陰陽配列 重要。 姓名判断とは | 千葉県茨城県の姓名判断・手相 出張対面鑑定占い師「長谷川」

命名について色々ありますが・・・・。五格や陰陽などどこが一番...

陰陽配列 重要

「陰陽五行」(陰陽五行説・陰陽五行思想)とは? 「陰陽五行」について、まずその歴史と概要を説明します。 古代中国で生まれた自然哲学の思想 「陰陽五行」とは、紀元前の中国の春秋戦国時代に生まれた自然哲学の思想のことで、「陰陽五行思想」や「陰陽五行説」ともよばれます。 この思想に基づいて考えることで、森羅万象、つまり宇宙に存在するすべてのものを説明できるとされました。 具体的には、自然や人間の生活を形成する日・月・年や季節、方位などすべてを説明し、儒教や医学、天文学などの学問や音楽など、中国文化の根幹を支える理論として重要なものです。 儒教・仏教・道教の自然観となった 中国の代表的な宗教である儒教・仏教・道教のいずれにも、陰陽五行思想の自然観はとり入れられています。 陰陽五行は今でいえば自然科学でした。 それらの宗教の影響を強く受けている日本にも、陰陽五行思想は影響を及ぼしています。 日本には飛鳥時代に伝わり神道にも影響を与えた 中国の王朝が陰陽五行を扱う役所を設けていたことを模して、日本でも飛鳥時代には「陰陽寮」を設け、官僚として陰陽師をおきます。 陰陽寮は神道の祭祀や神事に影響を与えました。 やがて災害や怪異な現象を、ものの祟りだとする平安貴族の神秘主義的傾向が日本独自の「陰陽道」を生み、発展してゆくことになります。 「陰陽思想」と「五行思想」が合体した思想 「陰陽五行」は「陰陽思想」と「五行思想」の二つの思想があわさってできた思想です。 その根本には、宇宙のあらゆる現象は生まれては消え、そして循環するという考えがあります。 「陰陽思想」と「五行思想」とは? 次に陰陽と五行の思想についてそれぞれを説明します。 「陰陽思想」とは二つの対立関係を表す 陰陽思想とは、もとは古代中国の易学の考え方で、陰陽論、陰陽説ともいわれます。 陰陽思想では、すべての存在は相反する二つの性質を持つものの調和から成っているとされます。 その性質の積極的なものを「陽」とし、消極的なものを「陰」とします。 例えば男・春・奇数・天は陽に、女・秋・偶数・地は陰に分類されます。 注意点としては、陰陽は善悪の概念とは全く違うもので、陰陽のバランスの概念だということです。 「五行思想」とは事象の姿を現す 五行思想とは、中国古代の自然哲学の思想で、五行説ともいわれます。 万物は五種類の元素からなり、その元素は一定の法則で互いに影響を与えあいながら、変化し、また循環しているという思想です。 五行の「五」は五つの元素のことで、「行」は動く、めぐる、という意味を表します。 五種類の元素は人間の生活に不可欠な「木・火・土・金・水」の素材です。 相手を強める影響を与える関係を「五行相性(ごぎょうそうしょう)」といい、相手を弱める影響を与える関係を「五行相剋(ごぎょうそうこく)」といいます。 ここでも、強めるから良い、弱めるから悪い、ということではなく、バランスを問題としています。 「五行相生」は次のような関係です。 木は火を生じ、火は土を生じ、土は金を生じ、金は水を生じ、水は木を生ず 木が燃えて火を生じ、火が燃えたあとは土が生じ、土からなる山には鉱物(金)が生じ、金は水を生じ、水は木を成長させる、というように、順番に相手を強める影響をもたらします。 