反町 隆史 琵琶湖。 【滋賀県】反町隆史が趣味のために購入した別荘を初公開【画像あり】

松嶋菜々子と反町隆史の自宅や別荘が凄すぎる?

反町 隆史 琵琶湖

反町隆史さんの別荘をテレビで初公開! 8月4日 日 に放送される「アオハルTV」 毎週日曜夜9:00-9:54、フジテレビ系 に、反町隆史がゲスト出演。 バス釣りの大会で優勝した経験を持つという反町が、バス釣り好きのヒロミと共に琵琶湖でバス釣りに挑む。 引用先:ザ・テレビジョン 反町隆史さんと言えば、かなりのバス釣りが好きで 流行りの時期だけのバサーじゃなく 本当にバス釣りが好きな方です。 というのも、バス釣りの大会には よく出ていますし、優勝経験もお持ちです。 また、バス釣りに来た小さな子どもたちに バス釣りのやり方を教えているくらいですからね。 そんな反町隆史さんが 琵琶湖の別荘をテレビで初公開しますから 本当に見ないとダメなやつですよね^^ [ad] 反町隆史の琵琶湖にある別荘の場所は? フライデーされた反町隆史さんの別荘の画像です。 バス釣りと言えば、琵琶湖。 これはバス釣りファンなら 当然の認識なんだそうですが それもそのはず、 実は、2009年7月に栗田学さんが 世界記録タイとなるバスを琵琶湖で釣り上げています。 その場所が、琵琶湖大橋付近。 で、 フライデーの画像を見ると かなり琵琶湖に近い距離に 別荘があることがわかります。 琵琶湖の東西の特徴を簡単に言うと、 西側は、自然豊な感じが多い地域 東側は、区画整理が進んでいる街並み こんな感じにわかれます。 琵琶湖周辺にお住まいの方なんかは この画像の感じから見てすぐにわかると思いますが これは西側かなと。 西側で琵琶湖大橋に近いとなると 堅田周辺が一番近いかなと。 このあたりは推測なので テレビを見れば、わかるかなと思っています。 のちほど、追記しますね。 多分、堅田周辺。 [ad] さいごに バス釣りが大好きすぎて 琵琶湖のほとりに別荘を所有している 反町隆史さん。 個人的には、今の反町隆史さんと竹野内豊で ビーチボーイズの続編をして欲しいですね.

次の

反町隆史が語る「コロナ禍に別荘暮らし」の理由 一家そろって琵琶湖のほとりへ(デイリー新潮)

反町 隆史 琵琶湖

コロナ禍で県境を跨(また)ぐ移動もままならない中、影響をモロに受けた芸能界のビッグカップルがいる。 反町隆史と松嶋菜々子夫妻。 滋賀県は琵琶湖のほとりで、頻繁にその姿が目撃されているが、事の次第を反町本人に尋ねてみると……。 「ええ、このジムで反町さんとよくお会いします」 と明かすのは、滋賀県内のさる高級スポーツジムに通う年配の女性会員だ。 「見た目も引き締まって『相棒』から飛び出してきたみたい。 トレーナーの方を2人つけ、懸垂やランニングマシーンなどかなりハードにこなしています。 手を振れば笑顔で返してくれて、サインを貰った人もいます」 ドラマ「GTO」(グレートティーチャー鬼塚)での共演がきっかけで交際を始めた2人は、結婚20年目の節目を迎えた。 反町は埼玉出身で妻の松嶋も生まれは神奈川。 一家は都内在住となれば、なぜ彼は縁もゆかりもない滋賀で汗を流しているのだろう。 理由のひとつは、日本一の面積を誇る湖にあった。 琵琶湖畔のマリーナで船舶を扱う地元業者が言う。 「反町さんは、10年ほど前からバス釣りに来ていて、湖を一望できる一等地に別荘を買った。 釣り用ボートを4、5隻も所有しているのは界隈で彼だけ。 マリーナに停泊させる維持費は1隻あたり年間20万〜30万円かかるしね。 ギャンブラーという外国製の船が好きで、レストアして1隻1千万円は下らないと思うよ」 「そろそろ東京に帰る」 肝心の腕前を地元のバス釣りファンに訊くと、 「20代の頃からやっていて、70センチ近い大物を釣り上げたこともある。 「『相棒』の収録が始まるので、そろそろ東京に帰ることになりますね。 3カ月の休暇もおしまいです」 と口を開くのは、当の反町本人。 別荘から顔を出したところで本誌(「週刊新潮」)の取材に応じ、こんな話をしてくれた。 「ココでの暮らしは3月下旬からだけど、毎年その時期に来ているんです。 もちろん嫁も一緒。 子供の春休みと『相棒』のシーズン終わりが重なり、家族みんなで過ごせるから。 けれど今年は4月に入って緊急事態宣言が出てしまい、東京へ帰れなくなってしまった。 だから、コロナが怖くて逃げてきたわけじゃないよ」 実際の暮らしぶりについて水を向けてみると、 「撮影もないから家族でゆっくり。 自然の中で過ごすのが好きだから。 子供にはあまり仕事の顔を見せたくないので、芝居の練習はしていないよ。 これは妻も同じ。 その代わり仕事再開に向けて体は鍛えています。 筋力も体重も現状をキープ。 体重は増えていませんよ」 最後は記者を気遣い、新しいマスクを土産代わりに持たしてくれたグレートティーチャー。 その姿がテレビで復活する日も近い。 「週刊新潮」2020年6月25日号 掲載•

