レトロ ガール 札幌。 レトロガール 札幌4丁目プラザ店

札幌喫茶店・昭和レトロなお店でノスタルジーな気分に浸る

レトロ ガール 札幌

今年は桜が少し早かったです。 濃いピンクから薄い色まで色々とあるのですね。 ezotanukiさん Simply Redは南米のお茶だと思います。 香りはほのかにあま〜い。 名前は店の人が勝手に名付けられたかも。 なんせ、ブレンドしたと言われてましたから。 スペインは紅茶、飲めるものではありません。 あんな入れ方みたらイギリス人だって、えっ?!っと、思いますよ。 Simply Redは、南米のお茶でしたか。 ググっても出てこないものでどんなお茶だろうと思っていました。 スペインの紅茶はダメですか。 ではイタリアの紅茶はいかがでしょう。 2月にナポリへ行ったときにLIPTONのレモンティーを買ったのですが、ティーバッグの中にレモンの皮 かな?)が入っていました。 香りもとてもよく、人工的な香りではないので ezotanuki的には気に入っております。 日本で売ってるレモンティーとは大分雰囲気が違いますね。 スペインの紅茶は。。。 きっとまた違うのでしょうね。

次の

北海道

レトロ ガール 札幌

札幌市中央区南3条西1丁目 地下鉄東豊線「豊水すすきの」下車1番出口より徒歩30秒。 裏口側(東側)に有料立体駐車場有。 ゲーム、カラオケ、ダーツ、ボウリング、映画館の施設が入る、 地下2階、地上8階からなる総合アミューズメントビル。 須貝興行として誕生してから60年の歴史を誇る、札幌市民の「遊び」を牽引してきた存在と言える。 ゲームコーナーは3フロア分となる。 地下1階はメダルゲーム、1階はキャッチャー系やプリクラ、音ゲーなどの大型筺体系。 そして2階がレトロゲームコーナーを有する、ビデオゲーム系となっている。 フロアごとに上手く客層が分けられていると感じる(1階と2階の温度差が凄い)。 7階、8階は映画館となっている。 2階入口前のポスター さて、今回のメインである2階フロアの紹介をしよう。 全体的に薄暗い照明、低い天井、煙草の煙。 「アミューズメント」じゃなくて「ゲーセン」。 「レトロコーナー」と謳っているものの、仕切られているわけではなく混在している。 筺体は80台以上あるとのこと。 とにかく数に圧倒される。 なんとレインボーもある。 グラディウスシリーズもコンプリートされている(パロディウス含む)。 実はシューティングの台数がかなり多い。 家庭用ハードのフリープレイもある。 ソフトは「ぷよぷよ通」。 以前は「鉄拳」その前は「対戦ぱずるだま」だったかな。 「ダライアスバースト」が50円でプレイできる。 こういった大型筺体で遊べるのがゲーセンの楽しさ。 なんとテーブル筺体もあるのだ。 でも本日はメンテ中。 UPLの「忍者くん」が出来るなんて。 基盤の展示もされてたりする。 有名なCPS2ですな。 「デススマイルズ」はレゲーではありませんぜ。 ポスター集。 「ディグダグ」が目を引く。 ちゃんと最近のゲームもあるのだ。 NESiCA台。 ハイスコアガール読んでたらやりたくなっちゃう源平討魔伝。 お帰りはこちら。 1階はいたって普通。 レトロゲームコーナー設置筺体リスト 名前を確認出来たもののみ。 実際はもう少し多い。 これだけの数の筺体を常時稼働させているのは素直に凄いことだと思う。 月一程度で新作(レトロゲーム)が入るので、それを目当てに通うのもいいかもしれない。 ちゃんと新作ゲームも盛り上がっているので安泰だと思う。 またサガットに負けてしまった・・・。 自分はあまり金を落とす方ではないので偉そうなことを言う権利が無いとは思いますが、こういった「昔ながらのゲーセン」はいつまでも存在してほしいと思います。 市内のゲーセンは壊滅状態であり、数店あるキャッツアイでもビデオゲームを置いていない店舗があるなど、おっさんゲーマーにとって時代の流れは確実に旗色の悪い方へと進んでいます。 客の入りを見るに、営利目的よりも存続性に重きを置いてるような店もあり、何だか物哀しさが先に立ってしまうのです。 もはや アーケードゲーム との差が無くなってしまった 家庭用ゲームの存在や、テレビゲーム自体が多くの遊びの中の一選択肢に過ぎなくなってしまったことなど、ゲーセンを取り巻く環境は逆風にさらされている。 ファミコン世代の一人として、その終着点を見届けていきたいと思う。