「五行相剋」は次のような関係です。 水は火に勝ち、火は金に勝ち、金は木に勝ち、木は土に勝ち、土は水に勝つ 水は火を消し、火は金を溶かし、金(刃物)は木を切り倒し、木は土を押しのけて生長し、土は水をせき止める、というように、順番に相手を弱める影響をもたらします。 さらに五行は季節にも配され、春は木、夏は火、秋は金、冬は水、土は季節ごとの十八日間を土用として区分します。 土用によって前の季節が終わり、次の季節が誕生するとされます。 「陰陽五行」の影響がみられる日本の風習 陰陽五行思想の影響は、日本の民間の風習の中に今も多くみられます。 その一部を紹介します。 陰陽道に基づく占い 日本に陰陽五行説が伝わった当初、陰陽師は官僚であったため、公務として術数(占術・天文・暦などの技術)を扱っていました。 それが次第に貴族や庶民の間にも広まり、呪術的な宗教として陰陽道に発展しました。 現在、陰陽道の伝統は断たれましたが、吉凶占いのような風習となってその痕跡が残っています。 季節の節句 日本人の生活に季節の節句が融け込んでいます。 この節句はもともと五節句と呼ばれる陰陽五行に基づく季節の習慣です。 五節句とは、一月の七草の節句、三月三日の桃の節句、五月五日の端午の節句、七月七日の七夕の節句、九月九日の菊の節句をいいます。 節句は基本的に奇数の重なる日に設けられ、人間を大切に扱う日という意味がありました。 ただし七草の節句で七草がゆを食べるのは日本独自の風習です。 七五三 11月15日に行う「七五三」は日本独自の行事ですが、「7・5・3」の年齢の根拠は陰陽説の陽の奇数にあります。 また旧暦の11月15日は陰陽道の考え方で何事をするにも吉の日とされているため、その日が選ばれたとされます。 さらに、千歳飴の形や、その袋に書かれている絵柄なども陰陽五行思想にのっとって決められています。 水引 贈り物などを結ぶ「水引」は日本の伝統的な風習ですが、その考え方の基本に陰陽五行があります。 奇数が陽、偶数が陰、であることから、水引の本数は慶事の時は奇数で、弔事の時は偶数とします。 漢方薬 中国で体系化された漢方医学は、病気を陰陽のバランスの崩れから起こるものと考えました。 そのため、病気を治すときには、陰の乱れには陽の薬を、陽の乱れには陰の薬を処方します。 漢方医学から独自に日本で発展した漢方薬の根本の考え方には、陰陽五行の思想があります。 土用のウナギ 「夏土用の丑の日にウナギを食べる」というのは日本の独自な風習です。 暑気を払うために栄養価の高いものを食べるという意味があるともされますが、起源は陰陽五行にあります。 本来は夏の「火」気を払うために「水」気の丑(牛)を食べることで中和するとされる陰陽五行の考えがもとにありました。 しかし牛は日本人にとって食べる対象ではなかったため、同じ「ウ」から始まる名前で水に住む「ウナギ」をあてたとする説があります。 まとめ 「陰陽五行」は古代中国で生まれた、森羅万象を説明しつくす自然哲学でした。 また、陰陽五行思想は、それぞれの事象が持つエネルギーのバランス調整理論であるともいえます。 バランスの取れた状態が最良の状態であるという、実はシンプルなものの見方は、人間の生活や社会の事象の全てにあてはまるといえるでしょう。

