いつかのメリークリスマス 歌詞。 B'z いつかのメリークリスマス 歌詞

B'z いつかのメリークリスマス 歌詞

いつかのメリークリスマス 歌詞

いつかのメリークリスマスの歌詞について。 私はB'zは小学生のころから聴いており、好きです。 いつかのメリークリスマスも大好きです。 まあ毎年聴いてます。 定番だし、名曲だと思います。 ですが、最近、恋人から歌詞に疑問があると言われました。 「何故、クリスマスのプレゼントに椅子なの?」と言う事です。 同曲の歌詞に「君の欲しがった 椅子を買った 荷物抱え電車の中一人で幸せだった」 と確かにあります。 客観的に見ると確かに、 電車の中で椅子を抱えるのも変だし(この場合、荷物=椅子が妥当だと思います)、 プレゼントに椅子を贈るのも、正直、微妙なセンスだと思います。 皆さんはどう考えますか? ちなみに私どもはアンチB'zではありません。 A ベストアンサー こんにちは。 題名にも「いつかの」とありますが、この曲の歌詞って、 ずっと「~だった」「していた」と思い出口調で語られますよね。 その他にも、「一人で幸せだった」(幸せなのだと思い込んでいた? 幸せなのは僕だけだった?) 「~ような気がしていた」(そう思っていたけど、実際は違った、僕が勝手に夢想していただけだった) などと、思わせぶりな詩が続きますよね。 最後は現在形で締められており、「誰かが幸せそうな顔で歩いてる(あの頃の僕のようだ)」 と云う意味合いに取れます。 曲全体に、物悲しげな寂しいイメージが通されているのも、 失くしてしまった昔の恋、が語られているのかな?という感じですね。 失恋したのか、お互いに納得しあっての別れなのか、 そこまではちょっと難しいですが、 これだけ鮮明に、切なく思い返しているのであれば、 きっと失恋、なのでしょうね。

