おしり の 骨 が 痛い。 腰痛からのおしりが痛い!坐骨神経痛?特徴と軽くする方法!

【お尻の痛み.com】〜おしりが痛い原因について〜

おしり の 骨 が 痛い

坐骨神経痛でおしりが痛い…ストレッチをしても病院で薬や注射を打ってもなかなか治らない… このように、普段から坐骨神経痛やお尻の痛みで困っていませんか? 坐骨神経痛になると立って作業をしていても、椅子に座っていても痛くなるので辛いですよね。 ひどい場合は寝てる時に目が覚めたり、寝返りの際に痛みがでてくる場合があります。 特にお尻にかけての痛みを訴える方が多く、常におしりが気になったり、無意識に叩いて痛みをごまかしたりする方もいると思います。 そんな坐骨神経痛とおしりの痛みですが、自分で治そうとしてストレッチをする方が多いのですが、 実はおしりの痛みはストレッチだけでは治せない場合が多いんです。 今回は坐骨神経痛とおしりの痛みの原因とストレッチだけでは治せない理由についてお伝えしていきます。 このページを最後までお読みになることで ・坐骨神経痛とおしりの痛みの原因がわかり ・なぜストレッチをしていても治らないのか が理解できますので是非最後までお読みになってくださいね。 坐骨神経痛でおしりが痛い3つの原因 あなたが現在悩んでいるお尻の痛みや坐骨神経痛が出る原因として、ある特定の部分に原因があることが多いです。 それぞれ 筋肉・骨格・骨や軟骨そのものに原因があるものなど様々ですが、一つずつ紹介していきます。 また、それら原因の部位に負担がかかってしまい痛みが出る状態になる そもそもの原因についても後述していきます。 1、筋肉の原因 坐骨神経痛でおしりが痛い時に考えられる筋肉の原因からお伝えします。 殿筋群 でんきんぐん まず、坐骨神経痛やお尻の痛みがでる場合に最も考えられる原因が殿筋群になります。 殿筋群とはおしりの筋肉をまとめた言い方になりますが、上の画像のように 大殿筋・中殿筋・小殿筋・梨状筋が代表的な筋肉になりますが、他にも細かい筋肉は多数存在しますが、ここではメインの筋肉に絞って説明していきます。 殿筋群の中でも特に梨状筋 りじょうきん の筋肉は坐骨神経の真上を通る筋肉であり、座っていると直接圧迫を受ける部分になりますので、梨状筋が硬くなることで坐骨神経を圧迫してしまい坐骨神経痛でおしりに痛みが走る原因になりやすいです。 この梨状筋が緊張 硬くなること して坐骨神経を圧迫する疾患名を 「梨状筋症候群」と呼ばれるのですが、お尻の痛みを訴える方の中で比較的多くの方に見られます。 「梨状筋症候群」になりやすい方の特徴として ・長時間座っている作業が多い人 ・立ったりしゃがんだりする機会が多い人 にみられやすいです。 梨状筋の作用としてそのような動作時に筋肉が使用されますので負担がかかりやすいんです。 脊柱起立筋 もう一つの原因として考えられる筋肉として脊柱起立筋 せきちゅうきりつきん があげられます。 上の画像に書いてあるように、 棘筋・最長筋・腸肋筋の三つが存在し、お尻の割れ目の少し下の方から背中~首にかけての広い範囲に付着する筋肉になります。 腰の筋肉と聞くと、腰だけに存在すると思う方もいるかもしれませんが、実際は画像のように長い筋肉が広範囲で付いているんです。 では、なぜ脊柱起立筋が坐骨神経痛とお尻の痛みに関係するかと言うと、まずは下の画像を見てください。 そのため、 脊柱起立筋が緊張することで坐骨神経の元である腰椎や仙骨の部分で神経が圧迫して痛みやしびれなどの症状がでてしまいます。 神経は繋がっているため、 脊柱起立筋が存在する腰の部分に原因があってもお尻や足にかけて症状がでることが多々ありますので坐骨神経痛でおしりに痛みが出るんです。 脊柱起立筋に負担がかかりやすい方の特徴として ・慢性的に姿勢が悪い方 ・長時間立っていることが多い方 などにみられやすいです。 2、骨格の原因 坐骨神経痛でおしりが痛い時に考えられる骨格の原因をお伝えします。 特に坐骨神経痛の際に大きく影響する大腿骨 股関節 と骨盤についてお伝えしていきますので上の画像を見ながら理解してください。 大腿骨 股関節 大腿骨は股関節と繋がっていて歩行をする際や立ったり座ったりする際に使用する部分です。 この大腿骨と股関節は左右の重心バランスの崩れが原因となり、負担のかかり方に左右差が生まれます。 この左右差が生じることで、股関節に負担がかかってしまい、軽度ですが股関節に捻じれが生じます。 もちろん捻じれると言っても大腿骨そのものが捻じれるのではなく、股関節の繋がっている部分で股関節を軸にして前方や後方に捻じれます。 