レクサス lx 内装。 レクサスLX特別仕様車の内装・外装調べてみた総まとめ

【画像/写真】レクサスLXの内装/インテリア!運転席周りや後部座席から荷室/トランクまで紹介!

レクサス lx 内装

ランクルの姉妹車レクサスLXの内装はどうなってる?デザインや設計の詳細をチェック 新型レクサスLX570の内装を徹底解説します。 レクサスLXはラダーフレームを採用した剛健なオフロード向けフラグシップSUVで、トヨタで販売・製造されるランドクルーザーの姉妹車種として知られています。 グレード構成はLX570のみで、3列シート8人乗りと2列シート5人乗りの2タイプから選べます。 レクサスLXの現行型は3代目で、以前は北米を中心に販売されていましたが、2015年に行われた2度目のマイナーチェンジを機に日本市場においても販売されるようになりました。 ダイナミックで存在感のあるボディが目を引くレクサスLXですが、内装がどうなっているのかも気になるところです。 新型レクサスLXの内装を、コックピット・シートデザイン・ラゲッジルーム・その他装備などを中心に詳しくまとめました。 新型レクサスLXは全長5m超えのロングボディならではのゆとりある室内空間が広がる 全長5mを超える大きなボディを活かしたレクサスLXのパッケージ設計は、 全席・後部座席のどのシートに座っても開放的な気分を味わえる広さが特徴です。 そのゆとりある室内空間は、ラグジュアリーSUVのあるべき姿を体現しています。 レクサスLXのコックピットは先進性と機能性をバランスよく取り入れたこだわりの設計に仕上がっている レクサスLXのコックピットは、 オペレーションとディスプレイ2つのゾーンを分割することで機能性アップに努めています。 水平基調のインストルメントパネルがレクサスLXの端正さを際立たせます。 LXのセンターメーターはシンプルながら高級感のあるデザイン オプティトロンメーターはシンプルな2眼デザインですが、艶のある黒の計器盤で高級感があります。 スッキリとしたデザインのため視認性に優れていて、運転に集中しながらでも多彩な走行情報を読み取りやすいのが特徴です。 フルカラーヘッドアップディスプレイ(HUD)も完備 運転席の真正面には、12. 3インチのナビモニターと連携するフルカラーヘッドアップディスプレイが配置され、ウィンドシールドガラス内に多彩な車両・走行情報を映し出します。 全高1,910mmを誇るレクサスLXにこのヘッドアップディスプレイが装備されることで、「ボディが大きく運転しづらいのでは?」といった心配もなくなります。 スピードメーターとタコメーターの間に配置されている4. 2インチTFTカラーマルチインフォメーションディスプレイ。 車速やタイヤの切れ角、エコドライブインジケーターなどの様々な情報をグラフィカルに表示します。 重厚感のあるコックピット周りがLXの内装の特徴 縞杢またはウォールナットの本木目の加飾をあしらったパドルシフト付きの本革ステアリングホイールからは、他にはない特別な雰囲気が漂います。 本革と本アルミを組み合わせたシフトノブは握り心地がよく、確かな操作感が味わえます。 直感的な操作を実現するためリモートタッチに操作スイッチを配置 現行型レクサスLXではオーディオやナビの操作性を向上させるため、リモートタッチに「ENTER」「MENU」などのボタンスイッチを割り当てています。 ドライビングポジションを維持しつつ、より直感的な操作が可能となりました。 前席にはmicroSDカードスロットやUSB入力端子を設置しています。 パソコンやスマートフォンとの連携を強化することで、好きな音楽をより気軽に楽しめるようになっています。 「Ultimate Liveness」をテーマにレクサスLX専用に設定されたレクサスLXプレミアムサウンドシステムは、そのコンセプト通りライブ感を味わえるサウンドシステムです。 スマホの音楽プレーヤーもよりリアルでクリアなサウンドで再生できます。 