白髪染め 市販 人気。 まだ知らないの?白髪染めでしっとり&ツヤツヤが実感できる!

【美容師が選んだ】女性に人気の白髪染めランキング市販品おすすめ13選|【美容師が選ぶ】30代40代の市販白髪染め【最強】おすすめランキング!

白髪染め 市販 人気

9 5. 0 弱 弱 文句なしの白髪カバー力と質感 白髪の目立たなさ、キラ浮きの無さがダントツだったのがこれ。 とても深く入ります。 染まりの深さ、色持ちの良さ共にトップクラス。 ちなみに、最下位クラスと物と比べると こんだけ違います。 まぁブラウンの白髪染め使って、ベネフィーククラスに染まっても焦りますけど… 他の物より暗く染まるので、色選択に注意が必要。 ブラウンの時点で、深いダークブラウンぐらいに色が入りますので、 1つか2つ、希望の色より明るい物を。 見たまんま白髪のカバー力が高いんですが、わざわざ1位にした理由は染めた後の質感。 主観が大きいので、仕上がりの良さには触れないようにしてるんですが、 「付属のトリートメントを別売りしてくれ」という声が多数上がるのも納得するレベルです。 明らかにダントツでツヤっツヤ。 ツンとした刺激臭もないですし、特に白髪染め後のパサつきが嫌な方は是非。 多分びっくりします。 8 5. 0 弱 中 暗くなりすぎず、しっかり染まる 売れているだけあります。 白髪への色の入り方、色持ちとバランスの良い白髪染め。 ここまで寄って撮っても白髪の浮きがほぼ目立たないレベル。 暗くなりすぎず、しっかり染まるタイプです。 これ、どのくらい良く染まっているかと言うと 左がウエラトーン、右のマテリアGは サロンのカラー剤。 サロン品と比べても遜色ないレベルでちゃんと染まってるのがわかります。 29種類使った中でも良さが目立った商品。 デメリットとしては値段が高めな事と、匂いが少しすること。 ただ、品質はトップクラスですので迷ったらコレから始めるのも良いと思います。 ベネフィークは売ってるトコが少ないのが難点なので。 5 5. 0 弱 弱 高い白髪カバー力 染まり方はベネフィークに近いです。 他の白髪染めに比べ、深く・濃く入ります。 (サロンドプロは全般的に暗めに入る) ベネフィークと同じく、5のブラウンで濃いダークブラウンレベルに 色が入りますので 色の選択に注意。 他の白髪染めと比べても、かなり暗めです。 色持ちは非常に良好。 かなりキープします。 あと特徴としては、無香料なので刺激臭がほぼ皆無な点。 数値50。 これは29製品中4位の数値。 これでダメなら、ほぼ市販の白髪染めがダメなくらい刺激臭は控えめです。 ベネフィークと似た染まり方をしますが、比べると 染めた後の質感で負けますが価格も3分の1。 廉価版ですね。 色の選択だけ注意して頂ければ 染まり・色持ちが良く、ニオイが無い上、安い白髪染めなので非常におすすめ。 0 1. 0 弱 強 最下位評価のも一応 29製品中、最下位だったのも出しておきます。 6位~28位まではをどうぞ。 染まらない、色持ちが悪い、クサい、しかも髪に匂いがずっと残ると散々だった白髪染め。 拡大して見るとよくわかりますが しっかり白髪が浮いてます。 そして画像じゃ伝わりませんが、毛束を観察するとよくわかるキラ浮き具合。 そして何より、ニオイの強さ。 別に匂いが強い=品質が悪いという訳ではないんですが、 クサイ方が好き!