フライパン 天ぷら。 フライパンで上手に揚げ物をするコツ!揚げる時の温度の目安は?

フライパンで揚げ物が新定番!フライパンで揚げ物をするコツをご紹介!

フライパン 天ぷら

2020年5月11日 更新• 出典: 天ぷらや揚げ物用の鍋は、大きいわりに使用頻度が少ないので収納スペースを圧迫しがち。 油の処理も面倒なので、数回使ったきり収納の置くにしまい込んでいる人も多いでしょう。 毎日使っているフライパンで揚げ物料理も作れたら、収納スペースに余裕ができてすっきり片づけることができます。 今回は、そんな揚げ物料理も作れるフライパンの選び方とおすすめのフライパンを紹介します。 天ぷら鍋を1年以上使っていないという人は、思い切って鍋を手放して揚げ物も作れるフライパンを取り入れてみませんか? フライパンで揚げ物料理ができると、主婦や一人暮らしの人にとって嬉しいことがたくさんあります。 どのようなメリットがあるのかチェックしてみましょう。 出典: フライパンでの揚げ物料理は、天ぷら鍋で使う油の量よりも少なくて済むので節約につながります。 食材が半分浸る程度の油で十分に揚げることができるので、一人暮らしの人には特におすすめです。 使う油が少ないので揚げ物料理にも挑戦しやすくなり、お料理の幅が広がります。 出典: 少ない油は温度が短時間で上げられ、天ぷら鍋に比べて早く食材を揚げ始めることができます。 待ち時間が短くなることで別の作業ができたり、短くなった時間分のガス代、電気代も節約に。 揚げ物料理は時間がかかるからと避けていた人は、ぜひフライパンで試してみてください。 出典: フライパンでの揚げ物料理は、油が少量で済みますが、それは後片付けが楽になることにもつながります。 油が少なければ気兼ねなく捨てられるので、オイルポットに移し替えず新聞などに吸わせてさっと捨てられます。 また、天ぷら鍋に比べてフライパンは軽量で浅いので、洗い物も楽に。 油ハネガードや温度計などの部品も無く、お手入れも簡単です。 出典: 天ぷら鍋は使用頻度が低いので、コンロ下の収納スペースや戸棚の奥で眠っていることも多いのではないでしょうか。 重ねて収納している調理器具の一番下にあって、取り出すのもしまうのも面倒と感じている人も多いと思います。 中には、蓋や形状によって重ねられないものもあるでしょう。 全く使っていない天ぷら鍋を手放し、フライパンを活用すれば収納スペースがすっきりします。 キッチンの便利グッズが増えている今、全然使っていない鍋は思い切って手放してしまいましょう。 揚げ物ができるフライパンは、選ぶ際に少し注意が必要です。 どんなフライパンが揚げ物向きなのかを確認してみましょう。 出典: フライパンで揚げ物をするなら、まず深さがあることを確認しましょう。 浅いフライパンだと油がハネてしまい、コンロ周りが汚れて掃除の手間が増えてしまいます。 また、ハネた油で火傷をしてしまったり、ガスコンロなら火事の危険性もあります。 フライパンには浅型・深型があるので、揚げ物をするなら深型を選ぶようにしましょう。 出典: 天ぷらや揚げ物をおいしく作るコツは、油の温度を一定に保つこと。 そのためには、ある程度厚みのあるフライパンを選ぶことが大切です。 薄いフライパンでも揚げ物料理はできますが、食材を入れた際に温度が下がりやすく、火加減が難しくなります。 お手軽にカラッと美味しく揚げるなら、厚みのあるフライパンがおすすめです。 出典: 揚げ物に使うフライパンは、鉄フライパンかフッ素樹脂加工等のコーティングがされているフライパンがおすすめです。 鉄フライパンは、油を馴染ませて使うフライパンなので心配ありませんが、ステンレスやアルミは表面が酸素に触れて酸化皮膜を作ることで腐食に強くなります。 