ捕獲要員 今回ディアルガの捕獲に挑む仲間たちです。 先頭には、性格:ひかえめ、特性:シンクロのネイティオに「いたみわけ」を覚えさせて、HP1の状態で配置しています。 ネイティオの役目は2つです。 「特性:シンクロ」で性格をシンクロさせる• これを利用して相手の最大HPを測定します。 満足できるものならば、2番手のユクシーに引き継ぎます。 ユクシーのすばやさは「109」、技に「おきみやげ」を覚えさせています。 こうすることで、• 相手のすばやさが110かを測定• 「おきみやげ」で相手のこうげき・とくこう力を削ぐ 以上2つの役目を担ってもらいます。 私の場合、捕まえたユクシーが遅かったのですばやさチェックを兼任させましたが、エムリットを使うほうがベターかと思います。 相手が先攻だった場合、3番手のアグノムに引き継ぎます。 アグノムには「スキルスワップ」を覚えさせています。 これにより、相手の厄介な特性「プレッシャー」を無効化し、相手の特性を「ふゆう」にします。 次に、ドーブルの登場です。 今回のドーブル(ドビアスちゃん)の技構成は以下の通り。 この時点ではまだ相手のディアルガのHPは1になっていないので、「キノコのほうし」をかけた後、「みずびたし」で相手のタイプを「みず」にして、「みねうち」をします。 相手のHPが1になったらいよいよボール投げ開始です。 icon-arrow-circle-right 次ページ:捕獲プロセスと作業結果.

次の

【ポケモンDPt】ディアルガ・パルキアの入手方法!おすすめの性格・厳選方法【ダイヤモンド・パール・プラチナ】

ディアルガ個体値

時を操るシンオウ地方の伝説ポケモン!ディアルガを厳選します ポケモンダイアモンドバージョンのパッケージを飾り、映画では2度も活躍した伝説のポケモン、ディアルガ。 はがね・ドラゴンという非常に優れたタイプを持ち、ディアルガだけ使って楽にストーリークリアできたことが思い出されます。 アルファサファイアバージョンにおいて一定条件を満たすとゲットすることが可能なディアルガ。 今回も、厳選しつつ ゴージャスボールで捕まえたいと思います。 ディアルガ捕獲環境の確認 本作でゲットできるディアルガのレベルは 50、他の伝説ポケモンに違わず、個体値は6ステータスのうち3つがV(個体値31)固定です。 捕獲時の技構成は下表の通り。 技名 タイプ 威力 PP はどうだん かくとう・特殊 80 20 アイアンテール はがね・物理 100 15 ときのほうこう ドラゴン・特殊 150 5 ラスターカノン はがね・特殊 80 10 4つの技すべてが攻撃技。 強力なタイプ一致技「ときのほうこう」にさえ気をつければ、あまりレベルの高くないポケモンでもダメージを気にせずボール投げに集中できそうです。 しかし、厄介なのがディアルガとの 遭遇条件です。 同じくORASでもゲットできるシンオウ地方の準伝説ポケモン「ユクシー」「エムリット」「アグノム」3匹を手持ちに入れていないとディアルガと遭遇することができないので、手持ちを5匹にして捕獲に臨む場合、この3体で枠を取られると、2匹しか捕獲要員を連れていくことができません。 いかに1匹の役割を無駄にしないかが鍵となります。 手持ちを6匹にして、すぐにムロタウンのポケモンセンターでパソコンからディアルガのスペックを確認するようにしても時間のロスは大差ないと思います。 目的とするディアルガのスペック 今回目的とするディアルガのスペックについては「性格:ひかえめ」、目的のV配置は「とくこう・すばやさ」が必須、かつ「HP・ぼうぎょ」のいずれかがVで、Vでない方の数値がある程度高いこと、という条件でいきたいと思います。 レベル50、性格:ひかえめの6V個体のステータス値は下表の通り。 HP こうげき ぼうぎょ とくこう とくぼう すばやさ 6Vひかえめディアルガ 175 126 140 187 120 110 捕獲後ステータスを確認し、目的のステータス値が合致していれば成功です。 いつも大変お世話になっております。 ディアルガ捕獲要員 今回ディアルガの捕獲に挑む仲間たちです。 先頭には、性格:ひかえめ、特性:シンクロのネイティオに「いたみわけ」を覚えさせて、HP1の状態で配置しています。 ネイティオの役目は2つです。 「特性:シンクロ」で性格をシンクロさせる• これを利用して相手の最大HPを測定します。 満足できるものならば、2番手のユクシーに引き継ぎます。 ユクシーのすばやさは「109」、技に「おきみやげ」を覚えさせています。 こうすることで、• 相手のすばやさが110かを測定• 「おきみやげ」で相手のこうげき・とくこう力を削ぐ 以上2つの役目を担ってもらいます。 私の場合、捕まえたユクシーが遅かったのですばやさチェックを兼任させましたが、エムリットを使うほうがベターかと思います。 相手が先攻だった場合、3番手のアグノムに引き継ぎます。 アグノムには「スキルスワップ」を覚えさせています。 これにより、相手の厄介な特性「プレッシャー」を無効化し、相手の特性を「ふゆう」にします。 次に、ドーブルの登場です。 今回のドーブル(ドビアスちゃん)の技構成は以下の通り。 この時点ではまだ相手のディアルガのHPは1になっていないので、「キノコのほうし」をかけた後、「みずびたし」で相手のタイプを「みず」にして、「みねうち」をします。 相手のHPが1になったらいよいよボール投げ開始です。 icon-arrow-circle-right 次ページ:捕獲プロセスと作業結果.

次の