にじさんじ顔バレ。 Vtuber 【顔バレ】これって結局だれの中の人なんだ?【画像】

【2020最新】にじさんじの炎上一覧!前世特定・放送事故騒動まとめ

にじさんじ顔バレ

Contents• 顔バレ・身バレしたバーチャルYouTuberまとめ バーチャルYouTuberについて以下のキーワードでまとめています。 ・中の人 ・声優 ・顔バレ ・身バレ ・本名 ・年齢 など、顔バレや身バレしたバーチャルYouTuberについての情報があります。 なぜ、ここまでキズナアイは注目を集めたのでしょうか。 それは彼女が世界初のバーチャルYouTuberだからです。 キズナアイのキャラクターデザインが可愛いのは勿論のこと、声も聞きやすく親しみやすい声質なんですね。 そんなキズナアイの中身が顔バレをしたとネット上で情報が出回っているんです。 2人の共通点として、 ・声質が似ている ・欅坂46と乃木坂46が好き ・関西弁が非常に上手い 春日望は関西出身 ・誕生日が同じ キズナアイも、春日望も、6月30日が誕生日 などが、ネットで挙げられていました。 しかし、実際には顔バレをしているわけではないので、憶測に過ぎないと思います。 常に自分の情報をエゴサしていると言っています。 しかし、中の人の顔バレに関しての情報が流れていたので簡潔にまとめてみます。 笑 ・お互いの使用している顔文字が共通していた。 しかし、実際には本人からの言動がないので、真相は闇のままですね。 可能性としては、ミライアカリ=マイアというのが高いと思います。 輝夜月 かぐやるな Vtuberデビューは2017年12月と遅めですが、今ではテレビCM等にも出演している人気Vtuberです。 再生数も100万回を突破している動画も多々あります。 しかし、輝夜月の中身がバレてしまった!?との情報を耳にしたので本当なのか?と疑問に思ったので調査してみました。 いくつか重なる部分があり、 1番は声質が似ているということでしょう。 輝夜月の動画 お2人とも確かに声質が似ていますが、本人は明言していなく、顔バレもしていないため、真相は分かっていません。 スマホアプリの少女兵器対戦のキャラクターとして元々は誕生しています。 声優は茅原実里 実はアプリが配信されてから、Vtuberとして誕生するまで2年間ほど空いていたんです。 YouTubeに動画をアップしたのが、2017年8月12日。 ・Twitterのツイート内容が重なる部分があった。 電脳少女シロは料理の質問に対して、「朝はエアケーキを作りました。 」と、2017年12月25日に返しています。 一方、結月春菜も2017年12月25日に「朝からケーキ作って朝ごはんに食べて、これから収録です」とツイートをしています。 ・スマホ待ち受けの画像が同じ 電脳少女シロの動画でスマホの待ち受け画面が一瞬見えた時があり、猫ちゃんの画像だったんですね。 その一方、結月春菜は同じ猫の画像をTwitterに投稿していました。 ・ゲーム好き ゼルダの伝説やFPS ・英語とドイツ語を話すことが出来る。 上記の理由から、電脳少女シロの声優は結月春菜ではないかと言われています。 静凛 しずかりん 静凛は「にじさんじ」に所属している公式ライバーで、ゲーム実況や雑談を中心に活動しています。 しかし、静凛と中の人とのSNS上での発言をきっかけに顔バレが起こりました。 顔バレをした経緯の詳細は別記事にしましたので参考までに読んでみてくださいね。 