しかし、食用油があると酸化皮膜の生成がうまくされず、フライパンが劣化してしまうため、フライパンはコーティングがされたものがおすすめです。 コーティング加工は油汚れが落ちやすいので、洗い物が楽に行えるメリットも。 出典: かき揚げのような大きさのある天ぷらや揚げ物は、小さな鍋だと食材同士がくっついて揚げにくくなることがあります。 せっかくフライパンを使って揚げ物料理の時間やお手入れの手間などを少なくしているので、快適に食材を揚げられるように口径が広くて食材が入れやすいフライパンを選びましょう。 広口のフライパンは揚げ具合の確認もしやすく、ちょうどいいタイミングで引き上げることができます。 出典: フランスの有名調理器具メーカーであるティファールのフライパンです。 ティファールはこびりつかないフライパンで有名ですが、コーティングが強く揚げ物にもおすすめです。 深さは5. 2cmと浅めですが、口径は27cmと広くて食材が入れやすく、底になるにつれて小さくなっているため、油の量も少なくすることができます。 チタンコーティングによる優れた耐久性を持っているので、毎日のお料理に使えます。 外形寸法 幅45. 5cm 奥行27. 4cm 高さ9. 1cm• 内径 26. 8cm 深さ5. 2cm• 重量 880g• 材質 アルミニウム合金、フェノール樹脂• コーティング チタン・プレミアコーティング 出典: 深さ7. 5cmで揚げ物や炒め物のほか、煮たり茹でたりとこれ1つでさまざまな使い方ができるフライパンです。 注ぎ口が左右についているので、利き手に関わらず使えて使用済みの油を移す際に便利。 内面はこびりつきにくく耐摩耗性に優れたマーブルコーティングが施されているので、揚げ物だけでなく焼いたり炒めたりする際にも取り扱いやすくなっています。 外形寸法 幅46. 7cm 奥行27. 4cm 高さ13cm 深さ7. 5cm• 重量 750g• 材質 アルミニウム合金、ステンレス鋼• コーティング ふっ素樹脂加工 マーブル 出典: 料理愛好家でタレントでもある平野レミさん考案のフライパン、その名もレミパンです。 深型のフライパンで、煮る・蒸す・焼く・炊く・揚げるなどといった調理が手軽に行えます。 セットの蓋は持ち手がスタンド代わりになり、調理中にさっと立てておくことが可能。 底に厚みがあって揚げ物をする際にも温度変化しにくく、傷がつきにくい加工が施されています。 これ1つあればほとんどの料理をまかなえるので、収納スペースの狭い一人暮らしの人におすすめな万能フライパンです。 外形寸法 幅45cm 奥行25cm 高さ16. 2cm• 内径 23cm• 重量 1155g 蓋含む• 材質 アルミニウム合金• コーティング ふっ素樹脂加工 レミパンはぱっと見ではタダの蓋付き深型フライパンなんだけど、「煮る・焼く・揚げる」の全部に安心して使えるんだ。 フライパンで揚げ物をするとテフロンにダメージ与えるじゃろ? 繰り返し使ううちに、焼き物が表面にひっつくようにならないかい? レミパンではそれが殆ど無いのじゃ。 8cmの十分な深さが揚げ物調理に使いやすい炒め鍋です。 マーブルコーティングが内側だけでなく外側にも施されているので、油が外側に垂れてしまった時もお手入れが簡単。 大きなサイズながらも軽量なので、女性でも調理時に取り扱いやすくなっています。 底がキャスト製で厚く、熱を十分に蓄えて均一に伝わるので油の温度を一定に保ちやすいです。 外形寸法 幅49. 5cm 奥行29cm 高さ11. 5cm 深さ8. 8cm• 重量 801g• 材質 アルミニウム合金• コーティング ふっ素樹脂加工 出典: 鏡のように研磨された見た目が美しい日本製のフライパンです。 