お 加減 いかが です か。 お加減の意味とは?お加減はいかがでしょうかなどの使い方を例文で紹介

お加減の意味とは?お加減はいかがでしょうかなどの使い方を例文で紹介

お 加減 いかが です か

「いかがでしょうか」と「どうでしょうか」正しい使い方 「いかがでしょうか」という言葉は、 相手に対して改まって聞くという意味があります。 そのためお客さんや上司に対して意見や感想を求める際に使用できます。 では、「どう」に丁寧語の「でしょうか」をプラスした「どうでしょうか」という表現は敬語として正しくありません。 「どうでしょうか」の場合は改まって聞くという意味がないため、上司やお客さんには使えないでしょう。 そのため、丁寧語ではありますが、尊敬語ではないので注意が必要です。 また「どうでしょうか」にはそのまま疑問に思ったことを相手にぶつける印象があり、相手への問いかけだけでなく、自分も考えている、試行錯誤であるというイメージを伝えてしまいます。 「いかがでしょうか」は上司やお客様に尋ねるときに使い。 「どうでしょうか」は同僚や先輩など、比較的に関係が近い相手と疑問を共有する場合に使用できると覚えましょう。 同僚とのやり取りは仕事を円滑に進めるために不可欠です、以下では上司や同僚とのやり取りの際のコツや、注意点について解説しています。 この記事と合わせて仕事場でよい関係を続けていきましょう。 「いかがでしょうか」と「よろしいでしょうか」の使い分け 「どうでしょうか」を取り上げましたが、 近い表現で「よろしいでしょうか」があります。 この「よろしいでしょうか」は「いかがでしょうか」と同じ丁寧ないい回しですが、その違いは相手に与える印象です。 もととなる言葉を紐解くと、 「よろしいでしょうか」は「いいですか?」「よい?」という意味であり、相手に了承を求める意味であるとわかります。 「いかがでしょうか?」は「どうですか?」「どう?」と尋ねる意味であるため、相手に意見を求める言葉です。 このように違いを理解しておくとコミュニケーションで齟齬が生まれることはないでしょう。 「いかがでしょうか」を使った例文集 「いかがでしょうか」を正しく使った例文は以下の通りです。

次の

お加減の使い方|類語とお加減いかがですかの意味とは?

お 加減 いかが です か

「いかがでしょうか」と「どうでしょうか」正しい使い方 「いかがでしょうか」という言葉は、 相手に対して改まって聞くという意味があります。 そのためお客さんや上司に対して意見や感想を求める際に使用できます。 では、「どう」に丁寧語の「でしょうか」をプラスした「どうでしょうか」という表現は敬語として正しくありません。 「どうでしょうか」の場合は改まって聞くという意味がないため、上司やお客さんには使えないでしょう。 そのため、丁寧語ではありますが、尊敬語ではないので注意が必要です。 また「どうでしょうか」にはそのまま疑問に思ったことを相手にぶつける印象があり、相手への問いかけだけでなく、自分も考えている、試行錯誤であるというイメージを伝えてしまいます。 「いかがでしょうか」は上司やお客様に尋ねるときに使い。 「どうでしょうか」は同僚や先輩など、比較的に関係が近い相手と疑問を共有する場合に使用できると覚えましょう。 同僚とのやり取りは仕事を円滑に進めるために不可欠です、以下では上司や同僚とのやり取りの際のコツや、注意点について解説しています。 この記事と合わせて仕事場でよい関係を続けていきましょう。 「いかがでしょうか」と「よろしいでしょうか」の使い分け 「どうでしょうか」を取り上げましたが、 近い表現で「よろしいでしょうか」があります。 この「よろしいでしょうか」は「いかがでしょうか」と同じ丁寧ないい回しですが、その違いは相手に与える印象です。 もととなる言葉を紐解くと、 「よろしいでしょうか」は「いいですか?」「よい?」という意味であり、相手に了承を求める意味であるとわかります。 「いかがでしょうか?」は「どうですか?」「どう?」と尋ねる意味であるため、相手に意見を求める言葉です。 このように違いを理解しておくとコミュニケーションで齟齬が生まれることはないでしょう。 「いかがでしょうか」を使った例文集 「いかがでしょうか」を正しく使った例文は以下の通りです。