次の

風水の基本・陰陽五行説とは?概要をわかりやすく解説!

陰陽配列 重要

「陰陽五行」(陰陽五行説・陰陽五行思想)とは? 「陰陽五行」について、まずその歴史と概要を説明します。 古代中国で生まれた自然哲学の思想 「陰陽五行」とは、紀元前の中国の春秋戦国時代に生まれた自然哲学の思想のことで、「陰陽五行思想」や「陰陽五行説」ともよばれます。 この思想に基づいて考えることで、森羅万象、つまり宇宙に存在するすべてのものを説明できるとされました。 具体的には、自然や人間の生活を形成する日・月・年や季節、方位などすべてを説明し、儒教や医学、天文学などの学問や音楽など、中国文化の根幹を支える理論として重要なものです。 儒教・仏教・道教の自然観となった 中国の代表的な宗教である儒教・仏教・道教のいずれにも、陰陽五行思想の自然観はとり入れられています。 陰陽五行は今でいえば自然科学でした。 それらの宗教の影響を強く受けている日本にも、陰陽五行思想は影響を及ぼしています。 日本には飛鳥時代に伝わり神道にも影響を与えた 中国の王朝が陰陽五行を扱う役所を設けていたことを模して、日本でも飛鳥時代には「陰陽寮」を設け、官僚として陰陽師をおきます。 陰陽寮は神道の祭祀や神事に影響を与えました。 やがて災害や怪異な現象を、ものの祟りだとする平安貴族の神秘主義的傾向が日本独自の「陰陽道」を生み、発展してゆくことになります。 「陰陽思想」と「五行思想」が合体した思想 「陰陽五行」は「陰陽思想」と「五行思想」の二つの思想があわさってできた思想です。 その根本には、宇宙のあらゆる現象は生まれては消え、そして循環するという考えがあります。 「陰陽思想」と「五行思想」とは? 次に陰陽と五行の思想についてそれぞれを説明します。 「陰陽思想」とは二つの対立関係を表す 陰陽思想とは、もとは古代中国の易学の考え方で、陰陽論、陰陽説ともいわれます。 陰陽思想では、すべての存在は相反する二つの性質を持つものの調和から成っているとされます。 その性質の積極的なものを「陽」とし、消極的なものを「陰」とします。 例えば男・春・奇数・天は陽に、女・秋・偶数・地は陰に分類されます。 注意点としては、陰陽は善悪の概念とは全く違うもので、陰陽のバランスの概念だということです。 「五行思想」とは事象の姿を現す 五行思想とは、中国古代の自然哲学の思想で、五行説ともいわれます。 万物は五種類の元素からなり、その元素は一定の法則で互いに影響を与えあいながら、変化し、また循環しているという思想です。 五行の「五」は五つの元素のことで、「行」は動く、めぐる、という意味を表します。 五種類の元素は人間の生活に不可欠な「木・火・土・金・水」の素材です。 相手を強める影響を与える関係を「五行相性(ごぎょうそうしょう)」といい、相手を弱める影響を与える関係を「五行相剋(ごぎょうそうこく)」といいます。 ここでも、強めるから良い、弱めるから悪い、ということではなく、バランスを問題としています。 「五行相生」は次のような関係です。 木は火を生じ、火は土を生じ、土は金を生じ、金は水を生じ、水は木を生ず 木が燃えて火を生じ、火が燃えたあとは土が生じ、土からなる山には鉱物(金)が生じ、金は水を生じ、水は木を成長させる、というように、順番に相手を強める影響をもたらします。 