課税 証明 書 見方。 マンションの相続税評価額の計算方法

所得証明書・課税証明書と源泉徴収票の違いは?離婚調停で養育費を決めるのに必要?

課税 証明 書 見方

住民税の決定通知書について 住民税の決定通知書とは、その年の6月から翌年5月までの給料から天引きされる住民税の金額や計算根拠が示されている資料です。 その人が住んでいる役所や役場が作成しています。 会社員は会社から受け取る 通常、役所はこの通知書を5月中旬ごろに会社に送付しています。 6月の給料から天引きされる住民税について記載している資料となりますので、6月の給料日に一緒に渡される人も多いと思います。 所得の証明にもなる 基本的にはただ確認するだけとなりますが、役所が作成した資料になりますので、住宅ローンを組むときなど所得の証明が必要なときに提出を求められることもあります。 源泉徴収票との違いは? 12月1月ごろに会社が作成する源泉徴収票という資料もありますが、年末調整をした人の源泉徴収票は1年間の所得税額を示すものです。 一方、決定通知書は住民税額を示すものです。 とはいっても、確定申告をしていない場合、役所は源泉徴収票から住民税の計算をするので、共通する部分は多くあります。 住民税が非課税の人には作成されない この決定通知書は住民税がかかる人だけに作成される資料です。 パート・アルバイトなどで住民税がかからない人には作成されません。 生命保険料控除と地震保険料控除は源泉徴収票にも記載されていますが、所得税と住民税で計算方法が異なるので決定通知書の金額と異なっている場合があります。 区分 本人やその親族の状況によって適用できる控除の有無や人数が記載されています。 控除額の「障・寡・勤」「配偶者」「扶養」に関係してくるところです。 源泉徴収票にも「所得控除の額の合計」という欄がありますが、一部の控除の金額が住民税と異なるので金額は一致しません。 摘要 住宅ローン控除や寄付金控除(ふるさと納税)などの適用があるときに税額控除額が記載されますが、特に何もない場合は空欄となります。 ふるさと納税の控除額の確認についてはこちらのページでまとめています。