って人はそうそういないでしょうし、いくらなんでもニオイがきつすぎ。 505ですよ。 クサさも余裕のトップ。 そして上に出してある、サロンドプロとのシャンプー10回後の色の残り方を写真で出すと こんな事になってます。 白髪に入った色がこんだけしか残らない訳ですので、当然ですが見事に白髪が隠れません。 「白髪染め」ですよね? 「白髪染めない」じゃないですよね? というわけで、最下位です。 これ、よく美容師さんが言う台詞ですが、この発言はマズイと思ってます。 市販がダメならサロンのを使えばいいじゃない。 このご時世、普通に買えますし。 一応調べてます。 サロンのカラー剤に興味がある方はどうぞ。 髪のダメージを見て、薬剤の調整をして、塗って、後処理してくれる訳ですから。 そういった技術の利点は埋められません。 で も 今 は そ う い う 話 は し て な い! ホームカラーで染める時、一番良いのはどれかって話ですので。 そういう意味では、市販の中でウロウロ迷うより良いと思います。 多少ハードルが上がりますので、慣れた人の方が良いですけどね。 使ってみたい!という方はその選択をするのもアリです。 白髪染めヘアカラー比較表 使用色は全てブラウンで統一しています。 9 1,722 4 256 弱 9. 9 10色 約30分 4. 8 1,100 3 259 中 9. 3 24色 20~30分 4. 6 1,454 3 140 弱 9. 6 18色 25~30分 4. 5 557 4 50 弱 9. 6 18色 15分 4. 5 781 4 41 弱 9. 8 14色 15分 4. 4 935 3 142 弱 9. 7 9色 20分 4. 3 368 3 300 弱 9. 2 9色 10分 4. 2 652 4 177 弱 10 12色 20分 4. 1 558 3 110 弱 9. 6 16色 約15分 4. 0 524 2 279 強 9. 6 7色 20~30分,リタッチ10分 4. 0 1,603 3 436 強 9. 7 10色 約20分 3. 9 1,761 3 255 強 9. 3 11色 20~30分 3. 8 745 3 68 弱 9. 9 10色 15分 3. 6 795 3 68 弱 9. 9 8色 約15分 3. 5 564 1 119 弱 9. 7 7色 20分 3. 4 1,980 3 189 中 9. 5 7色 約20分 3. 2 638 3 293 中 9. 8 11色 10~20分 3. 1 298 2 326 強 9. 8 9色 20~30分 色により 3. 0 559 1 113 弱 9. 5 10色 15分 3. 0 770 1 453 強 9. 5 6色 10分 2. 7 448 2 100 弱 9. 5 14色 10~20分 2. 6 569 1 8 弱 9. 7 10色 10分 2. 3 500 1 154 弱 10. 4 11色 30分 2. 0 400 1 25 弱 9. 8 7色 約10分 1. 8 520 1 51 弱 9. 2 18色 約15分 1. 7 577 1 244 強 9. 5 9色 15分 1. 7 574 1 334 弱 9. 8 11色 15分 1. 0 408 1 505 強 9. 7 6色 約15分,リタッチ約10分 コンテンツ.