「五行相剋」は次のような関係です。 水は火に勝ち、火は金に勝ち、金は木に勝ち、木は土に勝ち、土は水に勝つ 水は火を消し、火は金を溶かし、金(刃物)は木を切り倒し、木は土を押しのけて生長し、土は水をせき止める、というように、順番に相手を弱める影響をもたらします。 さらに五行は季節にも配され、春は木、夏は火、秋は金、冬は水、土は季節ごとの十八日間を土用として区分します。 土用によって前の季節が終わり、次の季節が誕生するとされます。 「陰陽五行」の影響がみられる日本の風習 陰陽五行思想の影響は、日本の民間の風習の中に今も多くみられます。 その一部を紹介します。 陰陽道に基づく占い 日本に陰陽五行説が伝わった当初、陰陽師は官僚であったため、公務として術数(占術・天文・暦などの技術)を扱っていました。 それが次第に貴族や庶民の間にも広まり、呪術的な宗教として陰陽道に発展しました。 現在、陰陽道の伝統は断たれましたが、吉凶占いのような風習となってその痕跡が残っています。 季節の節句 日本人の生活に季節の節句が融け込んでいます。 この節句はもともと五節句と呼ばれる陰陽五行に基づく季節の習慣です。 五節句とは、一月の七草の節句、三月三日の桃の節句、五月五日の端午の節句、七月七日の七夕の節句、九月九日の菊の節句をいいます。 節句は基本的に奇数の重なる日に設けられ、人間を大切に扱う日という意味がありました。 ただし七草の節句で七草がゆを食べるのは日本独自の風習です。 七五三 11月15日に行う「七五三」は日本独自の行事ですが、「7・5・3」の年齢の根拠は陰陽説の陽の奇数にあります。 また旧暦の11月15日は陰陽道の考え方で何事をするにも吉の日とされているため、その日が選ばれたとされます。 さらに、千歳飴の形や、その袋に書かれている絵柄なども陰陽五行思想にのっとって決められています。 水引 贈り物などを結ぶ「水引」は日本の伝統的な風習ですが、その考え方の基本に陰陽五行があります。 奇数が陽、偶数が陰、であることから、水引の本数は慶事の時は奇数で、弔事の時は偶数とします。 漢方薬 中国で体系化された漢方医学は、病気を陰陽のバランスの崩れから起こるものと考えました。 そのため、病気を治すときには、陰の乱れには陽の薬を、陽の乱れには陰の薬を処方します。 漢方医学から独自に日本で発展した漢方薬の根本の考え方には、陰陽五行の思想があります。 土用のウナギ 「夏土用の丑の日にウナギを食べる」というのは日本の独自な風習です。 暑気を払うために栄養価の高いものを食べるという意味があるともされますが、起源は陰陽五行にあります。 本来は夏の「火」気を払うために「水」気の丑(牛)を食べることで中和するとされる陰陽五行の考えがもとにありました。 しかし牛は日本人にとって食べる対象ではなかったため、同じ「ウ」から始まる名前で水に住む「ウナギ」をあてたとする説があります。 まとめ 「陰陽五行」は古代中国で生まれた、森羅万象を説明しつくす自然哲学でした。 また、陰陽五行思想は、それぞれの事象が持つエネルギーのバランス調整理論であるともいえます。 バランスの取れた状態が最良の状態であるという、実はシンプルなものの見方は、人間の生活や社会の事象の全てにあてはまるといえるでしょう。

