香典 郵送 手紙 封筒。 香典と手紙は同封しても良いの?簡単な文例と一筆箋がおすすめな理由とは?

香典の郵送方法と同封する手紙の書き方とは?宛名はどうする?

香典 郵送 手紙 封筒

このページの目次• 香典を郵送するにはどうすればいい? 香典は現金です。 なので、香典を郵送する場合には 現金書留を利用しなければなりません。 その際、現金書留の専用封筒に香典袋と手紙を添えて郵送します。 香典袋も、あまりにも大きくて立派なものですと現金書留専用封筒に入らなくなりますので気を付けましょう。 普通の香典袋であれば十分入りますのでご心配なく。 香典の金額によりましては、書留料金も異なってきますのでその点も確認してください。 現金書留封筒には大小二種類ある!! 現金書留封筒には大小二種類あります。 香典袋と比較してみましょう。 現金書留の 送り方や 料金など詳しく知りたい方は次のサイトをご覧になってください 参考サイト: 参考サイト: 香典に添える手紙の便せんや封筒はどんなものがいい? 香典に添える手紙の便せんや封筒ですが、 お悔み事ですので、シンプルで落ち着いたデザインの便せんや封筒を選ぶといいでしょう。 おすすめは、白無地のものであれば問題ありません。 封筒の注意点として「重なること」を避ける意味で、二重ではなく 一重のものを使用しましょう。 色のついたものを使用したい場合にはグレーやすみれ色、深緑色などを使用し、明るい色は避けるのがいいです。 文房具店には、不祝儀用の送り状や手紙セットが種類豊富にあります。 なので、お好みのものを選ぶこともできます。 白無地の封筒と現金書留封筒を比較してみました。 B5判の便箋を三つ折、または四つ折にして入れるのに適した大きさです。 注:画像は二重封筒になっていますが、 「重なること」を避ける意味で、二重ではなく一重のものを使用してください。 長形4号の封筒で一重のもの 小さい現金書留封筒ですと長形4号の封筒は収まりません。 スポンサーリンク 手紙は筆書きや手書きをしなければいけない? 手紙は筆書きをした方がいいのか? と言う疑問ですが、 普段から、筆を使うことのほとんどない人であれば、筆を使わなくても万年筆や黒のボールペンで書いても問題ありません。 注意点として、カラーペンや色鉛筆などは使用しないようにしましょう。 また、字を書くのが苦手という方もいらっしゃると思います。 下手でも手書きで書いたほうが、ご遺族への気持ちも伝わりますので、手で書くようにしましょう。 香典に添える手紙ですので、 縦書きの便せんに手書きで思いを書き、一枚の便せんで収まるようにまとめてください。 香典に添える手紙の文例と「忌み言葉」とは? 香典に添える手紙の文例を2例ほどご紹介します。 手紙を書く際には、 葬儀に出席できないことへのお詫びやご遺族への励ましの言葉を書きます。 そして、手紙自体はできるだけ簡潔にまとめると良いでしょう。 < 文例2 > この度はお母さまのご逝去のお知らせを受け、心よりお悔み申し上げます。 昨年末に倒れられてから、献身的に介護されてきたご家族のご苦労と、今回のご不幸を思いますと、なんと申し上げてよろしいのか言葉もございません。 本来であればすぐにでも駆けつけるべきところ、遠方ゆえに(あるいは事情に合わせて理由を書きます)伺えない失礼を心よりお詫び申し上げます。 心ばかりの気持ちを同封させていただきましたのでお収めくださいますように。 謹んでお悔やみ申し上げます。 大切なこととして、 お悔やみの手紙では 「忌み言葉」を使わない様に気をつけて下さい。 つまり、繰り返しの言葉や次があることを連想させる言葉になります。 具体的には次のような言葉があります。 「忌み言葉」とは? 冠婚葬祭の場などで忌避される言葉を指し、主に「重ね言葉」が該当します。 以下のサイトで詳しく説明していますのでご覧になってください。 参考サイト: スポンサーリンク まとめとして 香典を郵送で送る場合の送り方や香典に添える手紙の例文についてお話ししました。 香典は現金なので、 現金書留封筒に香典袋と共にお手紙を添えて出すということでした。 手紙に用いる便せんや封筒は、なるべくシンプルで落ち着いた色のものを用いるといいということです。 また、筆書きでもいいですが、万年筆や黒のボールペンなどで縦書きで手書きするのがいいということです。 手紙の内容としましては、• 葬儀に出席できないことへのお詫び• ご遺族への励ましの言葉 を忘れず書き添えましょう。 また「忌み言葉」は使用してはいけません。 どうぞお役立てくださいますように。

次の

香典の郵送方法は?手紙に使う例文は?注意すべきことやお返し不要の場合は?

