マキマ 正体。 チェンソーマン・マキマの謎~正体は?何の悪魔と契約?真の目的は? | 8ラボ(はちらぼ)

【チェンソーマン】マキマの能力や正体を徹底考察!死亡説の真相とは|大漫画時代

マキマ 正体

Contents• 【チェンソーマン】74話 マキマの正体は悪魔!? 最新話 ネタバレ アキはバディである天使の悪魔の病院を訪れていました。 天使の悪魔は、闇の悪魔と戦って両腕に重傷を負っていました。 アキと天使の悪魔の運命は如何に? 【チェンソーマン】「キミ アキくん が死んだらキミまで夢に出てきそうだ」天アキ本当に尊い…尊い…。 目の前で誰も死ぬところを見たくないアキくん。 アキくんが死んだら夢に出てきそうでヤな天使くん。 案外ふたりとも似た者同士じゃないですか。 未来の悪魔は、 デンジによってアキとパワーが殺されると宣言していたのでした。 アキは、 天使の悪魔に助けを乞うのでなく、死んだ後の話をしにきたのです。 両腕のない悪魔は処分される恐れがあるため、アキと岸辺で推薦状を作成していました。 この推薦状があれば、公安と契約することができて、生き永らえるかもしれないそうです。 天使の悪魔は、公安一の悪魔嫌いであるアキの変わりように少し驚いた様子です。 対してアキは、淡々としている上に、明日、銃の悪魔に会いに行くため、これで会うのが最後かもしれないと告げるのでした。 しかし、 天使の悪魔は、自分の力で武器になった人間が夢に出てくるので、このままだとアキまで夢に出てきそ寝覚めが悪い、アキが生きる事に協力すると言い、マキマに相談することを提案します。 「デンジとパワーには生きて幸せになてほしい」涙を浮かべるアキ なんでアキくんの涙がこんなに尊く感じるかってそりゃ、デンジやパワ子の前では絶対吐露しない感情・表情をこの話数まで溜めに溜めて爆発させてるからなんだよ。 天使の悪魔は、チェンソー(デンジ)に殺されないために、公安を辞めて逃げればいいと言いますが、アキは乗り気ではありません。 そんな話をしながら、アキはふと、どうしてマキマの事を好きになったのかと疑問に思いますが、何故か思い出すことができません・・・ 海辺ではマキマが待っていました。 アキは、マキマに未来の悪魔のことを話し、 デンジとパワーには生きて幸せになってほしいという自分の思いを、涙を流しながら吐き出します。 マキマの命令「契約しなさい」正体は悪魔か!? このコマのマキマさん、太線が全くなくて凄く透明感ある作画なのに目とセリフの禍々しさが強烈 影の付け方も薄くて主線を描いていない部分もあるのに迫力と不気味さが感じられるて本当に好きな作画です — 拝鵜湯 週刊少年ジャンプネタバレ注意 tanosiiyakiniku すると、 マキマは、自分と契約することを提案してきました。 アキの全てをくれるなら、力をあげると言うマキマに戸惑うアキですが、マキマの様子が少し変異し、 「これは命令です。 契約するといいなさい」と言ってきました。 目がいかにも操作をしているというような、ヤバイ目です! 天使の悪魔 の過去 【チェンソーマン】突如天使くんの脳内に溢れ出した、存在しない記憶。 かつて彼が暮らしていた村。 村人たちは友好的に接してくれたりととても優しい世界でした。 思った以上に優しい世界だ………。 「人間は苦しんで死ぬべき」と断言できるはずがないくらい、逆に好きになれてもいいほどに。 それは、 天使の悪魔が最初にいた場所でした。 そこには、天使の悪魔に、言葉を教え、家を建てて、海の潜り方を教えてくれる人たちがいました。 そして天使の悪魔が好きになり、天使の悪魔を好きなってくれた人もいました。 どうして、こんなことを忘れていたのだろうと疑問に思う天使の悪魔は、マキマが自分にしたことを思い出そうとします。 過去のマキマは、天使の悪魔に「キミの力を私に見せて。 これは命令です」と言ってきました。 すると、突然、夜になり足元には村人たちが倒れていました。 「契約します」その言葉は真意か!?操作か!? 【チェンソーマン】アキくんも、まるで何者かが乗り移ったように、洗脳されたように、「契約する」の一言。 これまで敬語で接していたのに「契約します」じゃないのがもう洗脳されてる感パネェ…。 【チェンソーマン】74話 マキマの正体は悪魔!? 