アナログクロックはGPS対応でいつでも正確な時刻を表示 インパネに設置されるメタル感がスタイリッシュなアナログクロックはGPS時刻補正機能つきです。 レクサスらしいクラシカルでリュクスな空間を演出します。 タッチ式のオーバーヘッドランプ フロントシート用のオーバーヘッドランプはタッチスイッチ式で先進性にあふれています。 夜間でもオンオフの操作が簡単です。 ナノイー搭載のフルオートエアコンを装備 新型レクサスLXのエアコンには、「ナノイー」を搭載しています。 また、クリーンエアコンフィルターや排出ガス感知内外気オート切り替え機能つきで、年中レクサスLXの車内を綺麗な空気で満たします。 センターコンソールはクールボックスになるのでレジャーでも大活躍 フロントシートの中央に設置されているアームレストは、ふたを開けるとクールボックスになっています。 500mlペットボトルが6本入るスペースがあり、冷気導入スイッチを押すとボックス内が冷やされます。 レクサスLXのシート生地は全車にセミアニリン本革を採用!ラグジュアリーなデザインで高級志向のオーナーの満足度も高い レクサスの最上級クロスカントリーらしい上品で高級感たっぷりの内装 新型レクサスLXのシートには全てセミアニリン本革を使用しており、豪華で高級感があります。 カラーはアイボリー・ブラック・サンフレアブラウン・メローホワイト・ガーネットの5種類です。 オーナメントパネルはダークブラウンのウォールナットが標準装備されますが、メーカーオプションで縞杢に変更することができます。 シート内装については 特別仕様車専用ダイヤモンドステッチがあしらわれたセミアニリン本革シート、オーナメントパネルにはブラックの縞杢が標準装備されます。 オールブラックのシックなコーディネートが大人の魅力を感じさせます。 新型レクサスLXのラゲッジルームは5人乗り・8人乗りともに広々としている 長尺の荷物も楽々載せられるラッゲジルーム レクサスLXは3列シート8人乗りと2列シート5人乗りともに荷室容量を広く確保しています。 シートアレンジが多彩なので、サイズや長さのある荷物も余裕で積載可能です。 レジャーや旅行などのシーンでも頼れる相棒として活躍してくれます。 2列シート5人乗りには荷物の目隠しに使えるトノカバーが標準装備されています。 パワーバックドア装備で女性にも優しい テールゲートにはスイッチで開閉が可能なパワーバックドアを採用しています。 挟み込み防止機能付きで安全面にも配慮されているのも嬉しいポイントです。 8人乗り3列シートの現行型レクサスLXを選択した場合、 サードシートにスペースアップ機構が装備されます。 スペースアップ機構によってテールゲート左側に設置されたスイッチひとつでシートを撥ね上げることができます。 電動での操作となるので非力な方でも安心です。 「おくだけ充電」はメーカーオプションで装着可能 新型レクサスLXの内装のメーカーオプションでおすすめなのが「おくだけ充電」です。 センタークラスターパネルの下スペースに充電エリアを設置することで、その名の通り置くだけでモバイルバッテリーやスマートフォンの充電が可能となります(ワイヤレス充電規格「Qi(チー)」に対応する機種に限る)。 新型レクサスLXの内装はLEXUSが誇る本格クロカンSUVならではの高級感に満ちている ランドクルーザーの姉妹車でもあるLEXUSのフラグシップSUVレクサスLXの内装は、力強くたくましい走りと強靭なボディにマッチするゆとりあるパッケージングです。 セミアニリン本革を贅沢に使用したシートデザインもレクサスLXの風格を表しており、ゲストを手厚くもてなします。 ナビと連携するヘッドアップディスプレイや高級感のある加飾をあしらったステアリングやシフトノブ等を備えたコックピットも、運転の楽しさをとことん追求したこだわりあふれる設計です。 本格的なオフロード走行はもちろん、街乗りでもドライバーを楽しませてくれる新型レクサスLXは、ドライバーや同乗者にプレミアムな非日常を提供してくれるクルマとして、今後もSUV市場の重鎮ポジションを担う人気車種となるでしょう。