次の

所得証明書・課税証明書・非課税証明書の取り方

課税 証明 書 見方

家を購入する時のローン審査や自動車のローンなど 大きな買い物での審査やクレジットカードの審査などで 課税証明書の提出を求められることがあります。 一般的な住民票や印鑑証明などの書面とは違って 課税証明書は発行したことがない人も多いようです。 そのため、突然必要になった時にはどのようにして 発行できるのか分からず困る人が多い書類です。 この記事では課税証明書とは一体何を証明する書類なのか。 また、課税証明書の発行に必要なものや 覚えておくべき書類の見方について解説していきます。 課税証明書とは一体何? 課税証明書とは一体何を証明する書面かというと、 基本的に主な役割としては 「住民税の課税の金額を証明する」書面です。 課税証明書とは書面の中に前年度の収入(所得)の記載があるため 「所得証明」としても使える便利な書類です。 住民税は前年度の収入に応じて「都道府県民税」に加えて、 市町村などに支払う「市町村民税」の2つをまとめて住民税といいます。 課税証明書の呼び方は各地によってさまざまで 大阪では市民税・府民税証明書になっていますし、 例えば東京の板橋区なら特別区民税・都民税の証明書など。 その他にも、例えば私が長く住んでいた兵庫県なら 市県民税所得・課税証明書などと様々です。 また、証明できる内容も市町村などで少し違いがありますが 証明される内容としては大きく分けると2種類あります。 それが、課税額証明と全項目証明と呼ばれる証明内容です。 本来の書面の目的としては住民税の課税額を証明するものですから、 この課税金額のみを記載する方法を 「課税額証明」と呼びます。 しかし、課税証明書を提出をする場所によっては課税額の金額や 所得の情報以外にも様々な項目の記載を求められる場合もあります。 そういった場合に対応ができるように、課税証明書には 「全項目証明」「という記載方法も存在しています。 住民税の課税額だけではなく、所得金額の内訳、各種控除の内訳。 年間の収入から医療費や扶養控除、社会保険料控除などの各種控除を 引いて課税の基準になった金額である「課税標準額」という金額の 記載をしてもらうこともできますよ。 また、課税の金額だけではなく、実際にしっかりと納税して支払いをしている ことを証明する事も高額な買い物では提出を求められることがあります。 しっかりと払っていることを記載してもらう事で、 納税証明としても使えるように申請することができる地域もあります。 そのため、住宅ローンの審査や幼稚園、保育園の入電のため、 児童手当など必要な手続きに応じて提出先に納税の証明も必要か聞いておくと 二度手間を防げるので聞いておきましょう。 一方で「納税証明や所得証明」は課税証明とは分けて 扱っている地域もあるため、まずは何のために必要になったのかを 明確に住民票の登録をしている市区町村に相談をしてみるのがおすすめです。 一般的に書面申請の時に記載する項目としては ・申請者の氏名 ・家族の誰のものが必要なのか。 ・生年月日 ・ご住所 どの年度分の書面が必要なのか、どんな用途で利用するのかの記入 (住宅購入などの融資や保育園や幼稚園入園など)が必要になります。 課税証明書や非課税証明書などの発行はどんな時に必要? 必要になるシーンは所得がある、所得がない事の証明または、 所得金額がいくらあるかについての証明として求めらるケースが多くあります。 高額商品である住宅の購入や車の購入をローンで行う場合や クレジットカードでの審査などには、所得があること、所得金額が一定以上あることを 確認するために求められる事があります。 また、扶養家族の申請をするときや子供の児童手当をもらうためには 所得がないことや少ないことを証明するために住民税の課税がない事を 証明する「非課税証明書」を発行します。 この書類は所得に対して住民税が課税されていない証明であり、 所得が少ない事や所得がない事を証明出来ますが発行方法は同じ方法で行います。 課税証明書はどこで入手することができるの? 住民税の課税を行う市区町村は、毎年1月1日時点で住所が登録されている 市区町村にて課税が行われる事になっています。 課税証明書を手にいれられる場所についても 同じように1月1日時点で住民票のある市区町村で請求を行います。 発行してくれるのは市区町村の課税科などですから 役所の窓口で発行してもらう事ができます。 基本的に多くの市区町村のホームページでは課税証明書の 申請に必要な書面をPCでダウンロードをする事ができます。 見本をみながら記載をして 市区町村の役所の窓口で申請する方法が一般的です。 郵送やコンビニ交付による課税証明書の取得に必要なもの どうしても窓口に行くのが難しい人向けに 郵送で送って頂く事で交付してもらえる役所も多いです。 ほかにも、最近では証明書を発行できるコピー機が 設置されているコンビニで課税証明書を取得するという方法があります。 