光genji。 二階堂ふみ、光GENJI・内海光司の魅力を大熱弁!彼からの誕生日プレゼントに「ぶち上がるー!!」

STAR LIGHT (光GENJIの曲)

光genji

1987年2月、当時のジャニーズJr. 後の光GENJIのメンバーや、SMAPの中居正広など が週3回のローラースケートの練習をしたのち、同年3月に、そのJr. の中から選抜された諸星和己、佐藤寛之、佐藤敦啓、田代秀高の4名で「GENJI」を結成。 当初は、敦啓の為にグループを結成したという。 その後、同年4月5日より、MBSの視聴者参加の歌合戦番組『サブロー・シローの歌え! ヤング大放送』のレギュラーになる。 この番組のオープニングで、初のオリジナルソング「今、君と歌いたい」を毎回披露していた。 まもなく山本淳一が参加して5名に。 その後、田代が脱退して再び4名に。 さらにその後、赤坂晃が参加して再び5名に。 現在では歌手、タレント活動の傍ら、商業プロモーションなどを手がける。 2010年8月12日、40歳の誕生日を迎え東京・青海のzepp tokyoでバースデーライブを行い、光GENJIの再結成について言及。 また、元メンバーの佐藤寛之がアンコールで登場した。 2011年6月、佐藤寛之、山本淳一と共に、TUBEの東日本大震災復興応援歌「RESTART」に参加した。 2014年6月、不仲説のあった元メンバーの大沢樹生が初監督を務める映画「鷲と鷹」に大沢とW主演、20年ぶりに共演した。 静岡県富士宮市の「やきそば親善大使」に任命されている。 グッズとしてカップ麺「やきそば かーくん」がある。 首下の背中に自身のイニシャル「K・M」をデザイン化したタトゥーを入れている。

