アコギ 初心者 値段。 アコギ初心者(特に女子)にフェンダーがオススメの理由とは?

【アコギ初心者さん】アコースティックギターの選び方とは?~20代女性カナコさん編~

アコギ 初心者 値段

Contents• 初心者にはアコースティックギターの中古でもおすすめ? 初心者が中古のアコースティックギターを購入するのはあまりおすすめしません。 理由は自身で品質を見抜けないことと、経年劣化による癖のついたアコースティックギターを初心者のうちはあまり弾いて欲しくないことが挙げられます。 楽器屋さんがいくらメンテナンスを賢明にしていても、アコースティックギターは木で作られているので、長年使われている物は変形が起こります。 その変形を見抜く事が出来るようになるまでは、一人で購入するのは控えた方が良いでしょう。 アコースティックギターの中古の 注意点は? 注意点は前述した変形とパーツの劣化です。 アコースティックギターのネックといわれる、指を添える細長い部分が曲がっていってしまう変形が良く起こります。 この曲がった変化を「ネックの反り」といいます。 この反りはある程度はメンテナンスで改善されますが、残ってしまうことが多いです。 この状態になってしますと、アコースティックギターが弾きにくいですし、音程がずれやすくなったりします。 それでは練習効率が上がりませんし、正しい音で練習出来なくなってしまいやすいので、正しい音感がつきにくくなってしまいます。 また、パーツも劣化が起こりやすく、特に弦を巻き付けている、「ペグ」とネック上で音程を区切っている細長い金属「フレット」は重要で劣化が起こりやすい部分です。 「ペグ」は楽器屋さんのほうでメンテナンスがされている場合がありますが、「フレット」はすり減っていくのでメンテナンスが難しく、すり減り過ぎると打ち直す必要があります。 アコースティックギターは経年劣化が起こりやすいということが注意点となります。 アコースティックギターの中古は どれくらいの値段? 状態によって変わってきますが、普通の状態であれば、新品より30%前後引きで購入する事が可能になります。 新品同様の状態なら、10%引き、酷い状態だと40%引きになったりします。 これは普通に流通しているアコースティックギターに限った話であり、限定品や極端に古い物は新品より高い価格で取引されている事が多々あります。 きちんと、選べるようになると非常に経済的であるといえます。 スポンサードリンク アコースティックギターの 中古の選び方とは? 選び方は、とにかく試奏をして自分の手になじむアコースティックギターを選ぶ事が大切です。 店員さんにお願いすれば、試しにアコースティックギターを弾かしてくれます。 そこで、例えネックが反っていても、自身が弾きやすかったらそれが良いアコースティックギターになるということです。 最低限のペグやフレットに関しては店員さんに状況を聞いて、そこからは完全に自身の好みで良いです。 アコースティックギターを数本試奏するとわかりますが、かなり引き心地が変わります。 これは目で見ても分かりません。 人の意見も人によって手の大きさや、指の長さは変わるので役に立つことは少ないです。 とにかく、たくさんのアコースティックギターを弾いてみるのです。 そして弾きやすい物を買いましょう。 これがおすすめの選び方です。 ネットでギターを購入するなら楽器販売大手の がおすすめ! 楽器の品ぞろえは日本最大級! 中古商品は10,000点以上掲載!自分にあうギターが見つかると思います! まとめ ここまで中古のアコースティックギターについて取り上げてきましたが、新品よりリスクはありますが、安価で良い物を選ぶ事が可能になるので一度購入にチャレンジしてみるのも良いかもしれませんね。 それでは良い音楽ライフを!!.