最新話 感想 アキと天使の悪魔の関係が良い雰囲気のように思えました。 互いに深く干渉していないように思えながらも、理解し合っているようで、両方とも死んでほしくないと願ってしまいます。 しかし、 マキマによって、天使の悪魔も過去に何かを奪われたようだし、今度は、アキが奪われようとしているので、マキマが悪役に見えてきました。 どうかアキとパワーが殺されるという未来が変わってほしいです。 【チェンソーマン】74話 マキマの正体は悪魔!? 最新話 伏線・考察 今週の何が辛いって「マキマさんが明確に仲間に危害を加えた」描写があるってところなんですよね 昨日仕事仲間と飲んだお酒を懐かしんでいたのに 2人で一緒に観た映画で涙を流していたのに 結局は目的の為に仲間を利用していたんですよね 天使は悪魔だから言い訳出来るとしても — 拝鵜湯 週刊少年ジャンプネタバレ注意 tanosiiyakiniku マキマの素性が更に奥深くなったように思えます。 マキマが、わざわざ「契約する」という言葉を使っているので、 実は、マキマって人間ではなく、悪魔なのかもしれません。 また、天使の悪魔の過去シーンから、マキマが、天使の悪魔を味方につけるために、村人を殺したのかもしれません。 天使の悪魔が過去を忘れていたことや、アキが契約を誓ったことから、どうやら、 マキマには人を操る力があるようです。 実際、デンジもマキマに口説かれて公安のデビルハンターになっていますからね。 いずれにしても、 今度の銃の悪魔との戦いで、アキが死ぬか死なないかが、一番の注目の的になると思います。 【チェンソーマン】74話 マキマの正体は悪魔!? 姫野先輩がゴーストに、そしてアキくんがマキマさんに。 すべてを託す。 ホントマキマさん何考えてんのか分かんねえしコワイ。 さっぱり思い出せない様子。 アキは デンジに「 明日から仕事に復帰するから、パワーのことは任せると」言いますが、ここで電話のベルが鳴り響きます。 マキマは アキの要望通り、銃の悪魔討伐戦に 特異4課は不参加でいいと言いますが、 デンジと パワーには、「 一時的に退魔7課に異動して、悪魔討伐に参加してもらう」と言います。 デンジと パワーは作戦に参加すると言い、 アキも参加すると宣言しました。 銃の悪魔はどこにいる? マキマは アキたちに 銃の悪魔が既に拘束されていることを伝えます。 【チェンソーマン】肉片所持量と、銃の悪魔が13年前出現したときの各国上陸滞在時間と比例している件。 偶然かもしれませんが考察材料にはなれるでしょう。 ソ連だけ異様に長いのは何か起こっていそう。 例えばそう、そこで銃の悪魔を狩っていたとか…。 銃の製造は国際法によって、厳しく取り締まられています。 人間が作った銃は都合が悪いため、売買している人たちは、 銃の悪魔と契約して手に入れたことにしているそうです。 このようにして銃の恐怖が増すことによって、更に 銃の悪魔は恐れられます。 そのため銃の悪魔の肉体を多く持っている国は、 他国に対してより強くでれることになるのです。 つまり、銃の悪魔を倒しに行くというのは、「 他国との戦争」のようなものになるだろうと、 マキマは推測します。 未来の悪魔が未来を予言する マキマの話に落ち込むアキに、パワーは簡単な話だと言い、デンジはビビっているのかと問います。 アキによれば、銃の悪魔を倒しに行くと言うのは、他国から「奪う」ことを意味すると言います。 つまり、銃の悪魔は永遠に倒されず、ずっと誰かに利用されながら存在し続けるのです。 デンジは、マキマから銃の悪魔を倒したら願いを叶えると言われているため、そんなハズはないと言います。 すると、突然、アキが目を痛がります。 その夜、アキは、自分が契約している未来の悪魔に、昼間に見せたのは何かと問います。 未来の悪魔は、「キミとパワーはデンジにグチャグチャに殺される。 その後悪魔に最も恐れられる悪魔が現れるだろう」と宣言するのでした。 【チェンソーマン】マキマの思惑とは?原作 最新 73話 感想 やはり マキマは銃の悪魔討伐戦の辞退を許しませんでしたね。 また、 マキマが残酷にも銃の悪魔討伐戦が「 戦争」になることを認めました。 マキマが 他国との戦争を望んでいるように思えて、 マキマの優しさが全部嘘のような気がしてきて、怖くなってきました。 