フリーダ カーロ 作品。 『フリーダ・カーロ博物館』・・近代メキシコの女流画家「フリーダ・カーロ」の生家「青い家」【メキシコ】

フリーダカーロ 情熱と苦悩が生んだメキシコ奇才の画家

フリーダ カーロ 作品

の扮したフリーダの写真を見て2002年の映画「フリーダ」と「とその時代展」に行き、画集や「のざわめき」を買ったことなど思い出した。 もう6年近くたってるので間違いもあると思う。 大変な事故、病などの苦闘の中で絵を描いた、フリーダ。 最愛の夫は自分の妹にまで手を出す。 彼女もやと…。 どれほどの子供を産みたかっただろうか。 独創的な絵を観ると分かりすぎるほど。 切ないけれどたくましさには憧れる。 独創的な絵を観ると分かりすぎるほど。 切ないけれどたくましさには憧れる。 映画のオープニングはベットごと運ばれていくフリーダ。 反転してセーラ服のフリーダになる。 素晴らしいでだし。 バス事故が起こり彼女の腰に鉄棒が貫通。 隣にいた職人が持っていたの天井にまく金粉と被害者の血が飛び散る。 この悲惨な場面が素晴らしい絵になってる。 芝居や映画の良い場面は名画になっている。 フリーダの青い家も一目見たら忘れられない。 映画の主演、制作は フリーダのファッションも見逃せない。 男装もあります。 ロックフェラー演じた エドワードは脚本にも協力。 監督・作詞は舞台演出家、 ミュージカル「」のジュリー・ テイモア フリーダに見出された 伝説の歌手の演奏も見事 美術展ではメキシコの女性芸術家たちの知性、想像力、幻想性に驚いた。 フリーダや彼女の恋人の写真取ったのもメキシコの女性カメラマン 「 Frida Kahlo、1907年7月6日 - 1954年7月13日)は、メキシコの画家。 当時の郊外、南西にある小さな町コヨアカンに生まれた。 は画家・写真家で オラデア出身のドイツ系人移民であった。 6歳の時ポリオ(小児麻痺)に罹患し右足が不自由になった。 更に1925年9月17日、学校から下校途中に乗っていたバスで事故にあい、肩の脱臼、肋骨・鎖骨・背骨・骨盤が骨折、右足の、子宮等女性器に重度の受傷を被る瀕死の重傷を負った。 入院中絵を独学で学び、創作した作品が、著名な壁画家であった(Diego Rivera, - 1957年)に才能を認められ、後1929年8月21日に結婚。 リベラの浮気、バス事故の後遺症での流産を繰り返すなどがあり1939年離婚するが翌年復縁、以降、怪我の後遺症に苦しみながら創作活動をした。 ヨーロッパ的感性にインスピレーションを得た創作活動を行い、知的かつ特徴的な独自のの創作は、のちにフランスのたちに高く評価された。 」 「メキシコで最も有名な画家の一人とされ、とくに結婚後の恋愛(彫刻家の やロシアの革命家 などとの奔放な恋愛、いわゆる不倫)は憧れと尊敬の対象で、メキシコやの女性のひとつの理想像の典型とされ、何度か映画化されている。 を建前とするメキシコで生活したため、を尊敬し、居室にの肖像を掲げて暮らしていた。 (メキシコ員)一説にはメキシコで最初にジーンズを履いた女性といわれる。 1954年7月13日により47歳で逝去した。 の生家であった通称「青の家」(La Casa Azul)は、現在博物館(Museo de Frida Kahlo)となっている」 森村さんは宝塚のべルばらのオスカルやマリーアントワネットの扮装は宝ジェンヌも真っ青と言うほどお似合いだが。 フリーダはいかがでしょうか。 テレビ美術舘夢見る宝塚 riboni5235.

次の

フリーダカーロの作品や代表作とは?美術館のネット予約の方法は?

