グーグル 3d 動物。 Google検索で3Dの動物をARで呼び出せる!上手く表示できない場合の対処法も解説

Googleで検索した動物がAR空間に登場して触れ合える機能がリリースされる

グーグル 3d 動物

Google検索でAR(拡張現実)の3Dアニマルを呼び出せるようになりました。 上の写真はリアル猫と3D猫です。 どっちが本物でしょう? 今のところ、呼び出せる動物は全部で29種類だそうです。 3D動物の召喚方法 3Dアニマルはスマホのカメラ上に表示されるので、スマホを使います。 私はiPhoneでやりましたがもちろんAndroidも対応しています。 ただソフトウェアアップデートをして、なるべく最新にしておく必要があるようです。 まずはGoogleで動物の名前(種類)を検索します。 今回は虎にします。 すると検索結果に早速CGっぽい虎が現れるので、『3D表示』と書いてある部分をタップします。 タップすると自動的にカメラが起動し、『iPhoneを動かして開始』と表示されます。 なんとなく3Dっぽい立体的な動きにiPhoneを動かします。 薄っすら虎が見えていますね。 動きが足りないと四角が平べったくなります。 部屋が暗いとけっこう読み込みに時間がかかるので明るくした方がいいです。 しばらく動かしていると虎が出現しました!デカイ!! 召喚した3D動物は指で向きやサイズ変更できます。 召喚のコツと注意点 iPhoneを動かす時は壁や天井など、できるだけ何もないところを映しながらやると召喚が早まるようです。 自宅の猫と一緒に写真を撮ろうと思うとけっこう大変かもしれません笑 黒猫にピントが合わず、3D猫の方が本物っぽくなってしまいました。 AR動物と猫たち AR動物は全部で29種類。 さすがに全部試すのは大変なので、何種類かだけを出してみました。 アリゲーターと猫たち。 巨大なワニに全くビビっていません! ホオジロザメ。 所詮は魚類、全くビビっていません。 襲われていますが気にしていません。 割と仲が良さそうですね。 リラックスしています。 ヒョウ。 我が家の黒豹と頬をすり合わせて挨拶しています。 また現れたトラ。 吼えられて少しビビっています。 表情が似ている3Dトラとサバ白トラ。 尻尾を巻いて逃げてしまいました。 その他にもパンダやアライグマ、インコ、ペンギンなどなど…ぜひ試してみてください! ちなみに今のところ猫は1種類ですが、犬はゴールデントリバーやパグなど何種類かいるそうです。 このブログでは夫婦と2匹の猫の日々のあれこれを書き綴っています。

次の

Google検索の動物3D表示が「物に隠れるAR」対応。ARCoreの奥行き認識でもっとリアルに

グーグル 3d 動物

SNSでは、ARペットや空中を泳ぐサメの写真で大盛り上がり! 日本語対応された9月29日ごろからTwitter上では、サメを職場に泳がせて見たり、ペットの猫とAR猫のツーショット写真など、ユニークな投稿で盛り上がっています。 表示される動物は増えていくようですが、現在20種以上の動物が表示できるようです。 イヌ(ラブラドール・レトリバー) ポメラニアン パグ フレンチ・ブルドッグ ワシ カモ ペンギン(コウテイペンギン) ネコ ライオン トラ ヒョウ チーター クマ パンダ アライグマ ハリネズミ サメ カメ(ウミガメ) タコ ヤギ ウマ シカ アリゲーター(アリゲーター属) etc. さらにAR表示に切り替えると、リアルな映像にARの動物が重ねて表示されます。 ペンギンを表示させてみましたが、フンボルトペンギンのような小さいペンギンではなくコウテイペンギン(体長:1. 2m)だったので、意外と大きくなかなか、絵になる写真を撮るのは難しかったです。 もちろん画面上で、縮小したり拡大したりできますが、最初に表示されるのは 実物大です。 まとめ 子供も喜ぶでしょうが大人も楽しい機能です。 サメをAR表示させると画面から消え、「あれどこいった?」とスマホを上に向けるとサメのお腹がどーんと目の前にあるなど、大きな動物を表示させると思わず「うわ、でけぇ」と声が出てしまうほど感動します。 クマも立ち上がったり、より大きさや生態がわかる動きをするので、これでフェイクニュースが作れそうだと思ってしまうほどリアリティがあります。 GoogleのARについては、パーティーのARオブジェクトも表示可能になる予定ということで、ますます便利になりそうですね。

次の

Google、検索結果から動物をAR表示する機能をリリース

グーグル 3d 動物

少し話は飛ぶが、グーグルには、「行動規範(Code of Conduct)」が定められている。 ユーザーへ誠実な姿勢でサービスを提供すること、使いやすさを追求すること、プライバシーや表現の自由を重んじること……といった内容だ。 持株会社であるアルファベット社のWebページにあるグーグルの行動規範を読むと、サービス関連の原則と並び、職場環境についての記載がある。 その内容は、雇用における機会の均等や、オフィスでのアルコール摂取に関する規範、ハラスメントへの方針などが5つ。 その中に実は「犬のポリシー(Dog Pollicy)」というものがある。 そして「猫は好きだ。 However, before bringing your canine companion to the office, please make sure you review our Dog Policy. 同社の行動規範は、ずいぶん昔から定められているもの。 とはいえ、検索で呼び出せるARの犬たちの種類が充実しているのは、行動規範の影響で開発陣に犬好きが多かったためなのか。 本当は、もう少し異なる理由があるのかもしれないが、ふとしたことから、グーグルのまた違った一面が見えるよう。 今後、猫を含め、さらに多くの動物たちとARを通じて触れあえる機会が増えることにもあわせて期待したい。

次の