デンジに叶うはずのない約束をするというのもまた、意味深に思えました。 アキは平和を望んでいそうなので、 アキにとっては残酷なストーリーになってしまいましたね。 【チェンソーマン】マキマの思惑とは?原作 最新 73話 伏線・考察 マキマが戦争を否定しないということは、 マキマの狙いが 日本という国を強く見せることにあるのかもしれません。 他国を打ち負かし、 世界征服なんてことも考えているかもしれませんね。 ますます マキマの闇が深くなりました。 また、 デンジとの約束も今後のキーになると思われます。 マキマは叶いもしない約束を デンジとしたのでしょうか? マキマは デンジに執着しているので、本当の本当は、 デンジの力によって 銃の悪魔を倒してくれることを願っているのかもしれません。 また、最後に アキと パワーの 死が予言されましたが、この二人がいなくなると、 デンジへのダメージは凄まじいハズです。 未来を変える何かが起こることが予想されると思います。 【チェンソーマン】マキマの思惑とは?原作 最新 73話 Twitter民の評判 【チェンソーマン】今週のセンターカラーはアキくん。 銃って使い手次第で獲物を狩る道具にも殺人兵器にもなりますからね。 銃そのものが絶対悪とは言い難い。 TwitterやAmazonのレビューなどでも、 「面白い」「完成度が高い」「構成が巧い」など、ポジティブな声が非常に多いです。 現代の日本を舞台としており、 公安の「デビルハンター」たちが自らも「悪魔」と契約しながら、「悪魔」たちを対峙していくという、ダークヒーロアクションストーリーです。 「恋は盲目」で、2013年11月期「クラウン新人漫画大賞」で佳作を受賞し、2014年に「ジャンプSQ. 19」にて読切が掲載されました。 藤本先生にとって、「チェンソーマン」は、連載2作品目になります。 週刊少年ジャンプ【チェンソーマン】主人公 「デンジ」 ヒロアカにチェンソーマンのデンジくん出てるってついさっき知った — ワンダフル onnseiSP 主人公は「デンジ」です。 父親の借金のせいで極貧生活を余儀なくされていましたが、ひょんなことから、 公安所属のデビルハンターになりました。 1 6歳(自称)で、身だしなみは汚いし、喋り方も子供っぽく、常識人とは随分とかけ離れています。 極貧生活の影響か、幸せを感じる基準が随分と低く、口に入るものは何でも食べます。 ストーリーの中では、何故か、デンジが契約した「チェンソーの悪魔」が狙われており、何かと危険に晒されてしまいます。 1人で行動することが少なく、他のデビルハンターに面倒を見てもらいながら生活をしています。 彼女は、「公安対魔特異課」という部署に所属しており、地位はかなり上のようです。 デンジを公安のデビルハンターに引き入れた張本人であり、デンジの憧れの存在でもあります。 容姿は美しく、綺麗な女性なのですが、その本性はミステリアスで、契約している悪魔の詳細も不明なのです。 その能力は異常なほど強く、銃撃されても死ななかったりと、かなり人間離れしています。 デンジにとっては頑張る動力でもあり、マキマ自身もデンジに、やたらと執着しているのですが、その本当の目的は不明です。 しかし、食べ物に苦労してきたせいか、 ちょっとした食べ物にも幸せを感じたりと、幸せを感じる基準がかなり低過ぎて、時たま、ピュアなキャラクターにも見えてしまいます。 作品全体がグロテスクではあるのですが、ふっと和やかなひとときは、デンジのピュアすぎる心が作り出してくれているのだと思います。 デンジの不思議と嫌いになれない、愛くるしい性格を見ていると、ついつい、応援したくなってしまいます。 そんなマキマの存在が、この「チェンソーマン」のストーリに深みをもたらしていると思います。 彼女は優しさも持ち合わせているので、仲間の死に感情を見せる一面もあるのですが、悪い悪魔たちには容赦がなく、若い美女の悪魔にも剣を振りかざします。 マキマ自身が契約している悪魔は、全く分からないのですが、異常に強い悪魔と契約しているであろうことは明確です。 マキマの思惑が、このストーリーの重要なキーになっていると思います。 代表的なキャラクターとして、「パワー」があげられます。 彼女は、女性の公安デビルハンターなのですが、一人称が「ワシ」で、老人のような話し方をします。 デンジよりも常識がないので、デンジと一緒に登場してくると、話がおかしいほどに荒れます。 他にも、「アキ」という公安デビルハンターは、見た目も性格もクールなのですが、マキマに好意を持っていたり、悪魔相手に熱くなったりと不意に気性が激しくなる時があります。 そんなおかしなキャラクターたちが、この作品の面白さを倍増にしてくれます。

