さん かく 窓 の 外側 は 夜。 さんかく窓の外側は夜 : 作品情報

「さんかく窓の外側は夜」全巻レビュー

さん かく 窓 の 外側 は 夜

ヤマシタさんは「BUTTER!!!」のような一般向けの漫画以外に、 BL系の漫画も多数手がけられています。 この「さんかく窓の外側は夜」にもBL系のネタが織り込まれていますが、そんなに濃い目ではありません。 私はBLジャンルはそこまで得意ではありませんが、本作は楽しく読めました。 BLが苦手な方にもおすすめです。 「さんかく窓の外側は夜」レビュー あらすじ 書店員・ 三角(みかど)は、死人が視えてしまう体質。 それゆえ、幼い頃から恐怖の数々を体験してきた。 その体質を見抜いたのは、 除霊師・冷川(ひやかわ)。 書店より霊退治の依頼を受けた彼は、除霊のために三角の体を通して、いきなり 「霊をつかんでぶん投げる」。 自身の体を突き抜けるその除霊方法に、不覚にもエクスタシーを感じてしまう三角。 事件をきっかけに、冷川にスカウトされる。 「店長さん、三角くんを私にください!!」 冷川の勢いに、成り行きで除霊のアシスタントをすることになる三角。 恐ろしい目にあいながらも、嫌よ嫌よも好きのうち?おっかなびっくり、本格的に除霊に関わっていくことに。 そんな中、冷川と懇意の刑事・半澤の依頼による案件で、 呪術師による「呪い」に遭遇する三角たち。 呪いに関連しているのは 「非浦英莉可(ひうらえりか)」という女性なのだが、今までとは何やら雰囲気が違い…? 軽妙なノリが楽しいホラー漫画 …という出だしのオカルト・ホラー漫画「さんかく窓の外側は夜」。 いろんな意味でおっかなびっくり読みましたが、感想は… めっちゃおもしろい!そして怖い! BL要素の濃さが心配だったのですが、想像していたほど直接的な表現はありませんでした。 どちらかというと、三角と冷川のユーモラスなやり取りの「ネタ」としての扱い。 ヤマシタトモコさんの漫画は、 キャラクターの表情や会話に大きな魅力があります。 本作でも彼らの掛け合いが、実にユニーク。 笑いをさそいます。 落差の激しい恐怖シーンが怖い しかしそのノリに油断していると、 ふいにあらわれるショッキングなシーンで、大ダメージ必至。 作中の随所で描かれる、「三角の視ている世界」。 死者やそれ以外の「何か」の、見た目がありえない程ねじれていたり、顔の中央に黒い穴が開いていたり。 その表現が、怖すぎる。 切った貼ったという、ホラー漫画定番の直接的なグロテスクさではなく、 人に不安感を与えるそれらのイメージ。 淡々と進む、ややもすると笑いのこぼれる話の中で、気を抜いていると ふっと描かれる恐怖の、予想外のショックを受けます。 ヤマシタトモコさんの恐怖表現、ものすごく臨場感があるんですよね。 読んでいて鳥肌が立つ、心臓に悪いぐらいの怖さ。 深みを見せる物語 1巻中盤では、 単なる心霊現象にとどまらない恐ろしい事件に遭遇する、三角と冷川。 そこに関係しているのは、呪術師・非浦英莉可という存在。 3巻の表紙に描かれている女性です。 物語が進むにつれ、徐々に接近していく三角たちと非浦。 彼女の背後に存在する怪しげな人物。 冷川と刑事・半澤のつながり。 そして 三角自身にも出生の秘密が…? 巻を重ねるごとに深みを見せ、いや、読者を深みに引きずり込んでいく「さんかく窓の外側は夜」。 恐怖もその手をゆるめることなく、凄みを増していきます。 まとめ というわけで漫画「さんかく窓の外側は夜」。 バツグンのおもしろさ、そして怖さを持つオカルト・ホラーでした。 怖い漫画は好きだけどBLはちょっと苦手、という方も、 コメディ部分と恐怖描写のバランスが絶妙で楽しめること請け合い。 読むときっと満足する内容だと思います。 ぜひ恐怖の世界を楽しんでください。

次の

【さんかく窓の外側は夜が1冊無料】まんが王国|無料で漫画(コミック)を試し読み[巻](作者:ヤマシタトモコ)