にじさんじメンバーの中では、チャンネル登録者数が1番多く、人気があります。 月ノ美兎も、 中の人が顔バレしたという情報がありました。 こちらもSNS上での発言や声質から特定されています。 簡潔に時系列にまとめてみます。 ライブ配信をしている際に「デレステ半目bot」を運営していた過去の話をする。 月ノ美兎の言動と重なる部分が多くありましたので、別記事にて、中の人の名前や根拠を詳しくまとめてみました。 クレヨンしんちゃんのボーちゃんのモノマネが上手く、よく配信中に披露してくれます。 樋口楓自身、配信中に自分の年齢に関する発言をしていました。 また、ツイッターでも学校に関するツーイトが多いので間違えなさそうです。 追記、中の人と思われる画像がネット上で出回っていましたが、真相はどうなんでしょうか。 詳しくは別記事でまとめてみました。 富士葵 2017年12月からVtuberとて活動しており、YouTubeチャンネル「Aoi. 」で、歌ってみた動画や、雑談、ゲーム実況をしています。 現在のキャラクターデザインはクラウドファンディングにて、集まった資金により、生まれ変わっています。 歌ってみた動画から伝わる歌唱力の高さから誰が声優を担当しているのか注目されました。 声優や劇団をしていることから、素晴らしい声の持ち主です。 しかし、劇団にも所属しているとのこともあり、富士葵の声優とは異なるかもしれないです。 別記事に詳しく書きましたので参考までにどうぞ! 保崎メンマ こちらのVtuberは少し特殊で、「お化けになった保崎メンマ」と「呪いが解けた保崎メンマ」の2人が存在しています。 上記の画像はお化けになった保崎メンマです。 笑 新人Vtuberでありながら、「マツコ会議」に出演しています。 その際に、顔出しで登場して中の人が明らかになりました。 登録者90万人を誇る輝夜月の同期なのに関わらず、番組出演時点の登録者数は271人と少し寂しい回答をしていました。 番組内では笑いが起こっていましたが。 顔バレして、プラスになるVtuberのタイプですね。 設定やサウンド制作の実力もまとめてみましたのでどうぞ! 中身がおっさんのVtuberは? Vtuberの中身がおっさんだと、疑う方はいないですよね。 しかし、まさかの中身がおっさんのVtuberも存在しているんです。 ボイスチェンジャーや時には地声で配信している方も多く、トークも巧妙に上手いから、人気がありますね。 大きく話題になった方が 「のらきゃっと」という、主にニコニコ動画で配信を行なっていたVtuberです。 アバターはとても可愛らしく、猫耳が特徴です。 しかし、2018年1月21日の生放送配信の際に、中の人 男性 の方が写ってしまったんですね。 もともと、男性ということは明かしていたのですが、顔バレを機に動画の再生回数も減少してしまいました。 この他にも、もしかしたらボイスチェンジャーを使用しているバ美肉のVtuberもいるかもしれないですね。 実はVtuberはバ美肉で、中の人が男性で女性アバターの姿で活動しているんです。 男性の声と女性の声を発することが出来て、クオリティや切り替えの速さには驚きの声しか出ません。 なのでこの方は放送事故等で顔バレしたのではなく、自分から顔出しをしているため、Vtuber活動に影響することがなく、むしろ、顔出しをしたことによって、本業のイラストレーターへの繋がりを作ったわけですね。 顔バレをすることで、信用度も得られるケースもあるということです。 詳しくは関連記事を参考に!.