次の

【チェンソーマン考察】 マキマさんは「映画の悪魔」と契約している?(検証)

マキマ 正体

今回のマキマさん それではまず、マキマさんの行動からまとめていきます。 これは ピンツイちゃんが公安職員に吐いたセリフをそっくり真似したものです。 これは直前にデンジ君が首を落とされた攻撃と同じものをクァンシ一派に仕返しました。 ちなみにこのとき「田舎のネズミのほうが好き」と言っていますが、デンジとレゼは「都会のネズミか田舎のネズミか」という次元で話しているのに対し、 マキマさんはネズミより上の捕食者または駆除者という立ち位置から語りかけているのが印象的でした。 次に今回浮上した謎について考察していきたいと思います。 マキマさんは傷を自力で完治させることができます。 というより、 攻撃自体をなかったことにしている可能性があります。 今回のマキマさん 闇の悪魔との戦いで満身創痍になっています。 吐血をしており、服も汚れています。 なのでマキマさんは 怪我を完治させているよりは 攻撃自体をなかったことにしていると思われます。 これはなんらかの能力により相手の攻撃を真似できると考えた方が自然かもしれません。 このことはまだ詳細は分かりませんが、同じセリフを吐いたり手順をしたりすることと何らかの関係がある重要な要素だと考えています。 ただ単に性格が悪いだけで煽る行為をやっている可能性もありますが、 能力発動となんらかの関わりがあることも捨てきれません。 ただ姫野先輩の師匠は岸辺先生なので、岸辺先生から何かマキマさんのことを聞いていた可能性もあります。 という条件がありますが、岸辺先生の動きを察して心を折りにきているのかもしれません。 クァンシ様との元バディという関係も認知していたはずなので、見せしめに目の前で殺した可能性もあります。 天童ちゃんが「一端のデビルハンターじゃ契約している悪魔を知ることはできない」と言及していましたが、別の理由がありそうな気がします。 前回は神社を貸し切っていたため、 公安メンバーの目隠しをする=能力を他人に見られないという図式が出来上がっていたのですが、 今回、クァンシ一派は目隠しをしていません。 ということは 「相手に見られても問題なく発動できる」とも考えることができます。 ここから考察するに、今のところ目隠しをしているのは 天童ちゃんが話していたとおり「マキマさんは内閣官房長官直属のデビルハンターなので、一端の職員が知ってはいけないトップシークレット」ということになってしまいます。 また、クァンシ一派が目隠しをせずに岸辺先生と吉田くんが目隠しをしたのは、クァンシ様たちは死人になるため、ネタバレをしても問題はないという答えになります。 また今回は粉塵の中からマキマさんが武器を持って登場しているため、契約の悪魔の能力を使用したあと、マキマさんが姿を表したことが分かります。 ちなみに、銃撃事件の際も作中の描写は能力発動後からのシーンとなっておりました。 この二回の描写から分かったことは 「マキマさんは職員に目隠しを強要するトップシークレットの悪魔と確かに契約しており、初動能力発動時に悪魔の姿は見える。 戦闘中または能力継続中は悪魔の姿は見えない」 というところまでとなります。 何かの悪魔の心臓持ちの可能性ももちろん捨てきれませんが(映画館の回でデンジくんとマキマさんだけが同じ感受性だったのは悪魔の心臓持ちだからという説もファンの間にあります) その場合、 「服が綺麗になっている」という理由が説明できないのが今の現状です。 まとめ 今回はマキマさん登場により、かなり盛り上がった回となりました。 マキマさんの異質さは惹かれるものがありますね。 これからも引き続きマキマさんの考察を続けていこうと思います。

次の

雑考:マキマの正体 ;チェンソーマン考察|F:F:F|note

マキマ 正体

