コロナ かな と 思っ たら。 コロナかもしれないと思ったら その1 検査について

コロナかもと思ったら!!【愛知県】

コロナ かな と 思っ たら

日本全国各地で新型コロナウイルスの感染拡大が続いています。 個人レベルに落とし込めば、感染が身近に差し迫ってきているということです。 あなたに、あるいはあなたの身の回りの方に感染が起こったら、どのように動けば良いか十分シミュレーションはできているでしょうか。 仮に、あなたに37度台の微熱とだるさの症状が出たとします。 少しだるさはあるけれど、動けないほどではなく比較的元気。 感染者と接触した記憶はない。 コロナウイルス感染かもしれないけれど、そうではないかもしれない。 ただの風邪かもしれない。 そんな時、あなたはどう動きますか?同僚に仕事の負担をかけたくないから、出勤しますか?それともすぐに休みをとりますか? 写真:Shutterstock 会社を休む、休まない。 判断基準はどこ? コロナウイルス 感染症の症状は、発熱、だるさ、せき、食欲低下、筋肉痛、息苦しさなど多岐に渡ります。 ここに書いたものが主な症状ということになりますが、最も頻度の高い症状であると言われてきた発熱も、報告によっては4割の人にしかなかったとするものもあり、信頼できる基準とは言えません。 また、各国からの報告を見ると、急に出現する匂いや味覚の異常で気づかれる例、皮膚の発疹、下痢や吐き気といった症状からコロナウイルス感染症と診断される例も報告されています。 とすると、何か限られた症状を頼りにコロナウイルス 感染かどうかを判断すると間違えることになりそうです。 区別に苦労する風邪やインフルエンザの患者数が減ってきたいま、特にコロナウイルス感染が蔓延してきた地域では、蓋を開けたらコロナウイルス感染だったという確率は一層増えてくるでしょう。 このため、その症状がなんであれ、体調を崩したら、一歩立ち止まって休みを取ることが大切です。 「私は下痢しかないから違う」ではないのです。 部下に「体調が悪い」と言われたら、上司はどうするべきか 少し見方を変えると、もしあなたが上司なら、部下が休みやすい雰囲気を作っておくことが大切です。 なぜなら、もし感染していたら、多くの社員に感染させ、かえって迷惑をかけることになるかもしれないからです。 会社名が公開され、社会的な損失も生んでしまうかもしれません。 そして何より、自分自身の体調回復のために休まなければなりません。 しかし、もし体調を崩しても、イコール、コロナウイルス 感染というわけではないことにも注意が必要です。 発熱やだるさ、匂いを感じにくいといった症状は、いわゆる風邪でも出ることのある症状です。 このため、症状だけを根拠に、発病したとしてSNSに情報をばらまくといった行動は不適切と言えます。 自分が体調を崩したら 体調を崩したら、自宅にとどまり、まずは会社に連絡を入れましょう。 会社は、産業医や保健所に連絡をとり、その後の対応を相談する必要があります。 そして、よく休みましょう。 あまり周りのことを心配する必要はありません。 まずは自分の体調回復優先です。 特筆したいのは、多くの方は、治療などなしに自然回復していく病気だということです。 もちろん何かご不安があれば、医療機関に連絡してください。 もし熱があり辛ければ、それが何度であれ、アセトアミノフェンやカロナールと呼ばれる解熱剤を飲んでいただいてかまいません。 また、熱が出ると、汗で水分を失いやすくなりますから、水分補給をこまめにしましょう。 そして、自分の症状を日々よく観察してください。 メモを取っておくのもいいかもしれません。 その上で、もし症状が悪化してきているなと感じたら、その時は医療機関に連絡をする時です。 特に、咳や痰、息切れといった症状が強くなってきていたら、肺炎のサインかもしれません。 その場合には速やかに医療機関に連絡を取りましょう。

次の

新型コロナウイルス感染したら?病院行くのはいつ?自宅での感染拡大を防ぐには?