次の

【価格.com】アコースティックギター

アコギ 初心者 値段

お名前はカナコさんと言います。 カナコさんは、初めてのアコースティックギターを選びにお店に足を運んで下さいました。 でも、何から選べば良いのか全然分からないご様子。。。 早速、田中がお手伝いさせていただきましょう!アコースティックギターを選ぶ際にチェックして頂きたいポイントは、大きく分けて3つあります。 レッツゴー!!! ギターの大きさ(形) ギターの形は大きく分けて2つあります。 ドレッドノートタイプ、OOOサイズなどの少し小ぶりな フォークタイプ、があります。 ドレッドノートの方が、ダイナミックなサウンドで、低音から高音までバランス良く鳴ります。 コードでジャカジャカ鳴らすと、とっても気持ちいい!一方フォークタイプは、ドレッドノートに比べて繊細なサウンドで、ギターソロなどメロディをギターで弾くのにマッチすると言われております。 カナコさん「う~~ん、ただ好きな曲をアコギを弾きたいのですが、どっちが良いですか?」 スミマセン!分かりづらかったですね!演奏ジャンルが一応分かれておりますが、先程の話今のところは参考程度までに頭の片隅に置いていて下さい。 これから始める方にとって大きさで選ぶポイントは、 "抱えやすさ・弾きやすさ"です。 はい、では実際に抱えていただきましょう!! まずはドレッドノートサイズ。 「 結構おっきいですね!!!学校の授業で触ったのは確かこれくらのサイズだったような…」 そうですね、学校にあるギターはドレッドノートのサイズのものが多い印象です。 女性だったら、大きいというイメージを持たれる方が多いかも…。 続いて、フォークサイズ。 「 お、こっちはさっきのに比べて小さくて持ちやすいです!ドレッドノートは持ってみて少ししんどかったから、形は小さいので探そうかなあ。 」 というわけでカナコさん、形は小さいサイズで探すことに! グッ! 音 続いては、音。 ギターが弾けない方は、店員さんに弾いてもらいましょう! 今回は、当店の一番お手頃なギターと少し良いランクの音を聞き比べしてもらいました。 メーカー名 型名 カラー 価格 付属品 Vangard VFG-01 2018. この違いは、ギターを知らない方でも意外と気付いて下さるので、是非この音の違いは体感してみてください。 余談ですが、ギターの価格が上がっていくとネックの形状も弾きやすく設計されていたり(手の小さな女性でもコードが抑えやすい・弾きやすいモデルなど)、各パーツ自体の質も上がるので、例えばチューニングを合わせるパーツ・ペグなどの精度も上がるので、チューニングも安定しやすくなるのです。 よって弾きやすいギターを探していくのであれば、価格もヒジョーーに重要になってくるのです! 外観(見た目) せっかく買うギターですので、外観も気に入ったものが良いですよね! さて、その後も色々試していただいたカナコさん。 絞れてきたものの外観も含めて、非常に悩んでいるご様子です。 メーカー名 型名 カラー 価格 付属品 James J-800A N ¥86,184 ソフトケース付き こちらのギターはピックガードの柄がべっ甲柄っぽくてオシャレですし、サウンドホールの周りの装飾も可愛くて素敵ですよね。 「確かにそうなのですが、せっかく買うならこう、誰も持っていないようなグッとくる見た目のもの………、 …あ!!店員さん!!あれ!!!!」 !!!!!!!!!! カナコさんが気になったのはこちら!K. Yairiという国産メーカーK. YairiのSO-OV2というギター。 メーカー名 型名 カラー 価格 付属品 ギタセレ K. Yairi SO-OV2 VSB ¥99,792 ギグケース付き アンティークなカラーで、ヘッドのエンジェルちゃんが可愛いですねえ。 そして、ネックがめちゃくちゃ握りやすい!さすが国産、こだわって作っていますねえ。 「 渋カワイイ!!」 実際に持っていただき、大変気に入って頂けたご様子です。 というわけでカナコさん、こちらのギターで始めること決まりました!見た目もオシャレ、弾きやすい素敵なギターを選ばれました!この子を相棒に楽しいギターライフを私達と一緒に満喫しましょう!!! 支払いについて 「 少し予算オーバーしちゃったのですが、分割とかできますか?」 はい、できます。 当店は現金支払いのほか、各種クレジットカード、商品券使用可能です。 そして更に、カードを持っていない方でもorico、JACCSなどご利用で分割払いが可能となっております。 また 2020年3月31日まで、 最大36回まで分割手数料が無料となっております!(未成年の方は、親権者様の同意が必要となります。 )詳しくはをご確認ください。 買った後のあれこれ 「 買ったのはいいけど、ちゃんと続けれるか不安です。 」 心配ご無用!!当店では買った後も続けられる様、サポート致します。 まずはビギナーズ倶楽部といって、ギターを始められる方の最初の一歩をサポートするもので、コードを鳴らすコツ・弦交換の仕方など無料のセミナーになっております。 こちら是非是非ご参加下さい!詳しくは また、当店は教室も併設していますので、しっかり弾けるようになりたい!という方は、プロのレッスンをお勧めいたします!詳しくは。 最後に 最後まで読んでくださり有難うございました。 今回はカナコさんを例にとってご説明しましたが、選ばれるギターは本当にその人それぞれです。 こちらの記事を参考にしていただくのは非常に嬉しいのですが、実物を見て手に取って音を聴いて、自分が感じたことを一番大事にすべきだと思います。 楽器屋さんに行くのは少し勇気のいることかもしれませんが、私達スタッフが全力でお手伝いさせていただきますので、お気軽になんでも相談してください!一緒に自分に合った一本を探しましょう。 是非ご来店お待ちしております。 オススメ初心者ギターはこちら! 担当者オススメ初心者ギターの情報は!合わせてお読みください。 お問い合わせ 在庫状況の確認や、お取り置き、ご不明点のご質問など、お気軽にお問い合わせください。

