佐川 局長。 佐川前理財局長ら財務省全員不起訴は最初から決まっていた!“法務省の安倍官邸代理人”黒川事務次官が捜査潰し|LITERA/リテラ

佐川理財局長「栄転」に波紋 与党からも「あしき前例」:朝日新聞デジタル

佐川 局長

Contents• 佐川宣寿理財局長の今現在は?天下り先はどこ? 2018年3月9日、森友学園問題における処分として懲戒処分を受け依願退官した佐川理財局長。 その後、佐川理財局長は今現在どこで何をしているのか。。。 ? ネットでは天下り先が気になっている方が多いようですね。 当時、理財局局長だった佐川宣寿は、指示したご褒美かどうか 現在は、第48代国税庁長官にあらせられます。 — Hiromi1961 Hiromi19611 佐川理財局長は今何やってんの?無職説も出てきてるけど。 提訴されたからそのうち顔を出すはずか。 — ななせ nanase3301 元国税長官で部下殺しの ってどこに逃げたんだろう?長官辞任してからどこに したのか気になる。 道で出くわした人とかいないのかな?Twitterで佐川のバウンティハントできたら面白いのに — 考えるスライムくん KKoub なんでやねん。 現在(2020年3月)62歳なので、ご結婚されていたらお子さんも成人して大きいはず!? しかし、ご家族についての情報はありませんでした。 スポンサーリンク 佐川宣寿理財局長のプロフィールと経歴 名前:佐川 宣寿 読み方:さがわ のぶひさ 生年月日:1957年11月6日 年齢:62歳(2020年3月現在) 出身:福島県いわき市 身長:153cm 引用:wikipedia RT : 【イザ:社会ニュース】「上から目線答弁」の声や省内に同情論も 佐川宣寿氏 — ユーザーがいますん。 yWWQy3ZDnMD3CoX 東京大学経済学部を卒業後、1982年4月に大蔵省へ入省した佐川理財局長。 入省同期には 片山さつき氏(自民党参議院議員) 福田淳一氏(財務次官) 迫田英典氏(元国税庁長官) 田中修氏(元税務大学校長) 遠藤俊英氏(金融庁長官) など、凄い面々がいらっしゃいます! これまでの経歴がこちら! 1982年4月 : 大蔵省入省(主計局総務課) 1987年7月 : 名古屋国税局高山税務署長 1988年7月 : 銀行局総務課課長補佐 1990年6月 : 日本貿易振興会コペンハーゲン事務所長 1993年7月 : 主計局調査課課長補佐 1994年7月 : 主計局主計官補佐(通産第一、二係主査) 1996年7月 : 銀行局中小金融課課長補佐 1997年6月 : 銀行局総務課課長補佐 1998年7月 : 近畿財務局理財部長 1999年7月 : 大臣官房文書課広報室長 2000年7月 : 大臣官房秘書課首席監察官兼大臣官房秘書課人事企画室長 2001年4月 : 塩川財務大臣秘書官事務取扱 2003年9月 : 主計局調査課長 2004年7月 : 財務省主計局主計官(外務、経済協力、経済産業係担当) 2005年7月 : 主税局税制第三課長 2006年7月 : 主税局税制第二課長 2008年7月 : 主税局総務課長 2013年6月 : 大阪国税局長 2014年7月 : 国税庁次長 2015年7月 : 関税局長 2016年6月 : 理財局長 2017年7月 : 国税庁長官 2018年3月 : 辞職 引用:wikipedia 2017年に国税庁長官に就任するも、森友学園問題における処分として懲戒処分を受け依願退官しました。

次の

佐川宣寿の現在と天下り先!結婚した嫁(妻)や子供の今は?

