行政書士実務。 開業までに行政書士事務所での実務経験は必要?

楽天ブックス: 行政書士の実務飲食・風俗営業許可申請業務

行政書士実務

Zoomとは? Zoomは、PCなどを使って、オンラインでセミナー・ミーティングを行うために開発されたアプリのことです。 なぜZoomで開催するの? 昨年同時期に対面セミナーで実施した当講座ですが、 非常にご好評をいただき、ぜひ今年も開催してほしいという声にお応えする形で、 新型コロナウィルスの感染拡大防止に配慮し、皆様の安全性を考慮した結果、Zoomによるセミナー開催となった次第です。 Zoomオンラインセミナーに参加するためには? セミナー主催者から、受講者の方のメールアドレス宛てに「セミナー招待URL」をお送りします。 そちらのURLをクリックすると、PCにZoomがダウンロードされますので、Zoomをインストールしていただければ、そのままオンラインセミナーにご参加いただけます。 詳しくはお問い合わせください。 事前にZoomのダウンロードをお願いします 一般社団法人外国人雇用支援機構 代表理事 柳舘 亮一 申請取次行政書士 Aeras行政書士法人 代表 最初にぶち当たる国際業務の「壁」 初めまして、外国人雇用支援機構代表理事の柳舘と申します。 さて、行政書士における国際業務は、知識だけでなく実務経験が豊富にないと依頼者からの信頼を獲得し、売上に繋げることができません。 ただ、実務経験を積むために行政書士事務所で働きたいと思っても、求人はほとんどありません。 となると、自ら専門書を読み込み、先輩に教えを乞うしかありません。 私も最初はそうでした。 しかし、それでは なかなか自信が持てず、思いきった営業ができない。 だから、実務経験を積む機会に恵まれない・・・そんな悪循環でした。 これが俗に言う、 行政書士が開業後にぶち当たる「壁」です。 カネなし、コネなし、経験なし 私はいわゆる 「カネなし、コネなし、経験なし」で開業しました。 それどころか、開業資金と当面の生活費として300万円もの借金をしました。 妻には「創業融資の仕事もできるようにしておきたいから試しに借りただけ」と弁明して・・・。 しかし、 仕事などそう簡単に取れるはずもありません。 借入を切り崩す日々では不安だったので、アルバイトを始めました。 今思えば最悪な行為ですが、当時はそれでも必死でした。 そのうち、そういった状況を打破できると謡う高額セミナー・講座ばかりが目に付くようになりました。 ワラをも掴む思いでいくつかの高額セミナー・講座を受講しましたが、身になったものもあれば、全く身にならなかったものもたくさんありました。 気付いたら一年も経たないうちに借入れた300万円はそれらセミナー代で底をつきました。 焦る一方の中、誰にも相談できず、家族の前では笑顔を絶やさないようにだけ心がけました。 ある実務講座が私の運命を変えた まさに背水の陣。 「もう後がない・・・」との想いで受講した行政書士の実務講座が 私の運命を変えました。 圧倒的に不足していた 実務を学べたことで、自信を持って営業できるようになり、 受講開始間もなく、数十万円の報酬となる仕事が取れました。 講座費用の元が取れたどころか、気付いたら 開業2年目には月収100万を超える月も出ていました。 当講座を開設した理由 皆さんには、我々の多くが通ってしまう遠回りや高額な出費をして欲しくない。 その一心で考え、開設したのが当講座です。 そもそも私ども外国人雇用支援機構(FESO)は外国人雇用のコンサルティングサービスをメイン事業としておりますが、そこで欠くことのできない国際行政書士が圧倒的に足りません。 そこで、我々の仲間となって活躍してくれる人を増やす。 そしてそれが行政書士業界の発展につながる。 更には日本と世界の懸け橋になる。 そんな思いも込めてこの講座を始めました。 皆さん 我々と一緒に日本と世界をつなぐ仕事を一緒にしていきましょう! その為の第一歩を踏み出すのは、今です。 ~入門講座を参加してみて~ 私は、2019年4月に行政書士事務所を開業しました。 実際に行政書士登録をして業務範囲を支部の研修や資料で確認すると想像以上に幅広く多岐にわたっています。 先生の中には、すべての業務を網羅的に対応される方もおりますが、私は開業前から行政書士の専門分野はひとつに絞ろうと、心に決めておりました。 その後、単位会での研修に参加しましたが、1コマ2時間弱と限られた時間だったため、国際業務の概要を知ることはできましたが、 実務的な話はおろか、初歩的な在留資格ごとの概要・要件などを聞く間もなく終了してしまうことも多々ありました。 また、開業早々から国際業務の専門書をいくつか購入して読み進めておりましたが、国際業務の概要・ビザの種類などが身についていない状態でしたので、 読んでいても用語が理解できなかったり、イメージが湧かず、ページは進めど内容が自分自身にちゃんと知識として落とし込めていない不安がありました。 