骨格が捻じれることで筋肉もその捻じれに伴い引っ張られてしまい、筋肉にも張りが生まれてしまい、その筋肉の張りが結果として坐骨神経を圧迫してお尻に痛みを出してしまうんです。 骨盤 骨盤は大腿骨・股関節と同様で、重心バランスの崩れから歪みが発生してしまいます。 骨盤にはそれぞれ腰部、臀部、大腿部に繋がる筋肉が付着しているため、骨盤に歪みが生じることで筋肉が緊張して坐骨神経を圧迫してお尻の痛みをだしてしまいます。 骨格の歪みはほぼ必ずと言っていいほど筋肉と連動して症状を出してしまうで、 ほとんどの場合は筋肉と骨格はセットで悪くなると理解しておきましょう。 3、骨や軟骨の原因 筋肉、骨格とは違い、手では届かない身体の深部である軟骨や神経に原因がある場合のものです。 腰椎椎間板ヘルニア 腰椎椎間板ヘルニアは、腰椎の間にある椎間板がなんらかの影響により圧迫され、椎間板の中にある髄核 ずいかく が突出して神経の根っこを圧迫して痛みやしびれを出してしまう疾患です。 腰部で起こるヘルニアの多くは、坐骨神経となって足先まで伸びる神経の根っこで圧迫を受けるためにお尻や太ももに痛みを出してしまいます。 坐骨神経痛でお尻が痛い方の中でも比較的多くみられることがあります。 これもまた、腰椎がすべることによって神経の根っこや脊柱管の中の中枢神経が圧迫を受けてしまいお尻や太ももに痛みなどの坐骨神経痛を発症してしまいます。 すべり症の診断は病院でレントゲン撮影を行なってもらう必要があります。 坐骨神経痛のようなお尻の痛みや足にかけての痛みやしびれが現れ、ひどい場合は夜も痛くて眠れなかったり、数メートル歩くだけで痛みでしゃがみこんでしまう間欠性跛行という脊柱管狭窄症特有の症状がみられることも場合もあります。 脊柱管狭窄症は病院でMRI撮影にて診断を受けることになります。 そもそもの発生原因 ここまで、坐骨神経痛でおしりが痛くなる筋肉や骨格の原因についてお伝えしましたが、ではそもそも、なぜ筋肉が硬くなったり骨格に歪みがでてしまうのか? もちろん、これにも原因があります。 それは 身体の使い方です。 ここではどういった姿勢や動作が身体に負担をかけて坐骨神経痛でお尻に痛みを発生させてしまうのかお伝えしていきます。 椅子の座り方 前後のバランス 下の画像は椅子に座っている時の姿勢を表しています。 左側の座り方は悪い姿勢であり、右側の座り方は良い姿勢で座っている状態を表していますが、あなたは大きく違う点がわかりますか? それは右側の良い姿勢の座り方の場合、 骨盤が立った状態になっているため、背筋が伸びた状態で座っていられます。 逆に左側の悪い姿勢で座っている状態では、 骨盤が後ろに倒れてしまい、骨盤と連動するように背骨も曲がってしまっています。 こうなることで背中から腰の筋肉や、お尻の筋肉に余計な硬さがでてきてしまい坐骨神経痛でお尻の痛みがでる原因になってしまいます。 人間本来の骨格の状態からずれてしまうことで筋肉に負担がかかってしまうから発症してしまいます。 あなたも思い当たることがあるなら座っている時の姿勢に気をつけましょう。 右側の姿勢のよい座り方をする時に気をつけることは ・椅子に深く腰をかけて骨盤を立たせる ・背筋を伸ばした状態で、かつリラックスする 上記の二点に気をつけましょう。 姿勢が良くても体に力が入っていると疲れるだけで、余計に身体に痛みが生じることもあるのでリラックスしましょうね! 日常生活での左右のバランス 椅子や床に座っている時や寝ている時など、身体の中の骨格は様々な状態になっています。 その中でも上の画像のように足を組んでいる時や床でお姉さん座りをしている時、寝転がってテレビを見ている時などは姿勢が悪くなって左右バランスが崩れて骨格が歪んでしまう場合が多いんです。 少しの時間なら問題は大きくなりませんが、 悪い姿勢を一日に何度も行なったり、悪い姿勢が癖になって長期間行なっていた場合に骨格の歪みは定着してしまいます。 このような左右バランスの崩れた歪みが定着すると、筋肉も硬くなるので坐骨神経痛を圧迫してしまいお尻に痛みを出してしまいます。 左右バランスが崩れないように意識する大切なことは ・足を組んだりお姉さん座りをしない ・変に負担のかかる体勢を長時間しない などの当たり前なことですが、普段から気を付けて生活しましょう。 荷物の持ち上げ方 仕事や家のことで重たい荷物を持ち上げることもあると思います。 逆に左側の持ち上げ方だと、腰は曲げ過ぎず、お尻を落としている状態で持ち上げているため腰は痛めにくいんです。 このように床から荷物を持ち上げる際には ・腰を曲げ過ぎないようにお尻を落として持ち上げる ・お腹に力を入れた状態で持ち上げると、コルセットをしている状態と似た効果が得られる 上記の二点を意識して持ち上げるようにしましょう。 