バルベルデ。 フェデリコ・バルベルデ

残念なるバルベルデの監督解任劇

バルベルデ

国内リーグ戦に限る。 2019年9月8日現在。 2019年12月11日現在。 ( ) フェデリコ・サンティアゴ・バルベルデ・ディペッタ( Federico Santiago Valverde Dipetta、 - )は、・出身の。 ポジションは。 経歴 [ ] クラブ [ ] レアル・マドリード [ ] からまでの名門の下部組織で過ごし、当時からその才能は欧州にも知れ渡っており、練習に招待したこともあったを始め複数のクラブが注目していたが、5月に移籍が内定、しかしの未成年者移籍禁止ルールがあったため、18歳の誕生日を迎えた7月22日に正式に加入した。 移籍1年目の2016-2017シーズンはBチームにあたるでプレー、ペニャロールではであったが、カスティージャではにコンバートされ、時にはとしても起用された。 デポルティーボ [ ] 後述のでの活躍を受け、経験を積むために、へのレンタル移籍が発表された。 しかしバルベルデ自身はこの移籍にショックを受けていたようで、のちにこのことについて見解を述べている。 9月10日の第3節対戦に途中出場し、デポルティボと1部リーグデビューを飾った。 レアル復帰 [ ] 2018-19シーズンはデポルティボの降格もあってレアルに復帰。 カンテラ・カスティージャ出身者を多く起用する監督の元、中盤でリーグ戦16試合に出場するなど上々の出来を見せ、契約更新の機会も掴んだ。 2019-20シーズン中にスペイン国籍を取得。 10月5日、第8節の戦では2得点に絡む活躍で存在感を発揮した。 長年レギュラーが固定化され層が厚い中盤でも出場機会を増やし、監督も「ボックストゥボックスのプレーはそんなに簡単じゃない。 守備にも攻撃にもインパクトのある選手になる必要があるから。 しかし、バルベルデは試合の度に成長していて、それを見るのは楽しい」と称賛。 スペイン紙のもジダンが熱望するを引き合いに出し、「欲しがっていたポグバが我々のチームにいた」と見出しを付けた記事を投稿した。 バロンドーラーのを押しのけ、重要な1戦での先発起用も増え始めており、チームのキープレーヤーとして名前を挙げる解説者やメディアも多い。 代表 [ ] 各年代代表に選出されており、2015年のではの出場権こそ逃したが、得点ランキングで2位となる7ゴールを記録。 2017年5月に行われた「」では3位決定戦に敗れ、4位に終わったが、バルベルデ自身は大会シルバーゴールに選出された。 その活躍が認められ、2017年9月5日の対戦でウルグアイ代表デビュー、デビューゴールとなる先制弾を挙げ2-1の勝利に貢献した。 タイトル [ ] レアル・マドリード• :2019 代表歴 [ ] 出場大会 [ ]• U-20ウルグアイ代表• 2017年 - (ベスト4)• ウルグアイ代表 試合数 [ ] 年 出場 得点 2017 4 1 2018 4 0 2019 12 1 通算 20 2 代表での得点 [ ] 日時 場所 対戦相手 スコア 最終結果 大会 1 2017年9月5日 1-0 2-1 2 2019年6月7日 3-0 3-0 脚注 [ ].

次の

バルベルデ(ウルグアイ)のプレースタイルや背番号!スアレス曰く化け物!

