ぺんぺん草 桜。 さえ

ロマンチックなナズナの花言葉の意味と、ぺんぺん草の鳴らし方

ぺんぺん草 桜

ナズナの花言葉1 「あなたに私の全てを捧げます」 プロポーズの言葉と一緒にナズナを贈るといいですね。 実際、韓国の俳優アン・ジェヒョンが、ク・へソンにプロポーズする時に、 ナズナを贈った話が一時期話題になりましたね。 素敵なお話です。 西洋でも、ナズナの花言葉は同じで、 「あなたに私の全てを捧げます(I offer you my all)」です。 ただし、同じ花言葉でも少しニュアンスが違うようです。 これは、ナズナの実が財布の形に似ていることからきています。 ですから、西洋では 「私の全て(のお金)を捧げます」という意味なのです。 確かに、結婚すればお財布は一緒になりますからね。 でもちょっと現実的ですね。 君を忘れない ナズナの花言葉2 君を忘れない 引き裂かれた恋を連想させる、花言葉ですね。 別れ際にそっと、ナズナの花を贈るシーンを想像しました。 それにしても、ナズナの花言葉はプロポーズと別れの言葉という、真逆の意味があるのですね。 ナズナを贈られて歓喜していたら、実は別れのサインだったなんて事があったら悲劇ですよね。 でも、どちらもロマンチックです。 ナズナの花名の由来 「ナズナ」という名前はどういう理由でつけられたのでしょう。 一説では、撫でたいくらい可愛らしい花という意味で、 「撫菜(なでな)」からきました。 とても小さくて可愛い花ですから、納得できる理由ですね。 もう一説は、冬から春(2月~6月)まで咲いていた花が、夏になると枯れてしまう事から、 「夏には無い」で 「夏無(なつな)」という説です。 どちらも説得力がありますね。 ぺんぺん草の名前の由来 三味線の撥 ナズナは、ぺんぺん草とも呼ばれます。 子供のころは、この愛らしい植物を「ナズナ」ではなく「ぺんぺん草」と呼んでいました。 ぺんぺん草を鳴らして遊んだ人も多いのではないでしょうか。 私はてっきり「ぺんぺん」と鳴るのでぺんぺん草だと思っていたのですが、 調べてみるとそうではないのです。 ナズナ・ぺんぺん草は、 「三味線草(しゃみせんぐさ)」という呼び名もあります。 ナズナの実は可愛いハート型をしていますが、昔の人はそれを 三味線の撥(ばち)に見立てたのです。 三味線の撥がぺんぺんと鳴らすので、「ぺんぺん草」と呼ばれるようになりました。 少し意外でしたね。 鳴らした時の擬音がそのまま名前になったのではなく、三味線の撥のようだから三味線の音が名前になったのでした。 西洋では羊飼いの財布、日本では三味線の撥。 連想する物が結構違いますね。 ぺんぺん草の鳴らし方 子供のころぺんぺん草で遊びませんでしたか? 最近の子はやり方が分からないかもしれませんね。 スポンサーリンク ナズナの開花時期 上にも書いた通り、ナズナは冬から春(2月~6月)にかけて咲きます。 七草がゆの時期はまだ咲いていません。 でも、昔のお正月は2月です。 昔は七草粥で、花の咲いたナズナを食べていたのかもしれませんね。 ぺんぺん草のことわざ・慣用句 ぺんぺん草は昔から身近な植物だったので、ことわざにもなっています。 ぺんぺん草が生える 「ぺんぺん草が生える」とは、人の住んでない家や建物が無くなった場所などに、雑草が生えて荒れ果てることをいいます。 ぺんぺん草は、どこにでもすぐ生える雑草という事ですね。 ぺんぺん草も生えない 「ぺんぺん草も生えない」とは、荒廃した土地でさえ生えるナズナでさえ生えないという様子から、何一つ残らない状態を指して揶揄した言葉です。 ケチで何でも持って行ってしまう、というような意味です。 「近江商人が通った後は、ぺんぺん草も生えない」というように使っていました。 イナゴの大群みたいですね…。 ぺんぺん草の俳句 ぺんぺん草は、俳句にも詠まれています。 「薺」は新年の季語で、「薺の花」は春の季語です。

次の

ハルジオンの花言葉と由来・貧乏草と言われる理由を紹介!