次の

光GENJIメンバーの現在まとめ!内海光司・佐藤寛之・佐藤アツヒロなど7人の近況

光genji

光GENJIは1980年代に大人気を博した、ジャニーズのアイドルグループです。 ローラースケートのパフォーマンスは彼らが元祖。 これを受け継いでジャニーズJrや現在活躍中のキスマイなど、今ではジャニーズの伝統になっています。 光GENJIのメンバーは、リーダー内海光司(うちうみこうじ)メンバーの中で、最年長できのっぴーという愛称で呼ばれていました。 大沢樹生(おおさわみきお)ミッキーとよばれ、リーダーと大沢の二人は他のメンバーより年上で、一部では彼を売り出すために光GENJIが出来たともいわれています。 諸星和己(もろぼしかずみ)カー君の愛称で光GENJIの中で、No1の人気を博し、当時のアイドルのおニャン子クラブのメンバーのほとんどと恋愛関係にあったなど、ゴシップは尽きませんでした。 佐藤寛之(さとうひろゆき)真面目で穏やかな印象のひろくん。 あまり目立たない存在でしたが、光GENJIの歌唱は彼が支えていました。 山本淳一(やまもとじゅんいち)おぼっちゃま風な風貌で人気があり、メンバーの中では一番の体力派。 アクロバットを披露してファンを魅了しました。 赤坂晃(あかさかあきら)デビュー当時に顔が亀に似てるといわれ、相性が亀になりました。 メンバーの中で一番背が高く、俳優としてもドラマで活躍をしていました。 佐藤敦啓(さとうあつひろ)光GENJIでは諸星と人気を二分したイケメンメンバーで、佐藤はその容姿から、オーディションを受けずにジャニーズと契約したそうです。 point 629 1 写真:makiya22. com 人気絶頂だった光GENJIは実は数々の記録をうちたて、社会経済向上にも非常に貢献しています。 1986年から放送されていたタモリのミュージックステーション、通称Mステに光GENJIはレギュラー出演。 本来ゲストのみで構成されている番組ですが、その活躍の多さから彼らはレギュラーでした。 出演回数234回。 この記録はいまだにぬかれていません。 ちなみに2位がTOKIOの133回。 スマップは意外にも3位で125回です。 光GENJIはその国民的人気と活動から、労働省をも動かします。 当時まだ未成年だった数人のメンバーは8時以降就業することが出来ず、テレビ出演を欠席したり、収録を休んだりしていました。 しかし1988年余りの人気の沸騰に、「光GENJI通達」という事例が発行され、8時以降も仕事が出来るように規定が改正されたのでした。 また社会経済の貢献としては、光GENJIがムラサキスポーツを大きくしたと言われる逸話があります。 当時光GENJIが使用していたローラースケートはムラサキスポーツの提供でした。 光GENJIの影響で、ローラースケートを始める小中学生が後を絶たず、一時は商品が全く売り切れ状態になったと言います。 このローラースケートがキッカケで、一介のスポーツ用品店が店舗を次々と増幅し、飛ぶ鳥を落とす勢いで大企業に成長しました。 point 644 1 写真:blog. livedoor. jp 光GENJIは1995年の9月3日名古屋市の「レインボーホール」でのコンサートをもって解散します。 ステージ上で土下座をした諸星の姿が、今でも印象に残っているファンは多いでしょう。 光GENJIが人気の絶頂期に解散をやむなくされたのは、メンバー同士の大喧嘩が理由と言われていました。 紅白にした際に、諸星と大沢が大喧嘩になったというのです。 事の始まりは諸星の衣装の帽子。 リハーサル時に諸星の帽子にいたずら書きがあったのです。 それも王冠がつけられていた場所に股の絵が描かれていたというのです。 これに激怒した諸星が、ふきんのメンバーとつかみ合いの喧嘩になり、そのシーンがあたかも大沢と諸星のつかみ合いの喧嘩のようにとられてしまい。 噂は大きく広まりました。 しかし、大喧嘩の末の解散とは全くのデマで、本当の理由は、大沢の脱退によるバランスの崩れが、グループ全体を解散に追いやったようです。 大沢はつねに、アイドルを続けていて将来があるのか?と不安を抱えていたようで、暴露本でもその不安を綴っています。 諸星と大沢は実は大の仲良しで、最近では2人でディナーショーを開催し、テレビ出演も二人で果たしています。 point 576 1 写真:secrettalk. me 現在のメンバーの状況はというと、大沢や諸星は、時々テレビに登場するため相変わらずの芸能活動を続けていることは明らかですが、リーダーだった内海光司は、俳優業に転向し、舞台を中心に仕事をしているようですが、あまりにも激やせで、病気を患っているのでは?という世間の声がきかれます。 佐藤敦啓は、ジャニーズを脱退して歌手を続けているそうですが、最近は見かけませんね。 山本淳一は、広告会社を立ち上げて事業をやっていたようですが、借金がかさみ、バーテンダーとして働くところを道後温泉で発見されたという情報もあります。 赤坂晃は、ドラマ「HOTEL」での活躍など、俳優業に転向しています。 point 372 1.

