アビガン効かない。 新型コロナ「アビガンは効かないよ」問題について いまさら「駄目でした」とは言えなくて……

「アビガンが効かない」というには早計だと思う

アビガン効かない

皆さんこんにちは代表の内田です。 今日はゴールデンウイークの只中でいいお天気です。 本当なら行楽地に出かけて思いっきり休日を楽しみたいですね。 あいにく新型コロナウィルス、COVID-19の影響で、外出は自粛ですからそれは叶いませんが。。。 さて、COVID-19にはインフルエンザのような承認された治療薬がまだありません。 これが問題を深刻にし、私たちを不安にする大きな要因になっています。 治療薬があればもっと状況は改善しそうです。 最近は治療薬候補として、アビガンなど色々な名前を聞きます。 )」 つまり、アビガンはインフルエンザの治療薬です。 すなわち、同じウイルスでもコロナウイルスの治療薬としては承認されていません。 そして効能・効果の使用上の注意としてこの薬は、「当該インフルエンザウイルスへの対策に使用すると国が判断した場合にのみ、患者への投与が検討される医薬品である。 」とされており、とても特別な薬なのです。 それにもかかわらず、このように特別な状況では使用が許される形で承認となった理由は「タミフルなど既存薬は、ウイルスを細胞内に閉じ込めて増殖を防ぐ。 対してアビガンは、感染した細胞内で、ウイルスの遺伝子複製を阻害して増殖を防ぐ。 そういう疾患に対して薬を飲んだら効果があったというためには本来薬を飲んだ場合と飲まなかった場合とで比較するしか判定ができません。 しかし、同じ人で飲む前と飲んだ後で考えた時に、飲んだ後で症状が改善したとしてもそれが薬の効果なのか自然に治ったのかは比べられません。 ですから、飲んだ人と飲まない人で比較するしか方法はありません。 この時に、重症な人だけに薬を投与して、そうでない人には薬を投与しないのであれば、結果が歪んでしまいます。 正しく評価するためには治療薬を使用する群とプラセボ薬を使用する群についてランダムに分けて比較することが最適といわれています。 このような試験をランダム化比較試験(randomized controlled trial, RCT)といい、さらに患者も医療従事者もどの人が治療薬かプラセボ薬を飲んだかがわからない状態で試験を行う方法を二重盲検(double blind)といい、より好ましいとされています。 プラセボよりもほんのちょっとでも効果があれば有効だと言ってよいかについては難しいところです。 COVID-19 の患者さん20人に対して治療薬は10人中8人が改善し、プラセボ薬は10人中7人が改善したとします。 比率を取ると治療薬は1. 14倍効果があることになりますが、皆さんはどう思われますか。 では、治療薬が10人中3人、プラセボ薬は10人中2人の場合、治療薬は1. 5倍効果がありますがどうでしょう。 さらに、治療薬が10人中4人、プラセボ薬は10人中2人の場合、治療薬の効果は2倍の効果があったことになりますが、どうでしょうか。 これではキリがありませんので、科学の世界では統計学を使います。 いわゆる有意差があるかないかです。 統計学にあまり詳しくない人でも、直感的に20人の研究より2000人の研究の方が結果に信頼が持てることは理解できると思います。 10人や20人では1人の差でパーセンテージは大きく変わりますし。 本来ならCOVID-19の患者全員(症状がない人に飲ませても仕方ないですし、重症者と軽症者では効果に差があるかもしれないので、対象をある程度絞ることが前提ですが、この全員とは適切に決めた対象者全員)に投与して出てきた数字を比較すればそもそも統計学は必要ありません。 数字で勝った負けたで判断できます。 