あつ森 エネルギー消費。 【最新情報】あつまれ どうぶつの森ではオノが重要アイテム!他にも嬉しい要素が…!

水素水が持久運動のエネルギー消費量を有意に低減~42.195キロの女子マラソントップ選手のエネルギー消費量に換算し、バナナ1本分(69.6kcal)に相当~

あつ森 エネルギー消費

超硬派のゲーム雑誌「ゲーム批評」の元編集長で、ゲーム開発・産業を支援するNPO法人「国際ゲーム開発者協会日本(IGDA日本)」元代表の小野憲史さんが、ゲーム業界の現在を語る「小野憲史のゲーム時評」。 今回は、「あつまれ どうぶつの森(あつ森)」の大ヒットで好調な任天堂の課題について分析します。 任天堂は好例で、連結業績の売上高が1兆2005億円から1兆3085億円と9%上昇。 純利益が1940億円から2586億円と33. 中でも象徴的なのが、ニンテンドースイッチ向けのゲーム「あつまれ どうぶつの森(あつ森)」で、発売から6週間で全世界1341万本の爆発的な売り上げを示した。 前作・前々作とも1000万本以上を売り上げた定番シリーズだが、発売から6週時点での売り上げは総売り上げの3~4分の1程度に留まっていた。 これだけの売り上げが1カ月半で達成されたことは、快挙だと言えるだろう。 元々「どうぶつの森」シリーズは、村の動物たちとスローライフを楽しむ内容で、2001年にNINTENDO64でオリジナル版が発売された時は、主流派のソフトではなかった。 何かを攻撃したり、破壊したりといったゲームが人気を集める中で、内容が異質すぎたのだ。 それがシリーズを重ねることで着々と支持を高めて、今回の快挙につながった。 コロナ禍という特殊事情もあるが、それだけでは説明がつかない。 異質なゲームを定番ソフトに育て上げた、任天堂のプロデュース力あってのことだろう。 このように、ゲーム業界ではこれまでも非主流派の中からヒットの芽が生まれ、爆発的な成功につながる歴史を繰り返してきた。 全世界で1億7600万本を売り上げたとされる「マインクラフト」は好例だ。 日本では小学生に圧倒的な人気を誇る対戦シューティング「フォートナイト」も同様で、いずれも関係者の期待を大きく上回ったタイトルだ。 ただ、こうした次世代に向けた視点で同社の業績を見ると、一抹の不安が残る。 2020年度の自社ミリオンセラータイトルに、オリジナルタイトルが「リングフィット アドベンチャー」「ASTRAL CHAIN」の2本しか存在しないからだ。 このうち「ASTRAL」は開発会社のプラチナゲームスによるもので、内製タイトルでのヒットは「リングフィット」のみとなる。 一方でスイッチにおける自社タイトルの売り上げ高比率は82. 8%にのぼり、自社頼みのビジネスが続いている。 同社の定番タイトルが売上を支えており、他社が入り込む隙間がないのが現状だ。 そのため社内の開発力が落ちると、業績に黄信号がともることになる。 そうした事態を防ぐためには、定番ソフトだけでなく、オリジナルタイトルのリリースが必要だ。 もっとも、スイッチはインディー(独立系)ゲームのラインアップが抱負で、定番ソフトとの住み分けが行われている。 消費者からすれば、選択肢が多すぎて目移りするほどだ。 大企業とインディーで、ゲームの規模や完成度が異なるのも当然で、インディーゲームのような規模のゲームを作る余裕があれば、定番ソフトの続編を早く出してほしいという声があがるのも、理解できる。 ただし、ゲーム開発者の世代交替が進む中、任天堂といえども後進の育成が求められていることは、言うまでもない。 そのためには若手に場数を踏ませることが重要だ。 前世代機のWiiU向けに発売された「スプラトゥーン」がスイッチでもヒットしているように、「あつ森」が大ヒットを記録している今だからこそ、次世代の種まきが求められているのではないだろうか。 山口県出身。 「ゲーム批評」編集長を経て2000年からフリーのゲームジャーナリスト。 2008年に結婚して妻と猫4匹を支える主夫に。 2011~2016年に国際ゲーム開発者協会日本(IGDA日本)代表として活躍。 退任後も事務局長として活動している。 本記事は「」から提供を受けております。 著作権は提供各社に帰属します。 予めご了承ください。