次の

【おめでとうクリスマス】日本語でも英語でも歌えるクリスマス曲【歌詞紹介・演奏動画】

いつかのメリークリスマス 歌詞

Contents• いつかのメリークリスマスの歌詞は大前提として… まず「いつかのメリークリスマス」の歌詞の情景や空気感は、今の時代ではなく 90年代ということが大前提としてあります。 そして「いつかのメリークリスマス」は1992年の12月に発売されたミニアルバム「FRIENDS」に収録されたのですが、この「FRIENDS」は コンセプトアルバムとなっているんです。 そのコンセプトっていうのが ラブストーリー。 個人的には冬のラブストーリーっていう印象ですね。 そのアルバムのSCENE 1として「いつかのメリークリスマス」は収録されています。 SCENE 1のシーンは『回想』なので、「いつかのメリークリスマス」の題名通り、主人公 *いつ かのメリークリスマスの歌詞は いつかのメリークリスマスの歌詞を順に解釈すると 「いつかのメリークリスマス」は前述したように、90年代の楽曲なのでインターネットも普及しておらず、っていうかスマホはおろか携帯電話も無かった時代です。 1992年ってなると、かろうじてポケベルがあったくらいでしょうか。 そんな アナログライクな時代の12月が歌詞の舞台となっています。 「いつかのメリークリスマス」の歌詞は終始、過去の恋人と幸せなクリスマスを過ごした事を回想していますね。 ただ最後は「秒速5センチメートル」を思い出すような表現だなぁと思いました。 まぁ「秒速5センチメートル」の方が後ですけど(笑 最初の1番Aメロの歌詞で情景を表現していて、街全体が賑やかでみんなが幸せに見える年末の夜が「いつかのメリークリスマス」の舞台だと分かります。 主人公は恋人が欲しがっていたプレゼントを買って、恋人の喜ぶ顔を楽しみにしながら家路に向かっているのが分かりますよね。 逐一連絡を取れる時代ではないからこそ、余計家路に向かう足取りは速くなったのではないでしょうか。 そして主人公と恋人が仲睦まじい情景も2番Bメロ「誇らしげに~」で表現されています。 *いつかのメリークリスマスの歌詞は 1番のサビにの歌詞を見てみると、同棲している恋人と結婚を考えていたことが分かりますよね。 また素敵な恋人がいていつか結婚も考えている、そんな日常はきらめいていただろうし、若い頃に抱いていた夢にひたむきに追いかけていたこともサビで分かります。 そしてサビの後半になると、おそらく主人公は恋人を失うかもしれないと予感がしていたんだと思うんですね。 何故恋人を失う事になったのかは「いつかのメリークリスマス」の歌詞では表現されていません。 ただアルバム「FRIENDS」のSCENE 2「僕の罪」のサビの歌詞も合わせて考えてみると、 がむしゃらに夢を追いかけた主人公とだんだん歩幅が合わなくなってきた恋人が、お互い最善の道として別れを選んだのかもしれませんね。 ちなみにSCENE 2「僕の罪」のシーンは 『再会』です。 *僕の罪の歌詞は スポンサーリンク いつかのメリークリスマスの歌詞の意味まとめ *いつかのメリークリスマスの歌詞は 「いつかのメリークリスマス」は、• 恋人と幸せな将来を見ていた時• 恋人との終わりを予感していた時 の二つの心情が交互に入ってきている歌詞です。 歌詞の最後の部分から過去の自分を見ているかのように、幸せそうな誰かを眺め昔の恋人に思いを馳せていますよね。 「いつかのメリークリスマス」の歌詞は、 恋人との幸せな時間を思い出し、別れから時が止まっている男側の心情を細やかに表現していると思います。 個人的には稲葉さんの詞の特徴でもあるかなと思うのですが、 男の女々しい部分を時に叙情的に時に生々しく表現していて、それが多くのリスナーを共感させていると思うんですね。 いつかのメリークリスマスの歌詞の椅子の解釈 他のブログやサイトでもたくさん取り上げられていますが、歌詞の中の恋人が欲しがっていたプレゼントがなんで椅子なのか? 色々憶測や考察はあると思いますが… 歌詞の内容から主人公は恋人と同棲していると分かるので、恋人が椅子を欲しがっても不思議ではないですよね。 また一緒に暮らしているということをより鮮明に表現するために、生活感のある椅子にしたのかもしれません。 抱えるくらいのサイズの椅子だから程々に大きくて、閉店間際だから夜も少し遅い時間帯。 電車の中もそれほど混んではいなくて、抱えるには少し大変な椅子のプレゼントでも大好きな恋人の喜ぶ顔を想像して苦にもならない。 最寄りの駅から家までの道のりも、恋人の笑顔を楽しみにしている。 僕が当時リアルタイムで聴いた時にイメージしたのは、こんな情景でした。 椅子というのは確かにインパクトがあって耳に記憶に残りました、と同時に 情景も思い浮かべやすかったと思うんです。 もちろん細かい描写は人それぞれになると思いますが、椅子の意味合いはストーリーを思い浮かべやすくしたのではと。 …でも、そんな風に捉えるよりも素直に歌詞の世界観に浸るほうが良いですよね。 椅子に違和感を感じるのなら、舞台背景が90年代と捉えるか、都合よく世界観を頭の中でいじって「いつかのメリークリスマス」の世界に浸るのがベストかなぁと 最後に 「いつかのメリークリスマス」は歌詞の世界観が鮮明に思い浮かぶような曲だからこそ、20年以上たった今も人気のある曲何だと思います。 また前述してきたように「いつかのメリークリスマス」はScene1『回想』で、物語としては起承転結の「起」の部分なんです。 アルバム「FRIENDS」は• SCENE 1. いつかのメリークリスマス 『回想』• SCENE 2. 僕の罪 『再会』• SCENE 3. 恋じゃなくなる日 『葛藤』• SCENE 4. どうしても君を失いたくない 『解決』 となっていてストーリー、主人公の気持ちが続いていきます。 だからアルバム「FRIENDS」を1回通して聴いてみると良いかなって思いますよ。