次の

『札幌 レトロと喫茶店めぐり』札幌(北海道)の旅行記・ブログ by ezotanukiさん【フォートラベル】

レトロ ガール 札幌

札幌のレトロな喫茶店を巡る旅 札幌には半世紀以上の歴史を持ち、いまもなお多くの人々に愛され続けている喫茶店があります。 店の雰囲気だけでなく、コーヒーや軽食の味も引き継がれ、いつ訪れても変わることがない安心感も魅力のひとつでしょう。 今回は昭和30年代の匂いを放ち続ける老舗を尋ねてみました。 場所は札幌市中央区北4条西6丁目にあり、道を挟んだ向かいに北海道庁、毎日新聞社が入る毎日札幌会館と、ホテルポールスター札幌に囲まれた北四条ビルの地下1階にあります。 ビジネス街に位置するためか、飲食店には珍しく 土日祝が定休日です。 歴史を感じるビルの階段を下り、純喫茶「オリンピア」のドアを開けると、いきなり過去にタイムスリップします。 一段低いフロアにエントランスが広がり、時代が止まったような空間に迎えられます。 ソファーやテーブルなどのインテリアは茶色系で統一され、間接照明の淡い光が照らしています。 全体が見渡せる席に着くと、落ち着いた雰囲気の女性が注文を取りに来ました。 すでに11時を回っていたので、 ランチメニューのミニハンバーグスパゲティとコーヒーを注文しました。 店名のオリンピアの由来は、札幌オリンピック(1972年)にちなんだものと思いきや、それよりも古い東京オリンピック(1964年)の年の開店だそうで、実に半世紀以上の歴史を誇っています。 外界から遮断された店内は、喫茶店がオシャレな大人の社交場であった名残を十分に残し、人生の酸いも甘いも知り尽くした大人たちが安らぎを求めて訪れます。 ほどなくしてミニハンバーグスパゲティが運ばれてきました。 静かに流れるジャズを聴きながら昭和から受け継がれる味を楽しみます。 食後のコーヒーも常連を惹きつけるだけあり本格的でおいしく十分に満足できました。 スタッフの方々やお客さんのムードが、お店の雰囲気を作り出しています。 いつか私もこの雰囲気が似合う素敵な大人になりたいものです。 よくよく看板を確認したら「オットー」ではなく、「うおっと」という居酒屋さんでした。 友達と談笑しながら、ようやくお目当ての「オットー」を発見。 街の景観に溶け込むように佇み、 ドアを開けると暖気と一緒にコーヒーの香りが漂いました。 壁にレンガを使用したシックな店内は「カフェ」ではなく「喫茶店」と呼ぶにふさわしい風格と、おもむきがあります。 レイアウトは、カウンターのほかにテーブル席が6つあり、 奥のテーブルの1つは、昔懐かしいテーブル型のゲーム機(故障中)が使われていました。 1970年代後半にインベーダーゲームが流行り、当時は喫茶店がゲームセンターのようになっていたそうです。 まずは食事と飲み物を注文しました。 「ここはひとつ、喫茶店らしいものを頼もうか」と相談し、私はドライカレーとホットコーヒーを、友人はハヤシライスと紅茶をオーダーしました。 しばらくして食事が運ばれてきました。 ドライカレーは程よくスパイスが効き、細かく刻まれた福神漬けがカレーの風味を際立たせるアクセントになっています。 食べすすめるごとに味わい深く、飽きることなく完食しました。 友人のハヤシライスを食べさせてもらいます。 ケチャップソースの中に野菜がとろけ、濃厚なおいしさを引き出しています。 ちなみに「ハヤシライス」の名前は、現在文房具を扱う丸善の創始者である早矢仕有的(はやし ゆうてき)氏が考案したから、ハッシュドビーフの「ハッシュ」がハヤシになったなど諸説あるそうです。 昭和35年に開店の老舗だけありコーヒーや紅茶もおいしく、どれも一朝一夕には出せない味でした。 オットーには看板犬の「トモちゃん」がいて、ストーブの前で温まったり、お客さんにすり寄っています。 トモちゃんに会いたくて、お店を訪れる人も多いようですよ。 常連さんも多いですが排他的な雰囲気は一切なく、初めての人でも懐かしい雰囲気に迎えられます。 たまにはレトロな喫茶店でノスタルジーな気分に浸ってみませんか? 札幌のレトロ喫茶店は本物の昭和を感じられる 札幌のレトロカフェは「レトロ風」ではなく、 当時の空気感がそのまま封印されたタイムカプセルのようなお店でした。 自分の親の世代が青春時代を過ごしたであろう雰囲気に浸る。 そんな楽しみ方をしてみてはいかがでしょうか。

次の