マキマは何の悪魔と契約してるのか? マキマって時々不思議な力を使いますが、これって何の悪魔と契約してるのでしょうか?そもそも本当に人なのでしょうか? そこで、マキマのこれまでの言動や事件を振り返って考察してみましょう。 しかし、その後、京都駅でマキマは新幹線から降りてきた。 服は血まみれ。 中にいた殺し屋たちは全員、お腹に大きな穴が開けられていた。 まとめると、 ・銃で討たれて重傷だったのに復活してる ・大きな穴が開くような凄い攻撃ができる(悪魔による攻撃?) 何か触手のようなものでお腹を一撃で貫かれたような感じでした。 吉田ヒロフミが契約してる蛸の悪魔みたいなものを想像させます。 例えばイカの悪魔と契約していて、吉田ヒロフミのように自由に使いこなしてるのかも。 ただし、死にそうな重傷から復活したことから普通の人間ではないでしょう。 マキマは遠い京都から「対応」すると言うのだが…。 是非にご一読頂ければ幸いです! コミックス1巻〜2巻も大好評発売中!! — 林士平(りんしへい) SHIHEILIN 敵の狙いはデンジだと分かったマキマは、今から東京へ行っても間に合わないことから、京都で対応することに。 京都公安の黒瀬に 「法務省から終身刑以上の犯罪者を30人ほど借りてきて」 天童に 「近くにあるできるだけ標高が高い神社を一つ貸し切って」 と依頼。 その後、東京にいた日本刀の魔人(サムライソード)の部下の男に異変が。 何か変な感じがすると言っていた男が突然、ぺしゃんこに潰された。 潰されたが、死体の破片は残っていない。 洋服と血だけが残ってる。 それとも肉や骨も形が残らないくらい潰されたのか。 他の男たちも同じように上から潰されて殺される。 京都ではマキマは何をやっていたか? ・自分以外に目隠しをさせた(黒瀬や天童も) ・死刑囚を座らせている ・両手を合わせて印を組んでいる ・死刑囚にこれから殺す男の名前を言わせる ・両手をこすり合わせて手のひらを押し付けると、東京の男が潰れた ・名前を言った死刑囚は死んだ。 ・東京の現場では白い鳥が飛び立った ・京都の神社の上空では黒い鳥が飛んでいた まず標高の高い神社を指定していることから、上空から人工衛星のような感じで遠距離の状況を把握できるのかもしれません。 そして寿命(命)と引き換えに名前を言った人の命を奪う能力があります。 名前の魔人?うーん、怖くなさそう。 恐怖とは関係なさそうだし。 でも死の悪魔だったら根源的恐怖になるから、とても強力かも。 殺す際は両手をこすり合わせて潰すことができるようです。 チェンソーマン、謎が深まる急展開が終わりのセラフみたいでめっちゃ面白くなってきた! てかマキマなんなの? — 税込1890円のタナトス 1890Thanatos 悪魔が殺すのではなく、自分で殺してるところを考えると、マキマは人間ではないのは明らかですね。 となると魔人か。 マキマはデンジと初めて出会ったときに、人間と悪魔の2つの匂いがすると言ってました。 マキマは鼻が効くようですが、魔人もそういう匂いに敏感だとされるので、マキマは複数の能力が使える魔人なのかもしれません。 魔人とは人の死体を乗っ取った悪魔で、頭の形状が特徴的です。 人の姿をしていても人格は悪魔そのものです。 天使やパワーのように人と変わらない容姿の悪魔もいるので、マキマも人と同じ容姿なだけで、実は何かの魔人という可能性があります。 黒瀬や天童に目隠しさせたのは、見ることで何の悪魔か推測されるのを避けるためでしょう。 マキマは内閣官房長官直属のデビルハンターで、契約してる悪魔を知ることはできないそうですから。 そして鳥が飛んでいたのは、何かの暗喩的な表現なのか、それとも鳥を使役して衛星のように上から見ることができるのか。 そしてマキマに対して、 「お前がどんな非道を尽くそうと、俺の飼い犬を殺そうと、人間様の味方でいるうちは見逃してやるよ」 それに対してマキマは 「私は悪魔から1人でも多くの人を救いたいだけ」 という。 つまり、 岸辺からはマキマは人間じゃないとはっきり言われてます。 人間じゃないけど、人間の味方をしてるうちは岸辺も「殺さないよ」と言ってるわけです。 人間じゃないとすれば、魔人しかありえません。 問題は何の悪魔なのかですが。 マキマは銃の悪魔をとても殺したがっています。 それは多くの人間が犠牲になったから憎んでいるようにも聞こえますが、 実は全く違う理由で銃の悪魔を殺したがってる可能性もあります。 