実際のセミナーでは単位会での研修では聞けなかった、 国際業務の基本的な概要や就労系ビザ・身分系ビザなど在留資格の簡単な解説など2日間にわたり集中して参加することができました。 セミナー中の質疑応答では、実務に関する不安や在留資格の疑問など初歩的な内容も気兼ねなく質問できる雰囲気であり、 途中のランチミーティングや2日目セミナー終了後の懇親会でも和気あいあいとした雰囲気で、緊張せずに参加することができました。 Fesoの国際行政書士実務入門セミナーの受講を検討されているみなさまには是非とも気軽に参加していただきたいと思います。 Feso事務局の先生方は国際業務のプロフェッショナルです。 しかし、 気難しく話しかけづらいという雰囲気は決してありません。 受講者の方も、国際業務に興味ある方が参加するので 同じ志を持っている人が集まり、入門とはいえ活発な意見交換やコミュニケーションをとることができました。 ~マスター講座を参加してみて~ 私は、Fesoの国際行政書士実務入門セミナーに参加した後に、マスター講座の受講を決心しました。 入門講座は2日にわたって国際業務の概要・就労系ビザ・身分系ビザの簡単な解説でしたが、 マスター講座は短期集中で毎週1日 計8回の講義を受けることができます。 この講義は、 Feso理事の先生が週替わりで各在留資格の基本的な概要から実事例を基にした解説まで実践的な内容となっています。 講義は、一方的に聞くだけでなく、 途中にはディスカッションを交えたり活発な質疑応答により、分からないままにしないで理解できるように工夫がされております。 また、2か月の短期集中型講義が終了しても、 講義動画がサポート期間には視聴できるので後日繰り返し復習することも可能です。 講義が終了した後も、 Facebookの専用グループで24時間いつでもメンバーに質問可能となっており、自分自身の投稿だけでなく、別のメンバーが実務で感じた疑問に対するFeso理事の回答がとても参考になりました。 実務だけではなく、同じ志を持ったメンバーたちとの定期的な懇親会や有志による滝行など手を取り合いながら切磋琢磨することができる環境はとても魅力的でした。 相談だけでなく、 Feso理事の実際の面談や申請書作成・入管への提出などの特典も支部の研修では経験できない実務につながる貴重な特典でした。 マスター講座は1期生の経験と意見を参考に、2期生はより実務的で受講者にとって有意義な内容に進化するでしょう。 ) みなさまとFesoマスター講座のFacebookグループや懇親会等でお会いできる日を楽しみにしております。 ~実務に即した実践的な知識を身につけられます~ 入門セミナーなのに、 実際の実務に直結した内容で驚きました。 実務申請書を作成するワークや、実際に講師の先生が受託した事例を聞き、「自分ならどのように対応するか」ということを考え書類を作成するワークなど、入門セミナーに参加しただけで、 国際業務の概要や実務に即した考え方も学ぶことができ、入門セミナーとは思えないほど、充実した内容でした。 この入門セミナーを受講して本当によかったと思っています。 私は、入門セミナーのあとに開催されたマスター講座も受講したのですが、その結果、最終的に3つのことを得ることができました。 一つ目・・ 「実務に直結した業務知識」 講師の先生方が 実際に直近で受託した申請書類などを基に、書類の作成方法を学べます。 また、記入する内容をもとに 「なぜそのように記載をするのか?」理由や考え方なども事例ごとに説明いただけるので、応用ができ、 即実務に使える知識を得ることができました。 二つ目・・「国際業務の専門家が 実際に作成した多くの事例書類」 理由書や説明書など、 実際に入管などに提出した書類を、個人情報秘匿処理をした状態で 数十種類もらえます。 その数々の資料をもとに、日々様々な相談を受ける上で、 講座で頂いた実際の事例をもとに具体的なご説明ができるため、 クライアントにも非常に喜んでいただいております。 三つ目・・ 「何か困ったら相談できる先生や仲間」 国際業務は概要を理解していても、国籍やクライアントの状況により様々なケースがあり、判断に困ることが多くあります。 そんな時、 経験豊富な講師の先生方に質問ができ、また同じように国際業務に取り組む同期の皆さんからも事例の話を聞くことができる ので安心して様々なご相談をお受けできます。 また 最新の業務情報なども入手でき、国際業務を行う上で、とてもいい環境を得ることができました。 ~受講後1か月も経過しないうちに、国際業務案件を受任できました~ 私は、2019年4月に開業いたしました。 開業前の準備段階で国際業務をメインにしていきたいと決めてはいたものの知識が浅く、 具体的にどこから取り掛かったらよいか、きっかけを見出せずにおりました。 そんな希望と不安の中、 一社 外国人雇用支援機構よりセミナーのご案内を頂きました。 