佐川 局長

佐川宣寿のパワハラが深刻? 正直、パワハラをするような人には見えないのですがその真相について調べてみました。 すると、どうやら本当のことだったようです。 というのも、財務省や大蔵省では30年ほど前から「恐竜番付」というものが存在しているようです。 「恐竜番付」とは簡単に言うと「パワハラ上司ランキング」に当たるものです。 そのランキングになんと佐川宣寿長官は過去に「3回」ほど名前が挙がっていたのです。 なんとパワハラ上司ランキングに名前が出ていたという佐川理財局長。 それにしても「恐竜番付」に複数回登場ってすごい。 よほどひどかったと思われる。 (週刊文春3月23日号) — Tad CybershotTad 人って見かけによらないものだと分かる一文です。 あの安倍首相も佐川宣寿長官の答弁に、始めは不安を感じてたほどです。 それが実際は部下に怒鳴ることは当たり前、それもあってか長官としての風格も出てくるようになったみたいです。 こんな人が部下からも恐れられるパワハラ上司・・・。 ちょっとにわかには信じがたいですね。 関連記事: 評判は悪かった? 「パワハラ=悪」というイメージが植え付けられている昨今。 やはり佐川宣寿長官の評判やイメージは悪かったんでしょうか? これについてはTwitterでちらほら言及している方が。 「なにしろ、佐川氏は部下の失敗を許さない怖い上司として評判だったという財務省職員が多いと霞ヶ関では言われている」のだそうだ。 — ききみみじいじ KikimimiGji 官僚の間でもめちゃ優秀と評判高かった佐川さえ、こんなふうに使い捨てされる。 その悔しさはいかばかりか。 皆、佐川の末路を見て、明日は我が身かと思っているはず。 第二第三の前川よ、出でよ。 自殺者が出て尻尾切り 悪魔のような政権を許していいのか — 太安萬侶 onoyasumaro 佐川氏は立派だよ。 朝日新聞なんか捏造記事で日本の評判メチャクチャに貶めて混乱させても知らん顔だよ。 そこでは何だかんだ真面目で、規律はしっかりしていると匂わせるコメントが。 まあ確かに見た感じでは、「違法」に厳しい面があるようにも感じます。 一方、森友学園問題や、辞任後の動向についての取材対応については厳しい声も。 「国民のために頑張ってきた」と言いつつも、証人喚問への出頭の有無、書き換え疑惑についてはノーコメントなど、人間性を指摘する意見も多々ありました。 恐らく長官としては職務を全うしてきたんだと思います。 ただ、辞めた後の人間性や性格から、評判は良いものだと言えないのが世間の見方でしょうね。 関連記事: 退職金にも影響が? 今回の森友学園の「決裁文書」の書き換えでとある職員が亡くなりました。 それを受けてすぐに佐川宣寿長官は辞任を発表しましたね。 退職金はどうなるんでしょうか? 実際のところ、佐川宣寿長官がもらえる退職金の額は約6000万円ほどだそうです。 なんと言っても「局長クラス」ですからね。 パワハラが原因で影響が出ることはなさそうですが・・・。 ただ、今回の一件の動き次第ではそれに影響も出そうですよね。 というのも現在、文書の書き換えは「財務局の一部」で行われていると発表しています。 佐川宣寿長官はその財務局を束ねる財務省の長でした。 当然、今回の責任を負わされるはずでしたが、辞任しました。 しかし、書き換え、もしくは改ざんに佐川宣寿長官が関与していたのかは現在も不明。 万が一、関与していれば佐川宣寿長官もアウトです。 どんな形で関与していたのかは分かりませんが、直接的に関係していれば最悪逮捕もありえます。 そうなれば退職金どうこう言ってる場合じゃありませんからね・・・。 「そんな人間に退職金なんか出すな!」となるかもしれません。 関与してたから辞任したのか、責任を逃れたくて辞任したのか・・・どちらなんでしょう。 関連記事: 管理人コメント.

次の

佐川前理財局長ら財務省全員不起訴は最初から決まっていた!“法務省の安倍官邸代理人”黒川事務次官が捜査潰し|LITERA/リテラ

佐川 局長

3月27日国会証人喚問での佐川宣寿前理財局長 やっぱりか。 5月31日、大阪地検特捜部は財務省の改ざん問題で虚偽公文書作成などの疑いで刑事告発されていた佐川宣寿・前理財局長らを不起訴としたことを公表。 また、8億円の値引き問題で背任の容疑で告発されていた近畿財務局の担当者も不起訴となり、結局、告発されていた財務省幹部および近畿財務局職員の計38人は全員が不起訴処分となったのだ。 やっぱりと述べたのは、この検察の方針がかなり早くからささやかれていたからだ。 まず、背任については、昨年6月、森友学園を強制捜査した時点で、すでに立件見送りが確実視されていた。 「もし、背任を立件するつもりなら、森友学園への強制捜査とセットで、近畿財務局をガサ入れしていたはず。 ところが、蓋を開けてみたら、結局、森友学園への詐欺と補助金適正化法違反での強制捜査だけになってしまった。 強制捜査なしに立件はありえない。 この時点で立件見送りは既定路線だったんです」(全国紙大阪地検担当記者) 今年3月、朝日新聞が財務省による森友文書改ざんをスクープしたあと、特捜部が佐川氏に対する事情聴取を始めたが、これも、それ以前に立件見送りが決定されたという認識で一致していた。 「朝日新聞が改ざんをスクープしたときは、情報源が大阪地検特捜部だとされ、特捜部が佐川を立件するつもりじゃないかと言われていた。 しかし、実際は逆で、リークされた時点で立件見送りが決まっていたんです。 特捜部は佐川氏が告発されたあと、一応、捜査しているポーズをとっていましたが、むしろ、立件見送りの理由を探すために捜査を続けていたようなもの。 まったくやる気が感じられなかった」(前出・全国紙大阪地検担当記者) 実際、財務省が決裁文書の改ざんを認めてからまだ1カ月しか経っていない4月13日、毎日新聞朝刊が「大阪地検特捜部が佐川・前理財局長らの立件を見送る方針を固めた」と伝えている。 これも大阪地検からのリークで、少なくとも、この段階で「全員不起訴」という捜査結果は決まっていたのである。

次の