ストレッチだけでは治らない理由と対策 ここまで坐骨神経痛でお尻が痛くなる原因などをお伝えしてきましたが、痛みが出た場合や違和感を感じる場合にはストレッチで対策をする方もいるかもしれません。 しかし、いくらストレッチで治そうとしても、結局治らずに時間が経過してから当院に来院される方が多くいらっしゃいます。 なぜストレッチだけでは治らなくなっているのかというと、 ・時間が経過し過ぎている 回復力の低下 ・深部の筋肉まで硬くなっているためストレッチでは追いつかない 表面しか届きにくい の二つの理由があげられます。 坐骨神経痛でおしりに痛みを感じてから時間が経過し過ぎると、それだけ筋肉に硬さがでている証拠になります。 そうなった場合、すでに深部の筋肉まで硬くなっている状態のため、ストレッチをしても 体の表面が優先的に伸ばされてしまうため、深部の筋肉までストレッチしにくくなっています。 また、時間が経過しているということは 身体の血液循環そのものが低下しているため、代謝が落ちて回復力の低下に繋がってしまいます。 こういった理由からストレッチだけでは治りにくい状況に陥っていると考えられます。 ストレッチだけでは治らない場合に 率直に言うと、頑張ってストレッチをしてもなかなか治らない場合には、医療機関や整体院などを併用して施術を受けながら同時に自宅でストレッチをすることをおすすめします。 理由は先ほど述べたようにストレッチだけでは追いつかないからですが、正しい治療をしてくれる整体院や接骨院などでは深部の筋肉に対する治療も的確に行なってくれるため坐骨神経痛やお尻の痛みにも十分な効果が期待できます。 また、整体院や接骨院を併用することで、身体の使い方や正しい姿勢についても教えてくれる先生もいますので再発防止に繋がること大きなメリットになります。 もっと詳しく坐骨神経痛について知りたい方は に記載してありますのでお読みください。 最後に 坐骨神経痛でおしりに痛みを感じる原因とストレッチだけでは治らない理由についてお伝えしましたが、人それぞれ原因や状態は違いますし、ストレッチのやり方によっても結果は違ってきます。 いろいろと試してみてもなかなか治らない場合には、その道のプロに頼るのも一つの選択肢として視野にいれましょう。 一人で悩むのではなく相談することであなたの坐骨神経痛は治っていきますよ!.

次の

妊娠中期~後期のおしりの痛み

おしり の 骨 が 痛い

TBSあさチャン! ・TV朝日Jチャン他 長時間座るとおしりの骨が当たって痛い、坐骨神経痛・腰痛・生理痛の応急処置は タオル整体ストレッチが効く! その驚異的な効果に、考案者の加藤光博氏のもとには「20年来の首の激痛が2日で消えた!」 「大病が治った!! 」など感涙の声が1万件以上届いています。 首こりはパソコン時代の現代病でもあります。 腰痛や膝痛と思ったら首のずれ・歪みが原因なんてこともよくある話。 腰痛・坐骨神経痛を治すタオル整体 健康雑誌に掲載された腰痛改善例 タオル整体の腰回し整体と交互金魚整体をやったら、癖になっていたおしりの痛みが治った! 腰の痛みで前かがみになっていた姿勢が、腰回しタオル整体をやったら腰痛が解消し曲がった腰がまっすぐに! うつ伏せでやる交互金魚整体を約二週間続けたら、椎間板ヘルニアの骨盤の痛みと脚のしびれが消滅! 病院に見放された坐骨神経痛の、お尻の痛みと右側脚の付け根の外側の痛みがタオル整体で楽になった! タオルを首の後ろの骨にたすき掛けに当てて、うつ伏せでやる交互金魚整体で脊柱管狭窄症が改善! 階段の上り下りが楽になった!変形性股関節症が治った! 身体の柔軟度チェック タオル整体をやれば体の柔軟性が増します。 やる前と後で、上の図のように柔軟性をチェックしてみよう。 坐骨神経痛に一瞬で効く! 慢性腰痛対策、タオル整体! 「タオル整体」は、治療費ゼロ、通院不要で、手術が必要と診断された深刻な腰痛から、 原因不明のしぶとい腰痛までどんな腰痛も根こそぎ治る! と大評判の自分で出来る腰痛療法。 タオルが2枚あればできる手軽さと誰もが驚く効果は口コミで広がり、健康雑誌やテレビでも取り上げられ、 実践者は数万人を超える。 実践者が増え続ける理由はいたって明快。 「ずっと痛かった腰に一瞬で聞く!」のだ。 腰を揉んでくれる人がいなくてもコルセットやマッサージチェアに頼らなくても大丈夫。 無論、病院やマッサージ、指圧に通う必要もない。 これまでに数万人のぎっくり腰、慢性腰痛を吹き飛ばしてきた「タオル整体」の効果を早速お試しいただきたい。 あなたの坐骨神経痛の原因は? 背骨の並び方を崩す姿勢が腰痛を招く 腰が痛む1番の原因は悪い姿勢です。 そして姿勢を支えているのは背骨です。 