「窓口、郵送、コンビニ交付など」交付するにあたっての条件や用意しておくものが 市区町村によって異なるためあらかじめ確認しておきましょう。 ちなみに課税証明書は個人情報として大切な情報の記載があるので 原則本人による申請が必要です。 そのため、「窓口や郵送での送付を家族が申請する場合」には、 本人からの委任状が必要になりますよ。 本人が窓口で課税証明書の請求をする際に必要なもの ・課税証明書交付申請書 ・手数料は1年度につき300円~350円程で自治体により異なる ・身分証明書 ・代理人が請求の場合には本人からの委任状が必要 本人が郵送の請求をする際に必要なもの 郵送による請求をする際には以下の物が必要なものとなります。 ・課税証明書等の請求書(ほとんどの自治体のHPで書式をダウンロードできます) ・手数料については1通300円~350円程で自治体により異なる ・運転免許証または健康保険証などの身分証 ・返信用封筒に自分の住所の記入と切手を貼り付け ・代理人が請求の場合には委任状を同封します。 同一世帯の親族で請求者の住所地と同じ区内などに住む 家族などであれば委任状なしでの郵送請求ができる自治体もあります。 マイナンバーカード通知カードはただ単にマイナンバーの番号を 知らせてくれているだけのカードなので、コンビニ交付サービスの利用はできません。 ・1年度分の証明書につき200円 課税証明書を取得できるコンビニは? 全国にある多くのコンビニで取得できるようになっていて、 料金も窓口や郵送での請求よりも安いのがメリットです。 主にセブンイレブン、ファミリーマート、ローソンなどの マルチコピー機があるお店で簡単に取得できるようになっています。 課税証明書は一般的に所得証明として使うことができる? 会社員やアルバイトをしているともらえる所得証明の書類が 源泉徴収票で一般的な所得証明として知名度が一番高いものです。 不動産賃貸やローンを組む際にも提出することが多いものですが、 個人事業主やフリーランス、主婦の人では源泉徴収票がないです。 そういった人が所得証明としてどこかに提出する上で 発行したりするのも課税証明書です。 家族を扶養に入れるために家族に収入が少ないことや収入がないことを 証明することだって所得金額や課税額が記載されるからこそ可能ということです。 収入がなくて課税がない非課税の場合に請求できる 証明書のことを非課税証明書ともいいます。 源泉徴収票はひとつの会社からの所得証明として一般的で有効なものですが、 副業の収入があったり、株式投資など給与以外の所得があっても源泉徴収票に載ってません。 一方で課税証明書をもらった時に載っている所得金額は確定申告をした 前年度1年間のすべての所得が記載されていますのでより正確な所得の証明となります。 一定の所得金額までの人しか入居できないUR住宅や市営住宅など すべての所得金額を目安としてみられる場合に提出を求められる場合が特に多いです。 課税証明書の見方について 課税証明書を発行してもらって記載されている内容は 市区町村や何が記載された書面を請求したのかで変わります。 ここでは一般的に課税証明書で見方として覚えておくものを紹介します。 ・「証明書の年度」 どの年度の証明書になっているのかを表しています。 この記事を書いているのは平成31年4月ですが、最新の年度である 平成31年度の証明書が貰えるのは6月から7月頃で市区町村によって異なります。 ・「証明する所得の期間」 証明書の年度で例えば平成31年度を請求する場合は、 前年の平成30年の1月1日から12月31日までの 期間での所得が記載されています。 前年度の所得金額などによって 課税をされるので証明される金額も前年度分になります。 ・「所得金額」 給与所得だけでなくて、複数の所得がある人もたくさんいます。 不動産所得、事業所得から公的年金、雑所得などありますが、 その合計金額から各種控除によって差し引いた金額が所得として記載されます。 ・「所得控除」 扶養控除、保険控除、配偶者控除などの所得控除の 金額の内訳が分かるように記載されています。 ・「年税額について」 年税額という項目がありますが、 こちらには住民税の所得割額、均等割、所得税などの項目です。 ・「扶養人数」 記載内容として扶養人数を記載する事ができます。 こちらの項目を見ることで配偶者がいるのかなど家族構成を知れます。 省略することもできますので、書面の提出先に どの情報が掲載していればいいのかを聞いておくと安心です。 まとめ 課税証明書は住民税額が記載されていて所得の証明になるものです。 家や車を購入したりする際には所得がどのくらい あるのかによってローン契約に影響があります。 会社員をしている給与所得者であれば源泉徴収票が 所得証明書として利用する事ができます。 個人事業主や主婦であれば課税証明書を 所得証明書として使う事によって自分の所得額を証明できます。 個人事業主なら確定申告書の控えを 求められることもありますが、「課税証明書」が必要と言われた際には こちらの記事で解説した発行方法などを参考にしていただければと思います。