ぺんぺん草 桜

MG撮影の写真なので判らないのですが ペンペン草(薺の花)のように見えるのですが ちょっと早すぎるような気がします 今年は暖冬で早いのかも知れませんね ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~ 響子さんと都さんがまた来てくれました なんと楽しいおしゃべりでしょう お昼は響子さんお手製の蕨の炊き込みご飯でした お陰で一足早い春を味わいました 『小句会』 『恋の猫』 恋猫。 猫の妻。 春の猫。 浮かれ猫。 恋猫の塀に構へて声張れり・・・都 恋猫を吠え立ててゐる座敷犬・・・響子 石窪の水舐めている春の猫 ・・・揚雲雀 『如月きさらぎ』 二月の異称。 陽暦のほぼ三月にあたる。 梅見月。 初花月。 雪解月。 木の芽月。 如月や屋根に石置く浜番屋 ・・・・響子 如月の空に解け行く飛行雲 ・・・ 都 如月や大石据うる造園士 ・・・・揚雲雀 『雀隠れ』 若草が雀が隠れるほどに伸びた景。 子の駈ける雀隠れや触れ太鼓 ・・・都 微風や雀隠れに稚立たす ・・・・響子 円墳の雀隠れに幣たてり ・・・・揚雲雀 『桜餅』 桜の葉で包んだ餅菓子。 東京・向島の長命寺畔の茶店の名物。 桜餅手荷物多き産見舞 ・・・・・・響子 植木屋の妻手作りの桜餅・・・・・・都 松籟の勿来の関や桜餅 ・・・・・揚雲雀 『花菜漬はななづけ』 油菜の蕾が黄色くなったころ摘みとって浅漬けにしたもの。 菜の花漬。 掌に受けて蕾ばかりや花菜漬・・・・都 突き出しに志野の小鉢の花菜漬・・・響子 御詠歌の稽古休みや花菜漬・・・・・揚雲雀 『黄水仙』 南欧原産で、花茎に二、三個の鮮黄色の花を開く 黄水仙活けて夫の忌を修す ・・・・都 雨雫ときをり受けて黄水仙 ・・・響子 貝殻で囲む花壇や黄水仙 ・・・・揚雲雀.

次の

プレミアムフラワーの花コラム 第30回:ぺんぺん草にも花はある〜ナズナからのエール

ぺんぺん草 桜

2020. 1 第30回:ぺんぺん草にも花はある〜ナズナからのエール ぺんぺん草は生命力が旺盛で、空き地や道端、畑など至る所で成長します。 そこから「ぺんぺん草が生える」(荒れ果てた地の様子)、「ぺんぺん草も生えない」(何も残っていない状態)という慣用句が生まれました。 ぺんぺん草はナズナの異名 恥ずかしい話ですが、そのぺんぺん草とナズナが同じであることは長い間、知りませんでした。 雑草の代表のようなぺんぺん草と春の七草の一つであるナズナのイメージが違うので、別の植物と思い込んでいたのです。 先月7日にスーパーで「春の七草セット」を買って、七草がゆを作りました。 セットの袋には「せり、なずな、ごぎょう、はこべら、ほとけのざ、すずな、すずしろ」の名前が写真とともに印刷されていました。 ナズナの代わりに「ぺんぺん草」と書かれていたら、「えっ、これを食べるの?」と思ったかもしれません。 小さな、白い、地味な花 「花コラムなのに草の話?」と思われるかもしれませんが、ナズナも花をつけるのです。 2月から6月にかけて、直径3mmほどの白い花を咲かせます。 名前のいわれは、夏になると枯れて無くなることから「夏無(なつな)」、それが変化して「ナズナ」になったと言われています。 また「撫でたいほどかわいい菜」ということで「撫菜(なでな)」が変化したという説もあります。 七草セットの袋には、「(ナズナは)撫でて汚れを取り除くという意味があると言われています」と書いてありました。 果実(写真左)の形が三味線のバチ(写真右)に似ていることから、「三味線草」の異名が生まれ、さらに三味線の擬音語に草を付けて「ぺんぺん草」と呼ばれるようになりました。 羊飼いの財布は見たことがありませんが、三味線のバチと同じような形をしているのでしょう。 所変われば、連想するものも変わってきます。 ナズナを「貧乏草」と呼ぶ地方もあります。 繁殖力が強いナズナの種子は風に吹かれて飛び、昔は茅葺きの屋根の上で芽吹くことがありました。 ナズナは屋根の手入れが行き届かない貧しい家の屋根に生えるということが、名前の由来だそうです。 よく見ればなずな花咲く垣根かな こう書いてくると、「ぺんぺん草」や「貧乏草」には、余り良いイメージは湧いてきませんが、芭蕉は『よく見ればなずな花咲く垣根かな』と詠んでいます。 ナズナがつけるのは、桜の花とは比べるべくもない、華やかさのない、小さな花です。 それでも、目立たない野の草は野の草なりに懸命に生きている。 その姿に芭蕉は感銘を受けて詠んだのではないでしょうか。 精一杯生きよう 事故で頸椎を損傷して手足の自由を失い、口に筆をくわえて詩画や随筆を創作している星野富弘氏はぺんぺん草を見て、次の詩を詠みました。 事故に遭ってから9年後、33歳の時の作品です。 (詩画は参考図書「詩画とともに生きる」から転載) 神様がたった一度だけ この腕を動かして下さるとしたら 母の肩をたたかせてもらおう 風に揺れるぺんぺん草の 実を見ていたら そんな日が本当に 来るような気がした 人は人、自分は自分。 自分なりに、精一杯生きよう! ナズナは私たちにエールを送ってくれているようです。 各商品ページをご覧ください。 誠に恐縮ですが、遅延に関しましては、当店・運送会社では責任を負いかねます。 その場合、ご用意可能な別商品をご提案致します。 以下の場合、お付け頂けます。 ・自社便可能エリア:すべての商品 ・全国全てのエリア:18500円以下の胡蝶蘭、洋蘭。 10000円以下の観葉植物。

次の