次の

アコギ・アコースティックギター

アコギ 初心者 値段

予算3万円の中古ギター 予算3万円での中古ギターはおすすめしません。 安価なギターは耐久性が弱いので、故障が発生しやすいです。 中古となると、更に故障発生のリスクが上がります。 そして、格安ギターであっても修理すると1万円程度は普通にかかります。 基の値段が安いので中古になっても、大して価格が落ちませんしね。 リスクの割にはメリットが少ないので新品を買ったほうが良いです。 予算3万円のエレアコ 3万円以内で買えるエレアコに搭載されているピックアップですが… 意外と 普通に使えるピックアップが搭載されています。 しかも、チューナーが内蔵されているものも結構あります。 なので、予算3万円でもライブハウスなどで使えるエレアコは買えます。 ただ、本体自体が安いギターなので音はもちろん大したことはありません。 そして、ピックアップに原価がかかる分、ギター本体の質は下がります。 よって、エレアコの必要があるか?はちゃんと考えましょう。 同じ価格でもアコギを買ったほうがギターの質自体は良くなるため、エレアコである必要がなければアコギを選ぶべきです。 おすすめの安いアコギ(エレアコ) ベスト10 それでは、予算3万円で買える安いアコギ(エレアコ)のおすすめランキングを解説していきます。 はじめに総評すると… 「2万円以上の大手メーカーの製品は安定していて、どれも一緒」です。 どれも限られた原材料で作っているので、違いがほとんどわかりません。 そして、どれも練習用ギターとして申し分ないです。 逆に1万円台はどれも厳しいです。 具体的には造りがチャチだったり、音の響きが安っぽかったりします。 それでも、 練習自体はできるのでアコギを試しに買ってみたい…という需要は満たせます。 上記を踏まえて、1万円台・2万円台の商品を解説していきます。 自身の需要にあったギターを探しましょう。 飛ばし読みガイド• ミニサイズのクラシックギター• 青葉市子さんが使用しているモデル• ピックアップ未搭載• 実売価格 1. 2万円程度 YAMAHAのミニサイズのクラシックギター。 ジュニア用のクラシックギターとして昔から定番の製品ですね。 …といってもボディサイズが小さいだけなので、大人も普通に弾けます。 音はポロンポロンとややおもちゃっぽい感じの音です。 …が青葉市子さんの演奏を聴くと、それが逆に味で高級ギターのようにも聴こえちゃうからすごいものです。 青葉さんはライブもレコーディングもピックアップを後付けしたでこなしています。 なので、1. 2万円で買えるものの耐久性は問題なさそうです。 チューニングはやっぱり、狂いやすいので頻繁に合わせるようにした方が良いでしょう。 クラシックギターを始めるにあたっての、お試しとしては十分に機能してくれる製品です。 Gibson伝統のラウンドショルダーボディ• NanoFlex製ピックアップとShadow製プリアンプ内蔵のエレアコ• 実売価格 2. 8万円程度 Gibsonギターの安価モデルを製造・販売しているEpiphoneのエントリーモデル。 トップ:シトカ・スプルース単板、サイド&バック:マホガニー合板という2~3万円台のアコギによくある木材構成。 ボディシェイプはGibson J-45などに代表されるラウンドショルダーにカッタウェイを入れたタイプです。 ラウンドショルダーはパワーや音量もあって、レスポンスも割と良いので万能に使えるボディシェイプです。 初心者の方が最初に買うギターとしては最適ですね。 音質も安いギターという感じですが、1万円前半のアコギよりはしっかりとアコギっぽい音がします。 少し良い感じの練習用ギターといったところです。 そして、ピックアップ&プリアンプ内蔵のエレアコとなっています。 ボディ横にShadow Performer Tuner Preampが内蔵されています。 チューナー機能からEQまでついている、結構本格的なピックアップシステムです。 このスペックで、3万円切っているのはすごいですね。 僕が中学生とかの時代にこんな安くて使えるエレアコがあれば、色々楽だったのになぁ…と思ってしまいました。 YAMAHAのミニギター• ミニギターの中でも更に小さめ• ピックアップ未搭載• 実売価格 1. 5万円程度 YAMAHAの人気ミニギター。 弦長580mmのミニギターが多い中で、弦長540mmと更に小さめサイズのミニギターです。 音質は価格相応です。 チープでボディの共鳴で少し変なエコーがかかった感じの音です。 ウクレレとギターの中間よりややギター寄りって感じの音です。 ただ、1万円台のミニギターってどれも、こんな感じです。 ネックの造りや弾いた時の感触は割と普通なので、物自体は良いですね。 すぐに壊れそうな感じはありません。 さすがYAMAHA。 