次の

二階堂ふみ、光GENJI・内海光司の魅力を大熱弁!彼からの誕生日プレゼントに「ぶち上がるー!!」

光genji

現在の内海光司さん。 独身 今も所属はジャニーズ事務所のままで、舞台を中心に俳優活動をしています。 テレビ出演はそれほど多くなく、画像は2013年頃にバラエティに出たときのものですが、その老け込み具合には驚いた視聴者も多かったようです。 また2016年8月からはジャニーズの携帯サイトで「HAPPY LUCKY KINOPPY」という連載をしています。 内海光司さんは、光GENJI時代について以下のように回顧しています。 2010年4月23日の『夕刊フジ』にて、光GENJI時代のことを「あの時期があるから今の僕がある。 楽しいことのほうが多かった」と語っている。 引用: また現在も独身の内海さんですが、昨今のジャニーズタレントとその交際相手による交際匂わせ ? 画像があるのではないかという指摘があっています。 それは内海光司さんが連載する「HAPPY LUCKY KINOPPY」にアップされた画像より…。 内海は前日のホワイトデーに更新した日記で、ハートが描かれたラテアートの写真をアップし、「ボク一人なので…ハートにしなくてもいいです」とつづっていたが、その翌日に「まだまだ続く」とのタイトルで、デザートの話を持ち出した。 内海はいちごのレアチーズタルトや、「まだまだ続くいちごフェア!」として、いちごや花の写真をアップしたが……。 「この写真は、熱心な内海ファンがかねてより親密関係を疑っていた女優・北嶋マミのブログに掲載されたカットに似ているんです。 北嶋のブログは10日付なので、内海の方が後に写真を掲載したことになり、内海ファンからは『いちごの写真が同じ。 やっぱり付き合ってる』と、驚きの声が出ていました。 北嶋は宝塚歌劇団出身で舞台を中心に活動しており、内海とも舞台で共演経験があります。 今回の一件で彼女の存在に安堵するファンもいれば、スポーツ紙でスクープされてしまうのではないかと警戒するファンも。 偶然一致した可能性もあるとはいえ、ベテランジャニーズも女性のSNSには気をつけるべきなのかもしれません」 引用: よい年齢ですので、おめでたい話題につながれば良いですが、やはりジャニーズ所属タレントはいくつになっても結婚は難しいものなのでしょうか・・・。 現在の大沢樹生さん。 既婚 大沢樹生さんは1995年の解散前の1994年に、光GENJIから脱退しジャニーズ事務所も退社。 個人事務所 フロム・ファーストプロダクション傘下 、フロム・ファーストプロダクションを経て、現在は自身が代表を務めるミキオオフィスに所属しています。 現在は、俳優・監督・タレントとして活動。 大沢樹生さんは、光GENJI時代の恋愛エピソードや脱退後の苦境について、インタビューで語っていますのでご紹介です。 「ただ、女性アイドルにはいかなかった。 「映画や演技に気持ちが向いていったんです。 費用が1000万円しかない自主製作映画 『日本製少年』に出たときは僕が出演者を車で送ったりもした。 でも物作りに携わっている実感があったし、評価してもらえたときはひときわうれしかった。 自分ひとりじゃ生きていけないんだってことにも気づけました」 着実な活動が実を結び、3〜4年するとテレビ局からも声がかかり、挨拶回りのときに断られたプロデューサーの作品にも呼ばれた。 「いま思えば、 僕はアイドルを演じきれなかったんでしょうね。 だから25年も続いたSMAPはやはりレジェンド。 立場や状況はまったく違うけど、心境はどこかわかる気がする。 彼らの決断を周りがとやかく言うのはナンセンス」 引用: 現在の諸星和己さん。 独身 1995年の光GENJI解散とともにジャニーズを退社し、以降は個人事務所として設立した株式会社GOLD RUSH Kに所属しています。 現在、タレント・俳優・アーティストなどとして芸能活動を続けています。 またSMAP解散に関するコメントでは、光GENJI解散時の自分たちの心境・解散理由に触れています。 グループ解散直前の心境については「もう解散という時は、落ち着いていますよ。 (解散へ向けた動きは)何年か前から始まっているので。 もう周りが見えている。 僕はそうでした」と光GENJI時代を振り返った。 諸星は「うちのグループには、残りたかった、解散したくなかったやつは絶対いた。 でも僕が、もうやめようと言い出してしまった。 (理由は)1人でやりたい。 イメージチェンジ、セルフプロデュースしたい気持ちがあった。 でもやらせてもらえなかったので」と振り返った。 引用: なお光GENJI内では、かねてから諸星和己さんと大沢樹生さんの不仲説がささやかれていますが、近年では共演するケースもありお互いを認め合っている感じがします。 不仲説について諸星は「悪いですよ。 仲は悪いですけど、仕事はできますから。 何のために2人でやるのか。 生活のためですよ!」と、にやり。 大沢も「仲が悪いとかそういうレベルじゃないんですよ。 まったく合わない」と話し、本気か本気ではないか分からない掛け合いで取材陣を圧倒した。 