しかし、世界中の対象者全員で試験することは不可能なので、一部の患者に投与することになります。 その一部の選ばれた患者で得られた結果から全世界で実施した結果を推測するわけです。 治療群の結果もプラセボの結果も推測結果です。 そして推測した結果どうしを比較して治療群の方が有効であるかどうかを決めるわけです。 これでやっと治療薬がプラセボより効果があるといえます。 05に他なりません。 ちなみに5%とは私たちが便宜的に決めているだけで、P値は0. 1でもいいかもしれないし、0. 01でなくてはダメだと考える人がいてもおかしくはありません。 また理論上、同時に投与した患者の数(研究参加者)が増えれば増えるほど、同じ治療効果(例えば、1. 14倍の改善率)でも有意差が出やすいため、些細な改善率(例えば、1. 000001 倍の改善率)でも理論上、限りなく投与患者数を増やせばどこかで有意差になります。 これが統計のマジックともいわれる所以です。 ですから、医学界では単純に有効性についてプラセボとの差に有意差があっても、実際にどれくらい医療上のインパクトがあるかという点がとても大事なのです。 さらに、有効でも副作用が強いのではれば、効果と天秤にかけて判断することになります。 その判断にも明確な科学的な基準はありません。 病気や患者の特性を加味してケースバイケース判断することになります。 レムデシビルがどのような薬か、そして、どのような治療成績がこれまで公表されているかについては、「早期承認見込み 新型コロナ治療薬レムデシビルの有効性は?」(忽那賢志、Yahoo! ニュース、2020年5月2日、 )にとてもよくまとまっていますので、参考にされるとよいと思います。 皆さんはこれをご覧になって、レムデシビルがCOVID-19 にはとても有効だと思われますでしょうか。 私の個人的な意見ですが、この薬は少なくとも特効薬ではないように思います。 米国のデータからは確かに一定の治療効果が認められました。 回復までの日数(中央値)をレムデシビル群とプラセボ群と比較して有意に差がありました。 プラセボ15日間に対して11日間です。 そして死亡率についてもプラセボ11. 059)。 この結果について、人工呼吸器をつけるような重症患者さんが対象だとしたら回復の日数で4日間の差があるというのは大きいと考えている方もいらっしゃいます。 治療効果の考え方として、何人治療すれば一人の患者が助かるのかという指標があります。 今回の米国NIHの研究では、死亡率がプラセボ11. 個人的にはもっと効果があって欲しかったという印象です。 とはいえ、この結果で規制当局が使用許可を出すのは妥当といえるでしょう。 勿論、他の試験結果を考慮すれば話は別になる可能性はあります。 この時にFDAの考え方として、他国のデータは信頼に足らないために考慮しないという立場も取りえます。 今回の米国NIHの研究だけで考えれば、インフルエンザの治療薬として有名なタミフルの添付文書を見ると、タミフルの海外の治験(承認取得のために行う法規制に準拠した治療試験のこと)では、症状が消えるまでの時間(中央値)において、タミフル群が78. 2時間なの対してプラセボ群は112. 5時間(両群およそ300例、p<0. 0001)であり、差は一日半でした。 安全性に特段の問題がなければこの米国NIH研究の結果はこれと遜色はないと考えていいと思います。 他方、日本には医薬品の緊急使用許可制度はありません(と理解していますが、間違えていたらどなたかご教示ください。 後述の特例承認制度とも別の制度としてです)。 日本で厚生労働省が緊急だからという理由で普通とは異なるプロセスでアビガンを承認したら、何かあったときに誰かが責任をとらないといけないわけです。 この点、日本は国や、時には行政官個人が責任を取らされる可能性がありますので、慎重にならざるを得ないかと思います。 