次の

調子はどうですか /文例・敬語の使い方・意味

お 加減 いかが です か

目上かどうかは別にして、あくまでも仕事の上でのお付き合いですから、その辺の配慮は必要でしょう。 「親しき仲にも礼儀あり」を徹底しておかれた方が無難でしょう。 仕事上の付き合いですから、相手も仕事という環境下で考えます。 「この不景気で、くそ忙しいときに、機嫌がいいわけはないだろう!」 と、咄嗟に感じるでしょう。 あとは、こちらとしては親しいつもりでも、相手ははあくまでも取引がスムーズにいくための環境づくりの一環として、担当者と親しくしているだけかも知れません。 「お前さんと友達付き合いする気などサラサラない」と考えている場合も往々にしてあります。 特に取引関係に習熟した人になると、このようなケースは極普通です。 公私の区別を厳然とつけておられるので、注意をしておいた方が間違いは少ないでしょう。 取引先とのやり取りで上司の目につくような私情が入った文書は避けておいたほうがいいでしょう。 万が一トラブルがあったときに嫌疑を受けるもとになってしまうこともあります。 この辺が社会生活の難しいところです。 私の中で「お元気ですか?」も「お変わりないですか?」も「いかがお過ごしですか」も 「ご機嫌いかがですか?」も単なる「こんにちは」の代わりなだけで大した意味はないのですが・・・ (その後に文章は続きます) 私の職業の感覚はそんなに厳しくありません。 あれから周りにも聞いてみて、その言葉自体は非常識と言われるほど無作法な言葉ではないし、 最近気が立っている上司との感情の行き違いもあったと、今回の件は客観的に見てそう思いました。 (直前に上司の指示をどうしても素直に受け入れられず、違う提案をしてしまってました) でも気が立ってたとはいえ、気分を害すると感じる人もいるということだと。 大して意味も持たない挨拶言葉に、そんな危険な言い回しを使う必要はありません。 ありきたりでも万人が心地よい言葉を使うべきですよね。 今回の事に限らず、私の微妙な言い回しを注意されたのだと思う事にしました。 「そんなに悪くない」は私クラスの考えで、上司はもっと色んな経験をしている訳で 虫の居所が悪いとはいえ、そういう(気分を害される)事もあるから注意されたのだと 思えました。 皆さんのご指摘の通りですね。 今後の為にとても良い教えなので、前向きに改めたいと思います。 ご回答ありがとうございました。 「機嫌」は「快や不快」「安穏や鬱々」のような心の状態のみを指しているのではありません。 身体の健康状態や環境、状況を表す場合もあります。 あいさつとしての「ご機嫌いかが?」でしたら単に心だけでなく、広い意味で 「今貴方は、いい状態ですか?」との意味であると理解してよいと思います。 ですから、#1さんのくだけた表現で「元気でやってます!」でもいいし、 #4さんの「お陰様で家族も皆元気です」も、とても良いあいさつだと思います。 >もし相手がとってもエラーィ人だったら、どうなんでしょうか? そうですね、丁寧な表現で、返答したいとのことですよね、、、 「おかげさまで、清祥にて過ごしております」 「おかげさまで、安穏と致しております」 「おかげさまで、晴天の面持ちでございます」 なんていかがでしょう?あいさつとしての口語文ですので、 頭に「おかげさまで」を入れておりますが、 会話の雰囲気や相手との関係で、なくても(無いほうが)良い場合もあるでしょう。 「機嫌」は「快や不快」「安穏や鬱々」のような心の状態のみを指しているのではありません。 身体の健康状態や環境、状況を表す場合もあります。 あいさつとしての「ご機嫌いかが?」でしたら単に心だけでなく、広い意味で 「今貴方は、いい状態ですか?」との意味であると理解してよいと思います。 ですから、#1さんのくだ... Q いつもお世話になっております。 今日、学生時代の友人と久しぶりに会った時、当時の学校での挨拶が話題になったのですが・・・ 実を言うと、私が過ごした学校では、小等部から高等部まで一貫して、挨拶は「ごきげんよう」でした。 とにかく一日中「ごきげんよう」です。 