24cmの直径は揚げ物にも炒め物にも扱いやすいサイズ。 ガス火はもちろん、さまざまな熱源に対応しています。 ステンレスとアルミを合わせたクラッド材は入電効率と熱伝導性に優れ、短い時間で温まって均一に熱が広がります。 熱変形に強い特徴もあるため、高温調理の揚げ物料理も難なくこなします。 外形寸法 幅45. 5cm 奥行25. 6cm 高さ12. 4cm 深さ6. 5cm• 重量 770g• 材質 アルミニウム複合材、ステンレス• コーティング テフロンプラチナ加工 出典: 鉄製のフライパンを古くから作り続けるメーカー、リバーライト社の鉄製炒め鍋です。 熱を蓄える力が大きく、高温調理が可能な鉄製のフライパンは揚げ物にも最適。 鉄製のフライパンといえば、サビやすく手入れが面倒で敬遠されがち。 しかし、こちらの製品は特殊な処理を施しているので、サビにくく簡単にお手入れができるようになっています。 鉄製なので使えば使うほどに油が馴染み、自然と鉄分補給ができるメリットもあります。 外形寸法 幅47. 3cm 奥行28cm 高さ13. 5cm 深さ6. 5cm• 内径 底面 16cm 深さ7. 5cm• 重量 1130g• 材質 鉄 出典: テレビなどでも活躍を見せるフードスタイリスト、マロンさんが手掛けるフライパン。 マロンパンはデザイン性と機能性を併せもち、ポップな見た目でながら炒める、煮る、炊くなどのさまざまな調理ができます。 深さがあるのでもちろん揚げ物調理も可能です。 シリコン塗装の持ち手は熱くならず、滑りにくいので使い勝手がいいのもおすすめのポイント。 外形寸法 幅41. 5cm 奥行24. 6cm 高さ21. 5cm 蓋含む• 重量 1625g 蓋含む• 材質 アルミニウム合金、フェノール樹脂• コーティング ふっ素樹脂加工 出典: アルミニウムの加工産業が盛んな富山県の北陸アルミニウム株式会社は、90年以上の歴史がある老舗の調理器具メーカーです。 そんな北陸アルミニウムが手掛けるセンレンキャストフライパンは、熱伝導率が高いので素早く均一に加熱できます。 フライパンの底は3. 0mmと厚みがしっかりあるため、食材を多く入れても油の温度が下がりにくいです。 外形寸法 幅47cm 奥行26. 9cm 高さ10. 1cm• 内径 26cm 深さ6. 3cm• 重量 620g• 材質 アルミニウム合金 マグネシウム合金• コーティング テフロンプラチナプラス加工 出典: ドウシシャのエバークックシリーズは、フッ素コーティングがはがれにくく長持ちするという特徴があります。 接着剤を使用せず、独自の構造でアルミにフッ素コーティングを施しているため長持ちするのです。 そんなエバークックの26cmフライパンは、大きさも深さもあって使いまわしやすい製品。 高温調理の揚げ物をしてもコーティングがはがれる心配が少ないので、長く愛用できます。 油汚れも落としやすいので、面倒な揚げ物料理の片付けも楽になるでしょう。 外形寸法 幅48cm 奥行27. 7cm 高さ6cm• 重量 740g• 材質 アルミニウム合金• コーティング ふっ素樹脂加工 天ぷらや揚げ物も行えるフライパンを紹介しましたがいかがでしたか? 揚げ物調理を行うためには、深さや厚みがあるフライパンを選ぶのがおすすめですが、焼く・炒めるといった普段の調理のしやすさも考慮するとより便利で使いやすくなります。 1つのフライパンで多くの機能を果たすものや口径が大きなサイズのものなど、さまざまな種類があるので、自分のスタイルに合った1つを選びましょう。 キーワード• 閲覧履歴• 関連記事• 人気の記事• 話題のキーワード•