次の

レクサスの超ラグジュアリーSUV LXの内装画像まとめ

レクサス lx 内装

レクサスLX シチュエーション別おすすめカラー・色紹介 レクサスLXのカラーバリエーションには正直【ハズレ】はありません! 良く言えば万能な色、悪く言えば個性のない色がそろっている印象です。 でも LXを選ぶ側ならシーンに似合った存在感を発揮できるそんな色を選びたいと思いませんか? ここではそんなシーン別のおすすめカラーを紹介しています。 レクサスLXを芸能人みたいに乗りこなしたい 今や世界的人気の渡辺直美さんが初めて買った車がレクサスLXということでテレビで放送され話題になりましたよね! 車両価格で1,000万円を超える車ですからサラリーマンや雇われのみではなかなか手が出ません(汗) まさに成功者にのみ許されたそんな優越感にひたるならLXのカラーは【ブラック】の一択ではないでしょう? 庶民的な筆者では価格もさることながら手入れの大変さに躊躇してしまいますが、LXユーザーであれば車庫があるのは当たり前で、メンテナンスを自身でしている人は少ないですよね? レクサスLXはある意味ステータスを買うのと同等です。 所有することに意味があるのでその存在感を最大限発揮している【ブラック】はイチオシの色ですね。 レクサスLXをエアロパーツでカスタムする スポンサーリンク レクサスLX ソニッククォーツ 085 レクサスLX ソニッククォーツ 085 です。 カスタムやレジャy-使用どこに持っていっても1番人気のカラーリングです。 普通にしてても大柄なボディですが膨張色であるホワイト系の色を合わせることでその存在感は1. 5倍増しくらい大きな車に感じますね! ブラック一色だとどうしても押しが強くなりすぎて印象が固くなりがちですが、ソニッククォーツならイカツイボディでも柔らかくまとめてくれている、そんな印象ですね。 ソニッククォーツは新車での人気はもちろん中古車でも人気が高い色なので、売却時にも高額査定額が期待できちゃいます! もし今乗っている車がホワイト系の色もしくはブラック系の色ならレクサスLX購入前に一度無料査定に出して見る事をオススメしています。 当たり前ですが、お金持ちはお金にシビアだからこそ資産を築けるわけですから今の愛車を二束三文で売るなんてことはしないですよね!? スポンサーリンク レクサスLX マーキュリーグレーマイカ 1H9 レクサスLX マーキュリーグレーマイカ 1H9 です。 レクサスLXはホワイト系の色とブラック系の、それにブルー系の3種類の色に分かれています。 マーキュリーグレーマイカはボディの陰影を引き締めてくれるので、LXのデザインをよりきれいに浮かび上がらせてくれます。 マーキュリーグレーマイカは手入れの簡単なところも魅力的ですね! 嫌でも大柄な車を洗車するのって大変です(汗)もし奥さんが乗っていても洗車するのはだいたい旦那さんの仕事ですからできれば簡単に洗車やメンテナンスができれば文句なしですよね。 レクサスLX ソニックチタニウム レクサスLX ソニックチタニウム です。 マーキュリーグレーマイカよりも淡いシルバー系の色なのでLXのイカツイ印象が少し柔らかく感じることができますよね! これは女性ユーザーに特におすすめです。 土日は旦那さんが乗って、普段は奥さんも乗るなんてときにも変に嫌らしい印象を周りに与えない上品なSUVとして活躍してくれること間違いなしです! レクサスLX ブラック 202 高級SUVなら黙ってこの色【ブラック】です。 高級車のイメージを全面に押し出した、ソニッククォーツと人気を二分する人気のカラーです。 特ブラックはカスタム思考のユーザーや芸能人のユーザーが多いのが特徴です。 キレのあるシャープなデザインのLXに艶と高級感のあるブラックは最高の組み合わせと言えますよね! ブラックは中古車市場でも高価買取色ナンバー1です。 やはり高級SUVなら色はブラックがいいと考えているユーザーが多い証拠ですね。 そのため中古で売るときにもソニッククォーツと同様に高価買取査定額が出る色なので、乗り換えのときにも良い額の頭金になってくれるので【買ってよし、売ってよし】の色ですよね。 レクサスLX スターライトブラックガラスフレーク 217 レクサスLX スターライトブラックガラスフレーク 217 です。 