特に目に留まったのは、 「国際業務の全容を徹底解説」、「これから国際行政書士を目指す方限定」、 「開業直後、実務経験が少ない方必見」といった言葉でした。 また2日間のセミナーの詳細が記載されており、 具体的にどのような事を学べるのか事前にイメージ出来たので「まさに今の私にピッタリ!」と受講を即決しました。 当日まず驚いたのが配布資料の多さでした。 しかも資料の多くは 講師が実際に入管に提出された書類で、 その貴重な申請書や添付書類(勿論個人情報はしっかり保護されていました)を手にし 「まさにこういう事が知りたかった」と学びながらワクワクしたことをよく覚えています。 国際業務の概要、各在留資格の特徴や具体的なポイント等、実例を通し丁寧に解説して下さり、 また受講者の質問に親切に答えて下さる為、 今まで書籍で学んだ情報だけでは理解出来ない細かな 内容をしっかり学ぶことが出来ました。 講師の立木先生は、 「まずは受任できるよう動いてみよう!」というポジティブなお言葉をかけて下さりました。 その当時の私はまず知識をしっかり積み上げてから受任という考えでしたので、 当初自分の考えと正反対のご提案に少し戸惑いましたが、2日間の受講後、立木先生のお言葉が理解できたように感じました。 その後セミナーで学んだことを実践した結果、 1か月も経たないうちに、国際業務の案件を初めて受任することができました。 これもセミナーに参加した事がきっかけだったと感謝の気持ちで一杯です。 ~入門セミナーのきっかけ~ 行政書士に登録して初めての本格的な仕事が「外国人関係の業務」でした。 しかし、あの当時は、「在留資格手続」など国際業務の知識など全くありませんでした。 私の知り合いからの紹介なので無下に断るわけにもいかず、かきたくもない汗をかきながら、 依頼主の相談に応じ、今となっては的外れな回答をしていた記憶があります。 そんな「あたふた」していたときに一通のDMが事務所に届きました。 その内容は「国際行政書士実務入門セミナー」というものでした。 リーズナブルな受講料、そして国際業務にも興味があったので迷わず申し込みました。 入門セミナーの2日間、立木宏行先生による 「国際業務の基礎」そして実際の案件を基にした「就労系ビザ」「身分系ビザ」の解説をしていただきました。 40年も生きていながらですが、 時間を忘れ、睡魔がくることなく、 セミナーで人の話に夢中になったのは人生で初めてでした。 「入門セミナー」が終わった段階では、「マスター講座」に参加する予定ではありませんでしたので、 足早に電車に乗り、帰路につきました。 しかし、帰りの電車の中、もやもやとした気持ち、そして、 Fesoの先生方のポジティブな姿に夢を感じました。 迷うくらいであれば参加しようと、妻を説得し、自己投資のつもりでマスター講座参加を決意し、申し込みました。 ~入門セミナーやマスター講座参加を迷われている方へ~ Fesoの先生方にはパワー、そしてポジティブな姿勢を感じます。 だから、私の目指す行政書士とはFesoの先生方なのです。 つまり、入門セミナー、そしてマスター講座に参加して間違いではなかったということです。 迷う気持ちがあるならば、夢があるならば、絶対に参加した方が良いと断言できます。 きっと扉が開けるはずです。 入門セミナーだけでも良いので受講することをお勧めしたい 当時、外国人の雇用について必要性は感じておりましたが、具体的なイメージがなかなかわかないという状態でした。 そのような中、行政書士の国際業務は華やかな状態であり、 士業の新しい分野としてどの辺に可能性あるのかを知りたかったという思いで、 FESOのセミナー・講座を受講したのがきっかけでした。 政府は、外国人就労の拡大を狙った新在留資格を導入して、外国人労働者の受け入れを単純労働まで広げました。 国をあげての雇用ですから、「さらに盛んになるだろう。 これは知識として手に入れておいて損はないな。 」 と誰しもが思うはずですが、 ネット検索をしても、個々の外国人のケース・スタディを扱うだけで、 入国管理実務の根幹にある法体系や実務上の証明能力を身につけられるような内容のセミナー・講座は皆無でした。 そんな中、FESOは行政書士の登録をしている者へ直接案内DMを送付してきました。 これって結構な勇気を必要とするものですし、 真摯な態度がなければなかなかできないものだと思いました。 そこで、とりあえず入門セミナーを受講してみてたところ、 想像以上に良い内容だったため、 そのあとに開催されるマスター講座にも迷わず即申し込みました。 今となっては、入門セミナー・マスター講座を受講して本当に良かったと思っています。 FESOの講座は、個々の講師の経験をベースにした内容であるため、実務上の応用力が驚くほど身につけられる内容です。 広く国際業務を身につけたいという方にとっては十分な内容なので、 まずは入門セミナーだけも受講してみることをお勧めします。

