グッ と くる サマー。 ミシェル・ゴンドリー最新作『グッバイ、サマー』公式サイト|9月10日(土)公開

【感想】グッバイ、サマー / 必然の出会いと経験が少年を変える!鉄腕DASHを感じる青春ロードムービー!

グッ と くる サマー

ゴンドリー自身が「この映画は100%僕の思い出からできている。 僕が体験したことを元に冒険したかったんだ」と語る自伝的青春映画です。 キャストにはオーディションで選ばれた新人、アンジュ・ダルジャンとテオフィル・バケがみずみずしい演技と息のあったコンビをみせ、さらに、フランスを代表する女優、オドレイ・トトゥが彼らを見守る母親役として脇を固めます。 子供時代のきらめきと大人への扉を開ける少年たちのもどかしくも甘酸っぱい青春の日々が色鮮やかなフランスの街並みや自然とともに描かれる、爽やかな感動を呼ぶ珠玉のロードムービーが出来上がりました! 14歳。 子供でもない、大人でもない狭間の時期。 画家を目指すダニエルは沢山の悩みを抱えていた。 中学生になっても女の子のような容姿で、クラスメイトからミクロ(チビ)と呼ばれて馬鹿にされており、恋するローラにはまったく相手にされていない。 おまけに母親は過干渉で、兄貴は暴力的なパンク野郎だ。 誰も本当の自分を理解してくれる人はいない……。 そんなある日、ダニエルのクラスに変わり者の転校生がやってくる。 名前はテオ。 目立ちたがり屋で、自分で改造した奇妙な自転車を乗り回し、家の稼業のせいで身体からガソリンの匂いを漂わせている。 周囲から浮いた存在のダニエルとテオは意気投合し、やがて親友同士になっていく。 学校や家族、そして仲間達、みんなが二人を枠にはめて管理しようとしてくる。

次の

グッバイ、サマー : 作品情報

グッ と くる サマー

ゴンドリー自身が「この映画は100%僕の思い出からできている。 僕が体験したことを元に冒険したかったんだ」と語る自伝的青春映画です。 キャストにはオーディションで選ばれた新人、アンジュ・ダルジャンとテオフィル・バケがみずみずしい演技と息のあったコンビをみせ、さらに、フランスを代表する女優、オドレイ・トトゥが彼らを見守る母親役として脇を固めます。 子供時代のきらめきと大人への扉を開ける少年たちのもどかしくも甘酸っぱい青春の日々が色鮮やかなフランスの街並みや自然とともに描かれる、爽やかな感動を呼ぶ珠玉のロードムービーが出来上がりました! 14歳。 子供でもない、大人でもない狭間の時期。 画家を目指すダニエルは沢山の悩みを抱えていた。 中学生になっても女の子のような容姿で、クラスメイトからミクロ(チビ)と呼ばれて馬鹿にされており、恋するローラにはまったく相手にされていない。 おまけに母親は過干渉で、兄貴は暴力的なパンク野郎だ。 誰も本当の自分を理解してくれる人はいない……。 そんなある日、ダニエルのクラスに変わり者の転校生がやってくる。 名前はテオ。 目立ちたがり屋で、自分で改造した奇妙な自転車を乗り回し、家の稼業のせいで身体からガソリンの匂いを漂わせている。 周囲から浮いた存在のダニエルとテオは意気投合し、やがて親友同士になっていく。 学校や家族、そして仲間達、みんなが二人を枠にはめて管理しようとしてくる。

次の

ハローサマー、グッドバイ(41) アンダーグラウンド:Press Enter■:エンジニアライフ

グッ と くる サマー

解説 「エターナル・サンシャイン」「僕らのミライへ逆回転」などを手がけたミシェル・ゴンドリー監督の自伝的作品で、14歳の少年2人が夏休みに旅をするロードムービー。 女の子のような容姿でクラスメイトから馬鹿にされ、多くの悩みを抱えている画家志望のダニエル。 ダニエルのクラスに、目立ちたがり屋で変わり者の転校生テオがやってくる。 周囲から浮いた存在同士、意気投合したダニエルとテオは、息苦しい毎日から脱出するため、ある計画を思いつく。 それはスクラップを集めて、自分たちで作った「夢の車」で夏休みに旅に出ることだった。 「アメリ」のオドレイ・トトゥが出演している。 2015年製作/104分/PG12/フランス 原題:Microbe et Gasoil 配給:トランスフォーマー スタッフ・キャスト 世界を歓喜させる才能を持ちながら、決してメインストリームに流されることのなく、やりたい場所で、やりたい作品とだけ格闘し続ける奇才ミシェル・ゴンドリー。 彼の自由なスタンスと唯一無二の創造性が一体どこから湧き出るのかいつも不思議でたまらなかったが、自伝的要素を併せ持つ本作では少なからずその源泉を探ることができる。 彼が少年だった日々、親友の男の子と繰り広げる奇想天外な家出の旅。 それもスクラップをかき集めて、住居にも変身できる車を作り上げてしまうのだから(ここら辺は自伝ではなく創作のようだ)、観ている側もあの夏の少年に戻ったみたいにドキドキしっぱなし。 トリュフォー映画を思わせるような繊細かつ大胆な会話や、彼を見守る家族の絆も根っこの部分でグッと暖かく、何よりも輝いているのが「みんなと同じでいたくない」という切なる思いだ。 その延長線上に今の作家性があるのだと考えると、ファンならずとも感慨深い想いを抱くに違いない。 「WAVES ウェイブス」 C 2019 A24 Distribution, LLC. All rights reserved. 「レイニーデイ・イン・ニューヨーク」 C 2019 Gravier Productions, Inc. 「デスカムトゥルー」 C IZANAGIGAMES, Inc. All rights reserved. 「ドクター・ドリトル」 C 2019 Universal Pictures. All Rights Reserved.

次の