フリーダ カーロ 作品

フリーダ・カーロ『私の心のディエゴ』Photo: 『私の心のディエゴ』フリーダ・カーロ 作品:私の心のディエゴ 作者:フリーダ・カーロ 所蔵:メキシコ近代美術館 びじゅチューン!『 審判はフリーダ』のモデル(元ネタ)になった美術作品は、メキシコの現代美術を代表する画家 フリーダ・カーロの油彩画『 私の心のディエゴ』。 幼い頃の病気が原因で片脚の成長が止まってしまったフリーダは、下半身をすっぽり覆う テワナ衣装など メキシコの民族衣装を愛用していました。 本作でフリーダ・カーロの頭を覆っているのは ウィピール・グランデと呼ばれるメキシコの盛装用の被りものです。 病気や交通事故の後遺症から常に痛みに悩まされ、晩年には壊死した片脚を切断するなど様々な苦難と闘ったフリーダ・カーロは、生涯かけて多くの自画像を描いており、それらの作品は、苦しみや悲しみ、希望など、そのときのフリーダの精神状態が色濃く表現されたものとなっています。 フリーダ・カーロ『Viva la vida』Photo: びじゅチューン!『審判はフリーダ』では、フリーダ・カーロがスポーツ競技の審判として登場。 ぐりぐりの目玉で際どい判定も見逃さず、ぐねぐねの触手で集めたデータで真実の輪郭を見つめる頼もしい審判ぶりを発揮するフリーダ。 それでも不安なときはゲジゲジ眉毛の上にいる最愛のディエゴに相談です。 テニスの試合に出場していたのは『』のデューラーと『』の谷くん、野球の試合に出場していたのは『』の兵馬俑、『』の刑事、『』の梅あゆみです。 『審判はフリーダ』の歌詞係はスイカと猿。 フリーダ・カーロが最後に描いた作品は「 Viva La Vida(人生万歳)」という文字が刻まれたスイカでした。