朝に正門をくぐる時も、門に向かって「ごきげんよう」 朝の挨拶、帰りの挨拶、授業開始・終了も「ごきげんよう」 廊下ですれ違うシスターや先生、先輩方にも「ごきげんよう」 学校の往き返りはバス・電車通学でしたが、バスを降りる時も電車の改札口でも「ごきげんよう」・・・ 12年間(幼稚園も含めると15年間)もの間、一日中「ごきげんよう」と言っていましたが、卒業してからはトンと使った覚えがありません。 と言いますか、友人と言っていたのですが、使用法が分らないので(苦笑)使い様がありません。 これだけ頻繁に色々な場面で「ごきげんよう」と言っていましたが、正式には一体、どんな場面でどの様に使用する挨拶なのでしょうか? ちょっと、「ごきげんよう」を使ってもおかしくない年齢になってきたので、ここで一発、セレブな奥様への変身を試みているのですが(「一発」を使うところが、既にセレブではないのですが(苦笑))正しい使用法をご教示頂けたら幸いです。 何卒宜しくお願い申し上げます。 いつもお世話になっております。 今日、学生時代の友人と久しぶりに会った時、当時の学校での挨拶が話題になったのですが・・・ 実を言うと、私が過ごした学校では、小等部から高等部まで一貫して、挨拶は「ごきげんよう」でした。 とにかく一日中「ごきげんよう」です。 朝に正門をくぐる時も、門に向かって「ごきげんよう」 朝の挨拶、帰りの挨拶、授業開始・終了も「ごきげんよう」 廊下ですれ違うシスターや先生、先輩方にも「ごきげんよう」 学校の往き返りはバス・電車通学でしたが、バスを降り... Q 得意先のA子さんから、 「お加減はいかがですか?」 から始まる文章のメールが届きました。 私は、20代後半ですが マナー、一般常識にはまだまだ自信がありません。 ですから、この言葉をどう捉えるべきか悩んでいます。 この言葉は、病気の人を気遣う言葉だと思って いたもので・・疑問に思った次第です。 怖いです。 暇なときに、ご意見をお聞かせ頂ければ幸いです。 注意; 私は確かに現在病気ですがA子さんや、その周囲の方にその事を公言 した覚えはないです。 普段からマナーのいい印象の方だったので、余計に不思議です。 行きつけのお店の方&彼には言いました。 A ベストアンサー この質問は過去に何度か出されており、 多くの方の興味を弾くテーマなのだということが わかります。 こんにちは が歴史的には正しいです。 「今日は、お日柄もよろしく・・・(例)」などの 挨拶文の最初の部分だけが残った挨拶語ですから。 しかし、助詞の wa は「は」 と表記する約束に なっているだけで、 助詞という印象の薄れてしまった挨拶語として 「こんにちわ」 と書いても それはむしろ発音的には正しいということになります。 それで現在では両方の表記があるのでしょう。 「ha」の音は初期の日本語には存在せず、 「は」と書いて「pa」と発音していました。 次に平安時代に「fa」になり、 今では「は」は「ha」なんです。 助詞のwa を「は」 と書く、 助詞のe を「へ」で書く、 これは表記上の約束事です。 発音の変遷とは別テーマです。 歴史的に「を」は長い間 wo と発音されてきましたが 大正時代ごろからどちらもoになる傾向です。 地域的に・年代的に をwo と おo を区別して発音する人は いまもいらっしゃいます。 歌手などは、歌の意味をはっきりさせるために きちんと弁別して発音するので そうしたアーティストの影響をうけた若い方が をwo と おo を区別するようになっています。 この質問は過去に何度か出されており、 多くの方の興味を弾くテーマなのだということが わかります。 こんにちは が歴史的には正しいです。 「今日は、お日柄もよろしく・・・(例)」などの 挨拶文の最初の部分だけが残った挨拶語ですから。 しかし、助詞の wa は「は」 と表記する約束に なっているだけで、 助詞という印象の薄れてしまった挨拶語として 「こんにちわ」 と書いても それはむしろ発音的には正しいということになります。 それで現在では両方の表記があるのでしょう。 