次の

行政書士の実務はどう習得する?実務講座やセミナー・研修会の長所・短所を解説!

行政書士実務

行政書士事務所に勤務 行政書士の実務を学ぶなら、行政書士事務所で働くことが理想です。 行政書士事務所の細かい運営を体感できます。 書類の管理方法、パソコンにインストールされているソフトの種類、必要な備品、郵送管理などは、実際に働いてみないとわからない部分です。 代表行政書士の相談者への対応、電話の対応、起案分の内容などを働きながら学べます。 ただし、行政書士事務所の求人はとても少ないです。 行政書士は個人プレーヤーが多いので、求人が少ないという事情があります。 もし求人があった場合でも、あなたが取り扱いたい業務を行っていない事務所の可能性もあります。 入管業務をやりたいのに自動車関係専門であった、相続関係をやりたいのに建設業専門ということもありえます。 このような失敗がないように、求人中の事務所がどのような業務を取り扱っているかを確認してから就職するようにしましょう。 ただし、給料をもらう以上、仕事の成果が求められるため、仕事をしながら学ぶというハードな生活を送ることになります。 書籍で勉強 一番手軽な方法として実務書で学ぶ方法があります。 実務書は、一般書籍にくらべ価格が高くなります。 専門的であればあるほど高くなり、中には1万円を超える書籍もあります。 しかし、高ければいいというわけではありません。 高い書籍でページ数が多い書籍でも、法律条文や行政規約がそのまま掲載されているものもあります。 著者の解釈や考えがどの程度書いてあるかは書籍を選ぶポイントとなります。 書籍を読む順番は、各業務の入門書を読んだ後、専門的な内容が記載された書籍を読むことをオススメします。 入門書の役割として、業務全体のイメージをつかみ、業務に関係する用語を理解・慣れることです。 専門書の役割は、より辞書としての役割もあり、事案によって調べたりできる書籍がいいです。 書籍はインターネットで気軽に購入できますが、中身を確認できないことが多くあります。 そのため、法律書籍を扱う大きな書店へ行き、中身を確認してから購入することが理想です。 ジュンク堂、三省堂などの大きな書店では、法律専門書のコーナーがあるので、一度足を運んでみましょう。 書籍で学ぶデメリットとして、書籍は一般に広く公開することになるため、筆者の経験による具体的な事例は掲載されていないことがあります。 行政書士が実務で経験したことは、ノウハウです。 このノウハウをいかに蓄積するかが、実務を学ぶポイントと言えます。 都道府県行政書士会主催の研修会 行政書士は、事務所所在地を管轄する都道府県行政書士会に所属することになります。 都道府県行政書士会を単位会とい言います。 都道府県行政書士会では、会員向けに研修会を開催しています。 行政書士や行政官等が講師となり実務の勉強をします。 入札参加資格登録申請や改正された手続きなども学ぶことができます。 行政書士登録をしなければ研修会に参加することができません。 一部、行政書士事務所に勤務する補助者であれば参加できる研修会もございます。 料金は無料や1000円(お茶付き)等、低価格となっております。 この研修は、行政書士法で定められている行政書士の資質の向上を目的に実施されています(行政書士法13条の3)。 会員数の多い都市圏の行政書士会は頻繁に研修会を開催しておりますが、会員数の少ない行政書士会では、研修会自体の開催が難しいという実情がございます。 その問題を解決するのが次に紹介する中央研修所です。 日本行政書士会連合会運営の中央研修所(オンライン学習) 日本行政書士会連合会が運営するで実務を学べます。 オンラインにて学習することができるため、自分の好きな時間に学ぶことができます。 無料の講座がほとんどで、一部有料の講座がございます。 幅広い分野の講座が開催されていますので、行政書士登録後はくまなく見てみるといいでしょう。 倍速再生がないのが難点です。 一般的な実務知識を学ぶのに向いていると言えるでしょう。 ただし、行政書士登録をしていないと閲覧ができないので、登録前の方は学ぶことができません。 行政書士の任意団体主催の研修会 行政書士が任意団体を結成し、研修会を開催していることがございます。 、、行政書士市民法務塾など、たくさんの団体がございます。 行政書士同士が結成しているということもあり、実務的・専門的な内容を学ぶことができます。 閉鎖的な組織構成をしているため、会員となるには各団体が決めた条件を満たす必要があります。 ただし、研修会については、会員でなくても行政書士であれば参加できるものが多くあります。 費用は、5千円程度が相場と言えますが、内容の専門性から考えれば安いと言えるでしょう。 行政書士実務が学べる講座を受講 行政書士実務講座を受講し、実務を学ぶ方法があります。 各業務の専門家が講師となり、教材で学ぶことができます。 行政書士登録前でも実務を学ぶことができるのが特徴です。 行政書士実務講座は、前述の学び方に比べると受講料は高く設定されています。 なぜかというと、受講者が実務で成功してほしいという制作者サイドの計らいです。 もし、教材の内容をインターネットで無料で提供したとします。 受講者としては、他の事務所(競合)に真似をされるため、せっかく受講した方が差別化をすることができなくなります。 そのような状況にならないため、良い情報ほど受講料を高く設定し、誰でも情報を入手できないようにしていると言えます。 良い情報には価値があります。 当サイトでもを提供していますが、プロの実務家から学べる内容になっております。 まとめ いかがでしたでしょうか。 行政書士が実務を勉強する方法はたくさんあります。 実務の勉強をし、実務知識をつけることで、相手に価値のある情報の提供ができるようになります。 まずは、広く浅く、行政書士業務を学び、興味のある分野を深く学ぶことをオススメいたします。