次の

フリーダ : 作品情報

フリーダ カーロ 作品

インディヘニスモの代表的美術作家。 メキシコの現代絵画を代表する画家であり、民族芸術の第一人者。 ・1907 7月6日コヨアカンで父ギリェルモ・カーロと母マティルデ・カルデロン=イ=ゴンサレスの三女として生まれる ・1913年:6歳になった頃に急性灰白髄炎にかかり、およそ9ヶ月にわたって寝たきりの生活を送った。 この影響で右腿から踝にかけて成長が止まって痩せ細り、これを隠すためにズボンやメキシコ民族衣装のロングスカートなどを好んで着用。 ・1921 ギジェルモ、メキシコ独立100年祭の写真目録の作成に従事。 ・1922 ドイツ上級実業学校卒業後、国立予科高等学校に進学。 ・1925年9月17日[18歳]、 通学に使用していたバスが路面電車と 衝突し、多数の死傷者が出る事故が発生した。 フリーダも生死の境をさまよう重傷で、 3ヶ月の間ベッドの上での生活を余儀なくさ れ、その後も 事故の後遺症で背中や右足の痛みにたびたび悩まされるよ うに なった。 痛みと病院での退屈な生活を紛らわせるために本格的な絵を描くようになった(事故以前からフェルナンド・フェルナンデスにスケッチを習う)。 ・1930年[22歳]にフリーダは妊娠したが、事故の影響で骨盤や子宮に損傷を受けていたことから流産。 ・1935年[28歳](彼女の夫)リベラが妹のクリスティナと関係を持ったことにショックを受けたフリーダは、サン・アンヘルの家を出てメキ シコシティ 中心街に居を移した。 この年に発表した『ちょっとした刺し傷』はフリーダの心理状況をつぶさに反映している。 同年の終わりごろにはサン・アンヘルの家に 戻ったが、フリーダはリベラへのあてつけのようにアメリカ人彫刻家イサム・ノグチと関係を持」つ。 ・1938 「私とエスクインクレ」制作 ・1939年[32歳]フリーダの成功と精力的な活動によって次第に夫婦間の熱は冷めていき、1939年11月6日 リベラとの離婚が成立。 ・1940[33歳]年9月、再び脊椎の痛みに悩まされ始め、加えて右手が急性真菌性皮膚疾患にかかったため、作品制作が続けられなくなり、治 療のためサ ンフランシスコへと向か」う。 ・1940年代の終わり[41歳〜]ごろになるとフリーダの健康状態はさらに悪化し、入退院を繰り返すようになった。 ・1949 「宇宙、大地(メキシコ)、ディエゴ、わたし、そしてショロトル氏による愛の抱擁」制作(池田 2017:61) ・1950[43歳]年には右足の血液の循環が不足して指先が壊死したため、切断手術。 作品制作が再開できるようになるのは1950年11月ご ろに入って からで、ベットの上に特製の画架を取り付け、寝たままで制作できるよう整備。 ・1951[44歳]年以降は痛みのため鎮痛剤無しでは生活がままならなくなり、特徴であった緻密なテクニックを駆使した作品を作り上げる事も 難しくな」 る。 ・1953[46歳]年8月には右足の痛みが鎮痛剤では耐えられないほどになったため、主治医は膝までの切断を取り決めた。 以後フリーダは義足 を使用する ことにより歩くことができるようになったが、リベラが「彼女は生きる気力を失った」と語っているように、ふさぎこむ事が多くなった。 ・1953 5月13日の日記のなかに「」(池田 2017:59) ・1954[45歳]年2月の日記にフリーダは次のように綴っている。 「6ヶ月前、脚を切断され、一世紀にもおよぶと感じられるほどの長く、耐 えがたい苦 痛に見舞われて、私は時々正気を失った。 いまだに自殺したくなる時がある。 ディエゴだけがそんな私を思いとどまらせてくれる。 なぜなら、私がいなくなれ ば、彼がさびしがるだろうと思うから」。 ・1954[45歳]年7月13日、フリーダは肺炎を併発して死去した[50]。 日記に自殺のことがたびたび出ていることや、前夜にリベラへ8月21日の銀婚式の贈り物を手渡していたことなどから自殺ではないかという憶測も。 1.フリーダ・カーロの「痛み」の原因とはなにか?• 2.フリーダ・カーロの「痛み」とはなんだろうか?• 3.フリーダ・カーロの「痛み」を通して彼女が表現した芸術とはなにか?• この命令は至上命令であり、この宣言は絶 対宣言である。 十字架の主に奉仕する途は、我々自身が十字架を負うということである。 ——主の十字架の真相は神の痛みであった。 十字架の主に従うというこ とは、神の痛みに奉仕するということである。 したがって、十字架の主に従う者が己が十字を負わねばならぬということは、神の痛みに奉仕する者が彼自身痛み を負わねばならぬということである。 自己の痛みをもって神の痛みに奉仕せよ、——これが主イエスの至上命意味である。 自己の痛みをもって神の痛みに奉仕し ない者は、痛みにおける神にふさわない、——これが主イエスの絶対宣言の意味である(北森 1986:78) 「己が十字架を負いて我に従え」、「自己の痛みを以て神の痛みを以て神の痛みに奉仕せよ」——この命令は残酷な命令であろうか。 もし我々が この命令のもつ真の意図を了解しないなら、この命令は残酷なものと映ずるでもあろう。 しかしその意図を洞察するなら、この命令は決して残酷なものではなく かえって我々にとって救となるべきものである。 我々はこの意図を探究せねばならぬ(北森 1986:82)。 結論を先にいえば、この命令の意図は我々の痛みを真実に癒すことに存するのである。 我々の痛みは神の痛みに奉仕するとき、かえって真実に癒 されるのである。 主のために己が生命を失う者に対して、己が生命を得るべきことを主は約束し給うた(マタイ伝 16:25)。 己が傷をもって主の傷に奉仕するとき、かえって傷は癒されるのである ペテロ前書2:24参照。 ーーーかかる事はいかにして起るのであろ うか(北森 1986:82)。 我々人間の痛みはそれ自体としては単なる闇であり無意義であり非生産的である。 痛みの真相は神の怒である。 死は罪の価であり ロマ書6: 23 、「死は神の怒である」(ルターEA. 18, 267)。 我々の神の怒の現実にほかならざるが故にこの痛みは癒され難く救なきものなのである。 ——しかるに神は我々のこの痛みをば驚くべき仕方において 取り扱い給うた。 すなわち神は彼御自身の痛みへの証として我々の痛みをば奉仕せしめんとし給うたのである。 神が彼御自身の痛みを我々人間に伝え示そうとし 給うときには、彼は我々人間の痛みを通さずしては、これを示し得たまわないのである。 神は彼御自身の悼みへの証として、我々の痛みを用い給うのである。 し かしこのとき我々の痛みはいかになるであろうか。 我々の痛みが神の痛みへの証として奉仕するに至るとき、我々の痛みは光に化せしめられ、意義を獲得し、生 産的となるのである。 神の怒の現実に過ぎなかった我々の痛みは、この神の怒を克服せる神の痛みによって、この怒より救い出されるに至るのである。 我々の痛 みは、この救の音ずれたる神の痛みに奉仕することによって、この救にあずからしめられるに至るのである。 神の痛みは我々の痛みをば自己に奉仕せしむること によって、かえってこの我々の痛みを救い癒すのである(北森 1986:82-83)。 北森嘉蔵『神の痛みの神学』新教出版社、1946年(講談社学術文庫、1986年) --- リンク• 北森嘉蔵『神の痛みの神学』講談社学術文庫、講談社、1986年•

次の