さん かく 窓 の 外側 は 夜

今回は、私が腐の道へ舞い戻った作品をご紹介します!!!! 『さんかく窓の外側は夜』 うむ、タイトルの意味が分かりません。 分かりませんが、なんか分かる。 このタイトルも中身も秀逸なんですよねえええ!!! 簡単なあらすじはというと、 どこにでもいる書店員、三角(みかど)康介は、 実は人とは違う能力を持っていた。 それは、『人ではない何か』が見えること。 そんなとき、除霊を仕事としている冷川理人と出会い、 半ば無理矢理に助手となることに…。 というもの。 なんですが!!!ものすごく!!エロい!!!!! ホラーものでもあるので、怖がりな方は夜に読むのは おすすめできないんですが、エロ要素が高いんです。 直接何かをするってことは(今のところは)ないんですが。 そのときの 気持ちよさは「夢精に似てる」んだとか(三角くん談)。 ちなみに、三角くんは初めて入れられたときに 気絶してしまいます。 「気絶するほど …気持ちよかったですか?」とか しれっと言う冷川さんは、人間関係に必要なもろもろが 欠如気味のお方(1巻登場人物紹介より)。 この冷川さんという人が謎なんですよね。 三角くんに並々ならぬ執着を持って 縛ったり呪いをかけたり(これは三角くんに対するものじゃないらしい) します。 しかもそれを楽しそうにやるっていう。 呪いには"道具"が必要なんですけど、その道具をごっくんと 飲み込んじゃったり、何者なんだか分かりません。 あと、日本語の使い方がときどきへん。 三角くんに対する執着もそれが人としてなのか、物としてなのか。 やっと出会えた運命の、自分が好きなようにしてもいいおもちゃなのか。 冷川さんの考えが謎すぎて、もだもだしてしまいます。 彼氏って言われても否定しなかったし、うーーんどうなんでしょう。 対する三角くんはおっぱいにも目が釘付けになっちゃう 好青年なんですけど、彼は彼で孤独を抱えて生きてきたわけです。 霊が見えるなんて、誰にも言えなくて。 初めて自分自身でいていいのが冷川さんの側なんですね。 だから、何されても許しちゃうっていう…。 冷川さんにいろいろされていることは感づいていながら 見て見ぬふりをしている。 今までずっとひとりだったから、この手を離すのが怖いんだろうな、 と思うとつらいです。 そんな三角くんなんですが、どうも(冷川さんと出会ってから?) 他の霊能力者たちを惹きつけるみたいで。 それは男女問わずなんですけど、 迎くんというインチキ占い師(今年三十路を迎えるカワイイ系)や 非浦英莉可ちゃんというJK(呪い屋さん)にも 体を許してしまいます。 これが本人に自覚なしなので冷川さんはそのたびに ついカッとなったりしてしまうんですよね…こわい。 だがしかしそこには萌えもあるっていう。 興奮してつい噛んだり首筋舐めたりする冷川さんのことも あっさり許しちゃうし、気持ちよさには贖えないんですかね! 掲載誌はMAGAZINE BExBOY というBL雑誌です。 でも、コミックスはBLレーベルじゃないっていう。 なのでこれはブロマンスであり、BLではないんです! という文章も見かけたのですが 作者のヤマシタ先生がインタビューで 「私の中では立派にBL」とおっしゃっていたので BLです(キリッ)。 長年BLは読んできましたが、BL雑誌というものを 購入したことがない私が買ってしまいましたもんね… 続きが読みたくて。 こんなの、初めて……! 過激で直接的なBL描写はないですが、 ブロマンスが好きでホラーが大丈夫な方は この作品に惹かれるんじゃないかな~と思います。 あと映画好きな方も。 いわゆるブロマンス映画のいいとこたくさん入ってます!! これからの展開が気になりすぎて、日常生活に 支障をきたすレベルで好きな作品です。 続きは6月になるまで読めないっていう…生殺し!! 現在2巻まで発売中。 電子でも発行されています! ちなみに私は電子も紙も両方持っています。 2巻の表紙は冷川さん。 これ、表紙を並べると見つめ合っているんですよね…フフ…フフフ…。

次の

映画『さんかく窓の外側は夜』公式サイト

さん かく 窓 の 外側 は 夜

以下では、「さんかく窓の外側は夜」1巻以降のストーリーに触れますので、 未読の方は下記の紹介ページを先にご覧いただくことをオススメします。 「さんかく窓の外側は夜」とは? 「さんかく窓の外側は夜」は、霊の視える主人公・三角(みかど)くんと、三角くんをスカウトした除霊師・冷川(ひやかわ)がコンビを組んで除霊業を行う、オカルト・ホラー漫画。 冷川は三角くんの体(というか霊体)を通して除霊を行い、三角くんはその瞬間にエクスタシーを感じてしまうという、ややイヤンなBL要素があるのが特徴。 と言っても絡みなど直接的な表現はほぼ無いので、BL漫画に免疫の無い人にも安心してオススメできる作品です。 ヤマシタトモコ漫画らしい、三角くんと冷川の軽妙な会話も魅力的。 そんな二人の関係を楽しい!と感じていると、しかし唐突にぶっ込まれてくるオカルト表現が、恐ろしいことこの上ない。 特に1巻中盤で描かれる、刑事・半澤に依頼された「遺体探し」は鳥肌ものの怖さ。 というわけでホラーが苦手な方にはあまりオススメしませんが、読んでみると「さんかく窓の外側は夜」の独特な世界観が病みつきに。 ちょっと笑えて、強烈に怖い物語にぜひ触れてみてください。 「先生」の手により倒れる逆木。 非浦英莉可は彼を救うため、その「死」を自らの力で取り込もうとするがー。 一方、三角と冷川の間では考え方の違い、そもそもの立ち位置のズレが、徐々にあらわに。 そして三角の干渉を嫌った冷川は、三角を「さんかく窓」の向こうに追いやってしまう。 先生 VS 三角・冷川を中心とした連合軍、という趣が強まった、と想いきや、肝心の二人の関係が微妙なものに。 そして三角が飛ばされた場所には、かつて登場した「あの」人物が。 意外な再登場でおもしろい展開に。 前半はゆっくり目な展開な8巻ですが、しかし後半は物語の構造を大きく変える出来事が。 冷川と三角、三角と先生。 それぞれの関係がグッと変化し、予想のつかない方向へ。 書店員・三角は、死んだ人間が「視えて」しまう体質。 それを除霊師・冷川に見抜かれ、彼にスカウトされる。 三角の体を通して「霊をつかんでぶん投げる」冷川。 その除霊方法にイヤイヤながらもエクスタシーを感じてしまう三角。 「さんかく窓の外側は夜」主役二人のコンビ誕生。 そして物語の鍵となる呪術師「非浦英莉可」がかかわる事件に触れる、という第1巻。 ヤマシタトモコさんらしいユーモラスなやり取りに浸っていると、ホラー表現に「ガツン!」と横殴りにされるような。 一気に物語の中に引き込まれます。 キャラクター同士の会話・絡みをしっかりと描きつつ、それでいて独特の怖さ・昏さを見せてくれる第1巻。

次の