次の

フライパンで揚げ物が新定番!フライパンで揚げ物をするコツをご紹介!

フライパン 天ぷら

【スポンサードリンク】 フライパンで揚げ物をする際のコツは? 小さ目のフライパンを使えば油の量を抑えられる! 揚げ物といえば何より油の後処理が面倒です。 小さ目のフライパンを使うと、少量の油でもジューシーに仕上げることができます! 直径16cm位の小なべであれば、2個ずつ揚げることができます! 一人分なら、2個ずつ揚げればちょうどいいですね! から揚げや竜田揚げ、天ぷらを揚げたいときには、深めのフライパンを使うと綺麗に揚がります。 特に油の量を少量にしている場合は、結構汚れます。 特に肉や魚を高温で揚げた場合は、痛みが激しくなります。 出来れば油を使いまわして次の日も揚げ物…といきたいところですが、そこは我慢。 オイルポットで漉してから、炒め油に再利用しましょう。 少し冷ましてからでないと、オイルポットが熱で変形してしまうことがありますので、注意して下さい。 炒め物は比較的味の影響を受けにくいので、味も気になりません! オイルポットはダイソーでも100円で売っています。 100円でも丈夫で、重宝している方も多いそうです。 色が茶色に変色していたり、変なにおいがする場合には捨てて下さい。 よほど重度の酸化でなければ有害ではありませんが、やはり味は悪くなっています。 深いフライパンを使うことで、油はねを防止! 深いフライパンを使うと、跳ねた油がフライパンの中に跳ぶようになります。 完全に油はねを防ぐことはできませんが、掃除はだいぶ楽になります。 ちなみに早い段階であれば、水や熱いお湯でこするだけで油は落ちます。 毎日料理をする方は、週1位のペースで油汚れを落とすと後が楽です。 放置しておくとこびりついてしまい、クレンザーで削り取らなければ落ちなくなるので、なるべく早めに掃除をするようにしましょう! アルコール除菌スプレーを使うと綺麗に落ちるそうです。 綺麗に洗剤を洗い流さなくても拭き取るだけで掃除完了なので、楽ちんです。 【スポンサードリンク】 フライパンで揚げ物をする時の油の量は? フライパンの半分位の油の量が基本! 揚げものというと鍋いっぱい油を入れるイメージがありますが、フライパンで一人分を揚げる程度なら少量の油で出来ます! 分厚いものを揚げたい場合は、フライパンを傾ければ深さを確保できます。 17cmのフライパンを使った場合には、約100mlの油で揚げ物が出来るそうです。 ただし、フライパンを傾けると不安定になります。 万一油が火の中に零れると火事になってしまいますので、避けた方が無難です。 そもそもIHコンロの場合は、フライパンを斜めにすると安全装置が働いて電源が切れますので、使えませんね。 どうしても分厚いものを揚げたい場合は、小さなミルクパンを利用するのが無難です。 フライパンと比べても油はねが少なくて済むので、掃除の手間を考えてもミルクパンを使った方が良いですね。 コロッケやとんかつは「揚げ焼き」でカロリーオフ! ころっけやとんかつを揚げる場合には、ぎりぎり浸る位の油の量でも十分に美味しく揚がります! 油の量が少なすぎると焦げ付きやすくなるので、美味しく焼くには油をケチらないようにしましょう。 ひっくり返すとすぐに衣がはがれてしまいますので、焼き色がつくまでは動かさずそのままにするのが綺麗に焼くコツです。 鍋一杯の油で揚げるのと比べて衣が薄くなりがちですが、その分お肉やポテトの味を存分に楽しめます。 カロリーオフにもなって油の後処理も楽になるので、「揚げ焼き」したコロッケが苦手でなければおすすめです! 鶏肉も胸肉にして薄くスライスして揚げ焼きにすれば、ローカロリーで安上がりな唐揚げになります。 胸肉はパサパサしてまずいイメージが強いですが、にんにくと醤油を溶かした水に入れて1時間位つけておくと、パサパサが解消されて美味しくなりますよ! 最近では「揚げないコロッケ」というのもあるそうです。 コロッケを揚げる代わりにパン粉を炒めて、炒めたパン粉をコロッケにまぶしてトースターで焼くようですね。 揚げない分ジューシーさは少なくなりますが、トースターやオーブンで火を通せるので、油が飛び散ることがありません。 一度試してみてはいかがですか?.

次の

フライパンで揚げ物が新定番!フライパンで揚げ物をするコツをご紹介!