香典 郵送 手紙 封筒

Sponsored Link 急なお悔やみごとで、 通夜やお葬式に行けない時、どうしたらいいのでしょう。 遠方の親戚や友人の家族など、 香典を送りたいけれど。 香典や手紙を送るのに、決まりごとはあるのでしょうか。 手紙の文章は、どのようにして書けば 良いのでしょうか。 そこで、今回は 香典を郵送するときの手紙の書き方や、マナーについて下記の順番で調べてみました。 手紙の文例も参考にしてくださいね。 ・香典の郵送方法は? ・香典を郵送する手紙や封筒のデザインは? ・香典を郵送するときの手紙の書き方例文。 ・香典の手紙を書くとき注意することって? ・香典を郵送するタイミングは? Sponsored Link 香典の郵送方法は? お悔やみ事の場合、 シンプルで落ち着いたデザインの便せんや封筒を使いましょう。 基本的には便せんは、白無地のものでが良いのでしょう。 色のついた封筒を使うなら、 明るい色は避け、グレー・すみれ色・深緑色などにしてくださいね。 文房具の専門店に行くと、不祝儀用の送り状や、手紙セットの種類が豊富にあるので、香典袋を用意するときに一緒に購入しておくのもいいですね。 ペンで書いてもいい? 普段慣れていないと、墨で書くのは難しいですよね。 筆でなくても、 万年筆や黒のボールペンでも大丈夫です。 親しい間柄でも、カラーペンや色鉛筆を使うのはやめておきましょう。 手書きがいいの? 字を書くのが苦手な人もいるかと思います。 下手だと思っていても、やっぱり 手書きの方が相手の家族への伝わり方が違いますよね。 縦書きの便せんに、お悔やみの言葉を手書きで書きましょう。 不幸が重ならないよう、 手紙は一枚で収まるようにしてくださいね。 ハガキは? 基本的に、ハガキは 親しい間柄で他の人に見られてもいい内容の時に使います。 会社や目上の人に送るときは、きちんと封筒に入れてくださいね。 正式な手紙や、相手が非公開にしたい内容などは、封をするのがマナーです。 気をつけましょう。 Sponsored Link 香典を郵送するときの手紙の書き方例文。 郵送する手紙を書くときに共通するのは、 葬儀に出席できないことへのお詫びと、 遺族への励ましの言葉です。 長々と思い出を書くと、遺族の悲しみがよみがえるかもしれません。 お悔やみの言葉は、 簡潔にまとめるのがいいのでしょう。 ご遺族の皆さまをはじめ、社員の皆さまのご心痛お察しいたします。 本来であれば、すぐに弔問にお伺いするべきですが、遠路ままならず、略式ながら書中にてのお悔やみを申し上げるしだいでございます。 心ばかりのお香典ですが、同封しております。 御霊前にお供えしていただければ幸いです。 ご冥福を心よりお祈り申し上げます。 香典の手紙を書くとき注意することって? 手紙の文中に、 忌み言葉を使わないように気をつけましょう。 例えば、 「死んで」 「滅ぶ」「生存」「生きていた」などの、 直接、死を連想してしまうような言葉です。 「お元気な頃」「ご生前は」など、言葉を間接的な柔らかい言い回しにしましょうね。 ほかには、 「またまた・次々・重ね重ね・追って」なども使わないよう注意してください。 不幸が重ならないよう、文中でも配慮しましょう。 お返し不要を伝えたい場合は? お香典のお返し不要を相手に気を使わせずに、伝えるにはどう書けばいいのでしょうか。 書く場所は手紙に直接ではなく、 香典の裏側や 封筒の住所の横に記載します。 文例 「誠に勝手ながら、お返しなどの配慮は遠慮させていただきたくお願い申し上げます」 「誠に勝手ながら、返礼は辞退申し上げます」 と、書いてくださいね。 会社によってはお返しは受け取らない決まりの所もありますが、辞退の旨を伝えるための文は書いておきましょう。 香典を郵送するタイミングは? 訃報のお知らせを受けたら、なるべく早めに送りましょう。 初七日までに着くようにしてくださいね。 連絡を受けるのが遅くなり過ぎてしまったときは、速達を使うといいと思います。 文面にも決まった書き方がありましたね。 故人との思い出が深いと、ついつい手紙にも感情がこもって長くなってしまいそうですが、シンプルにお悔やみの言葉を伝えてくださいね。 四十九日が終わり、片付けなど家族が落ち着いた頃に、電話や訪問をすると良いと思います。 訃報を受けたら、 できるだけ早めに香典と手紙の用意をするよう心がけましょうね。 よくあることではありませんが、正しいマナーを覚えておいて、突然のお悔やみ事にも大人の対応をするようにしましょう。