弦長が短いこともあり、チューニングはすぐに狂います。 頻繁にチューナーで合わせるようにした方が良いでしょう。 正に自宅での練習用ギターといったところです。 ギターを始めたいけど、続けられるか不安なので何万円もするギターはちょっと…という方向けの製品です。 エレキで有名なFenderのアコギ• 握りやすいEasy-to-Playネック• ピックアップ未搭載• 実売価格 2. 5万円程度 ギターメーカーでは超有名なFenderのアコギ。 主力製品がエレキギターということもあり、エレキから持ち替えやすいアコギを製造しています。 初心者でも弾きやすいようにネックに滑らかな加工を施したFender独自の「Easy-to-Play」ネックを使っています。 握るとネックが薄く感じるのでコードを押さえやすい仕様になっているのは初心者に嬉しい配慮です。 ボディサイズはアコギの通常サイズである、ドレッドノート仕様になっています。 音量もしっかり出て、音の鳴り方もちゃんとしたアコギの音です。 やはり、2万円半ばの価格帯となると一気におもちゃ感はなくなり、普通のアコギとなりますね。 ストラップピンもボディ上部に付いています。 ギターストラップも簡単に付けられるので、立って弾く場面が多い人には使いやすいですね。 安心して買える初心者向けギターに仕上がっています。 国内老舗メーカー Ariaのエントリーモデル• 000(トリプルオー)に近いオーディトリアムサイズ• Fishman製ピックアップ 搭載のエレアコ• 実売価格 2. 8万円程度 1960年代から存在する国内の老舗ギターメーカー Ariaのエントリーモデル。 トップ:スプルース、サイド&バック:サペリで構成されているエレアコです。 少し小型のオーディトリアムサイズのボディにカッタウェイが付いています。 音量は控えめで音の鳴り方も2万円台のアコギに良くある感じで、ちゃんとアコギの音がします。 また、ギター内部には安心のFishman製ピックアップが内蔵されており、ボディ横にコントローラーがついています。 チューナーと高音・低音を調節できるEQがあり、2万円台のエレアコにしてはかなりしっかりしたシステムです。 値段も手ごろで機能面も充実しているところはさすがに老舗メーカーですね。 3万円未満で小ぶりの使えるエレアコって中々ないので、貴重な存在です。 トップ:スプルース、サイド&バック:サペリ• ドレッドノート• ピックアップ未搭載• 実売価格 3万円程度 ソロギタリストやバンドマンで使用者が多い、国内ギターメーカーMorrisのエントリーモデル。 トップには単板のスプルース、サイド&バックにはサペリが使用されています。 サペリは海外メーカーが10万円程度のギターに良く使っている木材ですね。 ボディサイズはドレッドノートで音量はしっかりと出ます。 音質は各音域のバランスが良くジャッキと軽快な音です。 ストロークでオープンコードを鳴らすと心地良く、リズムを刻めます。 ピックアップは搭載されていません。 純粋なアコギです。 3万円ジャストでこの品質はすごいですねぇ。 初心者向けのアコギとしては(1位で登場)に負けない鉄板の1本ですね。 Gibson J-45を基に作られた安価モデル• ボディシェイプはラウンドショルダー• ピックアップ未搭載• 実売価格 2. 5万円程度 有名ギターGibson J-45の1963年モデルを基に作られた安価ギター。 チェリーサンバーストカラーやピックガードなど再現性が高いですね。 ボディシェイプはラウンドショルダーです。 パワーや音量もあって、レスポンスも割と良いので万能に使えるボディシェイプです。 音質はジャキっとしていて、響きはあまりない価格相応のアコギです。 ですが、1万円台のアコギとは違って造りも音もちゃんとしたアコギなので安心して選べるギターに仕上がっています。 実売価格 2. 5万円程度なので、エレアコでなく普通のアコギで問題ない方にはコスパが良いモデルです。 ルックスもJ-45にそっくりなので、 部屋のインテリアとしても良い感じなのも嬉しい点ですね。 国内メーカー Morrisのエントリーモデル• ドレッドノートサイズ• ピックアップ未搭載• 実売価格 2. 5万円程度 Morrisアコギのエントリーモデル。 4位のとの違いはトップ材のスプルースが合板になっていることです。 音の響きではやや劣る分、価格も5,000円ほど下がっています。 …といっても 音質は安い鳴りにまとまった音で響きもあり、予算3万円では十分上位に属するレベルです。 造りもしっかりしており、この価格帯だとYAMAHAとMorrisは安心感が頭一つ出ていますね。 自宅での練習用ギターとして選ぶなら、で十分な品質です。 価格帯も2. 5万円と手が出しやすいところもあり、上位にランクインさせました。

次の