フライパン 天ぷら

【スポンサードリンク】 フライパンで揚げ物をする際のコツは? 小さ目のフライパンを使えば油の量を抑えられる! 揚げ物といえば何より油の後処理が面倒です。 小さ目のフライパンを使うと、少量の油でもジューシーに仕上げることができます! 直径16cm位の小なべであれば、2個ずつ揚げることができます! 一人分なら、2個ずつ揚げればちょうどいいですね! から揚げや竜田揚げ、天ぷらを揚げたいときには、深めのフライパンを使うと綺麗に揚がります。 特に油の量を少量にしている場合は、結構汚れます。 特に肉や魚を高温で揚げた場合は、痛みが激しくなります。 出来れば油を使いまわして次の日も揚げ物…といきたいところですが、そこは我慢。 オイルポットで漉してから、炒め油に再利用しましょう。 少し冷ましてからでないと、オイルポットが熱で変形してしまうことがありますので、注意して下さい。 炒め物は比較的味の影響を受けにくいので、味も気になりません! オイルポットはダイソーでも100円で売っています。 100円でも丈夫で、重宝している方も多いそうです。 色が茶色に変色していたり、変なにおいがする場合には捨てて下さい。 よほど重度の酸化でなければ有害ではありませんが、やはり味は悪くなっています。 深いフライパンを使うことで、油はねを防止! 深いフライパンを使うと、跳ねた油がフライパンの中に跳ぶようになります。 完全に油はねを防ぐことはできませんが、掃除はだいぶ楽になります。 ちなみに早い段階であれば、水や熱いお湯でこするだけで油は落ちます。 毎日料理をする方は、週1位のペースで油汚れを落とすと後が楽です。 放置しておくとこびりついてしまい、クレンザーで削り取らなければ落ちなくなるので、なるべく早めに掃除をするようにしましょう! アルコール除菌スプレーを使うと綺麗に落ちるそうです。 綺麗に洗剤を洗い流さなくても拭き取るだけで掃除完了なので、楽ちんです。 【スポンサードリンク】 フライパンで揚げ物をする時の油の量は? フライパンの半分位の油の量が基本! 揚げものというと鍋いっぱい油を入れるイメージがありますが、フライパンで一人分を揚げる程度なら少量の油で出来ます! 分厚いものを揚げたい場合は、フライパンを傾ければ深さを確保できます。 17cmのフライパンを使った場合には、約100mlの油で揚げ物が出来るそうです。 ただし、フライパンを傾けると不安定になります。 万一油が火の中に零れると火事になってしまいますので、避けた方が無難です。 そもそもIHコンロの場合は、フライパンを斜めにすると安全装置が働いて電源が切れますので、使えませんね。 どうしても分厚いものを揚げたい場合は、小さなミルクパンを利用するのが無難です。 フライパンと比べても油はねが少なくて済むので、掃除の手間を考えてもミルクパンを使った方が良いですね。 コロッケやとんかつは「揚げ焼き」でカロリーオフ! ころっけやとんかつを揚げる場合には、ぎりぎり浸る位の油の量でも十分に美味しく揚がります! 油の量が少なすぎると焦げ付きやすくなるので、美味しく焼くには油をケチらないようにしましょう。 ひっくり返すとすぐに衣がはがれてしまいますので、焼き色がつくまでは動かさずそのままにするのが綺麗に焼くコツです。 鍋一杯の油で揚げるのと比べて衣が薄くなりがちですが、その分お肉やポテトの味を存分に楽しめます。 カロリーオフにもなって油の後処理も楽になるので、「揚げ焼き」したコロッケが苦手でなければおすすめです! 鶏肉も胸肉にして薄くスライスして揚げ焼きにすれば、ローカロリーで安上がりな唐揚げになります。 胸肉はパサパサしてまずいイメージが強いですが、にんにくと醤油を溶かした水に入れて1時間位つけておくと、パサパサが解消されて美味しくなりますよ! 最近では「揚げないコロッケ」というのもあるそうです。 コロッケを揚げる代わりにパン粉を炒めて、炒めたパン粉をコロッケにまぶしてトースターで焼くようですね。 揚げない分ジューシーさは少なくなりますが、トースターやオーブンで火を通せるので、油が飛び散ることがありません。 一度試してみてはいかがですか?.

次の