次の

香典を郵送する時のマナーや、一緒に添える手紙の例文

香典 郵送 手紙 封筒

最近は、葬儀に対する考え方も多様化しているため、身内だけで執り行うケースもあります。 家族葬などで葬儀を済ませた後に、他から亡くなったことを知らされたりすることもあるでしょう。 また、連絡はあったとしても、遠方に住んでいるため、お通夜や告別式にも参加できそうにないということもありますよね。 本来ならお通夜か告別式に参列した時、香典を渡すのが一般的ですが、諸事情により、すぐに伺うことができない時などは、郵送することになっても、問題はありません。 ただ、その時には、遺族の方たちに失礼のないよう、マナーは忘れないようにしましょう。 香典袋の表書きは、故人の宗教に合わせた言葉で。 宗教 書き方 仏教・仏式 御霊前・御香典・御香料 キリスト教 御霊前・御花料・献花料 神式 御霊前・御玉串料・御神前 無宗教 御霊前 香典と一緒にお悔やみの手紙を入れる。 郵送の場合、現金書留で送りますが、同封する時に、やはり一言お手紙を添えるとよいでしょう。 基本的には白無地のシンプルな便箋を用いるのが一般的です。 ただ、明るく華やかな色を避ければ、グレーや薄紫などの用紙でも、使用することはできます。 香典郵送の場合の手紙の書き方は? 香典を郵送する際、一言添えるお手紙の書き方として、どんな内容がふさわしいでしょうか。 まず、先ほどもお伝えしたように、便箋はシンプルなものを用意しましょう。 香典袋には筆ペンなどで表書きをしますが、お手紙の方は、普段書き慣れていないのであれば、筆ペンで書く必要はありません。 黒インクのボールペンや万年筆など、書き慣れたものを使う方が良いでしょう。 相手方が親しい関係であっても、カラフルなカラーペンや色鉛筆などは使用してはいけません。 また、きちんと書いた方が良いなら、ワープロで打ち出した方がきれいに見えると思われがちですが、書類などではないので、お悔やみの言葉は、縦書きの便箋を使用して、字に自信がなくても、手書きにすることをお勧めします。 基本的に書くことは、葬儀に参列できないお詫びの言葉と、遺族への励ましの言葉になります。 故人との思い出話などを、たくさん書く必要はありません。 お悔やみのお手紙は、1枚だけにしましょう。 一般的な手紙のように、無地の便箋を1枚入れることも、お悔やみの場合はマナー違反になってしまいます。 また、手紙文のなかで、「忌み言葉」と言われるものは避けてください。 では、葬儀に参列できない時、香典はすぐに送った方が良いのでしょうか? ご遺族側からすれば、お通夜と葬儀の2日間は、悲しんでいる暇もないほど、忙しく、慌ただしいものです。 参列できないからと言って、その日に届くようにする必要は、全くありません。 できるだけ、ご遺族側の負担が少ない時期を考えると、やはり、葬儀後1週間あたりか、遅くとも1か月以内が無難です。 送り先は喪主のご自宅で、もし、故人の生前にご家族との交流がなければ、お悔やみ文のほうで、故人との関係を簡単に記しておくとよいでしょう。 おわりに 私も実家を離れて暮らしているので、お悔やみ事があると、すぐに駆け付けられないこともありました。 香典を郵送して大丈夫なのか? なんて心配したりしましたが、なかなか出向けないときは、迅速に対応する方がいいですよね。 逆に実家で不幸があったとき、遠方の友人から、お香典とともに、手紙をいただいたときは、その心遣いが本当にありがたく感じたものです。 遺族側は、悲しみを堪えながらも、忙しい時期ですから、シンプルに書いてくれることで、その思いは十分伝わると思いました。

次の