引用: 諸星は「俺らは水と油だから何年経とうが混ざらない。 でもそれは、例えるならばドレッシングだね。 野菜があったら味付けをしたいでしょ? だからみんな仲の悪い俺たちを好むんですよ」と複雑な関係を強調。 大沢も「キャラクター性が全く違うわけですから。 引用: 現在の佐藤寛之さん。 独身 1995年の光GENJI解散前に、大沢樹生さんとともに1994年に脱退しジャニーズ退所。 現在はGENJI GURUMAに所属し、歌手・俳優として活動しています。 脱退後、表舞台に出ることは少なくとも、地道に芸能活動を続けているのが佐藤寛之だ。 「アイドルのときもメンバーの中でいちばん地味でしたね。 自身が望んだ音楽活動もできていますし、いちばん充実しているかも。 ちなみに、光GENJIは正式解散の1995年前に一度存続かどうかに揺れた出来事がありました。 もちろんそれは1994年の大沢樹生さんと佐藤寛之さんの脱退時ですね。 当時、解散に傾きかけた光GENJIでしたが、存続する方向にいったのは山本淳一さんの決断があったことを、のちの諸星・山本の出演番組で明かされています。 7人グループの光GENJIで、メンバー間を取り持つバランス役だったという山本にも、当時の諸星は「おい、絶対解散するぞ。 7人で解散しなきゃ意味がない」と、全員での解散を訴えていたそう。 しかし諸星は「こいつが突然、裏切ったんです」と当時を振り返った。 いざ解散となると、山本は残留を決意してしまったというのだ。 結果、大沢と佐藤のみが脱退し、諸星が望んだ7人揃っての解散にはならず、残った5人でおよそ1年の間、光GENJI SUPER5として活動することになったのだそう。 引用: 現在の赤坂晃さん。 赤坂晃さんは覚せい剤取締法違反により2度逮捕されていますが、現在は芸能活動を再開しています。 現在の所属事務所は、GOLD STAR 赤坂は2007年10月に覚せい剤取締法違反(所持)の疑いで現行犯逮捕され、ジャニーズ事務所はすぐさま赤坂の解雇を発表。 しかし、執行猶予期間中の09年12月にも覚せい剤所持・使用で逮捕され、懲役1年6月の実刑判決を受けた。 その後、新宿にあるお店「昭和BAR」に関わるなど芸能活動を休止していたが、8月に主演舞台『ニライカナイ~ウロボロスの宝玉~』で約8年ぶりに芸能界復帰を果たした。 引用: その後2016年頃には不倫相手の女性と暮らしているといった報道もありました。 当時赤坂晃さんも大地真央さんも既婚者で、これをきっかけに当時の奥さん 赤坂さんの高校時代の2年先輩で1児をもうけますが、覚せい剤逮捕前に離婚 と離婚したのではないかとも言われます。 () 光GENJIは2017年でデビュー30周年を迎えますが、メンバーであった諸星さんも再集結に意欲を見せながらも、赤坂さんの素行を心配するコメントも出しています。 「僕はASKAさんよりも赤坂のが心配。 元メンバーですから」と過去に2度、覚せい剤取締法違反で逮捕されたメンバーの赤坂晃を引き合いに。 「やっぱり(光GENJIの)30周年はメンバー集まって、やりたいじゃないですか」と願っていた。 独身 光GENJI解散後に、サトウアツヒロを経てから佐藤アツヒロに改名しています。 光GENJIのメンバー内では、内海光司さんととともにジャニーズ事務所に残留しています。 この二人のみで、他は独立・退所している 現在は、俳優・歌手として活動中です。 光GENJIの最年少メンバーであった佐藤アツヒロさんは、解散に反対だったそうです。 佐藤は、自分でやりたいことが出てきた22歳の時に光GENJIの解散が決定。 「自分はグループのためにこうしたいとか、色んな考えを言うことができずに終わってしまった」と後悔をにじませた。 「俺は解散したくなかったけど」と当時の心境を明かし、「それはメンバーの多数決というか、色んな問題があるから、俺一人では決められないから」と状況を説明した。 引用: 2016年には事務所を退所した4人が再集結! 2016年にはジャニーズを退所した4人 諸星・大沢・佐藤・山本 がテレビ共演し、その後、現ジャニーズ所属メンバーからも連絡があったことを明かしています。 これ見ていた内海光司や佐藤アツヒロからも連絡があったそうで、7人での再結成も期待されるが「僕らは理想に生きているのではなく、現実に生きてる。 なので30周年であっても7人で集まるかは知りません。 でも30周年じゃなくて50周年でも60周年でもなんでもいい。 集まれる時に集まって、みなさんも集まれるときに集まってください。 その時に7人の姿を見せられれば」と展望した。 引用: 再集結には前向きながら、コメントからはやはり少し難しそうな雰囲気を感じてしまいますね。 所属事務所の問題や、メンバー間の問題など、いろいろ簡単に再集結とはならないのかもしれません。 また赤坂晃さんは、2015年末のインタビューでメンバーとは誰とも連絡を取り合っていないことを明かしています。 「元メンバーとは、誰とも連絡とり合ってないですね」 引用: なかなか難しい問題が山積みですが、光GENJIメンバーが再集結してローラースケートを履いて歌って踊る姿を見てみたい気もしますね。

次の