次の

反町隆史の琵琶湖別荘の場所と住所!画像や目撃情報、松嶋菜々子と子供も気になる!

反町 隆史 琵琶湖

エンタメ 芸能 週刊新潮 2020年6月25日号掲載 コロナ禍で県境を跨(また)ぐ移動もままならない中、影響をモロに受けた芸能界のビッグカップルがいる。 反町隆史と松嶋菜々子夫妻。 滋賀県は琵琶湖のほとりで、頻繁にその姿が目撃されているが、事の次第を反町本人に尋ねてみると……。 「ええ、このジムで反町さんとよくお会いします」 と明かすのは、滋賀県内のさる高級スポーツジムに通う年配の女性会員だ。 「見た目も引き締まって『相棒』から飛び出してきたみたい。 トレーナーの方を2人つけ、懸垂やランニングマシーンなどかなりハードにこなしています。 手を振れば笑顔で返してくれて、サインを貰った人もいます」 ドラマ「GTO」(グレートティーチャー鬼塚)での共演がきっかけで交際を始めた2人は、結婚20年目の節目を迎えた。 反町は埼玉出身で妻の松嶋も生まれは神奈川。 一家は都内在住となれば、なぜ彼は縁もゆかりもない滋賀で汗を流しているのだろう。 理由のひとつは、日本一の面積を誇る湖にあった。 琵琶湖畔のマリーナで船舶を扱う地元業者が言う。 「反町さんは、10年ほど前からバス釣りに来ていて、湖を一望できる一等地に別荘を買った。 釣り用ボートを4、5隻も所有しているのは界隈で彼だけ。 マリーナに停泊させる維持費は1隻あたり年間20万~30万円かかるしね。 ギャンブラーという外国製の船が好きで、レストアして1隻1千万円は下らないと思うよ」 「そろそろ東京に帰る」 肝心の腕前を地元のバス釣りファンに訊くと、 「20代の頃からやっていて、70センチ近い大物を釣り上げたこともある。 「『相棒』の収録が始まるので、そろそろ東京に帰ることになりますね。 3カ月の休暇もおしまいです」 と口を開くのは、当の反町本人。 別荘から顔を出したところで本誌(「週刊新潮」)の取材に応じ、こんな話をしてくれた。 「ココでの暮らしは3月下旬からだけど、毎年その時期に来ているんです。 もちろん嫁も一緒。 子供の春休みと『相棒』のシーズン終わりが重なり、家族みんなで過ごせるから。 けれど今年は4月に入って緊急事態宣言が出てしまい、東京へ帰れなくなってしまった。 だから、コロナが怖くて逃げてきたわけじゃないよ」 実際の暮らしぶりについて水を向けてみると、 「撮影もないから家族でゆっくり。 自然の中で過ごすのが好きだから。 子供にはあまり仕事の顔を見せたくないので、芝居の練習はしていないよ。 これは妻も同じ。 その代わり仕事再開に向けて体は鍛えています。 筋力も体重も現状をキープ。 体重は増えていませんよ」 最後は記者を気遣い、新しいマスクを土産代わりに持たしてくれたグレートティーチャー。 その姿がテレビで復活する日も近い。 ワイド特集「アラート再発動!」より.

次の