次の

所得証明書・課税証明書と源泉徴収票の違いは?離婚調停で養育費を決めるのに必要?

課税 証明 書 見方

課税証明書とはどんな書類か? 課税証明書の証明内容 課税証明書には大きく二つの種類があります。 一つは 「全項目証明」、もう一つは 「課税額証明」です。 全項目証明では住民税の課税額の他に所得金額や扶養家族の人数や控除の内訳、課税標準額も記載されます。 課税標準額は所得金額から各種所得控除を差し引いた金額のことです。 所得控除とは基礎控除や扶養控除のほか医療費控除や社会保険料控除、配偶者控除などを指します。 所得控除についてもっと詳しく知りたい方は、こちらの記事がおすすめです。 これに対して課税額証明では住民税の課税額だけが記載されます。 どのような目的で課税証明書を利用するのかによってどちらを取得するかが決まってくるため、予め確認が必要です。 なお自治体によっては住民税の課税額と課税標準額が記載される「課標証明」など、他の種類がある場合もあります。 課税証明書が必要になる場面 課税証明書が必要になるのは、基本的には「所得の有無」「所得の多寡」の証明が必要な場合です。 例えば金融機関でローンやクレジットカードの申し込みをしたり、子供を保育所等に入れたりする場合、その他扶養申請をする時や児童手当の申請をする時などにも必要となります。 全項目証明の課税証明書なのか、課税額証明だけの課税証明書なのかは状況によって変わるため、その都度書類の提出先に確認するようにしましょう。 課税証明書の入手方法 課税証明書は市役所などに発行請求することで手に入れられます。 このためにはまず各自治体の「課税証明等請求書」(自治体によって名称が変わる場合があります)と、運転免許証やマイナンバーカードなどの身分証明書、印鑑を用意する必要があります。 また窓口に行く人が代理人(本人もしくは三親等以内の家族以外の人)の場合は本人の委任状が必要で、法人の課税証明をする場合は法人代表者印または委任状を持参しなくてはなりません。 なお課税証明書一通につき、 300円程度の手数料が必要です。 課税証明書を請求する際の注意点 課税証明書の請求で注意しなくてならないのは、請求先の自治体です。 課税証明書は「 その年の1月1日時点に住所を置いていた自治体」で発行されます。 例えば1月1日時点で札幌市に住所を置いていて、現在も札幌市に住所を置いていれば、課税証明書の請求先は札幌市役所です。 しかし1月1日時点で那覇市に住所を置いていたにもかかわらず、現在は札幌市に住所を置いている場合は、課税証明書の請求先は那覇市役所になります。 このような場合は実際に窓口まで出向くか、代理人に依頼するか、各自治体のルールに沿って郵送してもらわなければなりません。 「課税証明等請求書」の書き方 以下では京都市の「市・府民税課税証明等請求書」を参考に、「課税証明等請求書」の書き方について解説します。 「誰の証明が必要か?」を記入する はじめに記入するのは課税証明書を請求したい本人の情報を記入します。 上段に現住所を記入し、1月1日時点で現住所と違う場所に住所を置いていた場合は下段にその住所を記入します。 次に請求したい本人の氏名と生年月日を記入します。 「納税者コード」は課税対象者に対して発行される 「納税通知書」「税額決定通知書」に記載されている管理番号です。 これがあれば窓口の職員がより早く手続きができるため、わかる場合は記入しましょう。 なお納税者コードはわからなければ記入の必要はありません。 「どんな証明が何枚必要か?」を記入する 次に記入するのはこちらの欄です。 京都市の場合は「市・府民税課税証明等請求書」の中で所得証明・課税証明の全項目証明・課税証明の課税額証明・課税証明の課標証明の四つから選択できます。 必要な種類の左端のボックスにチェックを入れたら、請求する年度と枚数を記入します。 なお、課税証明書には平成28年度分なら平成27年度の所得内容が、平成27年度分なら平成26年度の所得内容が記載されます。 「何に使うのか?」を記入する 次に記入するのは課税証明書の用途です。 適切なものにチェックを入れ、選択肢にない場合は「その他」の空欄に具体的に記入します。 「自分が誰か?」を記入する 課税証明書を請求したい本人が、窓口に行く人と同一であればこの欄は「同上」とするだけで構いません。 しかし代理人が窓口に行く場合は、ここにその人の住所・氏名・生年月日・続柄の記入が必要となります。 以上が「課税証明等請求書」の記入方法です。 ここで解説した内容はあくまで京都市役所のフォーマットに従ったものですが、他の自治体でも概ね同様の内容を記入するため、請求時には参考にしてください。 まとめ 課税証明書は所得の証明をする時などに必要な住民税額などが記載された書類です。 所得の証明書として代表的な書類は「源泉徴収票」ですが、これがもらえない主婦や個人事業主などは自分の所得を証明するために必要な書類です。 ここで解説した内容をよく読んで、あらかじめ請求方法を理解しておきましょう。 給与計算や税金に関してお困りの方にはこちらがおすすめです。 創業は70年を超え、税務・会計はもちろんのこと経営コンサルティングや法務、労務、ITにいたるまで、多岐にわたる事業を展開し今では4500件を超えるお客様と関与させて頂いております。 「顧問先さまと共に繁栄するゆびすいグループ」をモットーとして、お客さまの繁栄があってこそ、ゆびすいの繁栄があることを肝に銘じお客さまのために最善を尽くします。 お客様第一主義に徹し、グループネットワークを活用することにより、時代の変化に即応した新たなサービスを創造し、お客様にご満足をご提供します。

次の