次の

ドイツが消費減税を導入へ 新型コロナ対策で

あつ森 エネルギー消費

25日、参考消息網は、中国でのエアコンの普及により、エネルギー消費量の増加が懸念されていると報じた。 写真はエアコン。 2018年5月25日、参考消息網によると、米メディアが「中国エアコン市場が爆発的成長を遂げており、それによってエネルギー消費量の増加が懸念されている」と伝えた。 米メディア・クオーツは23日付の記事で、「現在、中国でにおいて冷房のために使われているエネルギーは1990年の68倍で、この数字は今も速いスピードで上昇している」と指摘した。 記事によると、現在、空調設備に消耗されるエネルギーが世界で最も多いのは米国で、3億2800万人の国民がエアコン使用で消費しているエネルギーはアフリカ、南米、中東、アジア(中国を除く)の44億人の総消費量を上回っているという。 しかし、米国の空調設備に消費されるエネルギーの増加スピードと比べ、中国の増加は劇的であるため、中国は直に米国を追い抜くと見られている。 現在、中国におけるエアコンの増加はどの国よりも速いという。 その他に気温の高い国でもエアコンが急速に増加している。 例えば、1990年と比べ、インドの冷房使用で消費されるエネルギーは14倍増加した。 世界中の空調設備で毎年消費されるエネルギーは電力総消費量の約10%で、空調設備のためのエネルギーをつくることが大気中の温室効果ガスの増加につながるという。 記事は、国際エネルギー機関(IEA)の報告を引用し、「1990年と比べて、冷房のための温室効果ガス排出量は3倍となり、2016年の総排出量は11億3000万トンに上った」と説明した。 記事によると、IEAは、「この世界的なエアコンブームをコントロールしなければ、50年には上記の数字が3倍になる」と予測。 そうなると、世界中の空調設備のエネルギー消費量が中国の総電力需要量に相当するという。 さらに、IEAは「エアコンの効率を上げるための対策、あるいは再生可能エネルギーへの切り替えを急がなければ、温室効果ガスの排出に悲惨な影響を与える可能性がある」と警鐘を鳴らしているという。

次の

【パークスアソシエイツ社調査報告】スマートエネルギーソリューションへの消費者の需要 (2020年3月24日)