マキマこそがラスボス、敵の親玉で、銃の悪魔は実は人間の味方だった、というふうになれば物語も一層盛り上がりそうですが。 チェンソーの悪魔は銃の悪魔と対抗しうるから、手駒として必要としてるのかもしれませんね。 そして銃の悪魔と契約したという話を聞きます。 その際に、ヤクザの親分に対して、組にいる銃の悪魔と契約してる人の名前を全て書くようにお願いします。 そして組員たちの親族の目玉が入った紙袋を差し出す。 それに怒った組員がマキマに殴りかかりますが、 マキマはその男をじっと見つめると、男は鼻血を流し、目や口からも血を流して死にました。 全く何をしたのか分かりません。 目玉を使うのはいかにも魔女っぽい行動です。 このことから魔女の悪魔説が出たのでしょう。 そして見ただけで殺すというのもかなり凄いです。 視界に入っただけで即死させられるならはっきり言って無敵です。 しかしこのことから何の悪魔か想像するのは至難の技です。 その際にデンジからマキマの名前が出ると、レゼはマキマのことを「魔女」と呼んでいました。 魔人でもなく悪魔でもなく、「魔女」? 魔性の女という意味での魔女ならいいけど、もしかして「魔女の悪魔」という意味では? 天使の悪魔がいるなら魔女の悪魔がいてもおかしくない!? 中世では魔女狩りがあったくらいだし、魔女とは超自然的な力で人畜に害を及ぼすとされた人間ですから、恐怖の対象としては強力ですし。 ビルのスキマに入ると、ネズミが大量にやってきて、人の形になり、中からマキマが出てきて、ネズミはいなくなりました。 ネズミを操ることができる能力を持っていると思われます。 また何か不思議な移動能力を持っているのかもしれません。 ネズミを操るというと、また魔女っぽい行動です。 これもマキマ=魔女の悪魔説を後押しする理由ですね。 そして忘れてならないのは、レゼの前に現れたマキマは、都会のネズミと田舎のネズミを踏まえた会話をしていました。 これはデンジとレゼ、早川と天使しかしていない会話です。 どこかで盗み聞きしたというより、何らかの能力で会話を聞いていたのでしょうね。 その方法は闇の悪魔の肉片を食べること? ただし、「マキマを殺す力」と具体的に言ってることから、 一度も地上へ行ったことのない超越者たる闇の悪魔はマキマのことを知っていたことになる。 マキマを知っているというよりは、マキマの契約してる悪魔が有名だから知ってるという感じか。 となると、マキマの悪魔は超越者、もしくは超越者なみの高位の悪魔なのかもしれない。 マキマを殺すのはそれだけ大変なのでしょう。 マキマが契約してる悪魔って何なんだろうね…。 破滅の日とは。 — プリン体 Ilz06kOHIGMB0UO 岸辺がマキマと会話したときに、 わざわざ「会話はマキマに聞かれてる」とメモに書いてました。 またゾンビじじいがデンジを狙う仕事を請け負ったときも、わざわざ紙に「マキマに聞かれてる」「マキマを殺せ」と書いてありました。 何の悪魔の能力か分かりませんが、世界中どこにいても会話を聞くことができるようです。 そんな諜報機関が欲しがるような能力、どんな悪魔なんでしょうね。 銃の悪魔とチェンソーの悪魔の対比 普通に考えれば、銃の悪魔が人間の敵、マキマが人間の味方に思えます。 でも本当にそうでしょうか? そこで、デンジが死ぬと誰が得をするのか?死なないと誰が得をするのか?という観点で考えてみましょう。 チェンソーの悪魔と融合したデンジが死ぬと、チェンソーの悪魔は地獄で蘇ります。 すると地獄でチェンソーの悪魔に殺された悪魔たちが現世に送り出されます。 現世に来た悪魔は人の死体を乗っ取り、欲望のままに暴れるでしょう。 逆にデンジが生きているままだと、チェンソーの悪魔は現世にとどまり、地獄から現世に送り出される悪魔もストップします。 そういう意味では、人間側にはデンジは生きてる方がいいし、悪魔側には死んで地獄に戻ってもらった方がいい。 次に、世界各国の状況を見ると、どの国も魔人やデビルハンターを戦力として保有しています。 国のバランスを保つためにも、悪魔は必要です。 強い悪魔を持っていればそれだけ有利になりますから。 だから悪魔がこの世界からいなくなっては困るわけです。 だからデビルハンターを使って人間に害をなす悪魔を殺す一方で、どんどん現世に悪魔に来てもらいたい。 