背骨は積み木のような小さな骨(椎骨)が縦1列に積み重なった形状をしていて、7つの頸椎と十二個の胸椎、5つの腰椎からできています。 これらの脊椎の集まりである背骨が、5キロから6キロもある重たい頭を支えています。 また、私たちが首を回す、後ろを向く、前後に倒すといった動きを行えるのも一つ一つの椎骨がそれぞれバラバラに動くからです。 背骨のS字カーブと言う言葉を聞いたことがあると思いますが、本来、背骨は緩やかなS字形に並んでいて、 頭の重みが背骨の最下部にある腰椎に直接、届かないようにできているのです。 ところが、猫背やそり腰、傾きといった悪い姿勢が続くと、背骨の並び方が崩れてしまい、腰に相当の負担がかかってしまいます。 長時間、中腰を続けているのも良くありません。 中腰は極端な猫背のようなものです。 いかに腰に悪いかお分かりになるでしょう。 仕事で重い荷物を持つことが多い方や、小さなお子さんがいらっしゃる方などは、体の前側に重たいものを持って二本足で直立しようとして、気づかないうちに腰を反らせています。 決まった側に重たいショルダーバックをかけている、常に中心を片足に置いているといった傾いた姿勢も知らず知らずのうちに腰に負担をかけていますよ。 痛い腰を動かすことなく治す!驚異 のタオル整体 腰痛がある人は、首の骨がずれている おしりが痛い、坐骨神経痛、慢性腰痛の原因は背骨の並び方が崩れていることです。 背骨は小さな脊椎がタワー状に縦に並んでいますから、 そのうちの1つがずれたり、上からかかる重みによってつぶれれたりすると、理想的な緩やかなS字カーブが崩れてしまいます。 こう言うと、腰が痛い方は腰の骨に原因があると思ってしまうかもしれません。 もちろん、腰の骨がつぶれたり、腰椎の間にある軟骨が飛び出したりすれば、それが神経を圧迫して痛みをひき起こしますが、根本の原因は首にあるのです。 背骨が頸椎、胸椎、腰椎の3種類から構成されている事は既にお話しした通りですが、3つの椎骨は動き方が少しずつ違います。 首の骨は繊細にできていてよく動く 頸椎は首を前後左右に動かせるだけでなく、なめらかに回旋することができます。 胸椎は左右に動かす事はできますが、回旋はできません。 腰椎は体の中心にある要であるため、容易には動かないような構造になっています。 そのため、背骨に負担がかかったときに真っ先にダメージを受けるのは頸椎なのです。 頸椎はよく動くのために小ぶりで、作りも非常に繊細です。 頸椎は7つありますが、中でも最下部にある7番目の骨付近に最も負担が集中します。 私は整体師として毎日、坐骨神経痛や首の痛み、肩こりなどを訴える患者さんの体を見させていただいていますが、 どんな痛みを抱えている方でも、首の7番目の骨が後ろへとずれています。 タワー上に積み重なった背骨の、上から7番目の首の骨付近がずれているから、 そのズレをカバーしようとして他の部分の骨が少しずつズレを起こしそのズレが神経を圧迫して各所が痛むのです。 首の付け根の骨を正しい位置に戻すだけで背骨の形がきれいに整う! 背骨の最下部にある腰には負担がかかる では腰痛を訴える方がなぜ多いかというと、腰は背骨の最下部に位置しているために、上からの重みがずっしりのしかかって負担が集中するからです。 椎骨と椎骨の間には椎間板と言う軟骨がありますが、それが押しつぶされます。 また、上からの重みで横に飛び出すこともあります。 それが椎間板ヘルニアです。 ですから、腰の痛みを治すには首の骨のズレを正して、背骨全体の並びを整えれば良いわけです。 腰が痛むからといっていくら腰を揉んでも良くなりません。 腰に負担をかける大元の原因である首のズレを正すことが最も重要なのです。 首を治せば背骨が治り、腰の痛みが吹き飛ぶ! この本で紹介するタオル整体は「首こそ急所!首こそ名医!坐骨神経痛の隠れ原因は頸椎にあり!」 を信条にしている私が、痛む腰には一切触れずに、タオルを使って首の骨を正常な状態に近づける背骨の根本治療法です。 頸椎の7番目付近を集中的に整えることで、頭や上半身の重みを分散させることができる背骨の理想的なカーブをつくります。 腰の痛みがひどい方でも行える方法を紹介していますから、ぜひお試しください。 タオルの広い面で圧迫するので、骨を損傷することもありませんし、ご自分の力加減で行うことができるのでとても安全です。 骨を正しい位置まで正確に戻す事はできませんが、神経を圧迫している部分がなくなりさえすれば、繰り返し起こる、しぶとい腰の痛みから解放されますよ。 首にアプローチして背骨を正すから腰痛が根こそぎ取れる! タオル整体は筋肉のこわばりもほぐす ここではタオル整体で腰痛が治るメカニズムについて詳しくお話しします。 