次の

顔バレ・身バレしたバーチャルYouTuberまとめ

にじさんじ顔バレ

この記事に書いてあること• にじさんじ一期生 月ノ美兎 配信内で前世の活動に言及。 大学の先輩がバレてしまい本名やメイド喫茶で働いていたことがバレてしまった。 にじさんじ運営から各サイトへ削除依頼がでたことから確定情報と思われる。 デビュー後もアカウントを削除していなかったことから発覚した。 特定情報がでてから、Twitterなどを鍵アカウントに変更したため確定情報と考えられている。 だった。 かなり、自己顕示欲が強く、デビュー前に自身の配信枠でにじさんじのオーディションに受かったと表明していた。 顔写真あり。 現在は、前世のコミュニティの対応が悪くリーク情報多数あり。 現在もアカウントは確認できるが、配信が好きなのでなくゲームが好きだったようであまり動画等は残っていない。 一時期、卒業していた際に愚痴配信をしてしまって特定されてしまった。 名前やアカウント、配信プラットフォームを変更しながらも継続して配信活動をしていた。 一時期YouTubeで顔出しゲーム配信を企業に所属してしていた模様。 暴言の多い配信スタイルだった ネットゲーム系の配信では普通 が、所属チームに国籍差別のいじめが発覚。 コンプライアンス強化の観点から悪目立ちしていたそにろじは解雇。 その後、個人勢からにじさんじ入りした。 葛葉やゲーマーズのメンバーに声をかけにじさんじ入りさせたと言われている。 椎菜唯華と前世時代に荒らし的行為をしていたことから交友関係があったと噂に。 「がう」という名前で配信していたとのうわさもある。 前世でコスプレバーで勤務していたことや通っていた大学や顔写真、デザイナーとしてのTwitterアカウントなどを嫉みからリークされてしまった。 」だったことが発覚した。 完全に前世のないライバーの可能性がたかい。 ・・・最近、かなり声の似ているYouTuberが発見され前世では?と噂に。 同人ゲームの出演数などプロの新人声優を超えるほどの出演数だったためすぐに発覚した。 初期のころに配信が荒れたのは前世からのファンが多数いたため。 メンヘラ系の動画が多くメンヘラキャラ専門で集客しようとしていた。 でびでび・でびるとの旅行や椎菜唯華とのディズニーなどの感想や思い出を鷹宮リオンでも、望月のあでもツイートしてしまうため確定された。 個人でありながら、面白ツイートのみで2万人を超えるフォローがいたが声は本人のままであったために即特定された。 さとうるみの名前で歌い手などの活動をしていた。 葛葉と過去にゲーム配信をしていたことがあり、交際相手との噂が前世のときからある。 にじさんじに入る前はバ美肉個人勢vtuberだった。 光太郎が情報収集時に黒井しばの絵師 ママ が非公開になっていることに気が付き画風を確認。 特定に至った。 動画や比較するものは特にないが、緑仙とドーラと仲がいいのは緑仙が過去にコスプレバーで働いていた、噂になっているひのっちもコスプレイヤーだったことから三人はコスプレ仲間だったか、コスプレがきっかけでなかよくなった可能性が高い。 ドーラのスタイルがいいことと運動が得意なこともコスプレの為の可能性が高い。 元子役声優だったのでは?と噂になっている。 配信などはしていなかった可能背が高い。 しかし、前世のデレマスのアカウントを特定されているためリズムゲームの上手さや廃課金者だったことからオーディションに受かった可能性が高い。 アカウント名は「まかだみあ」でアンジュカトリーナの前世と交友があった。 笹木咲や椎菜唯華とも交友があったことからデビュー後に即特定された。 顔出しのニコ生には出演していなかったため顔写真はない。 過去にTwitter上で可愛いといわれたいために顔写真を投稿していたが評判は悪かったらしい。 にじさんじ所属後も芸能活動を継続していたが、契約済みの案件の処理だったようで現在は芸能活動はほとんどしていない。 