ヘブンズフィール。 Fate[HF]ネタバレ感想と結末までのあらすじも【劇場版Fate/stay night Heaven’s Feel II. lost butterfly】

ヘブンズ・フィール

ヘブンズフィール

レベル HP ATK レベル HP ATK 1 0 500 60 0 1392 10 0 635 70 0 1544 20 0 786 80 0 1695 30 0 938 90 0 1847 40 0 1089 100 0 2000 50 0 1241 ゲームにおいて• 「」の上位版。 強力な宝具をさらに強化して放つ一撃は圧巻。 欠点は宝具威力以外の補助が一切ないため、使用するにはサーヴァント自身のNP効率が十分高くなければならない点。 また、更に宝具威力を引き上げる「」が恒常かつ同レアに存在するのが最大の懸念点。 これは非常に大きい。 ATK補正もあちらが上。 デメリットも短期決戦の場合は気にならず、相殺手段も現状増えているため、相対的にこちらは辛い立ち位置にある。 あえてこちらを採用する場合、「毎ターンダメージ500」以外に利点がない。 長期戦や低HPかつ回復を持っていない者に持たす場合は安定度が高いが、それでも運用はよく考える必要がある。 宝具威力しか強化できないのは「黒の聖杯」と共通するが、あちらほどの爆発力がない点がとにかくネック。 例えばの場合、黒の聖杯ならばデメリットを相殺できるうえに威力も充分なものになるが、こちらだと回転率や威力を加味すると「」の方が効果が高くなりがち。 Buster宝具持ちの場合、限凸「」は、異種バフの兼ね合いから未凸のこちらの効果を超える。 凸同士で比較しても宝具威力はあまり変わらない。 総合的に見ると弱くはないが、不遇と言える礼装。 カードイラストは「ユスティーツァ・リズライヒ・フォン・アインツベルン」。 9世紀末のアインツベルンに生まれ落ちたホムンクルスで、19世紀初頭には同家の頭首となっており、大聖杯の鍵としてその身を捧げた。 彼女より後のアインツベルンのホムンクルスは全て、彼女を鋳型としており、銀髪赤目など容姿が似通っている。 大聖杯は直径1kmのクレーターに彼女の魔術回路を拡大増殖して敷き詰めたもので、時間神殿ソロモンと同じ建築手法。 大聖杯の中心には彼女自身も収まっているが、人格は残っていない。 「ヘブンズ・フィール」という語は複数の意味を持つ。 第三魔法・ 天の杯 ヘブンズ・フィール。 ユスティーツァが行使できた魔法で、不老不死を実現するといわれている。 元々魂は星幽界にあって不滅だが、物質界に干渉する為に必要な肉体には寿命がある。 ならば肉体抜きで物質界に干渉できる様にすれば、人は老いることも死ぬこともなくなる、という仕組み。 特には万色悠滞により、地球での肉体が死んでも、電脳世界で生き続け、第三魔法に近い在り方になっていた。 冬木の聖杯戦争の英名。 アインツベルンは、第1次をヘブンズフィール1、第2次をヘブンズフィール2……と呼び習わしているとか。 三番目のドレス ヘブンズ・フィール。 この礼装についてのコメント• 恒常星5礼装ではぶっちぎりの残念度ではあるよなあ…リミゼロも虫爺もパッとはしないがオンリーワンではあるのに。 黒聖杯のデメリットがさしてデメリットとして機能してなくて差別化失敗してるのが残念 -- 2017-07-30 日 11:40:59• 脆い低レアサバだとこっちの方が安全に使えるよ -- 2017-08-07 月 01:52:13• 黒聖杯のデメリットで死ぬパーティー構成なら、黒聖杯無くても死ぬよ。 -- 2017-09-30 土 20:31:40• 黒聖杯凸りたいのにこいつ来るとイラっとするわ -- 2017-09-22 金 20:49:33• わかりすぎてつらい… -- 2017-09-30 土 20:48:51• 凸できればステータスとあわせれば無凸黒聖杯よりは使いやすそうだ あといちまいほしい -- 2017-08-12 土 17:34:14• 限戸津初めてした恒常礼装凸すると強いね。 -- 2017-08-17 木 07:57:52• Apoで出てたのはこの方? -- 2017-09-29 金 08:03:11• 天草のマスターのことを言ってるなら別人 -- 2017-09-30 土 19:33:48• 同じものでもあるし違うものでもある -- 2017-09-30 土 21:07:52• ざっくり言うならクローンとか、同じ設計図の量産品か -- 2017-10-11 水 12:44:25• 量産品とは違うかな。 三次の杯の人だろうし -- 2017-11-04 土 17:38:49• 聖杯になった人が聖杯戦争に参加できるわけないやろ... -- 2017-10-08 日 01:05:09• というか終盤? -- 2017-11-04 土 17:40:10• ついにご本人登場しましたね -- 2017-11-26 日 11:10:08• 声もついたな。 小林沙苗さん。 -- 2017-11-26 日 12:59:43• この礼装なんかよりも描かれてるキャラの方が需要ありそう -- 2017-11-26 日 14:01:07• せめて凸で70%あればなぁ -- 2017-11-27 月 01:42:49• 黒聖杯が異常なだけで50%も十分強力だよ。 なんで無凸で60%なんて出したんだか。 -- 2017-12-09 土 17:54:38• この人の服やたらにエロいのな。 イラストじゃ気づかなかったけどアニメで登場したらその際どさにびっくりしたわ -- 2017-12-31 日 09:51:40• なお人間が生身で触れると金になる危険物な模様 -- 2017-12-31 日 09:57:02• さすがに触れた側に異常が起こるって解釈は違和感あるな、純金なのに白い特殊な金がただの金になるだけだと思うわ -- 2020-06-28 日 23:42:38• その周りに浮かんでる星毎ターンくれ -- 2018-02-04 日 21:37:47• 黒聖杯のデメリットが1000ダメで、こっちの凸が60%なら綺麗に使い分け出来たんだろうけどなぁ。 凸ったけど未凸黒聖杯でいいかなって思うくらいには絶妙に微妙な性能 -- 2018-02-05 月 00:21:04• この礼装。 表情が怖い -- 2018-06-10 日 00:26:47• ほぼ黒聖杯の下位互換というのがなんとも……差別化のためにNPかNP獲得量20~30付けてくれないかなぁ -- 2018-08-30 木 11:02:27• たしかにテコ入れほしいが、礼装に強化入ったことって過去あったっけ… -- 2019-05-08 水 11:38:54• こっちが弱すぎると言うよりあっちが強すぎるから、張り合えるような複合効果持たせると流れ弾で他に死ぬ礼装が出てきそう… -- 2019-05-08 水 22:31:27• 黒聖杯もフォーマルクラフトもエリちゃんの冒険も持ってないからこれ使ってるよ -- 2019-09-12 木 17:20:51• 育成途中の低レアを主力にしてる初心者には優しい礼装。 若葉マークっぽいなと感じながらお世話になってる -- 2020-02-01 土 18:08:31• HF>黒聖杯になるには「HPが100%のとき特攻」かつQかAで連発できるほどの宝具性能が必要になるかな。 1ターン目にぶっぱする分には黒聖杯とて被ダメがないのだから、2発3発が現実的な宝具性能でHFが上回るようにするにはそんな性能の鯖を待つしかないのでは -- 2020-02-05 水 10:24:28• 追記 勿論そのような性能に対して、毎ターン回復付与でフォローするやり方もあり得る -- 2020-02-05 水 10:25:45• 威力で考えるとどうやっても黒聖杯になるだろう 上枝のような条件もあるけど から、黒聖杯のデメリットを打ち消せるならあちら。 パーティ単位でカバーできないならこちらという使い分けでもいいのではと思う。 問題は、宝具連打の持久戦やる場合、黒聖杯のデメリットが耐久時の被ダメにたいしては誤差になってしまいかねないことか。 -- 2020-05-20 水 12:30:05• 色合いでベラリザと誤認した深夜の悲しみ -- 2020-04-25 土 18:06:34.