次の

2020年版市販の白髪染めおすすめランキング22選【美容師解説】

白髪染め 市販 人気

せっかく白髪を自分で染めたのに、すぐに色が抜けてしまうと困りますよね。 セルフでの毛染めには時間も手間も掛かります。 できるだけ長持ちしてほしいと思う方には、ヘアカラータイプの白髪染めがおすすめです。 ヘアカラータイプは、薬品でキューティクルを開き、内部から髪の色を染めていきます。 そのため、 色の持ちが大体1~2ヶ月と長めです。 一番色が抜けにくい染め方ですが、 髪へのダメージが大きいというデメリットがあります。 染めたあとは、トリートメントなどでヘアケアをしないと傷みやすいです。 また、短期間に何度も染める使い方には向きません。 その上でヘアカラータイプを選びたい方は、おすすめの商品を下記のページでも多く紹介しています。 ぜひ参考にしてください。 髪に与えるダメージを極力抑えながら白髪を染めたいなら ヘアマニキュアがおすすめです。 通常の白髪染めと異なり、 髪の表面を着色して毛を染めていくという特徴があります。 薬品で化学反応を起こすヘアカラーなどと違い、髪へのダメージがあまりありません。 繰り返し使用する用途にも向いています。 また、表面をマニキュアでコーティングしているため、 髪にハリ・ツヤ・うるおいを与える効果も期待できます。 逆にデメリットとして挙げられる点は、 使うのをやめると次第に色が落ちてくること、 服や壁・家具などに色が付いたら、ヘアカラーよりも落としにくいことです。 特徴を理解した上でヘアマニキュアを選びたい方は、下記のページの方がおすすめ商品の紹介数が多いので、ぜひ見てみてください。 化学染料使用による髪へのダメージが気になるなら、 自然由来のヘナカラーを使うのがおすすめです。 ヘナとはミソハギ科のシコウカという花を使った染料で、ローソニアという色素成分が毛髪を染める作用を持っています。 ヘナカラーを使うメリットは、髪に優しくて 合成化学成分でかぶれる人でも使いやすいという点です。 また、 トリートメント効果もあり、 髪や頭皮の保湿効果も期待できます。 デメリットとして挙げられる点は、ほかの方法と比べて 染めるときに手間がかかることです。 そして 、植物由来という性質上、塗っても発色しにくい場合があります。 ものによっては発色性を高めるため、合成化学成分である酸化染料が配合された ケミカルヘナという種類もあるため注意が必要です。 毛の染まり具合は温度によって左右されます。 室温を20~30度ぐらいにして染めるようにすると、 髪の毛に色が浸透しやすいです。 注意点としては、室温が高すぎると色が濃くなりすぎますし、 寒いと色が入りにくく、きれいに染まりにくいです。 温度に関しては、どのメーカーの商品でもあまり変わりません。 毛染めと温度の関係でもう一つ覚えておきたい点は、 体温も影響するということです。 例えば、 髪の根元は頭皮に近いため、 体温の影響で毛先よりも温度が高くなる傾向があります。 特に 顔周りは温度が高いため染まりやすく、 襟足は毛が太いために染まりにくいという特徴があるので、 液の量を考えながら塗るとよいでしょう。 白髪染めは待ち時間が長い上、髪に負担がかかり手間もかかります。 できれば 面倒なことはぜんぶ省略できるような白髪染めアイテムがあれば嬉しいですよね。 そんな方におすすめなのが本商品の「リライズ」です。 使い方は、いつも通りお風呂でシャンプーをしたあと、リライズを髪に塗ります。 そして、 5分時間をおいたら流すだけです。 3日間は連続で使用して白髪全体を着色し、そのあとは 週に1回を目安に 根元に使います。 髪に負担がかかりにくい・染める時間が短い・ニオイのきつさがない・肌や家財を汚しにくいなど、良い面が多い商品です。 色は、黒のほかに白髪を自然になじませるグレーアレンジもあります。 商品には 専用ブラシと2種の薬剤が付属しています。 ショートヘア一回分の量が チューブ容器に入っており、 余った分は次回に取っておくことも可能です。 染めたあとの仕上がりがきれいなのが商品の特徴で、 色が均一に入って染めムラや色ムラが目立ちません。 家で染めたとは分からないほどです。 色は 4番ライトブラウンが定番で人気があります。 また、 アッシュ系や 赤みのある茶色、 自然なブラウンなど色の種類が豊富です。 毛染め液特有のツンとする匂いもあまり気になりません。 髪のダメージをケアできる 毛髪保護成分も配合されており、 髪のうるおいやキューティクルの保護にも配慮されています。 しかし「ティアラ クリームヘアカラー」なら、 待ち時間が10分でもしっかり濃く染めることが可能です。 本商品には ウオーターインオイルベースが入っており、 染色力が高いです。 仕上がりの 手触りはなめらかで鼻を刺激する キツイ匂いも少ないです。 色は全6色あり、 オレンジや緑がかった栗色から 明るい・濃い栗色などがあります。 ほかの市販品と比べて待機時間が30分と長めですが、その分、染め終わったときの出来栄えには驚きます。 染めたあとの髪にはツヤとまとまりがあり、 色も内側からしっかり浸透して濃く染まります。 やや染めムラは出ますが、ほとんどぱっと見では分からないため、気にするほどのものではありません。 色の種類が多くあり、ナチュラルな 濃いブラウン系から 明るい赤系や 栗色など、 お好みに合わせて選べます。 本商品「シエロ ムースカラー」なら、スプレーのように ワンプッシュするだけで毛染めムースが出てくるため、 染めるのが簡単です。 使い方は、 ムースを手に出して 分け目や生え際などに塗り、 20分放置して流すだけと手間がかかりません。 髪をケアする 5つの天然保護成分が配合されており、 髪へのダメージを軽減する効果が期待できます。 毛染め特有の匂いは抑えられており、 優しいフローラルの香りがします。