学校関係者でもない可能性が高いがゲーム実況の「ぽん」であった可能性は高い。 もう一人の候補だった歌い手のくろくんであることが確定した。 加賀美ハヤトの前世と交友関係があった、碧依であることがバレた。 サングラスにマスクで全く顔はわからないが実写での配信経験がある。 LINEアカウント確認済み 前世のころに偽プレゼント企画でフォロワーを稼いだことが暴露された。 デビュー当時、菜乃のアカウントと童田明治の両方をフォローしているユーザーが多かったことから前世で一部のファンに告知していた可能性がある。 ハーフでありトランスジェンダーであることを公表している。 現在も役者とゲーム実況の活動は継続している。 明らかにタラチオがにじさんじに加入してから交友関係があった配信者がデビューすることが多くなった。 既婚者であるとのうわさもある。 前世のゲーム配信がよく荒れることから、にじさんじのオーディションを受けたのでは?とも噂になっていた。 噂の段階であったが、元運営者がひがみから公開。 鳴神裁が動画に取り上げたため公式声明となり、確定情報となってしまった。 その後、個人勢からにじさんじ入りした。 前世のころから女性が苦手でホモでは?との疑惑がかけられている。 就職先の関係で一時期配信を引退していたが、復帰。 しばらくして再度引退したが、その後すぐにニュイソシエールがデビューしたため特定された。 過去にアンジュ・カトリーナと交友関係があった。 前世の配信内で、スカウトされたことやvtuberとしてデビューすることを告知してしまい、配信前から「くりぃむ」のフォロワーが星川サラのフォロワーに流れてきていた。 星川サラの発言から、にじさんじはスカウトエージェントを使用していることが発覚した。 シャドウバースにかなり入れ込んでおり、配信スタイルなどから特定。 人気があったがグループ活動が終了してしまったためにじさんじ入りを決めた可能性がたかい。 大手のYouTuberで歌ってみた動画を投稿していた。 チャンネル登録者はにじさんじ最大の27万人超え 自主制作のアニメーションなど活動からみてもかなり潤っていたが、にじさんじがほんとに好きだったためにオーディションを受けたらしい。 現在も継続して活動している。 活動頻度は高くないが機械が苦手な点が似ている。 過去にミラティブで姉さんとして配信していたが、にじさんじ加入のための実績づくりの可能性がたかい。 ゲームの趣味も似通っていることも可能性が高い。 当時のリスナーも多く流れてきていることも証拠になる。 サイコパスな言動も一致している。 ポケモン好きであることや、マギの全巻購入時期が近いことも可能性として高い。 しゃべり方は変えているものの、声の質はかなり似ている。 過去には、テレビにも出演するなどしていた。 現在も低浮上ながら前世の活動も継続している。 前世は尾北ねむ。 と噂になっている。 本人の音声やイブラヒムと関係があったのでは?と噂になっているがアカウントを削除したことからライバーごとに契約が違う可能性がある。 歌い手から声優へ転身後、活動がなくなる。 その後、甲斐田晴になった。 声や話し方が似ているうえ身内からのタレコミによって発覚。 顔写真あり。

次の

白雪巴(にじさんじ)の前世(中の人)は愛川菜帆と特定?年齢や顔バレも!|more!more!more!

にじさんじ顔バレ

にじさんじの炎上騒動一覧!【中の人(前世)発覚編】 にじさんじのライバーは前世発覚で炎上することが多々あります。 特定班もいますし、ネット社会なので簡単に特定できるからなのでしょう。 特に前世で暴言を吐いたゲーマーズ・葛葉やパコライト騒動が有名です。 前世発覚で炎上した事件・ライバーの一覧をまとめました。 にじさんじゲーマーズ葛葉の前世特定で炎上 にじさんじゲーマーズ・葛葉の前世が特定され炎上騒動になりました。 現在の葛葉は炎上に怯えるかわいいキャラとして人気を集めていますが、前世では暴言で有名な人物だったのです。 