このサイクルを維持することで自国のパワーを維持したい。 となるとデンジを殺してしまう方が得と言えます。 ただし、世界各国がデンジを殺そうとする中で、デンジを餌にして各国の戦力を削ぐことができるなら、デンジは手駒として使えることになります。 今、クァンシら、刺客に狙われているわけですが、日本政府やマキマはデンジを餌にライバルを減らそうとしてるのかもしれません。 それでも最後はサイクルを回すためにも、デンジを殺そうとするだろうけど。 まあ、これはマキマが政府の直属の人間であり、政府の意向を汲んでいることが前提です。 もしマキマが政府と全く別の思惑(人間の味方ではない?)で動いてるとしたら、最後に大どんでん返しがあるかもしれませんね。 マキマの正体まとめ 53話で天使が悪魔について語っています。 人がその名前に恐怖する限り、別の個体になって蘇ると。 闇や地獄、銃やチェンソーなど、その名前に対して根源的な恐怖を感じるものほど強い悪魔になる。 じゃあ天使は怖いのか?というと、人間にとって見たことのない想像上の存在であり、畏れ敬うべきものという認識があるから、一応恐怖にはつながる。 ではマキマは何の悪魔か? ラスボス並みのものというと、 神、悪魔、地獄、死、恐怖、核、放射能、疫病などが思いつきます。 神や悪魔なら何でもできそうだし、マキマにちょうどいいかもしれません。 ただし、世界中の会話を聞けることから、案外ストーカーの悪魔の可能性も。 ストーカーって不安だし怖いですからね。 チェンソーマンをzipで無料ダウンロードするのはヤバい!? 今って漫画とかネットで無料でダウンロードしたり閲覧できるサイトがありますよね。 かつての漫画村のような海賊版サイトが。 「タダで読めるなんてええなぁ!」 そう思って、以前試してみたことがあったのですが、結論を言うと出来ませんでした…。 海賊版サイトは調べるといくつかあるのですが、いずれも海外のダウンロードサイトを利用しています。 ダウンロード画面では 無料プランと有料プランがあります。 30日プランとか90日プランとか複数用意されています。 私は課金するつもりは一切ないので、「Free」で試してみました。 しかし無料プランだと数字を入力するときに突然、別の怪しいページが開いてしまい、 パソコンのセキュリティソフトが激しく反応してしまいました。 もちろん、慌てててページを消しましたけど、怖くてダウンロードできませんでした。 でも、ここで諦めるのはもったいない! そう思って再度、ダウンロードしようとしたら、 「次のダウンロードまでは11時間21分待ってください」 と表示されて、膝から崩れ落ちました(笑) おそらくプレミアム会員とかになれば、この待ち時間はなくなるのでしょうね。 ただしプレミアム会員だとクレジットカードを怪しいサイトに登録しないといけません。 私はカード情報が漏れるのが怖くて登録できなかったです。。。 いずれにしろ、 チェンソーマンのzipファイルを無料ダウンロードしようとすると、怪しいウイルスに感染するリスクがかなり高いことが分かりました。 安全に無料でチェンソーマンの最新刊を読める方法がある!? チェンソーマンの最新刊を海賊版サイトで無料ダウンロードしようとすると、怪しいウイルスに感染する確率がかなり高いと説明しました。 実は、ウイルス感染の危険を冒さなくても、 無料でチェンソーマンを読む方法はあるんです。 それはズバリ、 U-NEXT ユーネクスト です。 U-NEXTは漫画が26万作品あり、洋画・邦画の映画が8100作品も見放題の日本でも有数のエンタメが楽しめるサイトです! 「チェンソーマン」はもちろん、ジャンプ系の「ワンピース」や「ヒロアカ」「鬼滅の刃」「ブラッククローバー」などの単行本最新刊もしっかり押さえてます! 見放題の作品を見るには月額会員になる必要がありますが、大丈夫です! U-NEXTは31日間の無料トライアル期間があるので、継続して利用しない、という方でも安心して解約できます。 ちなみにチェンソーマンもアニメ放送が始まれば翌日には見放題です! 私はつい夜更かしして鬼滅の刃のアニメ全話を一気にみてしまいましたが笑 31日間の無料トライアル期間が終わる直前に解約してしまえば全く料金は発生しません。

次の