次の

風水の基本・陰陽五行説とは?概要をわかりやすく解説!

陰陽配列 重要

字画の陰陽(偶数・奇数)の配列は、人の心と体のバランスを表すと考えられています。 感情や思考、行動がスムーズに連動していると健康的な生活を送ることが出来て、心身ともに健康なら、多少の困難には立ち向かっていけますし、いつか社会的に認められて成功を掴む事も可能でしょう。 ですが、心身のバランスが微妙に崩れたままだと生活に少なからず支障が出て、健康な毎日を送ることが難しくなります。 そして健康を害してしまえば、持てる力を存分に発揮することが出来ずに、自分の人生のみならず、家族や周囲の人々との関係が上手くいかなくなることも少なくないでしょう。 このように、健康こそ、人生の運命を左右する重要な要素で、 私も自分の子供には何は無くとも健康面を重視した名前を付けました。 「元気があれば何でも出来る」有名プロレスラーの名言ですが、まさにその通りです。 よって私は、姓名判断の5運の鑑定だけでは見えない健康運を占う方法として、姓名の字画の陰陽配列を重視しています。 姓名の字画を調べるのは をお使いください。 まずはじめに注意が必要なのは、姓あるいは名が一文字の場合で、陰陽配列の表し方に決まりがあります。 姓あるいは名が一文字の場合の配列表の作り方は以下を参照してください。 姓が一文字の場合の陰陽配列表の作り方 数え年21歳までは、1文字の姓の上に0画数の陰を置く。 数え年21歳以降は1文字の姓の上に1画数の陽を置く。 名が一文字の場合の陰陽配列表の作り方 数え年21歳までは1文字の名の下に0画数の陰を置く。 数え年21歳以降は1文字の名の下に1画数の陽を置く。 陰陽の配列ランクとその作用 姓名に使われる字の陰陽の配列によって、次のAランク、Bランク、Cランクの3つの陰陽配列に分類します。 陰陽の配列Aランク 大吉 Aランクは姓名の陰陽の配列の中で、最も望ましい配列で 大吉となります。 このAランクの陰陽配列の姓名を持つ人は、健康に恵まれ、たとえ病気をしても回復しやすい傾向があります。 社会的には順応性に優れ、自分の夢や目標をしっかりと見定めて努力を積み重ね、やがて達成する力を持っているので、成功や達成感を味わえる幸せな人生を歩む人が多いという特徴があります。 このAランクに属する配列を見てわかるように、姓名の字画が陽から陰へ、陰から陽へと交互に配列され、バランスよく並んでいます。 そして姓と名が接続する部分(姓の最後と名の最初の字)に注目すると、陰(陽)から陽(陰)への変換がスムーズで、心身ともに悪影響を受ける事なく健康な状態を維持しやすいことを意味します。 ただし、このAランクのようにどんなに姓名の字画の陰陽の配列が良くても、それだけでは健康面を正しく判断することは出来ません。 と併せて総合的に良し悪しを判断することが基本となります。 陰陽の配列Bランク Bランクは先のAランクの大吉にも、後のCランクの大凶にも当てはまらず、特には可もなく不可もなくという陰陽の配列です。 このBランクの陰陽配列の姓名を持つ人の場合、健康面や運勢が良い方向に向かうか悪い方向に向かうかは、姓名判断の五運の内容や使われる字の字源などによって変わります。 つまり、姓名判断の総格や人格、地格、外格、用いる字の字源などが万全であれば悪い方向には向かいませんが、それらにマイナスの要素が重なっていれば、健康面に問題が出たり悪い運勢となったりすることがあります。 このBランクに属する陰陽の配列は、陰と陽の配列が著しく極端なものが多いです。 姓名の全てが陰や陽であるとか、あるいは姓名の中に陰が一つだけ、陽が一つだけといったように、陰陽のバランスがうまく取れずに偏っているでしょう。 このような陰陽配列だと悪いものが集中して、体全体のバランスを支える力が損なわれることもあるので、 可もなく不可もなくというBランクの配列の中でも 注意が必要な陰陽配列をいくつか紹介しておきます。 また、対外的な力加減がコントロール出来ず、心の平静が保たれにくいことも意味しています。 姓名の字の全てが陽の場合は、過ぎたるは及ばざるがごとし、何もかもに闇雲に強すぎて凶事に転じることが多く、同じく全てが陰の場合はあらゆることに優しすぎたり弱すぎたりして、間違った事から逃れられないなど、悪い流れに逆らうことが出来ない傾向があります。 このような片挟みの陰陽配列は、病魔に襲われやすく、健康を維持するための活力に乏しい暗示があります。 その一方で、還元陰陽とも呼ばれ、不運に見舞われたとしても幸運に向けて再出発できることも暗示しています。 これらBランクの陰陽配列を姓名に持っていても活躍している著名人はたくさんいます。 ただし、姓名判断の5運が良かったり、姓名に使っている字の字源が吉意であるなど、陰陽配列以外で成功する要素を持っている人が多いようです。 