あつ森 エネルギー消費

さて、2月の終りに発せられた非常事態宣言から、はや3ヶ月。 基本、最低限の買い物と日課のウォーキング以外は、ずっと自宅で巣籠り生活を送ってきた。 この3か月間、ステイホームで何をしたかと振り返ってみると、「あつ森」(Nintendo Switchの『あつまれどうぶつの森』しか主だってやった記憶がない(気がする)。 ステイホーム開始当初は、運動不足対策として、トランポリンでピョンピョン跳ねながらプレイしていたのだけど、これがかなりきつく、5分くらいでギブアップしてしまうことに。 その後、トランポリンの上に仁王立ちして、体重を左右に交互に移動させる「ゆる運動」に移行したのだけれど、これだとあまりエネルギーを消費している実感が湧かない。 そして、ここに来て外出禁止要請がゆるく解除されつつある状況になって、やっぱりもうちょっと「あつ森ながら運動」を頑張ってみようと思い、今回「ながらクッション Smart」というフィットネスクッションを買ってみた。 足を乗せれば、椅子に座ったまま下半身のひきしめ運動も出来るので、プレイを邪魔せずに適度な運動が出来るようになる。 さすがに、この微弱な運動で痩せるかどうかは、何か月間か試してみないことには何とも言えないけれど、少なくとも、血流の促進にはなると思うし、「ただ座って遊んでるだけ感」という変な罪の意識から解放されそうなので、そのメリットは大きいと思う。 コロナ禍明けの薄着の季節は、もう到来しているわけで、今更遅いかもしれないけれど、ここはこれまでのステイホームの集大成として、毎日のあつ森時間を有効に活用しながら、自分の罪の意識と真摯に向き合っていきたい。 タグ :• コメント数:• by quasiminimalist 政府による 休校措置が発表されてから、今日で16日目になる。 我が子の通う学校では、結局授業が再開されることはなく、このまま休校から(簡単な終りの式を経て)、春休みに突入することになった。 さすがにもう2週間も家にいると、当初のトイレットペーパーパニックも治まった今、休校中の生活ペースというものにも、だいぶ慣れてきたように思う。 提出予定でやっていた課題ドリルプレッシャーからも、親子共々、今は解放されて、比較的穏やかな生活を送っている。 さてそんな休校中の今日この頃、我が家で変わったことがあるとすれば、 「牛乳を以前よりも多く買うようになった」ということ。 休校措置前は、牛乳は、私が朝飲むコーヒーに入れて飲むために週に1本程度買っていた程度。 今回の休校措置で、本来給食に出される予定だった牛乳が大量に余ってしまっているというニュースを目にして、酪農関係者や牛さんたちのためにも、牛乳の 購入量を増やそうと一念発起。 週に3本くらいを買うようになった。 使い道は今まで通り、コーヒーに少し入れて飲んだり、牛乳に浸したシリアル類を積極的に食べるようにしたり、牛乳そのものを飲み物として飲んだり、と頑張っているものの、もう少しクリエイティブに活用できないか、と思い、購入を決めたのが 自宅でヨーグルトが作れるヨーグルトメーカー。 これは、コロナ以前から「欲しいものリスト」に入れてあったものでもあり、今回ポテチを食べなかったり、1駅先に電車を使わずに行った時にコツコツ貯めている 「つもり貯金」が目標品額に達したこともあって、すんなりと購入に至った。 そして、届いたのが、こちら。 私はこれにオリゴ糖やキビ砂糖、おからパウダーなどを加えて、更に美味しくヘルシーに朝食で頂いている。 ヨーグルトメーカーで、プレーンヨーグルトの他にも、 カスピ海ヨーグルト、 ケフィアヨーグルト、麹、天然酵母、甘酒、発酵バター、味噌、納豆、水キムチ、ザワークラフト、豆板醤、麦芽玄米、果実酒、フルーツビネガー、などが作れるとのこと。 巣ごもり生活も長期化すると退屈してきたりするので、時々自家製の何かを手作りして、クリエイティブな刺激を得たり、経済にほんの少し貢献したり、健康の底上げをしたりして、なんとか残りの休校期間乗り切っていけたら、と思う。 タグ :• コメント数:• カテゴリ:• by quasiminimalist さて、2月の終りに突然始まってしまった学校の 休校措置。 この予期せぬ子供の自宅待機とホームスクーリング生活も、そろそろ10日くらいになる。 学校の勉強のサポートに関しては、学年末ということで、粗方学習が終わっている時期ということが幸いして、我が家ではそれほど厳しくは見ていない。 「学校チャイム」というアプリをiPadに導入して、実際の学校と同じような時間の初め終りに、いかにもそれらしいチャイム音を鳴らすことで、何某かの教科のドリルをやったり、その教科に少しでも関連づいた活動をすることで、 「学校のマネ事」的なことをして、ダラダラと過ごすかろうじて予防している、というそんな状況だ。 以下は、休校が始まってから、平日に我が家で取り入れている、学校の授業っぽい活動内容。 国語:読書、漢字ドリル 算数:計算ドリル 理科:市販の理科の参考書(口頭でクイズ形式で確認) 社会:テレビのニュースを観ながら、扱われているテーマについて意見交換 家庭科:料理(学校で習ったものを自宅で作って復習) 音楽:好きな歌を歌う 体育:トランポリン 図工:イラスト製作 さて、ここで完全に抜けているのが 「英語」。 我が子は、英語を 「難しい」と認識していて(実際に難しいのだけれど)、それが本人にとって英語の 苦手意識を増幅させてしまっている。 そして、英語を「難しい」だけではなく、 「つまらない」、「退屈だ」とまで捉えてしまっている。 そういった背景もあって、今回の休校が始まってからの「学校ごっこ」のメニューには、英語は加えられて来なかった。 そこで思いついたのが、我が子が 大好きなものを英語教育に活用してみよう、という試み。 