次の

美容師が選ぶドラッグストアで買える市販のおすすめ白髪染め5選

白髪染め 市販 人気

9 5. 0 弱 弱 文句なしの白髪カバー力と質感 白髪の目立たなさ、キラ浮きの無さがダントツだったのがこれ。 とても深く入ります。 染まりの深さ、色持ちの良さ共にトップクラス。 ちなみに、最下位クラスと物と比べると こんだけ違います。 まぁブラウンの白髪染め使って、ベネフィーククラスに染まっても焦りますけど… 他の物より暗く染まるので、色選択に注意が必要。 ブラウンの時点で、深いダークブラウンぐらいに色が入りますので、 1つか2つ、希望の色より明るい物を。 見たまんま白髪のカバー力が高いんですが、わざわざ1位にした理由は染めた後の質感。 主観が大きいので、仕上がりの良さには触れないようにしてるんですが、 「付属のトリートメントを別売りしてくれ」という声が多数上がるのも納得するレベルです。 明らかにダントツでツヤっツヤ。 ツンとした刺激臭もないですし、特に白髪染め後のパサつきが嫌な方は是非。 多分びっくりします。 8 5. 0 弱 中 暗くなりすぎず、しっかり染まる 売れているだけあります。 白髪への色の入り方、色持ちとバランスの良い白髪染め。 ここまで寄って撮っても白髪の浮きがほぼ目立たないレベル。 暗くなりすぎず、しっかり染まるタイプです。 これ、どのくらい良く染まっているかと言うと 左がウエラトーン、右のマテリアGは サロンのカラー剤。 サロン品と比べても遜色ないレベルでちゃんと染まってるのがわかります。 29種類使った中でも良さが目立った商品。 デメリットとしては値段が高めな事と、匂いが少しすること。 ただ、品質はトップクラスですので迷ったらコレから始めるのも良いと思います。 ベネフィークは売ってるトコが少ないのが難点なので。 5 5. 0 弱 弱 高い白髪カバー力 染まり方はベネフィークに近いです。 他の白髪染めに比べ、深く・濃く入ります。 (サロンドプロは全般的に暗めに入る) ベネフィークと同じく、5のブラウンで濃いダークブラウンレベルに 色が入りますので 色の選択に注意。 他の白髪染めと比べても、かなり暗めです。 色持ちは非常に良好。 かなりキープします。 あと特徴としては、無香料なので刺激臭がほぼ皆無な点。 数値50。 これは29製品中4位の数値。 これでダメなら、ほぼ市販の白髪染めがダメなくらい刺激臭は控えめです。 ベネフィークと似た染まり方をしますが、比べると 染めた後の質感で負けますが価格も3分の1。 廉価版ですね。 色の選択だけ注意して頂ければ 染まり・色持ちが良く、ニオイが無い上、安い白髪染めなので非常におすすめ。 0 1. 0 弱 強 最下位評価のも一応 29製品中、最下位だったのも出しておきます。 6位~28位まではをどうぞ。 染まらない、色持ちが悪い、クサい、しかも髪に匂いがずっと残ると散々だった白髪染め。 拡大して見るとよくわかりますが しっかり白髪が浮いてます。 そして画像じゃ伝わりませんが、毛束を観察するとよくわかるキラ浮き具合。 そして何より、ニオイの強さ。 別に匂いが強い=品質が悪いという訳ではないんですが、 クサイ方が好き!って人はそうそういないでしょうし、いくらなんでもニオイがきつすぎ。 505ですよ。 クサさも余裕のトップ。 そして上に出してある、サロンドプロとのシャンプー10回後の色の残り方を写真で出すと こんな事になってます。 白髪に入った色がこんだけしか残らない訳ですので、当然ですが見事に白髪が隠れません。 「白髪染め」ですよね? 「白髪染めない」じゃないですよね? というわけで、最下位です。 これ、よく美容師さんが言う台詞ですが、この発言はマズイと思ってます。 市販がダメならサロンのを使えばいいじゃない。 このご時世、普通に買えますし。 一応調べてます。 サロンのカラー剤に興味がある方はどうぞ。 髪のダメージを見て、薬剤の調整をして、塗って、後処理してくれる訳ですから。 そういった技術の利点は埋められません。 で も 今 は そ う い う 話 は し て な い! ホームカラーで染める時、一番良いのはどれかって話ですので。 そういう意味では、市販の中でウロウロ迷うより良いと思います。 多少ハードルが上がりますので、慣れた人の方が良いですけどね。 使ってみたい!という方はその選択をするのもアリです。 白髪染めヘアカラー比較表 使用色は全てブラウンで統一しています。 9 1,722 4 256 弱 9. 9 10色 約30分 4. 8 1,100 3 259 中 9. 3 24色 20~30分 4. 6 1,454 3 140 弱 9. 6 18色 25~30分 4. 5 557 4 50 弱 9. 6 18色 15分 4. 5 781 4 41 弱 9. 8 14色 15分 4. 4 935 3 142 弱 9. 7 9色 20分 4. 3 368 3 300 弱 9. 2 9色 10分 4. 2 652 4 177 弱 10 12色 20分 4. 1 558 3 110 弱 9. 6 16色 約15分 4. 0 524 2 279 強 9. 6 7色 20~30分,リタッチ10分 4. 0 1,603 3 436 強 9. 7 10色 約20分 3. 9 1,761 3 255 強 9. 3 11色 20~30分 3. 8 745 3 68 弱 9. 9 10色 15分 3. 6 795 3 68 弱 9. 9 8色 約15分 3. 5 564 1 119 弱 9. 7 7色 20分 3. 4 1,980 3 189 中 9. 5 7色 約20分 3. 2 638 3 293 中 9. 8 11色 10~20分 3. 1 298 2 326 強 9. 8 9色 20~30分 色により 3. 0 559 1 113 弱 9. 5 10色 15分 3. 0 770 1 453 強 9. 5 6色 10分 2. 7 448 2 100 弱 9. 5 14色 10~20分 2. 6 569 1 8 弱 9. 7 10色 10分 2. 3 500 1 154 弱 10. 4 11色 30分 2. 0 400 1 25 弱 9. 8 7色 約10分 1. 8 520 1 51 弱 9. 2 18色 約15分 1. 7 577 1 244 強 9. 5 9色 15分 1. 7 574 1 334 弱 9. 8 11色 15分 1. 0 408 1 505 強 9. 7 6色 約15分,リタッチ約10分 コンテンツ.

次の