バルベルデ

この記事の目次• ヨハン・クライフ 現代のバルセロナを作り上げた人物と言ってもいいヨハン・クライフ。 1988年に監督へ就任すると1996年までの間に 、 4度のリーグ制覇(4連覇)、1度のチャンピオンズカップ(現リーグ)制覇など輝かしい結果を残しました。 クライフの攻撃的かつ美しいサッカーで勝つバルセロナは『ドリーム・チーム』と呼ばれ、 イタリアのACミランと共に90年代前半のサッカー界を代表する存在に。 しかし93-94シーズンに4連覇を達成するも、その後は徐々に選手の移籍などで戦力は低下。 94-95シーズンは4位、95-96シーズンは3位という結果に終わり、シーズンオフに解任が発表されたことでドリーム・チームは終焉を迎えます。 その後はカタルーニャ選抜などを指揮することはありましたが、 クラブチームの監督への復帰は最後までありませんでした。 それでもアヤックス・バルセロナへの影響力は健在で、サッカー界においても重鎮として晩年まで様々な提言を続けたのち、2016年3月24日に天国へと旅立っています。 ルイ・ファン・ハール アヤックスで若手中心のチーム編成でリーグ戦を3連覇。 さらには当時最強とも呼ばれたACミランを94-95シーズン決勝で下し、チャンピオンズリーグ優勝を達成。 こういった輝かしい実績を引っ提げて97-98シーズンからバルセロナの監督に就任します。 すると97-98・98-99シーズンとリーグ2連覇、国内カップ戦も優勝するなど結果を残しますが、 サポーターとの関係は芳しくなく3連覇を逃した99-00シーズンを最後に解任。 00年にオランダ代表監督に就任するも、02年ワールドカップの欧州予選で敗退してしまいます。 すると02-03シーズンに再びバルセロナの監督に就任。 異例となる2度目の監督挑戦でしたが結果を残せず、こちらも2度目の解任という結果に。 しかし監督としての手腕が再評価されるのはここからなのが、ファン・ハールの凄いところ。 オランダのAZ監督へ就任すると、アヤックス・PSV・フェイエノールトというトップ3を退けリーグ優勝を達成! 09-10シーズンからはドイツのバイエルン・ミュンヘンの監督に就任。 1年目からリーグと国内カップで優勝すると、チャンピオンズリーグでも決勝に進出します。 自身15年振りの欧州王者を目指しましたが、かつてバルセロナ時代にアシスタントコーチだったモウリーニョ率いるインテルに敗戦。 さらにバイエルン退任後はこちらも2度目となるオランダ代表の監督へ。 前回と違い14年ブラジルW杯行きの切符を手に入れると、 本選では柔軟な采配が冴え渡りベスト4に進出。 かつて失ってしまった名声を確実に取り戻す結果になりました。 マンチェスター・ユナイテッドの監督を2シーズン務めたあとは、監督引退を発表して現在はフリーになっています。 フランク・ライカールト 00年代から続くバルセロナの黄金時代は、ライカールトが監督に就任してから始まりました。 この監督オファーの背景にはクライフの強い推薦があったと言われており、影響力を実感する出来事になっています。 就任1年目の03-04シーズンは中盤まで不調が続きますが、 ユベントスからオランダ代表のエドガー・ダービッツをレンタルで獲得すると一気にチームは安定。 後半戦は快進撃を見せて、優勝こそ逃しましたが2位という好成績でシーズンを終えることに。 04-05シーズンに入るとロナウジーニョやシャビなどに加えて、エトーやデコなどの新戦力も活躍してファン・ハール時代以来のリーグ優勝を達成。 さらに05-06シーズンもその勢いは続いて リーグ2連覇・チャンピオンズリーグ優勝という結果を残します。 バルセロナが欧州王座に輝いたのは、クライフ時代の91-92シーズン以来という快挙でした。 その後は06-07シーズン・07-08シーズンと2年連続でリーグ・カップ戦・ヨーロッパと不振が続き2007年5月に解任。 最後は不振に終わりましたが、間違いなく現在のバルセロナのきっかけになった監督でした。 ジョゼップ・グアルディオラ 現代のサッカー界でNo. 1監督との呼び声も高いグラルディオラ。 ドリーム・チームのクライフのもとでレギュラーを獲得するなど、選手キャリアでも多数の栄光を手にしています。 指導者としてのスタートは安部裕葵も現在所属しているバルセロナBから。 翌08-09シーズンには早くもトップチームの監督に就任すると、さっそくチーム改革に乗り出します。 ダニエウ・アウベス、セイドゥ・ケイタ、ジェラール・ピケを獲得したのに加えて、セルヒオ・ブスケツ、ペドロなどをBチームから昇格。 就任1年目から遺憾なく手腕を発揮すると、 リーグ・カップ・チャンピオンズリーグの3冠をいきなり獲得! 世界中に監督グアルディオラの名を轟かせる結果になりました。 その後も09-10シーズン・10-11シーズンとリーグ2連覇、10-11シーズンはチャンピオンズリーグも再び優勝を果たします。 11-12シーズンはリーグ戦2位、チャンピオンズリーグではベスト4に終わると自ら辞任を発表。 「バルセロナの監督という立場へのプレッシャーによる精神的な疲労」を理由に挙げており、改めてこのチームの監督を務める難しさが知れ渡ることに。 その後のグアルディオラは1年間の充電期間を経て、バイエルン・ミュンヘンの監督に就任。 ここでもリーグ3連覇と結果を残して、16-17シーズンからはマンチェスター・シティの監督を現在まで勤めています。 まとめ バルセロナの監督 バルベルデが首位にもかかわらず解任されたことで、今回改めて過去のバルセロナの監督を振り返りました。 ほとんどの監督が最後は解任という形になっており、 グアルディオラやルイス・エンリケにように自らの意思で退任したケースは稀になっています。 世界中にサポーターが存在して世界中のマスコミから一挙手一投足を取り上げられるというのは、あのグアルディオラですら辛く思えるほどプレッシャーが大きいようです。 それでもバルセロナの監督というポジションは、これからも多くの監督が目指すポジションであることは間違いないでしょう。 バルベルデの後任には元ベティス監督のキケ・セティエンが就任すると発表されています。 セティエン体制のバルセロナがどうなるのか注目したいですね!.