陰陽の配列Cランク 大凶 Cランクは陰陽の配列の中では、最も運勢が滞りやすく健康を害しやすい 大凶の配列となります。 このCランクの陰陽配列の人は、予期せぬ不幸や苦悩を突然背負い込んでしまい大波乱の人生を送る傾向があります。 健康面においても、活力を生み出す力が貧しくて大きな病気になりやすいとされます。 人間の身体に例えると、陰である胸から腰にかけての部分が上と下の陽から圧迫されている状態を表しています。 この陰陽配列の作用により、心や身体に緊張状態をもたらし、健康を脅かす要素になります。 Cランクの陰陽配列を持つ人は、特に、胃腸など内臓系のガンや、気管支、肋膜、肺結核など胸部に病気が出やすい傾向があります。 さらに姓名判断の5運や姓名の字源が悪いなど複合的な要素が重なると、重病を患ったり、若くして命を落したり、長引く闘病などを余儀なくされることもあるので、日頃から健康には十分な留意が必要です。 姓と名の接続部が陰陽配列の最重要部分です 字画の陰陽の配列をランク別に説明しましたが、 より正確な字画の陰陽鑑定をするには、姓と名が接続する部分(姓の最後と名の最初の字)にも注目する必要があります。 姓と名の接続部分は姓名判断における人格に相当し、姓名判断と同様に姓と名の調和を担う重要な部分です。 姓名の陰陽鑑定では、姓名の接続部は、姓の最後の文字の陰陽とは反対の性質を名の最初の文字に使うのが良いとされています。 つまり、姓が陽で終れば名は陰で始まる、姓が陰で終れば名は陽で始まるというのが、接続部における陰陽の基本です。 姓名全体の配列がどうであれ姓名の接続部が、姓が陽で終れば名は陰で始まる、姓が陰で終れば名は陽で始まる組み合わせなら、健康に恵まれ、強弱バランスのとれた性格を持ち、自己の可能性を創造していく力があると解釈することが出来ます。 接続部が陰陰や陽陽なら同数連鎖にも気をつける 姓と名前の接続部が陰陰や陽陽となる場合は、それぞれの画数の一の位の数字にも注意が必要になります。 姓の最後の字画数が3画で名前の最初の字画数も3や、同じく5と5や2と12、7と17のように、 姓と名の接続部の字画数の一の位が同じ数字で並んでいることを同数連鎖と呼びます。 接続部が同数連鎖になると、健康面への悪影響が強く働くだけでなく、執着心が強く粘着質な性格が目立ち、社会的な停滞や渋滞を招きます。 問題が発生しても軌道修正しにくく、悪い状況から抜け出せない傾向が強くなるため、同数連鎖は望ましくありません。 姓名の接続部の陰陽を判断する一例 陰陽の配列Aランクで接続部も問題なし この姓名は、陰陽の配列はAランクで、さらに姓名の接続部は、陽(奇数)と陰(偶数)の理想的な組み合わせです。 よって、健康、運勢ともに恵まれた配列と言えるでしょう。 この姓名も、陰陽の配列はAランクで接続部も陽と陰の組み合わせなので問題ありません。 強弱バランスのとれた性格で、健康にも恵まれ、自身の可能性を伸ばせる順調な人生を歩んでいけるでしょう。 陰陽の配列Bランクだが接続部が同数連鎖 この姓名は、陰陽の配列だけをみると、Bランクで可も無く不可もないと言えますが、 接続部が同数連鎖になっています。 同数連鎖の健康面への悪影響はもちろん、性格的には引っ込み思案で決断力に乏しく柔軟性に欠ける傾向があるので、いつか大失敗を引き起こしてしまう恐れもあるでしょう。 このように、姓名全体の陰陽の配列だけでは必ずしも十分とは言えず、姓名の接続部の字画数の関連性とあわせて、総合的に判断する必要があります。 陰陽の配列Cランクで接続部も陰陰 この姓名は、陰陽の配列はCクラスで、しかも真ん中の陰が上下の陽に挟まれている配列で、さらには姓名の接続部は陰陰の組み合わせとなるので、体の真ん中の部分である内臓や呼吸器系が弱く、健康には恵まれにくい 強い凶意を持つ陰陽配列となっています。 このパターンで同数連鎖にもなると、運勢の停滞や悪循環といった傾向がさらに強く表れるので注意が必要です。 陰陽の配列Cランクだが接続部は問題なし この姓名は、接続部は陰陽の組み合わせなので、健康には恵まれていますが、陰陽の配列はCクラスで、このように一つだけの陰や陽が真ん中にある配列を「中折れ」と呼びます。 健康には問題がなくても仕事、家庭のいずれかに悩みが生じやすく、人生の途中で挫折しやすい運勢を暗示しているので、慎重に行動するよう心がける必要があります。 姓名の陰陽配列が全てではありません ここで述べたように、姓名の陰陽の配列は昔から研究されてきた統計的な見解をもとに、現代でも姓名判断の一つの要素として鑑定結果に加味されています。 陰陽配列も姓名判断結果も字源も申し分ない名前が良いのはもちろんですが、そうでなくても、自身で健康面に気をつけて規則正しい生活を送ることを心がけるきっかけとして参考にしてもらえると幸いです。

次の