のですが、タオル整体をすると治るのは背骨の並びばかりではありません。 腰痛を引き起こすもともとの原因は骨にありますが、長年、背骨が歪んだ状態が続くと、筋肉がこわばって硬くなり、血行不良を起こすことも痛みの原因となります。 また、腰の痛みはおもに腰椎と腰椎の間にある椎間板と言う軟骨が摩耗して薄くなったり、 後へ飛び出して背骨の中を通っている神経の束を圧迫することで起きると言われています。 つまり、こわばって硬くなった筋肉を柔らかくすることと、異常が起きた椎間板をできるだけ元の状態に近づけることを同時に行うことも、腰の痛みをなくすることにつながるのです。 神経の圧迫を取り除いて痛みをなくす まずは骨と痛みを感じさせる神経から解説しましょう。 タオル整体では首の付け根の骨をタオルでぎゅっと締め付けてずれた骨を元の位置に近づけます。 万力で締め上げるような大きな力をかけるわけではないので、骨が大きく動く事はありませんが、神経を圧迫しない程度まで戻せれば痛みを感じなくなります。 首の骨が元に戻れば、背骨が徐々に理想的な形に戻り、腰の痛みがなくなります。 また、太ももから下の部分がしびれる、痛む、だるいといった症状が起きる坐骨神経痛も改善されます。 骨と筋肉、血行を理想的な状態に整える さて、骨の周りには筋肉があります。 骨がズレると筋肉はどうなるでしょう。 背骨が理想的な並び方をしていれば、体の動きはなめらかで筋肉は柔らかく、血流の流れを邪魔しません。 ところが、骨がズレると体の動きが悪くなり、筋肉が硬くこわばります。 するとこわばった筋肉によって血管が押しつぶされて血行が悪くなります。 血液は酸素と栄養を運んでいますから、血行が悪くなれば筋肉に栄養を届け得られなくなってますます凝りがひどくなり、末梢神経が圧迫されて痛みが生じます。 椎骨の間でクッションの役割をしている軟骨も血液から酸素と栄養を受け取っていますから、この軟骨の柔軟性も失われます。 タオル整体では首にタオルを強く押し当てて首や体を動かします。 それには、できるだけ強い力でずれた骨を押し戻すと同時に、こわばった筋肉を緩ませて神経の圧迫を取り、血行を良くする効果があるのです。 骨と神経、筋肉をいっぺんに整えるタオル整体をぜひお試しください。 タオルは整体師の手! 患者さんの大半は首に問題を抱えている 私の整体には、ぎっくり腰、坐骨神経痛、首の痛み、肩こり、膝の痛み、頭痛、股関節の痛み、不快感、全身のだるさ、様々な痛みを抱えた患者さんがいらっしゃいます。 椎間板ヘルニアで何度も手術を繰り返している方や、ぎっくり腰が癖になっていると言う方、 しつこい坐骨神経痛に悩んでいる方や、これから病院で手術を受けるという方もいらっしゃいます。 私は施術を行う前に必ずお話を詳しく伺い、首の付け根の部分を触ってみるのですが、 大半の方は首の付け根に問題を抱えています。 となれば首の治療を行います。 すると「首こそ急所!首こそ名医!」の通り、来院した時には歩くのも大変そうだった方が、スタスタと歩いて元気に帰っていくのです。 タオル整体は私の代役となります ある時患者さんが「ここに来るとよくなるけど、痛いのに来られない時は本当に辛い」とおっしゃるのを耳にしました。 ここには遠方からいらっしゃる患者さんも多く、それを聞いた私はとても申し訳ない気持ちになりました。 それで、あれやこれやと試行錯誤した末に考えだしたのはタオル整体です。 私が求めていたのは、整体師である私の手の代わりとなる道具です。 しっかりと首の付け根の骨を抑えることができて、患者さんがご自身で行っても安全なものはないか。 できるだけご家庭にあるものを使えたら尚良いに違いないと思ったのです。 どんな腰痛にも効果抜群! ぎっくり腰、おしりが痛い、坐骨神経痛、椎間板ヘルニア、脊柱管狭窄症、脊椎すべり症などなど タオル整体を考案した私は、少しでも多くの方に体の不快症状を改善していただきたいと思い、何度も講習会を開いてタオル整体のやり方を広めてきました。 講習会では私はタオル整体のやり方をお教えするだけで、皆さんの体には一切触れません。 それなのに、タオル整体を行う前は「腰を伸ばせない」、「膝が曲がらない」、「手が上がらない」、 とおっしゃっていた方々の体の動きが実にスムーズになっていく様子を目のあたりにしました。 ほんの1時間程度で次々とご自身で体を治してしまうのです。 しぶといおしりの痛み、腰の痛みを安全に改善できる 講習会にいらした方に少し時間をおいて連絡をとると、「ぎっくり腰にならなくなった」、とか 「どこの病院でもよくならなかった坐骨神経痛が良くなった」、「病院で経過が良いと言われた」とおっしゃるのです。 みなさんもご自分で安全に行えて、効果抜群のタオル整体で腰痛を吹き飛ばしてください。 首の骨を矯正して背骨全体の形を整えるタオル整体ならば、どんなにしぶとい痛みでも、 腰痛歴の長い方でも、病院で手術しか手立てがないと言われた方でも、通院することなく、自宅でお金をかけずに治せますよ。 椅子に座るとおしりが痛いのは. 尻が痛い. 肛門が痛い. 長時間. 長く座っていると尾尻の骨が痛い. 尻の筋肉. 床に座り続けると腰が痛い. 臀部の骨が当たって. 尾てい骨が痛い. 坐骨神経痛ストレッチ方法. 原因対処法. 仙骨の痛み【動画】腰痛. 筋肉痛症状. 治し方. 奥が痛む•