ブラック一色ではなくガラスフレークを混ぜた色なので太陽光の下だと透明感と輝きがブラックよりも可憐な印象を与えてくれます。 ブラックの高級感もいいけれど人と違った印象のボディーカラーを求めているならスターライトブラックガラスフレークは最もいい選択になるでしょう! 中古車販売価格もブラックと同じく高値で売れますが、避けて通れないのがボディメンテナンスの大変なところです。 磨き傷や汚れはかなり目立ってしまうので新車購入時にコーティングを施しておくことで購入後のメンテナンスの時間を大幅に短縮できます。 手洗い洗車などに出すとLXクラスは5000円位かかるのでセルフでできるメンテナンスはできるだけしておいた方がランニングコストを抑えることができます。 レクサスLX ディープブルーマイカ 8X5 レクサスLXで唯一のライトカラーである【ディープブルーマイカ】です。 明るめの色を好むならディープブルーマイカ一択になるでしょう。 でもディープブルーマイカも原色の青色とは違い、派手さを抑えた深い色合いとツヤ感を重視した色になっています。 レクサスLX位になると大衆車のような派手で奇抜な色はいりません。 LXとそのユーザーに支持されるであろう色だけがあればそれで良いわけですからね。 ディープブルーマイカもそんな厳選された色です。 派手さではなくLXに乗るユーザーのライフスタイルや好みをリサーチした結果残された唯一のポップなカラーリングは若いユーザー層に乗ってもらいたい!そんな印象を受けますよね。 レクサスLX 内装色をひと目で確認 レクサスLXはボディカラー以上に内装色のバリエーションがかなり豊富なのが特徴的ですね! 本革を基本にインテリアカラー13色・オーナメントカラー2色から選べるのでユーザーの好みに完璧に応えてくれく仕様ですね。 では実際に車内に反映させるとどんな感じになるのか見てみましょう! レクサス内装色 セミアニリン本革 アイボリー 本革にアイボリーの組み合わせです。 【THE・高級車】の内装雰囲気に仕上がっていますね アイボリーとウッド仕様のオーナメントとの相性は抜群で、LXの車内にいる時間が落ち着いた自分の書斎になったかのような安心感があります。 アイボリーは明るめの色なのでジーンズなど色が移る洋服で乗ると、シートや服が擦れるところに色移りしてしまうので注意しましょう。 レクサスLX内装色 セミアニリン本革 ブラック オールブラック仕様の内装です。 LXのナビゲーション周辺はブラックの配色なので、内装色をブラックにすることで社内全体の統一感が取れます。 重厚な雰囲気はボディカラーもブラックにすることで車内外全てが同じ色になるのでセンスの光る人気の色です。 レクサスLX内装色 セミアニリン本革 サンフレアブラウン 茶色基調の本革仕様の内装色です。 サンフレアブラウンの内装色はセンターパネルやステアリングに採用されているウッドカラーに非常に近いので相性が良いですよね! 車内はまるで高級木材を使ったアトリエのような落ち着いた空間に仕上がっています。 レクサスLX内装色 セミアニリン本革 メローホワイト 最近人気の内装色【メローホワイト】です。 ボディカラーをソニッククォーツにして、内装色をメローホワイトにすればまるで海外のドラマに出てきそうな雰囲気のある使用になります。 メローホワイトはそのきれいな色と引き換えに本革のメンテナンスが最も大変です。 毎月クリーニングに出すのは面倒ですが、市販のシートクリーナーなどでかるく拭き上げるだけでも汚れの付き方が軽くなるので試してみてくださいね!• レクサスLX内装色 セミアニリン本革 ガーネット この色が選べれば上級者です。 【ガーネット】 本革ガーネットは宝石のガーネットに由来していて真紅の深い色合いは車の外からでもその存在感は抜群です。 ガーネットはサンフレアブラウンの内装色よりも濃い色合いです。 ボディカラーに赤系の色があれば最高の組み合わせになりましたが、LXには赤系の色はありません。 しかしガーネット内装色はLXに準備られているほとんどのボディカラーと相性がいいです! 強いて言えばディープブルーマイカとはちょっと合わないかな? ほとんどのボディカラーと印象的なガーネット内装色の相性はレクサスLXの存在感があればこそ成立する稀な組み合わせです。 出典:.