それでは、日本できちんと治験を実施し、その先に進むしかないということになります。 しかし、実際に治験を実施して、通常の承認審査のプロセスを経ると、おそらく時間がかかりすぎて現実的ではないでしょう。 このため、医療機関が倫理委員会からの承認を取得し、医師の裁量で実施する観察研究の中で使用する形での投与はある意味現実的といえます。 実際、アビガンの使用を希望する医療機関はこの方法で使えます。 しかし、治験ではない観察研究の方法では厚労省の承認にはつながらないという制度になっています。 他方、レムデシビルのFDA緊急使用許可を受けて、日本でも近く特例承認可能性が高いと報道されています。 では、この日本の医薬品特例承認とは何でしょうか。 1 国民の生命及び健康に重大な影響を与えるおそれがある疾病のまん延その他の健康被害の拡大を防止するため緊急に使用されることが必要な医薬品であり、かつ、当該医薬品の使用以外に適当な方法がないこと。 2 その用途に関し、外国(医薬品の品質、有効性及び安全性を確保する上で本邦と同等の水準にあると認められる医薬品の製造販売の承認の制度又はこれに相当する制度を有している国として政令で定めるものに限る。 )において、販売し、授与し、又は販売若しくは授与の目的で貯蔵し、若しくは陳列することが認められている医薬品であること。 ここで(2)に注目しましょう。 外国での販売が認められていないとだめなのです。 つまり、アビガンを日本で(厚労省の特例承認付きで)早期に使えるようにするためには、レムデシビルのように米国FDAのEUAを取得後に日本で特例承認を取るという方法が早いのではないかと考えています。 最初のレムデシビルが許可を得たとはいえ、今の段階ではまた対照薬はプラセボが妥当だろうと思います。 そして、RCTでないと米国でもEUAを得るのは難しいのではないかと考えています。 メカニズム的には効果がありそうな薬ですが、これまでCOVID-19 の治療薬としての効果は明らかにはされていません。 そこに米国ではレムデシビルが緊急使用許可を得ました。 これを受けて日本でもレムデシビルが特例承認されそうです。 特例承認された薬と未承認の薬では特例承認された薬の方が用いられそうです。 ただし、このような世界的な緊急時には海外の薬が日本に十分に輸入できないかもしれないというリスクもあります。 これはもはや国家の安全保障上の問題と言えます。 アビガンの国内承認のためには欧米でのRCTが速やかに実施されFDAの緊急使用許可等を得ることが早道ではないかと考えています。 実際のCOVID-19感染症に対する治療については、ここでは詳細には触れませんが、ウイルスの増殖を防ぐというレムデシビルやアビガンのメカニズムを考えた時に既に重症化している患者さんよりも、軽症の段階で使用する方がメリットが高いかもしれないと考えています。 サイトカインストームからの重症化のプロセスに対しては、ウイルスの増殖そのものを抑えるのとは別の体の反応に対する治療が必要かもしれないからです。 勿論重症例に併用という方法は考えられます。 レムデシビルやアビガンがCOVID-19の特効薬であり、感染してもこれらの薬があれば安心だとは決して言いきれないと考えます。 レムデシビルが国内で特例承認を得ても、慢心せず、COVID-19 による感染者数や死亡者数の増加や医療の崩壊を防ぐためにやるべきことをやることが大切だと思います。 当然、経済的な面も考慮にいれて、この先の私たちの取るべき行動は変わっていくとは考えていますが。 一刻も早くCOVID-19問題が終息し、平穏な生活が戻ることを心から願っています。 どうか皆さんも大事になさってください。 Yan Gao , et al.