次の

尾てい骨の痛みの原因は座る事?痛いときの対処方法や治し方紹介! | 高齢者のための役立ち情報ブログ〜3歩進んで2歩下がる〜

おしり の 骨 が 痛い

尾てい骨に痛みが!その原因は? 尾てい骨の痛みで悩みを抱えている方は意外と多いです。 ・・・というか、 現在も送ってます ーー; その結果、自分でも驚くほどに 尾てい骨が痛い!! という事態に。 痛すぎて、座った際一瞬何かに噛まれたのかと思ったほどです(笑) ですがその原因を明確にし、今回紹介する対策の一つを取ったことで症状が劇的に改善しました。 どんな病気や体の不調でも言えることですが、• 原因をしっかり突き止め• 正しい対処方法をとる この2つができれば、必ずあなたの体は回復に向かいます。 ここからは、 あなたを悩ませる尾てい骨の痛みの原因について見ていきます。 その痛み、いったいどこから来ているのでしょうか? 尾てい骨のずれ 尾てい骨の痛みですから、当然その部分に原因が生じている場合が多々あります。 その中でも特に関連しているのが 尾てい骨のずれ です。 長期にわたる姿勢の悪い座り方 尻餅をつく 猫背 等が原因で、尾てい骨は徐々にその形をゆがめてしまうのです。 その結果、座った際に違和感を感じるようになり、徐々にそれは痛みへと姿を変えます。 また、更に悪化していくと尾てい骨だけでなく仙骨や骨盤などにもゆがみが生じてしまい、腰痛の引き金にもなりかねません。 少しのずれ程度で痛みがないのならいいですが、 【座る】という生活の基本的動作さえできなくなってしまった場合には、手術にて尾てい骨を削ることの検討が必要です。 妊娠や出産の影響も 女性の場合、 妊娠の影響で尾てい骨にゆがみが生じてしまう場合があります。 これは、おなかの中にいる赤ちゃんの体重の影響によるものが大きいです。 また、 赤ちゃんの成長 出産の際 にも、骨盤や尾てい骨を中心に痛みが生じてしまうケースが多々報告されています。 これは、 出産の際尾てい骨を傷つけてしまうことが一因です。 場合によっては、排尿・排便にまで痛みを生じてしまう危険性もあります 骨折 実は尾てい骨・・・ 結構簡単に骨折してしまいます ーー; まあ、お尻の一番出っ張った部分ですし、尻餅をつけば仕方のない話なのかもしれませんね。 ちなみに骨折の原因となるのは 転んで尻餅をつく 階段から転げ落ちる 等の時のようです。 階段のように高いところから落ちた場合には、特に折れやすいと言えるでしょう。 厄介なことに、尾てい骨の骨折は治療法が 【安静】しかありません。 治るまでにかかる期間の約3ヶ月、痛みに耐えつつ日常生活を送るという辛い状況に追い込まれてしまうのです・・・ 打撲 こけた際、骨折までとは言いませんが打撲を負ってしまう場合もあります。 「たかが打撲じゃん・・・」 と侮ってはいけません。 打撲といっても強打すれば当然激しい痛みに襲われますし、座るだけで激しい痛みに襲われる場合も多々あります。 座る 立つ 指で触る 等、本当に些細な動作でも痛みが走るため、日常生活にもかなり気を遣うことになってしまいます。 こればっかりは、こけないように注意するしかないんですよね ーー; 癌や腫瘍の可能性も 特に40代以上の中高年の方に注意してほしいのが 【腫瘍】 【癌】 です。 場合によっては、これら危険な病気が尾てい骨の痛みに関連している場合もあります。 特におしりを打った覚えがないにも関わらず、我慢できないほどの激痛がおしりを襲ってくる。 こんな時は、要注意です。 座る 立つ 排便 等の動作で特に痛みが目立つため、 「もしかして痔!?」 と勘違いする方も多いようです。 まあ、実際痔もショック大きいですよね ーー; この時出来た腫瘍は、主に• 腰椎や仙椎の神経付近 に出来ています。 もし、あなたの症状が 慢性的に続く腰痛 夜間に襲ってくる激痛 横になっても痛みが続く 等の症状が見られる場合には、腫瘍による痛みの可能性が高いです。 場合によっては歩行障害などに発展する恐れもありますので、絶対に放置してはいけません。 