現在はキャラや性格が違うということで認められていますが、過去の暴言を知っているから好きになれないという人もいました。 前世・そにろじは暴言で炎上! 葛葉の前世はプロゲーマーのそにろじだと特定されています。 そにろじは暴言が当たり前の環境の中でゲームを行ってきたので、弱い相手を煽るのは日常茶飯事でした。 暴言によって炎上し、LOLのプロゲームチーム「PENTAGRAM」と契約していたのですが、度重なる暴言を警告されても葛葉は配信スタイルを変えないと宣言し解雇されています。 真堂雷斗騒動 パコライト騒動 バーチャルYoutuber・真堂雷斗はデビューして4日で解雇されました。 雷の如く速い解雇とネット上では揶揄されています。 にじさんじ契約解除となった原因は前世が特定され、中の人がhqquだということが判明し炎上したからでした。 hqquは未成年飲酒、喫煙、オフパコ、薬疑惑などがあり、以降真堂雷斗はパコライトと呼ばれるようになります。 にじさんじの炎上の中では大変有名な騒動となりました。 月ノ美兎の裏アカ特定!彼氏発覚で炎上 にじさんじJK組委員長・月ノ美兎も前世が特定され炎上騒動となりました。 前世が新発田美月花だと特定された当初は美人!や背が低くてかわいい!と好評だったのですが、Twitterの裏アカ「きたさん」が特定されて騒ぎになったのです。 裏アカではにじさんじは安月給だったこと、体調が悪くても配信を休めないという実態がわかる呟きや、ある人物を中傷する発言もあり問題視されました。 特定は進み、ついに彼氏がいることも明らかとなりましたが、彼氏との連絡は2013年でストップしているためすでに破局しているとも見られています。 静凛の中の人特定!男性に貢がせていることが発覚 にじさんじJK組・静凛もまた前世が特定されています。 お菓子のツイートから特定された前世はlueneという名前で37歳 35歳説もあり であることが判明しました。 lueneはコスプレイヤーかつ配信者で、視聴者から借金をして踏み倒したという疑惑もあります。 エルフのえるLINE流出 エルフのえるは配信中、ライブを切り忘れて職場のLINEグループを晒してしまいました。 この事件により19歳であることと勤務地が特定されています。 物述有栖のキス配信で炎上!身バレも? にじさんじ・物述有栖はキス配信で炎上しています。 配信中、彼氏が入ってきてキスをしたと言われている動画があるのです。 ショックを受けるファンは大勢いましたが、単のリップノイズ 唇同士が音を出す なだけという意見もありました。 また、前世はツイキャス配信者のこゆこゆではないかと言われています。 にじさんじの炎上騒動一覧!【放送事故編】 にじさんじライバーの中には放送事故が原因で炎上した人物もいます。 キャラ兼任や彼氏バレ?の危機、危うく顔バレするところだった事故など、放送事故による炎上一覧をまとめました。 家長むぎの放送事故でキャラ兼任が発覚 家長むぎは放送中、配信を切ったと勘違いしてにじさんじのアプリから他のキャラを起動させる放送事故を起こしたことがあります。 その後すぐに謝罪しており炎上騒動と呼ばれるほど荒れることはなかったのですが、キャラを兼任していたという事実が判明してしまいました。 なお、アーカイブは編集され問題の箇所は見ることができなくなっていますがTwitterでは問題のシーンが出回っています。 鈴鹿詩子が放送事故で顔バレ直前? にじさんじ・鈴鹿詩子は初めてウェブカメラを誤って発動し実写事故を起こした人物だと言われています。 そもそも鈴鹿詩子は自他共に認める機械音痴。 機械音痴が原因で配信予定時間に遅刻することも多々ありました。 鈴鹿詩子の放送事故も機械音痴が原因です。 配信中にPCのウェブカメラが起動して鈴鹿詩子の部屋が映し出されてしまったのです。 生活感のある部屋は公開されてしまいましたが、本人の顔は映っておらず危うい放送事故となりました。 