次の

新型コロナ「アビガンは効かないよ」問題について(2020年5月22日)|BIGLOBEニュース

アビガン効かない

政府が大見得を切ってしまい、安倍晋三さんまでもが「今月(5月)中の承認を目指す」と啖呵を切ってしまったコロナウイルス向け治療薬(という触れ込みで報じてきた)『アビガン(一般名:ファビピラビル)』について、やっぱりかというような報道が出てきました。 com 明白になった「アビガンはコロナに効かない」という事実 それも、本丸の日本医師会有識者会議が「アビガンがコロナウイルスに有効というエビデンスはない」と明言したことで、政府が掲げてきたコロナ対策の一角が崩れていたことが明確になったわけであります。 死刑宣告まではいかずとも、まあ「長くはねえよ」と言われたようなもんですね。 もちろん、私個人としてもせっかくの薬剤が本当に効くのであれば、そのエビデンスの周知と共に早く承認して一人でも多くのコロナウイルス感染者や重症者を救い、一刻も早く通常の経済にして社会不安を取り去りたいとは願います。 ただ、効かないのであれば話になりません。 大脇さん、本が出るそうです。 お布施のつもりで謹んで購入したいと思います。 で、いざ「どうもハードルが高いようだ」となって、いろいろ記事も出てきました。 〈アビガンは、本来の適応症である季節性インフルエンザに対する確かな有効性を証明できませんでした。 そのうえ、副作用として催奇形性(胎児に奇形を及ぼす危険性)があったため、本来なら承認される条件を満たしていない薬だった。 それなのに、「既存の薬とは違うメカニズムでウイルス増殖を抑えるので、ほかのすべての抗ウイルス薬が効かないような新型インフルエンザがはやったときに試してみる価値がある」という、極めて特殊な条件で承認されたのです。 季節性インフルエンザにすら十分に効くことを証明できなかった薬を、承認薬という言葉でひとくくりにして、夢の新薬のように言うのはおかしいと思います〉(隈本邦彦・江戸川大学教授) 落としどころを早期に決めるべきなのに 「日本がコロナウイルス対策で確かな手を打っている」という政治的な広報効果も含んで前のめりになったのだと好意的に解釈したとしても、このまま進んでいくと文字通り「薬害待ったなし」であり、催奇形性のような問題すらある劇薬である以上、これはもうなかなか無理なのではないかと思います。 アビガンの主な作用機序は、RNAの複製とmRNAの合成を阻止することにあるため、インフルエンザウイルスやコロナウイルスが増殖する際にRNAをコピーすることを防ぐことで重症化を防ぐわけですが、これって要するに人間の普通の細胞の分裂をも阻害しかねません。 なので、多数の細胞分裂をする妊娠初期の胚・胎児への悪影響が顕著であるだけでなく、男性にもあまりよろしくない問題を起こす可能性が指摘されるのです。 副作用がデカすぎる。 「そんな薬、気安く承認すんなよ安倍ちゃん」と言いたいところですが、まあなにぶん新型コロナウイルス対策ですので、医学・科学でどうかというより「強い対策を打っているのだ」と言いたい政治の都合で重い副作用はなかったことになり、また、効いているエビデンスもあったことになるという雰囲気になるのであります。 そうなると、もう政治的に「なかったこと」にしてフェードアウトさせる以外ないわけですけれども、いい意味でも悪い意味でもそれなりに政府も予算を使って持ち上げてしまった以上、落としどころを早期に決めないと傷口が広がる一方です。 決して「政府はコロナ対策でやることなすことすべて駄目だ」と言いたいわけではなく、当初はそれなりに高い期待感を持って迎えられたアビガンについては投資を行ったこと自体はナイストライとしたうえで、駄目なら駄目で早々に正直に総括してしめやかに神輿を降ろす必要があると思うのです。 祭りは終わったのだ、と。 しかしながら、どうも安倍政権というのは、こういう「正直に、これは問題であったので、認めて引き下がる」ということができない体質であるようです。

次の

新型コロナ「アビガンは効かないよ」問題について(文春オンライン)