次の

B’z「いつかのメリークリスマス」 歌詞の意味

いつかのメリークリスマス 歌詞

Contents• いつかのメリークリスマスの歌詞は大前提として… まず「いつかのメリークリスマス」の歌詞の情景や空気感は、今の時代ではなく 90年代ということが大前提としてあります。 そして「いつかのメリークリスマス」は1992年の12月に発売されたミニアルバム「FRIENDS」に収録されたのですが、この「FRIENDS」は コンセプトアルバムとなっているんです。 そのコンセプトっていうのが ラブストーリー。 個人的には冬のラブストーリーっていう印象ですね。 そのアルバムのSCENE 1として「いつかのメリークリスマス」は収録されています。 SCENE 1のシーンは『回想』なので、「いつかのメリークリスマス」の題名通り、主人公 *いつ かのメリークリスマスの歌詞は いつかのメリークリスマスの歌詞を順に解釈すると 「いつかのメリークリスマス」は前述したように、90年代の楽曲なのでインターネットも普及しておらず、っていうかスマホはおろか携帯電話も無かった時代です。 1992年ってなると、かろうじてポケベルがあったくらいでしょうか。 そんな アナログライクな時代の12月が歌詞の舞台となっています。 「いつかのメリークリスマス」の歌詞は終始、過去の恋人と幸せなクリスマスを過ごした事を回想していますね。 ただ最後は「秒速5センチメートル」を思い出すような表現だなぁと思いました。 まぁ「秒速5センチメートル」の方が後ですけど(笑 最初の1番Aメロの歌詞で情景を表現していて、街全体が賑やかでみんなが幸せに見える年末の夜が「いつかのメリークリスマス」の舞台だと分かります。 主人公は恋人が欲しがっていたプレゼントを買って、恋人の喜ぶ顔を楽しみにしながら家路に向かっているのが分かりますよね。 逐一連絡を取れる時代ではないからこそ、余計家路に向かう足取りは速くなったのではないでしょうか。 そして主人公と恋人が仲睦まじい情景も2番Bメロ「誇らしげに~」で表現されています。 *いつかのメリークリスマスの歌詞は 1番のサビにの歌詞を見てみると、同棲している恋人と結婚を考えていたことが分かりますよね。 また素敵な恋人がいていつか結婚も考えている、そんな日常はきらめいていただろうし、若い頃に抱いていた夢にひたむきに追いかけていたこともサビで分かります。 そしてサビの後半になると、おそらく主人公は恋人を失うかもしれないと予感がしていたんだと思うんですね。 何故恋人を失う事になったのかは「いつかのメリークリスマス」の歌詞では表現されていません。 ただアルバム「FRIENDS」のSCENE 2「僕の罪」のサビの歌詞も合わせて考えてみると、 がむしゃらに夢を追いかけた主人公とだんだん歩幅が合わなくなってきた恋人が、お互い最善の道として別れを選んだのかもしれませんね。 ちなみにSCENE 2「僕の罪」のシーンは 『再会』です。 *僕の罪の歌詞は スポンサーリンク いつかのメリークリスマスの歌詞の意味まとめ *いつかのメリークリスマスの歌詞は 「いつかのメリークリスマス」は、• 恋人と幸せな将来を見ていた時• 恋人との終わりを予感していた時 の二つの心情が交互に入ってきている歌詞です。 歌詞の最後の部分から過去の自分を見ているかのように、幸せそうな誰かを眺め昔の恋人に思いを馳せていますよね。 「いつかのメリークリスマス」の歌詞は、 恋人との幸せな時間を思い出し、別れから時が止まっている男側の心情を細やかに表現していると思います。 個人的には稲葉さんの詞の特徴でもあるかなと思うのですが、 男の女々しい部分を時に叙情的に時に生々しく表現していて、それが多くのリスナーを共感させていると思うんですね。 いつかのメリークリスマスの歌詞の椅子の解釈 他のブログやサイトでもたくさん取り上げられていますが、歌詞の中の恋人が欲しがっていたプレゼントがなんで椅子なのか? 色々憶測や考察はあると思いますが… 歌詞の内容から主人公は恋人と同棲していると分かるので、恋人が椅子を欲しがっても不思議ではないですよね。 また一緒に暮らしているということをより鮮明に表現するために、生活感のある椅子にしたのかもしれません。 抱えるくらいのサイズの椅子だから程々に大きくて、閉店間際だから夜も少し遅い時間帯。 電車の中もそれほど混んではいなくて、抱えるには少し大変な椅子のプレゼントでも大好きな恋人の喜ぶ顔を想像して苦にもならない。 最寄りの駅から家までの道のりも、恋人の笑顔を楽しみにしている。 僕が当時リアルタイムで聴いた時にイメージしたのは、こんな情景でした。 椅子というのは確かにインパクトがあって耳に記憶に残りました、と同時に 情景も思い浮かべやすかったと思うんです。 もちろん細かい描写は人それぞれになると思いますが、椅子の意味合いはストーリーを思い浮かべやすくしたのではと。 …でも、そんな風に捉えるよりも素直に歌詞の世界観に浸るほうが良いですよね。 椅子に違和感を感じるのなら、舞台背景が90年代と捉えるか、都合よく世界観を頭の中でいじって「いつかのメリークリスマス」の世界に浸るのがベストかなぁと 最後に 「いつかのメリークリスマス」は歌詞の世界観が鮮明に思い浮かぶような曲だからこそ、20年以上たった今も人気のある曲何だと思います。 また前述してきたように「いつかのメリークリスマス」はScene1『回想』で、物語としては起承転結の「起」の部分なんです。 アルバム「FRIENDS」は• SCENE 1. いつかのメリークリスマス 『回想』• SCENE 2. 僕の罪 『再会』• SCENE 3. 恋じゃなくなる日 『葛藤』• SCENE 4. どうしても君を失いたくない 『解決』 となっていてストーリー、主人公の気持ちが続いていきます。 だからアルバム「FRIENDS」を1回通して聴いてみると良いかなって思いますよ。

次の