A ベストアンサー 「以」がつけば、以上でも以降でもその時も含みます。 しかし!間違えている人もいるので、きちんと確認したほうがいいです。 これって小学校の時に習い以後の教育で多々使われているんすが、小学校以後の勉強をちゃんとしていない人がそのまま勘違いしている場合があります。 あ、今の「以後」も当然小学校の時のことも含まれています。 私もにた様な経験があります。 美容師さんに「木曜以降でしたらいつでも」といわれたので、じゃあ木曜に。 といったら「だから、木曜以降って! 聞いてました? 木曜は駄目なんですよぉ 怒。 と言われたことがあります。 しつこく言いますが、念のため、確認したほうがいいですよ。 「以上以下」と「以外」の説明について他の方が質問していたので、ご覧ください。 goo. php3? 私が今の彼と付き合っていてつくづく思うのは、人って自分の思うようにはならないということです。 私には私の理想の付き合い方があるように、彼には彼の理想の付き合い方があります。 例えば、私は毎日でも連絡したいし、少なくとも週1は会いたいし、二人の休みが合ったときは一緒に過ごしたいし…などなど理想は尽きませんが、 私の彼は、連絡は会う約束をするときぐらいでよくて、会うのも2週に1度程度でよくて、二人の休みが合ったからと言って別に一緒に過ごさなくてよい…というのが理想と思っているように感じます(実際に聞いたことはありませんが…) そんな二人がお互いの理想を押しつけるだけではうまくいくはずがないと思っています。 そんなに我慢してまで付き合う必要はあるのかと言われればないのかもしれませんが、私は彼が好きで必要なので別れるなんて考えられません。 だからがんばっています。 例えば、 ・連絡が来ないとき、文句を言いたい気持ちを言い換えて「連絡してくれたらうれしいな」という言葉にしてメールや電話で伝える ・連絡してくれたときに、連絡してきて当然という態度ではなく、感謝の気持ちをもつ …などなど、本当は文句を言いたかったり思いきりふてくされたりしたいところを我慢して、前向きな表現に変えるようにしています。 〉電話で別れを告げたところ、がちゃ切りされました これは質問者様のことを好きなら相当ショックだったと思いますよ。 逆の立場で考えてください。 私も相手から電話で別れを告げられたら同じことしますよ。 〉でもその次の日、何事も無かったかのようにいつもよりやさしいメールが来て、仲直りしました。 ここから質問者様への思いを感じます。 相手の方も、自分の気持ちを分かってもらいたいのに分かってもらえず、それでも質問者様とは別れたくないと思っているのでしょう。 相手だっていっぱいいっぱいの感じがします。 それなのに… 〉あそこまで言わなければ、わかってもらえないのかと悲しくなりました。 私から言わせてもらえば、別れを告げた質問者様の方に問題があると思うのに、メールをしてくれるなんてとても優しい方と思います。 ここで本当に別れていたとしたら、それこそ今頃質問者様は激しく後悔していたと思いますよ。 そうさせなかったのは相手の優しさ・質問者様への思いです。 自分の気持ちだけでなく、相手の気持ちを考えるということをがんばってほしいです。 疑う気持ちは痛いほど分かります。 でも、寂しいとか辛いとかそういうことばかり言っていたら、相手だって「自分とは一緒にいない方がいいのではないか」と思ってしまいますよ。 相手は十分質問者様のことが好きだと感じました。 だから、相手の気持ちをもう少し信じてあげてください。 NO.7です。 私が今の彼と付き合っていてつくづく思うのは、人って自分の思うようにはならないということです。 私には私の理想の付き合い方があるように、彼には彼の理想の付き合い方があります。 例えば、私は毎日でも連絡したいし、少なくとも週1は会いたいし、二人の休みが合ったときは一緒に過ごしたいし…などなど理想は尽きませんが、 私の彼は、連絡は会う約束をするときぐらいでよくて、会うのも2週に1度程度でよくて、二人の休みが合ったからと言って別に一緒に過ごさなくてよい…というの...

次の