アビガン効かない

先日アビガン ファビピラビル の臨床研究の結果が話題になりましたね 今回の発表をうけて自分が気になったことがあり、調べてみた結果「アビガンが効かない」と断言するには短絡的なのではないかと思いまとめてみました• 臨床研究の概要は一般人に見れるのか 臨床研究なんて専門的なものを一般人が見れるか気になりますが、結論から言うと厚生労働省が整備するデータベース: jRCT Japan Registry of Clinical Trials で見ることができます。 詳しくは割愛しますが、臨床研究には裏で色々行われていないか透明性・信頼性を確保するために情報の公開をしなければなりません。 臨床研究は膨大な数が行われているためその公開情報をまとめるためにこのサイトがあり、厚生労働省の管轄のため情報の信頼性は確かです。 さて、今回話題になった藤田医科大学によるアビガンの臨床研究についての情報ももちろん公開されています。 正式名称「SARS-CoV2感染無症状・軽症患者におけるウイルス量低減効果の検討を目的としたファビピラビルの多施設非盲検ランダム化臨床試験」 となっているため jRCTのサイトにある検索画面から「 研究名称:ファビピラビル」って調べれば辿り着くことができますが Googleで「 アビガン 藤田医科大学」って調べて1ページ目に出てきたりします。 さすがGoogleって感じです どの項目が重要なのか このjRCTの情報には代表者・研究機関・実施内容・補償・研究資金の提供などかなりの項目がありますが、今回は研究内容についてなので 2 特定臨床研究の目的及び内容並びにこれに用いる医薬品等の概要 (1)特定臨床研究の目的及び内容 について確認してみました この中の項目でも臨床研究では• どの患者さんに• どのようなことをして• どの集団と比較して• どのような結果が表れたか ということが重要になってきますので、以下の3つを抜き出してみました 研究対象者の適格基準 1 同意取得日の年齢が16歳以上 2 性別:不問 3 外来・入院:入院 4 被験者の登録時に下記1 および2 および3 の基準を満たす患者 1 咽頭ぬぐい液または鼻咽頭ぬぐい液を検体として,RT-PCRでSARS-CoV2陽性となった患者(ただしその検体採取日から登録日までが14日以内) 2 パフォーマンスステータスが0又は1の患者 3 6日間の入院が可能な患者 5 閉経前の女性患者の場合,ファビピラビル投与前の妊娠検査で陰性を確認できた患者 6 成人については本人の文書同意が得られている患者。 16歳以上の未成年については本人及び代諾者両方の文書同意が得られている患者。 どこのウイルス量を測ったのかについては英訳版で「nasopharyngeal swab:鼻咽頭 綿棒」とあったので、PCR検査と同じように鼻の奥にいるウイルスのようです ここで思い出してください、PCR検査が陽性であるのに無症状という事例は何回も報道されています。 つまり鼻咽頭にウイルスがいても治療がいらないといった人が普通にいます。 さて、 ウイルス消失率と症状には明確な関係があると言えるでしょうか。 私たちが欲しい情報はアビガンが新型コロナの治療に使えるのか、つまり 「アビガンは辛い症状を治してくれるのか」です。 それなのに 「鼻の奥のウイルスが消失してないから治療には使えない」と言っていいのでしょうか。 体内の炎症を評価するにはCRPという数値がありますし、症状をみるなら気管挿管が必要になった割合など他にも調べられる項目はあります。 その中で治療の指標としてウイルス消失率を選択したのはやや疑問が残ります。 パフォーマンスステータスについて 詳しい定義は国立がん研究センターのサイトに書いてありました。 "0"は健康で"4"が寝たきりというイメージですね さて、今回の臨床試験では「パフォーマンスステータスが 0または1」となっています 先のサイトの引用を使わせていただくと 0: まったく問題なく活動できる。 発症前と同じ日常生活が制限なく行える。 1: 肉体的に激しい活動は制限されるが、歩行可能で、軽作業や座っての作業は行う ことができる。 例:軽い家事、事務作業 出典: となっています。 単純に解釈すれば、 今回の対象者は家で普通に生活できるレベルの人たちが対象者なのです。 考えてみてください。 あなたがインフルエンザに感染しているが日常生活が問題なくできるとき、わざわざ時間を割いて病院に行って診断もらって薬をもらいますか? これくらい症状が軽いなら風邪だと思って市販薬飲んで終わりにする人も多いと思います。 今回の研究の対象者はそのような軽症の人たちなのです。 私たちがアビガンの効果について本当に欲しい情報は 「症状がない時に効くかどうか」ではなく 「しんどい時に薬が効くかどうか」なのではないでしょうか このような点でアビガンが効かないと断言するのは早いのではないかと思うのです。 この臨床研究は何のためにあったの? 端的に言うと安全性の確認のために行われたのではないかと思います。 治験ではまず健康な人に薬を与えて副作用が許容できるものなのかを調べてから治療対象の人たちに投与する試験に移ります。 いきなり重症患者さんに与えて重大な副作用が出てしまっては倫理的にかなり叩かれてしまうでしょう。 そのためにまずは無症状・軽症者を対象にしたのでしょうが、これを「アビガンがコロナに効かない」と断言する発表のようにするのはなにか違うなと感じてしまいます さらに裏を考えていくとアビガン ファビピラビル は物質の特許が切れており、ジェネリック医薬品が出てきているため他の薬と違って収益が低いのでそのへんの何かがあるんじゃないかと疑ってしまいますね。 jRCTにてファビピラビルと検索すると他にも研究が出てきますが、一般の人が思う「アビガンの効果は」と感じるのは以下のような研究ではないでしょうか 「軽度呼吸不全を呈するCOVID-19肺炎患者に対するファビピラビル/ステロイド併用療法の多施設共同第II相試験」 自分も今回のアビガンの報道を受けて効かないのかと一旦信じてしまいましたが、今回色々調べてみて報道機関の情報の切り抜きは怖いなと実感してしまいました。 メディアはこのような研究内容をしっかり読んで判断したうえであんな見出しを書いているのでしょうか。

次の