コロナ かな と 思っ たら

感染拡大を続ける新型コロナウイルス。 知っておきたい「まず何をすべき?」 感染拡大を続ける新型コロナウイルス。 感染者は世界的規模で増加を続けており、新潟県内でも複数の感染者が確認されています。 本記事では、主に新潟県内にお住まいの方に向けた 「新型コロナウイルスかも・・・」と思った時の対応方法をご紹介します。 《結論》 まずは公的機関のHPで正確な情報を確認しましょう。 結論から言うと、まずすべきは、 や を確認し、 正確な情報を得ることです。 ネットメディア、SNS、個人ブログには新型コロナウイルス感染症に関する様々な情報が掲載されていますが、中には 不確かな情報や 事実とは異なる情報もあります。 ましてや、未知の事態に対応する柔軟性が求められる新型コロナウイルス対策ですから、自治体が報じる一次情報から隔たった情報は「ある時点までは正しかったが、ある時点からは間違いだった」というものになる危険性をはらんでいます。 この記事をご覧になった皆さんは、そういった不確かな情報について むやみに転載・拡散することなく、厚生労働省や県などの公的機関のホームページ等で 「正確な」情報を確認し、対応してください。 相談・受診の流れ(2020年3月4日時点) 新型コロナウイルスが疑われる症状を確認した際は、以下の流れで症状の確認・相談などを行います。 実際に行動する際には、事前に 等を確認し、最新の情報に従ってください。 基本は日頃からの予防 発熱してからの対応も大切ですが、まずは予防に徹するのが新型コロナウイルス対策の基本です。 風邪やインフルエンザが多い時期であることを踏まえて、咳エチケットや手洗い等、引き続き通常の感染対策に努めましょう。 以下、厚生労働省が発表しているウイルス対策情報です。 参考にしてみてください。 疑われる症状の目安に当てはまる場合は、早めの相談を心がけましょう。 出典: / 情報は掲載当時のものです。 念のため電話で情報をお確かめになってからお出かけください。 閉店店舗については、随時メンテナンスを行っています。

次の

新型コロナに感染したかもと思ったら エリア別の連絡先と診療の流れ

コロナ かな と 思っ たら

(1)コロナかもと思った場合には、都道府県の相談窓口か、かかりつけ医に電話して、受診すべきかどうか相談をする。 (2)自己判断で勝手に医療機関を受診しない。 保健所や医師からの指示があるまで、絶対に家から出ないようにする。 (3)医療機関までの移動手段として、バス、電車などの公共交通機関やタクシーを使わず、人混みを避けながら徒歩、自転車、自家用車で行くか、保健所や病院が差し向ける車で向かう。 (4)PCR検査を受ける前に、必ず医師の診断を受ける。 (5)自宅隔離やホテル隔離を指示された人は、重症化の徴候を見逃さないため、症状やバイタルサイン(体温、血圧、脈拍、呼吸数など)を毎朝夕2回記録する、「健康日記」をつける。 (6)症状がなくなったからといって、「治った」と自己判断して、すぐに家から出てはいけない。 隔離を解く目安の期間は、症状がなくなってから2週間とする。 (7)自宅隔離の場合は家族内感染を起さないよう、寝室を別にする、食事をドアの前に置いて感染者が自分で取るなど、「ソーシャル・ディスタンシング(距離を取ること)」を徹底する。 無断で駆け込むと「医療崩壊」を招くことも 7カ条の肝の一つは、コロナに感染した場合、他者にうつさないよう慎重を期すという点だ。 コロナを疑う症状があるのに、軽症だからと買い物や職場に出てしまうと、まわりの人にうつしてしまう恐れがある。 また、呼吸困難や強いだるさなど重症化を疑う症状がある場合は別だが、まだ軽症の場合は無断で医療機関に駆け込むことも控えるべきだ。 院内感染を起してしまうと、医療機関がシャットダウンに追い込まれ、医療崩壊を招いてしまう恐れがあるからだ。

次の