整形外科を受診して、早めの発見を目指しましょう。 尾骨神経痛 尾てい骨ではなく、 神経の方に原因がある場合も。 その場合、痛みはかなり広範囲に広がっていく場合も・・・• 腰 等、下半身~腰にかけての広範囲で痛みが出てしまいます ーー; 【座骨神経痛】とも呼ばれているこちらの症状、神経症状だけ合って治療はかなり困難です。 この症状、長時間座っている人などに多いのですが、正式には 【仙骨滑液包炎】といいます。 硬い椅子• コンクリの床 等、硬い場所に長時間座っていた場合、尾てい骨と座っている場所との間に挟まれたおしりの皮膚が圧迫され、炎症が発生。 結果、痛みが出てしまうのです。 この仙骨滑液包炎では、 歩いているとそこまで痛みが感じないというのも大きな特徴の一つです。 ドーナツ型クッションで尾てい骨への接地面をなくす• 時折立つなどして皮膚を休憩させてあげる 等があげられます。 筋肉の緊張でも痛みが 時には、 おしり周りの筋肉の緊張があなたの痛みの引き金になっている場合も・・・ 実は私がこれだったんです ーー; これも、長時間の座ることが原因となっている場合が多いです。 尾てい骨付近の筋肉である 梨状筋【りじょうきん】が、同じ姿勢で居続けたことによって緊張し、固まってしまうのです。 これにより、痛みが生じてしまうことが多々あります。 腕や足など、普段から使う部分の筋肉は意識しますが、 おしりという目に見えない場所って意識が届かないんですよね。 ですが、座るという動作を支えてくれているおしりの筋肉は、日常生活を送っていく上で非常に重要です。 適度に立ち上がりストレッチをするなどして、予防していきましょう。 ヘルニアかも 時に、 ヘルニアが尾てい骨の痛みへと繋がっている場合も。 ヘルニアと言えば椎間板ヘルニアが最も有名ですが、尾てい骨付近の痛みの場合は中心ヘルニアという症状の場合も多いです。 椎間板ヘルニア• 中心ヘルニア どちらもあっても痛みが生じるのですが、特に中心ヘルニアの方が痛みは強いです。 この場合は、早急に病院を受診して 適切な治療・場合によっては手術をしていく必要があります。 尾てい骨の痛みの治し方・対処方法を紹介 ここまでで、尾てい骨に痛みが生じている原因については伝えることが出来たかと思います。 【痛い】 というたった一つの症状であっても、その原因は本当に多種多様です。 そこを見極めることが、症状の回復・早期治療へとつなげていく第一歩なのです。 それでは、いよいよここからは 尾てい骨の痛みの治し方・対処方法をお伝えしていきます。 尾てい骨のゆがみ・筋肉の緊張など、 多くの症状に関係しているのがこの姿勢です。 はっきり言って、姿勢正しく座ることさえ出来れば、傷みの原因の何割かはその時点で解決したとさえ言えるのです。 現代人は座る姿勢がかなり崩れやすいライフスタイルを送っています。 パソコン スマホ 柔らかいソファー 等、姿勢を崩し前のめりで行ってしまいがちな作業や、ついつい座りやすさから背筋を曲げてしまうものなど多くの誘惑があります。 ですが、その瞬間は良くても姿勢を崩した影響は徐々に出てきてしまい、遂には 尾てい骨をゆがめる程のダメージへと発展してしまうのです!! 大事なのは• 背筋をまっすぐ伸ばして座る• おしり中央に体重をかけて座る この2点です。 これらを意識するだけで、尾てい骨への負担が減り、痛みが軽減するはずです。 私も姿勢改善に取り組んだ際習ったのですが、 空中から常に糸が自分を吊っているイメージ を持って歩く・座るなどの動作を行うことが大切です。 あなたなりの方法で、正しい姿勢を手に入れて下さいね! 自分に合ったクッションの使用 続いてオススメしたいのが、 クッションの使用です。 クッションと一言で言っても、実際には色々な物がありますよね。 私もそうだったのですが、間違ったクッションを使ってしまった場合、逆に 腰を痛めてしまう場合も・・・ また、姿勢が悪くなることにも繋がるので、選ぶのは慎重に行う必要があります。 一番尾てい骨の痛みに効果的な物と言えば、やはり ドーナツ型クッション ですね。 これなら、尾てい骨を浮かせることが出来るので、仙骨滑液包炎(炎症)を起こしている場合にも、ダメージを最小限に抑えることが出来ます。 ドーナツ型と一言で言っても 堅さ 高さ 大きさ 穴の幅 等、その要素は本当に多種多様です。 「尾てい骨は浮いたけど、ふわふわで座りにくい・・・」 等の問題が生じてしまっては本末転倒、すぐに使わなくなってしまうことは目に見えています。 早く痛みから解放されたい気持ちは痛いほど分かりますが、その気持ちをぐっと抑えて自分に合ったクッションを選びましょう。 