次の

fateHFヘブンズフィール3章(映画)のネタバレ結末予想とあらすじ|予告映像と主題歌も

ヘブンズフィール

ヘブンズフィールの見どころ まずは、バトルシーン。 セイバーオルタVSヘラクレス あれ、セイバーさん、敵に回ったらメチャクチャ強いじゃないか。 もうビーム剣打ちまくりですよ。 エクスカリバーモルガンのNP効率良すぎぃ! そしてヘラクレスが何度切られても焼かれてもゴッドハンドで復活して食い下がる! やっちゃえ!バーサーカー! アクションのスピードとパワー、何といっても流麗なモーションというよりも「溜め」の演出がメチャクチャうまい。 メリハリが効いていて気持ちいいんですよね。 同じ快感があるのは、fateアポクリファのジークフリードVSカルナとか、バンパイアハンダーDの劇場版ですね。 カット割り云々で似てるとかではなく、アニメーションとして見せ方が上手くて気持ちいいって話です。 ああいう緩急のあるアクション大好きだ。 破壊演出もすさまじい、あれだけの枚数のカットを一瞬しか見せない。 あまりに贅沢なつくり! バーサーカーVSセイバーはアンリミのアニメでもあったけど、ああいった、いかにも動きや破壊描写の枚数が多い感じではなくて、凄い手間をかけて見せるシーンを絞り込んだアクション。 オルタもぶっ飛ばされたり、掴まれて地面に叩きつけらても全然応えてない、やっぱりアルトリアさんは敵になったほうが強い。 そして、きっとゴッドハンドの残り回数を数えていたのは私以外にもいるはずだ(笑) アクションとしては、エミヤVS真アサシンもあったけど、ほんの少しだけ、ギルガメシュVS桜は・・・あれはアクションじゃないよね。 英雄王、此度も慢心しすぎて瞬殺。 次はバトルシーン以外だ。 桜 とにかく桜がエッロい。 桜は個人的にあんまり印象が強いヒロインではなかったのですが、ヘブンズフィールのシリーズでは凄く繊細に描かれていますし、濡れ場もあります。 fateは元々エロゲの市場から始まりましたからね。 これまでレアルタ準拠というか、その辺をぼかしてきましたけど、今回はシナリオ的に絶対に必要だと判断したのでしょう。 私も賛成です。 桜の被虐っぷりや病みっぷり、二重思考やアンコントローラブルな感覚を描くには、性描写は必要不可欠だったと思います。 くーくーおなかがすきました。 士郎との濡れ場もかなり凄い。 奈須きのこさん、女性主人公全然行ける!確実に乙女回路はいってる。 あのお互い後に引けない展開で、唐突に実は処女じゃないとか言って確認をとってしまう桜を書けるのはヤバい。 とにかく桜エロいっていうのは、Twitterにもあふれてます。 士郎 士郎もヘブンズフィールではこれまでと違う面を見せます。 セイバーや凛のルートだと、狂気を孕んだ自己犠牲を見せる病んだ男だったのですが、桜ルートでは男になります。 存在するはずもない、概念上の理想である万人のための正義の味方をやめます。 俺は抱いた女一人のヒーローになる! 士郎は感情移入できない系主人公の筆頭だったのですが、この士郎なら分かりますよ。 イリヤとリン 可愛い。 特にこのルートのイリヤはちゃんと落ち着いた状況で意思疎通出来ます。 バーサーカーも全力で戦わせているし。 凛も桜の合わせ鏡として凄く輪郭がはっきりしている。 状況に流されてしまう桜とコントロールしようとする凛。 静と動。 桜は完璧に女性的思考ですけど、ぶっちゃけ凛って性格の根本は少年なんですよね。 まあ、そこが清潔な感じでいいんですけどね。 アーチャー 凄く物分かりが良くなっている。 概念上の理想の正義の味方を士郎が辞めたからでしょうか。 凛とのコンビは理想的だと思う。 有能だけど時々ポンコツお嬢様と皮肉屋の面倒焼きっていうのは面白いな。 ワカメ んー・・・私はやっぱこいつ無理。 プレッシャーとか弱さとか自尊心とか、色々あるのかもだけど、そんなの男に生まれたからには自力でどうにかしろよ。 特に引き取られてきた妹を殴って強〇し続けていたのは許しがたい。 ・・・こいつ、ひむてんの世界でも裏でこんな事やってんのかな、ゲロ吐きそ。

次の

ヘブンズフィール第2章の感想と見どころ【ネタバレ注意】

ヘブンズフィール

概要 天の杯 ヘヴンズ・フィール。 もとはアインツベルンの何れかの代の当主が到達したが、現在は失われたとされている第三魔法(使い手それ自体がどうなったかも含めて不明な点が多く、少なくともの代には当の昔に失われていた)。 物質界において唯一永劫不滅でありながら、肉体という枷に引きずられる魂を、それ単体で存続できるよう固定化する。 精神体のまま魂単体で自然界に干渉できるという、高次元の存在を作る業。 魂そのものを生き物にして、次の段階に向かう生命体として確立する。 魂は星幽界という物質界より高位の次元に属しており、エーテル体に宿り、生物として活動したり、幽体になったりする。 魂を物質界に降ろすのに要する魔力より、魂が保有するエネルギーの方が多いが、星幽界から降ろした魂は魂と同じ肉体でなければ留める事が出来ず、精々自分の魂を自分のクローンに魂を移す程度で、後は魂がこの次元から消え去るのを待つだけ。 しかし第三魔法を用いれば、その自然の摂理を捻じ曲げ、魂を別人の肉体に定着させたり、永久機関とすることで魂のエネルギーを魔力として無尽蔵に汲み出す事が可能。 つまり簡単に言うと「 との実現」。 第三のルート「」にて登場。 が特殊礼装『天のドレス』を身にまとう事で、大聖杯を制御し「天の杯」へと至ることが出来る。 そして物語の終盤。 ドレスを身に纏った彼女は、笑顔で奇跡を起こす……。

次の