それは、今、日本中の子供たちや引っ張られて観始めた大人たちを巻き込んで大ブームになっている漫画/アニメ 『鬼滅の刃』。 この漫画は、世界各国でも人気が出てきているそうで、英語に翻訳されたものも手軽に注文して入手することが出来る。 我が子も、ご多分に漏れず、『鬼滅の刃』の 大ファンで、コミックを始め、アニメも繰り返し何度も何度も観ていて、日がな一日登場人物たちのイラストを描いては、その世界に浸っている。 なので、今回、この『鬼滅の刃』の英語版コミック "DEMON SLAYER"を購入して、親子で漫画を音読しながら、英語への抵抗感を薄めていこう、という作戦を立ててみた。 成功の可能性のポイントとしては、我が子が既に漫画の内容を知っているので、いちいち、 翻訳の必要がない、ということ。 そして、好きなキャラクターがたくさん出てくるので、 親近感と 好感を持って、スッとその世界に入っていける、ということ。 それから、基本的に、私(先生役)と一緒に、交互に音読しながら感情を込めて読み進めていくので、ちょっとした 声優ごっこも楽しめる、ということ。 これまでつまらなくて、退屈に感じていた英語を、大好きなキャラクターになりきって発声しながら学べるので、本人のやる気やモチベーションもぐんと上がる。 さすがにこれは、ポスティングする人も目に入るだろうと思って。 この際、見た目や隣人の目は気にしないことに。 これまで帰省などで長期不在にする際にも、郵便受け内にチラシ類がたまり過ぎて防犯上よろしくないと思っていたし、帰省先の実家でも、郵便受けにチラシが溢れて留守宅だとバレで泥棒に入られるんじゃないかなど、常に気がかりだった。 チラシ類は、 郵便受けから自宅に持ち帰る 手間、 目を通す 手間、 紙ごみの場所に持って行って一定期間保管する 手間、 ある程度たまったら紐で縛って、紙ごみの日にゴミ捨て場に捨てに行く 手間、と名もなき手間のオンパレード。 時間泥棒でしかない。 もちろん、投函されるチラシから有益と思われる情報得ている人もいるのだろうけれど、私はそっち派ではなく、むしろ逆で、ゴミが投函されているように感じてしまう。 そして、1月中旬のある怒りの日から約1ヶ月経った今、この一ヶ月間を振り返ってみても、 郵便受けに放り込まれたチラシが 1枚もなかったことに、 新鮮な驚きを覚えている。 やっぱり効果はあったんだ! 勇気を持って、羞恥心を振り払って、お断りステッカーを貼ってよかった! ついでに、ステッカーのセットの1つである セールス・勧誘お断りステッカーも、玄関外のインターホン下に貼ってみたところ、 これまで一定数来ていた(そして煩わしかった)宗教や何かの勧誘のピンポーンも 一切無くなった。 こういった訪問勧誘は、中には有益なものもあるのかもしれないけれど、今の時代、有益な情報というのは、訪問営業以外でも得られると思っているので、私にとってはインターホン越しのやり取りの時間が削減される方に最も有益性を覚える。 「断る」というのは、誘いを受ける側にとっては少なからず 辛い行為であるので、この「断りの心労」が無くなったことも今回得られたプラスの要素だと思っている。 小さな時間や手間の積み重ねだけど、年間、生涯換算したら、けっこうな無駄時間の削減になると思う。 ちょっとした勇気で、この手間三昧だったチラシ処理や勧誘対応から解放されることになり、本当に嬉しい。 タグ :• コメント数:• カテゴリ:• by quasiminimalist 毎年、年始に 「新年の抱負」をいくつかその年の目標として掲げるのだけれど、ここ10年くらいずっと繰り越されているのが、 体重の減量。 結局は、自分の意志の弱さが問題なのだけれど、 「楽しみながら」という要素を加えることで、減量への努力は続けられるのではないかと思い、一念発起。 お正月太りと、冬の寒い時期の運動不足を解消したいという気持ちから、自宅で気が向いた時に出来るよう、トランポリンの購入を今回のつもり貯金の目標に設定してみた。 トランポリンは、自分が保育園に通っていた頃に、園に設置してあって、とにかく 「楽しい!」思い出のみが刷り込まれている。 運動でも、勉強でも、続けるコツは やはり、 「楽しみながら」だと思っている。 そしてトランポリンには、 「ダイエット効果」、「筋力アップ」、「体幹も鍛える!」効果が期待できるとのこと。 私は、ウォーキングは好きだけれども、走ったり筋トレをするのがあまり得意ではない。 でも、トランポリンの上でピョンピョン跳ぶのは、とても楽しくて 全く苦にならない。 これから、雨の日でも外出不要で手軽に運動できるし、テレビやYouTubeを観ながら跳んで筋力を鍛えることが出来る。 トランポリンの設置場所は、気軽に跳べるよう、キッチン&リビングの一角に決めた。 そして設置場所確保のために、これまで10年間くらい飾っていた人工観葉植物を手放したり、ゴミ分別収納カウンターを、別の部屋に移動するなどして、トランポリン用のスペースを強引に作った。 直径が102㎝もあるので、存在感は否めず、確かに部屋は狭くなるけれど、使わない時はソファ等に立てかけておけるので、気にしなければ暮らせる感じだ。 マンション住まいなので、音も気になったけれど、実際に跳んでみると、さすが静音設計が謳われているだけあり、 驚くほど静か。 下に敷物を敷いたり、100均で椅子の脚カバーを買って脚部分に装着すれば、更に静かに使用できるのではないかと思っている。 背が低いことがコンプレックスの我が子は、春から中学生になるのだけれど、文系の部活に入りたいらしく、このままでいくと成長期に必要な運動が不足してしまうのが心配の種。 それを解消するためにも、自宅で 「跳ねる習慣」を日課に取り入れて、骨への適度な刺激で、背が少しでも伸びてくれたらいいな、と親子共々思っている。 今朝も、登校前に、お気に入りの音楽をかけてピョンピョン跳んだ後で、元気いっぱい学校へと向かった。

次の