ストレッチで筋肉をほぐす ストレッチでおしりの筋肉= 梨状筋をほぐすことも重要です。 筋肉のコリは思っている以上に私達に多大なダメージを与える減少の一つです。 私は一時立てないほどの腰痛に襲われました。 実はそのときも、 おしりの筋肉の緊張が原因という半ば信じられない結果でした・・・ ーー; それ程に、筋肉の緊張・コリは私達の体に大きな影響を及ぼすのです。 では、どのようにストレッチをすれば良いのでしょうか。 その場で背伸びをして、屈伸運動をしてみて下さい。 またそれだけでなく、立って体を動かすことで 全身の血流が良くなり、集中力も増してきます。 より効率的に、健康的に作業するためにも、まずは1時間に一回、立ち上がることから初めて見みましょう! 骨盤のゆがみを治す 骨盤のゆがみは、様々な方法で治すことが可能です。 骨盤ベルトでの矯正• 整体に行く• 姿勢を正す 等、ほんの少しの行動が骨盤のゆがみを解消し、尾てい骨の痛みを改善してくれるのです。 自宅でできるゆがみ解消ストレッチを発見しましたので、こちらの動画もご覧下さい。 毎日やる必要はありませんが、早く症状改善したい方は是非お試しを。 尾てい骨の痛みには、腰の筋肉のコリや緊張が影響している場合があります。 その場合、仰向けやうつぶせで寝ていると、腰痛や、それに伴う尾てい骨への激痛が襲ってくることも・・・ これを防ぐ寝方は、 【横向き】です。 私も腰の痛みが強いときには良く横向きで寝るのですが、体を丸めることで更に楽になります。 自分に合った寝方は必ずありますので、探してみて下さい。 夜ぐっすり眠ることが出来ればそれだけ筋肉の緊張もほぐれ、痛みも軽減します。 結果として尾てい骨の痛みの軽減にも繋がるのです。 寝方を工夫して、質の良い睡眠を手に入れましょう! 炎症なら冷やして改善 炎症を起こしている場合、対策は• 使わないようにする• 冷やす の二つが最も有効です。 クッションを工夫するなどして負担を減らすことに成功した後は、 【冷やす】の方にも目を向けていきましょう。 冷湿布が最もシンプルで、かつ効果的です。 とはいえ、 症状によっては温湿布が必要な場合や、 そもそも炎症ではない場合も多々あります。 また、病院で診断を受ければ、その後質の高い冷シップを処方してもらうことも可能です。 正しい病名や症状名を確認した後で、湿布を使いましょう。 正確には、座り続けることで固まってしまった おしりや腰の筋肉のコリをほぐす効果です。 というのも、温めることで血流が良くなり、結果として筋肉の疲労が経験されるのです。 また、筋肉も柔らかくなりこりがほぐれていくという嬉しすぎる効果があります。 そして何より私がオススメしたいのは・・・ リラックス効果 です!! ぬるま湯にじっくり浸かる。 病院へ行こう! ここまで、尾てい骨の痛みを引き起こす様々な原因と、それに対する解決方法をお伝えしてきました。 ですが、痛みが生じたときにまず行ってほしいことは・・・ 病院受診 です。 先程述べたように、尾てい骨の痛みを引き起こしている原因は腫瘍や癌と炒った恐ろしい病気の場合もあります。 また、骨折なども潜んでいる等、 放置すればする分だけ悪くなってしまう恐れもあります。 他の記事でも何度も言っていて申し訳ないのですが、病気やケガを少しでも早く良くする上で最も大切なのは 早期発見・早期治療 です。 そして、それを行う上で病院受診は欠かすことの出来ない行動です。 正確な痛みの原因の発見• 適切な治療• 正しい処置 等、多くの利点もあります。 費用や受診にかかる手間などは確かにデメリットかもしれません。 ですが、それ以上に 痛みの原因を追求することは、大きなメリットをあなたにもたらしてくれます。 まずはCT等で、骨折の発見から進めましょう! 尾てい骨が痛い原因を探ってみよう! 尾てい骨の痛みには、本当にたくさんの原因が潜んでいます。 転ぶ際に打ちやすい場所でもあり、 座るとき最も負担をかける場所でもあります。 ヘルニアや腫瘍といった病気の病巣にもなる部位でもあるため、本当に素人では原因が解明しづらいのが実際の所です。 転んで拍子で骨盤がずれたのが原因の痛みでも、気付かず 「打撲かな?」 としか考えない方もいるでしょう。 打撲なら数日で治りますが、 ゆがみが原因ならいつまで経っても痛みは引かないでしょう。 痛みが続いている日数も判断材料になりますが、やはり最も的確な判断は医者の方に頼るのが一番です。 原因を見つけるのは専門職であるお医者さんに任せましょう。 あなたがすべきは、原因究明後、 どう改善していくかの努力です。 痛みを治すためには、あなた自身の力は必要不可欠です。 あなたの手で、尾てい骨の痛みを改善していきましょう!•

次の