スパイシー モール。 スパイシーモール門司2019年5月オープン!飯塚に次ぐ2号店

カレーハウススパイシー アポロ店

スパイシー モール

の、「(仮称)スパイシーモール門司」(北九州市門司区下馬寄2)の大規模小売店舗届出が、2018年(平成30年)9月3日(月)北九州市に提出され、昨日9月10日(月)に公告された。 (上図は1階平面図、下図は2階平面図、共に北九州市提供) 届出によると、大規模小売店店舗の新設をする日(オープン予定日)は2019年5月4日、店舗において小売業を行う者は株式会社丸久(「アルク」経営会社)、店舗面積の合計は2,524平方メートル、施設に関することとしては、駐車場の収容台数は建物北側40台、建物屋上37台の合計77台、駐輪場の収容台数は建物北西側13台、建物北側9台の合計22台、荷さばき施設の面積は建物南側108. 0平方メートル、建物屋上17. 5平方メートルの合計125. 5平方メートル、廃棄物等保管施設の容量は建物内南西側7. 9立方メートル、建物内2階0. 9立法メートルの合計8. 80立方メートル、施設の運営に関する事項としては、開店時刻午前8時30分~閉店時刻午後24時、駐車場利用可能時間帯は午前8時~午後24時30分、駐車場の出入口数2か所、荷さばき可能時間帯は午前6時~午後11時となっている。 計画では、建物の規模は建築面積2,761. 21㎡で、各階ごとの店舗面積等は、2階1,153. 10平方メートル(店舗面積910. 23平方メートル・その他の施設面積242. 87平方メートル)、1階延べ面積2,664. 20平方メートル(店舗面積1,614. 01平方メートル・その他の施設面積1,050. 19平方メートル)、合計延べ面積3,817. 30㎡(店舗面積2,524. 24平方メートル・その他の施設面積1,293. 06平方メートル)、小売業者ごとの店舗面積は、株式会社丸久1,614. 01平方メートル、未定910. 23平方メートル、建築着工予定は2018年10月初旬、完成予定は2019年4月中旬となっている。 場所は、今年2018年(平成30年)5月に閉店した「ホームプラザナフコ門司店」()や、「ワールドコーヒーショップ大里店」()、「ドコモショップ門司店」などがあった一帯跡地だ。 (下写真は8月12日現地撮影) スパイシーモール門司建設予定地から車で5分のところには、第一交通産業株式会社が分譲マンション(北九州市門司区藤松1丁目)を分譲販売中だ。 藤松エリアのランドマークとなる地上18階建て、現在建築中で棟内モデルルーム3タイプが新オープンしている。 行かれた後は、みんマイよりQUOカード1,000円分をプレゼントしますので、感想(コメント)を送ってください。

次の

スパイシーモール門司2019年5月オープン!飯塚に次ぐ2号店

スパイシー モール

この記事の目次• スパイシーモール門司 2018年5月に閉店したホームプラザナフコ門司店跡地に、複合商業施設 スパイシーモール門司が、2019年5月にオープンします。 スパイシーモールとは、奥田金属株式会社が建築する商業施設の名称で、福岡では飯塚店に次ぎ2号店が門司店になります。 敷地面積は4,737. 54㎡と広く、地域住民からも早くも期待の声が高まっているようです。 スパイシーモルの核となる商業施設は、大型スーパーのフードウェイ、ディスカントストアのダイソー、薬局のツルハドラッグになります。 その他にも10店舗ほどテナントが入る予定となっています。 着工は2018年10月1日で、2019年4月20日工事完了予定となっています。 2019年5月4日(土)にはオープンが予定されていて、今からどんな店舗が出店するのか期待が膨らみます。 スパイシーモール門司のテナントは? スパイシーモール新飯塚店の核となる商業施設は、大型スーパーのフォードウェイでしたが、スパイシーモール門司には、山口県に本社がある丸久が手掛ける アルクがテナントとして入る予定となっています。 山口県や北九州にアルクやマルキュウ、サンマートなどを多く展開している会社です。 その他にも、 クリーニング店や 喫茶店の出店が予定されています。 薬局や100円ショップなども出店してくるのではないでしょうか。 今後テナント情報が入り次第、こちらのページでご紹介します。 スパイシーモール門司 詳細情報 国道3号線沿いの、新小文字病院前に開業します。 場所:北九州市門司区下馬寄2• オープン予定日:2019年5月4日(土)• 店舗面積合計:2,524平方メートル• 営業時間:8:30~24:00• 駐車場:有り(約100台ほど).

次の

提携企業会社概要

スパイシー モール

の、「(仮称)スパイシーモール門司」(北九州市門司区下馬寄2)の大規模小売店舗届出が、2018年(平成30年)9月3日(月)北九州市に提出され、昨日9月10日(月)に公告された。 (上図は1階平面図、下図は2階平面図、共に北九州市提供) 届出によると、大規模小売店店舗の新設をする日(オープン予定日)は2019年5月4日、店舗において小売業を行う者は株式会社丸久(「アルク」経営会社)、店舗面積の合計は2,524平方メートル、施設に関することとしては、駐車場の収容台数は建物北側40台、建物屋上37台の合計77台、駐輪場の収容台数は建物北西側13台、建物北側9台の合計22台、荷さばき施設の面積は建物南側108. 0平方メートル、建物屋上17. 5平方メートルの合計125. 5平方メートル、廃棄物等保管施設の容量は建物内南西側7. 9立方メートル、建物内2階0. 9立法メートルの合計8. 80立方メートル、施設の運営に関する事項としては、開店時刻午前8時30分~閉店時刻午後24時、駐車場利用可能時間帯は午前8時~午後24時30分、駐車場の出入口数2か所、荷さばき可能時間帯は午前6時~午後11時となっている。 計画では、建物の規模は建築面積2,761. 21㎡で、各階ごとの店舗面積等は、2階1,153. 10平方メートル(店舗面積910. 23平方メートル・その他の施設面積242. 87平方メートル)、1階延べ面積2,664. 20平方メートル(店舗面積1,614. 01平方メートル・その他の施設面積1,050. 19平方メートル)、合計延べ面積3,817. 30㎡(店舗面積2,524. 24平方メートル・その他の施設面積1,293. 06平方メートル)、小売業者ごとの店舗面積は、株式会社丸久1,614. 01平方メートル、未定910. 23平方メートル、建築着工予定は2018年10月初旬、完成予定は2019年4月中旬となっている。 場所は、今年2018年(平成30年)5月に閉店した「ホームプラザナフコ門司店」()や、「ワールドコーヒーショップ大里店」()、「ドコモショップ門司店」などがあった一帯跡地だ。 (下写真は8月12日現地撮影) スパイシーモール門司建設予定地から車で5分のところには、第一交通産業株式会社が分譲マンション(北九州市門司区藤松1丁目)を分譲販売中だ。 藤松エリアのランドマークとなる地上18階建て、現在建築中で棟内モデルルーム3タイプが新オープンしている。 行かれた後は、みんマイよりQUOカード1,000円分をプレゼントしますので、感想(コメント)を送ってください。

次の