文野環の放送事故でアカウント名が発覚 文野環も放送事故を起こしたことがありました。 中の人の顔がバレた、ということではなく「Steam」のアカウント名が判明してしまったのです。 アカウント名は「田所浩二」であり、真夏の夜の淫夢に登場する野獣先輩の名前でした。 ニコニコ動画で流行したコンテンツなので、文野環の中の人が遊び心でつけた名前なのでしょう。 元ネタを知るファンは騒然としました。 この件について文野環は言及しておらず、事態は収束したため多くの人に忘れられている放送事故です。 にじさんじの炎上騒動一覧!【迷惑行為編】 にじさんじの渋谷ハジメはネット上で迷惑行為を一覧にされるほど小さな炎上を繰り返してきた人物です。 成瀬鳴のガワ弄りではにじさんじ・成瀬鳴が同じくにじさんじライバーに怒るという内輪揉めとも言われる騒動でした。 迷惑行為によって炎上したにじさんじライバーと騒動の詳細一覧をご紹介します。 プチ炎上を繰り返した渋谷ハジメ にじさんじ・渋谷ハジメは基本的に上から目線の発言が多く、マウンティング及びイキリで炎上を繰り返してきました。 他のライバーの放送に乗り込んだり、鈴鹿詩子にマウンティングをしたり、JK組委員長・月ノ美兎へも上から目線の発言をしたり、煽ったり馬鹿にしたりと態度に問題があったのです。 突如コラボを提案すること、空気を読んでいないコメントをすること、配信界隈で非常識と捉えられることを行ってきたため批判され、渋谷ハジメ推しは配信に来てほしくないという声が上がりました。 そんな中、「緑系Vtuber限定!凸待ち」という企画を開始、そこでも上から目線で発言し立ち絵を出さず視聴者を混乱させました。 立ち絵がなかったため誰が喋っているのかわからなかった視聴者が配信後に疑問を投げかけると、配信スタイルは人それぞれだと発言。 炎上する騒ぎになりました。 また、放送内で他人の音源を無断で使用、友人が演奏したものと嘘をついて謝罪し2週間活動を自粛しています。 剣持刀也と葛葉の成瀬鳴ガワいじり にじさんじ・成瀬鳴の姿が剣持刀也と葛葉のコラボ配信に映りこむという回がありました。 放送事故などではなく、面白いだろうと思い剣持刀也と葛葉が行ったことです。 しかし成瀬鳴はガワにコンプレックスがあり、ファンにガワ変更について聞かれて、他のライバーにもガワ弄りをされていたのでガワについて突っ込まないでほしいとお願いしていたところでした。 そんな時に剣持刀也と葛葉に弄られてしまい、成瀬鳴は「自分の姿を笑いものにするために使用された」「陰湿すぎる」「怒っている」と呟きます。 のちに剣持刀也と葛葉は謝罪しています。 そしてこの炎上騒動では、成瀬鳴の対応さえよければ面白い話になったとも言われ成瀬鳴も批判されました。 にじさんじの炎上騒動一覧!【その他まとめ】 にじさんじライバーが配信者の発言にキレたり、ライバー同士の不仲説、著作権問題やLoLライバー辞退騒動などその他の炎上騒動を一覧にまとめました。 因幡はねるが絵畜生にキレる ニコニコ動画やYouTubeで活動する加藤純一が、一番クズな視聴者について語りました。 自身の視聴者もクズだけれど、Vtuberの視聴者はそれ以下だと話したのです。 Vtuberのことを絵畜生と表現したのですが、この発言に対して因幡はねるが怒ります。 今年最も腹が立ったことで「絵畜生と言われたこと」と話したのです。 その後ジブリも絵畜生だし天気の子も絵畜生と怒り炎上しました。 のちに説明と謝罪をしています。 神楽めあも便乗!その後謝罪 神楽めあも騒動に便乗し、自分が絵畜生ならお前たちはタンパク質だと煽りました。 その後、アーカイブは消すことを前提として謝罪しています。 樋口楓がにじさんじJK組不仲説で炎上 にじさんじJK組・樋口楓が不仲説で炎上しました。 事の発端は2018年2月27日の配信です。 月ノ美兎と静凛がコラボ配信を行ったのですが、この配信をデートと表現した二人に対して樋口楓はデート配信を行っていたことを知りませんでした。 