次の

フェデリコ・バルベルデ

バルベルデ

突如現れた天才MF。 飛躍の一年になるか W杯予選パラグアイ戦、老将オスカル・タバレスは19歳のMFを先発に抜擢した。 その青年の名は フェデリコ・バルベルデ。 18歳の時にペニャロールからレアルマドリーに引き抜かれた天才MFだ。 彼を先発で使うことに対して懐疑的な声もあったようだ。 それも当然だろう。 なぜなら彼は今シーズンからデポルティボ・ラコルーニャでプレーしているが、昨シーズンまでレアルマドリーカスティージャ(実質スペイン3部)でプレーしていた選手なのだから。 だが私は彼の事をトニ・クロース、シャビ・アロンソ、セルヒオ・ブスケツに匹敵する才能の持ち主だと思っている。 韓国で行われたU20W杯では、久保建英擁する日本代表とも対戦した。 日本戦の1点目の起点となったロングフィードを蹴ったのはバルベルデ。 この大会で優秀選手賞(シルバーボール)を獲得したとはいえ、世界的には知名度は皆無だ。 しかしこの日、彼は自分が先発に相応しい人間だということをピッチで証明して見せた。 バルベルデはボランチのポジションで起用され、堂々としたプレーを披露。 前半26分(動画40秒~)にカバーニに出したスルーパスは彼の才能が凝縮されたようなプレーだった。 ドリブルで角度を創り、彼だけが見えているパスコースにボールを流し込み、相手DFを置き去りにした、見事なパスだった。 ボランチへのコンバートで覚醒 実は彼は元々は2列目の選手であり、レアルマドリーカスティージャでボランチにコンバートされたのだ。 なので中盤の底の選手でありながら、ドリブルでプレスを剥がしボールを運ぶことができる。 まさに現代アンカーに求められる要素全てを持っている選手だ。 カスティージャで監督を務めるソラーリは監督としては優秀とは思えないが(フベニールAのグティの方が優秀だと私は見ている)、バルベルデをコンバートしたことは、素晴らしい選択だったと言えるだろう。 欠点を挙げるとすれば2列目の選手だったということもあって、時折リスキーなパスコース、プレーを選択することがある。 しかしそれは経験を積めば次第に改善されていくだろう。 フィジカルと守備時のポジショニングもまだまだこれからと言える。 彼の存在がこれからのウルグアイ代表の浮沈の鍵を握っているといっても過言ではない。 ウルグアイといえば強力な2TOPと強固なDFが専売特許だが、バルベルデは中盤の構成力を高め、スピーディーなボール回しをチームにもたらせる。 バルベルデの成長次第ではウルグアイはロシアW杯で上位進出を狙うことも可能なのではないか。 それだけの可能性を秘めた選手である。 だが現状バルベルデがマドリーで定位置を奪うのは難しいだろう。 まずはレンタル先のデポルティボで試合に出ることが重要だ。 経験を積めば近い将来、レアルマドリーの新しいフェルナンド・レドンドになれるかもしれない。 2節終了時点で出場時間0分(開幕戦のマドリー戦は契約により出場できず)チーン ペペ・メル頼むから使ってくれ~.

次の