次の

レクサスLXの内装は本格クロカンSUVに相応しい格式高さと機能性を備える

レクサス lx 内装

ランクル(ランドクルーザー)ってどんな車? トヨタの高級本格SUV ランドクルーザーとは、トヨタが販売する最上級モデルの大型クロスカントリー車であり、日本では「ランクル」と呼ばれています。 トヨタ車の中でも歴史ある車で、販売開始は1954年9月と、半世紀も販売されています。 ここまでロングセラーになった理由は、どんなところでも走破できる性能と、厳しい環境でも壊れない耐久性など他メーカーの車より優れているところが多く、世界中にランクルのユーザーがいることです。 まさに、トヨタを世界メーカーにまで押し上げたことに貢献した車と言えます。 最新「ランドクルーザー」中古車情報 ランクルと新型レクサスLXをデザインの違いを比較 ランクル(ランドクルーザー)の外装 レクサスLXの外装 外装のデザインで一番の特徴は、フロントマスクです。 ランドクルーザーのフロントマスクははヘッドライト、フロントグリルまで一直線上にあるスタイルに対し、レクサスLXは開口部の大きいグリルとヘッドライトが吊り目のスタイルです。 また、レクサスLXは、レクサスの共通デザインアイコンであるスピンドルグリルを採用しているためレクサスっぽい雰囲気がさらに出ています。 一方、ランクルは比較的にスマートな雰囲気でSUV車の優等生といった印象を与えてくれます。 ランクルはSUVらしい無骨なデザインで、レクサスLXはそこにレクサスの高級感を演出したデザインです。 外装デザインの差は、完全に好みによりますが、SUVらしさを求めるならランクル、高級感を求めるならレクサスLXと言えます。 ただ、ランドクルーザーも、価格帯を見てもブランド力を見ても高級車に変わりはありません。 ランクルと新型レクサスLXの内装の違いを比較 ランクル(ランドクルーザー)の内装 ランクルの内装は、インパネ中央部分にナビゲーション液晶モニターや空調などのスイッチ類が集めたような配置なっています。 さらにセンターコンソールにスポーティーなシフトノブやドライブセレクターもあり、ドライバーを走りのヤル気にさせてくれる高性能SUV車らしい作りです。 もちろん助手席、後部座席、3列目のシートも高級感はかなりあります。 レクサスLXの内装 レクサスLXは、高級車ブレンドらしい、重厚感溢れる高級感があります。 木目調のインパネや樹脂素材部分が現れる部分を減らして革張りにするなど、この辺りはメルセデルベンツ、BMWに対抗する高級車の内装づくりに徹しています。 選択肢としては、 内装の機能性であればランクル、高級車としての豪華さであればレクサスLXと言えるでしょう。 ランクルと新型レクサスLXをスペックの違いを比較 ランクルとレクサスLXのエンジンスペックについて主要な違いを見ていきたいと思います。 ランクルとレクサスLXのエンジンスペックの違い ランクルと新型レクサスLXを最新のスペックから違いを見てみたいと思います。 ランクル レクサスLX エンジン形式 460(46. 608 5. 0 圧縮比 10. 2 10. ] 460(46. しかも、ミッションはランクルが6速オートマに対し、レクサスLXが8速オートマとより乗り心地と燃費性能向上にお金をかけた作りになっています。 性能、スペックに関しては、やはり価格の高いレクサスLXに軍配があります。 ランクルと新型レクサスLXをサイズ・全長など大きさの違いを比較 ランクルとレクサスLXを車体のサイズから比較していきたいと思います。 同じシャシーを使っている二台ですが、大きさには若干の違いがあるようです。 9 5. 9 車両重量 kg 2,690 2,530 2,490 2,430 2,720 車両総重量 kg 3,130 2,970 2,930 2,705 3,160 乗車定員 名 8 5 8 全長はレクサスLXのほうが115mmも長く、他にも全高が30mm高いです。 見た目の迫力を感じるのは、実際に寸法の違いからも現れています。 しかし、シャシーな同じなため、ホイルベールの長さは同じであり、最小回転半径も同じ値であるため、外観の大きさは違いますが、乗った時に感じるサイズ感は同じでしょう。 7【6. 9】 レクサスLX:6. しかし、ランクルはグレード別に燃費性能にかなり差があります。 車重が軽いグレードではレクサスLXよりリッターあたり0. 4kmほど低燃費。 これは、ランクル、レクサスLXのタンク容量が共に93Lであるため、ガソリン満タン状態から走行した時に、ガソリンが無くなることには37. 2kmも走行距離が違ってきます。 理論状の計算ですが、この違いについては小さなものとは言えないでしょう。 燃費性能であれば、レクサスLXよりもランクルのほうが優っています。 同じ8人乗りでもランクルのグレードAXとレクサスLXでは価格が2倍も違います。 ここまで違うのは車の中身にもありますが、やはりレクサスというブランド力もありそうです。 よって、購入しやすいのは圧倒的にランクルです。 「ランクル(ランドクルーザー)」と「レクサスLX」どちらを選ぶ? 【みんなの意見】投票受付中!あなたは多数派? Q. 【ランドクルーザーvsレクサスLX】高級SUV徹底比較!買うならどっち? トヨタが発売するランドクルーザーとレクサス LXは、ブランドと車名こそ異なりますが基本構造を共有する姉妹車です。 しかしな…• トヨタ ランドクルーザー• レクサス LX ご回答ありがとうございました。 Powered by ランクルとレクサスLXについて比較してみましたがいかがでしたか。 もともとは同じ車でありながら、トヨタとレクサスに分かれればここまでも違うことに驚かされます。 日本では親しまれたランクルのほうが圧倒的に人気があるようです。 しかし、ランクルの性能にさらに高級感を上乗せしたレクサスLXも魅力的です。 今までSUV車が好きで国産車に乗ってきた方には国産SUV最強のトヨタ・ランクルで、アメリカやドイツといった高級な大型SUV車、または大型の車を乗ってきた方であれば、レクサスLXをおすすめしたいと思います。 上記で、「ランドクルーザーとレクサスLXのどちらを選ぶか」で投票を受け付けています。 ぜひ投票して見てください。

次の