他の二人がデート配信をしていたことを、配信中に視聴者から教えられた樋口楓はショックを受けて配信中にも関わらず涙声になってしまいます。 樋口楓を心配するファンと静凛のファンが騒ぎ、炎上騒動となってしまいました。 しかしのちに誤解だったことが明らかになり鎮火しています。 勇気ちひろが生主で炎上! にじさんじロリ組・ 勇気ちひろはMirrativで放送していた生主が騒動を起こしました。 生主が勇気ちひろに対してあまり好きじゃないと発言したり、フォロワーの数を盛っている等の発言をしたためです。 放送を見ていた視聴者は勇気ちひろの放送に突入、ファンと入り乱れて炎上騒動になりました。 その後勇気ちひろのファンが生主の放送に突撃し批判、さらに住所も特定し生主は謝罪。 アカウントを削除し実質引退となっています。 にじさんじの女神・モイラが著作権問題で騒動に にじさんじの女神・モイラは星の王子様を朗読しましたが日本語訳バージョンは著作権的にアウトだったことが判明、のちに謝罪しています。 ストレートに謝罪しているため炎上というほどの騒ぎになることはなく、ファンからは気を落とさずに、元気出してというコメントがありました。 LoL大会でにじさんじライバー辞退騒動 にじさんじライバーの鳴神裁が、「いちから」株式会社の人事部長の副業に問題があると糾弾する動画を投稿しました。 いちからはにじさんじの大元の企業です。 バーチャルYouTuberファンなら知らない者はいない、VTuber界隈における大手企業の一つである。 メイン事業である「にじさんじプロジェクト」のバーチャルライバーグループ「にじさんじ」は、他企業のグループに比べて屈指のライバー数を誇り、界隈内での影響力も大きい。 引用:ニコニコ大百科 いちからはこの件について、副業についての動画はわかった、当人に確認するとしてVtuberが参加する予定のLoLイベントでライバーをドタキャンさせるという暴挙に出ました。 鳴神裁は解説として参加する予定だったイベントで、鳴神裁はこれについて逆切れだとコメントしています。 しかし不正告発動画でしたが、問題があるとも言われています。 人事広報部部長のきよのという名前を明らかにしてしまっているのです。 また、いちからの人事部長であり、にじさんじと直接関わりはないのに「にじさんじ人事部長」とタイトルをつけたため印象操作をしたとも言われました。 椎名唯華と本間ひまわりのロードモバイルで炎上 にじさんじ・椎名唯華がゲーム会社のPR案件で本間ひまわりとコラボ配信した際、視聴者への対応が原因で炎上してしまいました。 視聴者がチームに参加し本間ひまわりと対戦するコラボ企画だったのですが、勝ちたい気持ちが勝り弱い視聴者を名指しで「頑張ろう」とコメントしてしまったのです。 自主的に脱退することを迫るようなコメントをした椎名唯華とは反対に、本間ひまわりが優しく接したため視聴者が奪われる展開となりました。 元々椎名唯華は配信予定を守らず寝過ごしたり忘れてすっぽかすことが多く、日々の行いもあって炎上した形です。 前世はこみみ?炎上してた? 椎名唯華の前世はこみみというゲーム配信者だと特定されています。 こみみの頃は頻繁に炎上して不安定になってしまった時期もあり、配信を切ってしまうこともありました。 「姫プ」と呼ばれる他の強いプレイヤー頼りの配信だったため、ニコニコ生放送で散々な扱いだったのです。 マイクラでも炎上!配信サボる常習犯? 配信予定を何度も変更したり配信が数日間ないこともあったりして、視聴者の一部がアンチのようなコメントをすることもありました。 それに対して椎名唯華もマイクラ配信中にイライラして視聴者を驚かせたことがあります。 また、配信をサボっている間に前世こみみ時代の囲いとゲームをしていたという噂がありました。 最早配信をサボる常習犯であり、椎名唯華本人も頑張れない時があると言っています。 そんな椎名唯華をファンが甘やかす、というのが日常です。

次の