次の

行政書士の実務を勉強する方法|現役行政書士による資格ガイド

行政書士実務

本サイトの価格は,すべて税抜きになります。 行政書士試験に合格した方が,行政書士としてスムーズに業務を遂行し開業できるよう,実務ノウハウをご提供いたします。 アガルートアカデミーでは,行政書士試験合格後も受験生の皆様をサポートするために,行政書士実務講座,開業講座を開講することといたしました。 アガルートアカデミーと業務提携を行う の先生方に,講師としてご登壇頂きます。 優オフィスグループは,行政書士を中心とし50名を超える士業実務家を抱える士業グループで,東優講師が代表者を務めております。 本講座は,行政書士試験合格後,実務家として独立・開業を目指す全ての皆さまにおススメします。 優オフィスグループについて 相続を得意とする行政書士を中心とした,全国規模の士業専門家ネットワーク。 行政書士をはじめ司法書士,税理士,社会保険労務士,弁護士等の専門分野の異なる士業が総合ネットワークを構築,相続業務以外にも各分野の専門家が所属し,全国各地に拠点を設けている。 法的手続きに関する幅広いニーズに対応。 現在,所属する士業実務家は50名を超える。 開業や実務に関するノウハウを広め,行政書士試験合格者をサポートしたいとの思いから,アガルートアカデミーと業務提携。 講師紹介 担当講師: ・優 ゆう オフィスグループ代表。 代表社員・行政書士。 ・平成17年個人事務所を名古屋にて開設 ・平成25年行政書士法人化し,池袋,品川,名古屋にて業務を行う。 ・著書 「エンディングノートでもしもに備える 終活のススメ」(リベラル社) 「相続コンサルタントの実務マニュアル」(中央経済社) 「いざというとき困らない遺産相続」(西東社) 【新刊】「相続コンサルタントの問題解決マニュアル」(中央経済社) ・監修 「~もしもの時に伝えておきたいこと~エンディングノート」(リベラル社) 社会福祉協議会での勤務経験を活かして,遺言,相続,成年後見を専門分野として平成17年に独立,開業。 開業から現在までの約13年間の同分野における案件実績は延べ1500件超。 同分野をテーマとした講演会,研修会の講師実績多数。 そのノウハウを新人行政書士に伝授するべく,アガルートアカデミーに登壇。 マイページにてPDFデータをダウンロードしてお使いください。 カスタマーセンター(customer agaroot. 行政書士 実務・開業講座 49,800円(税抜).

次の