快速 サン ポート。 サンポート

快速サンポート号(JR高松駅〜JR琴平駅|停車駅、金刀比羅宮ほか)

快速 サン ポート

7000系を使用した松山行の快速サンポート (2009年5月 讃岐塩屋-丸亀間) 概要 現況 運行中 地域 、 運行開始 (JR四国) 路線 起点 終点 ・・・・ 営業距離 48. 7 30. 3 (高松 - 多度津 - 観音寺間) 36. 2 22. 5 (高松 - 多度津 - 琴平間) 106. 5 66. 2 (高松 - 多度津 - 伊予西条間) 194. 4 120. 8 (高松 - 多度津 - 伊予西条 - 松山間) 使用路線 ・ 車内サービス 座席 普通車 技術 (高松運転所・松山運転所) 1,067 1,500 最高110 68 サンポートは、(JR四国)が - ・・・・間を・経由で運行しているのである。 なお、列車名である「サンポート」は香川県にある再開発地区「」に由来する。 概要 [ ] 運行状況 [ ]• データイム(日中) 高松駅 - 観音寺駅・伊予西条駅・松山駅間に1時間間隔で運行される。 坂出以西の各駅と端岡駅のみ停車。 先行する各駅停車を追い越す列車が一部あるが緩急接続はせず、大部分の列車は追い越しもない。 また、高松駅 - 坂出駅間では「」を含め、1時間に3本の快速列車が運行されている。 2011年3月のダイヤ改正以前は、このほかにとの間にも毎時1本が運行され、「サンポート」だけでも約30分間隔だった。 ラッシュ時 朝の上りと夕方の上り1本は端岡駅に加え鴨川駅・国分駅・鬼無駅にも停車し、朝の上り1本が鴨川駅で各駅停車との接続を行う。 夕方の下りは朝夕の上りとは違い、端岡駅と鴨川駅のみの停車で一部の列車が鴨川駅で各駅停車との接続を行う。 また、日中・ラッシュ時ともに一部の列車はで「」と接続する。 これは、「サンポート」の前身である「南風リレー」が運行されていた時から行われている。 過去には特急「」との接続を行う「しおかぜリレー」が運行されていた時もあった。 3月15日のダイヤ改正で、「南風」に乗り継ぎ可能な列車については「サンポート南風リレー号」の愛称で運行されるようになり、愛称が復活した。 快速「サンポート」が登場するまでの高松 - 多度津間では端岡・坂出・宇多津・丸亀(・讃岐塩屋)停車の快速「南風リレー号」(時間帯によっては「しおかぜリレー」)や・・・通過の普通列車(主に阿波池田駅発着の列車や予讃線観音寺駅以西からの直通、現在の朝上り快速「サンポート」の前身)が設定されていた。 特に後者に関しては国鉄時代これら4駅を停車する列車は1日あたり10本程度だった。 現在の使用車両 [ ] JR四国の所有する普通列車用車両の多くが使用される。 また、に所属する一部のを除いて全てに所属する車両である。 なお、現在使用される車両には種別・行先表示器に「快速」の表示が入っていないため、「快速サンポート」と表記したを装着する。 (かつて運用されていたやワンマン車は「快速」の種別表示が可能だったため、ヘッドマークの掲出は行わなかった)• 快速「サンポート」でかつて運用されていた113系 ( - ) 停車駅 [ ]• 予讃線(土讃線への直通列車を含む) - () - - () - <> - - (坂出以西は各駅停車)• ()は朝夕の一部の上り列車、<>は朝夕の一部の上り列車と夕ラッシュ時以降の下り列車が停車。 沿革 [ ]• (14年) - 高松都市圏輸送改善を目的として下り20本、上り22本を設定。 (平成15年) - 上り1本が各駅停車となり下り20本、上り21本に変更。 (平成17年) - 「サンポート」と「マリンライナー」が日中は高松駅を15分間隔で発車するダイヤになる。 (平成20年) - この日行われたダイヤ改正で「サンポート」と「マリンライナー」が高松駅を15分間隔で発車するダイヤ編成が崩れた。 また、高松駅 - 坂出駅間は一部を除いて日中は各駅停車が先着となるダイヤ編成へと変更。 (平成23年) - 日中(10時 - 15時台)の高松 - 琴平間を普通列車に変更(格下げ)。 これによりこの時間帯の運行本数は毎時1本となる。 脚注 [ ] [].

次の

快速サンポート号(JR高松駅〜JR琴平駅|停車駅、金刀比羅宮ほか)

快速 サン ポート

6000系 近郊形直流電車 快速「サンポート」 予讃線 八十場駅 2008年10月1日 JR四国では民営化後、JR東海で余剰となっていた111系電車を譲り受けて各種改造の上使用していたが、経年劣化が進んだためにこれを新車に置き換えるべく1995年に製作したのが6000系である。 客室内は転換クロスシート(デッキ部は固定クロス)で、室内灯は特急車両並のグローブ付き、平天井にラインフローと京阪神の新快速電車と比べても遜色のない設備である他、四国での使用を考慮して中間車に業務用スペースを設けたり、運転台背後の車掌業務用通路スペースが確保されるなど、細かい設計上の配慮が見られる。 四国の普通列車用車両の中では格段に静かで乗り心地も良くて座席のかけ心地もよく、車内吊り広告の全く無いすっきりした客室とも相まって、非常に快適である。 ただしM車比率が低くて性能余裕がやや少なく、特にかつて存在した7100形を併結した朝の通勤列車(1M3T)では雨天などの悪天候時には遅延することもあった。 最高速度は110km/hで7000系との併結が可能となっており、上り形先頭の6000形の運転台側を除いて三相連結器を装備している。 3両編成が基本で、現在は1995年に登場した2編成6両のみが高松運転所に在籍。 およそ8年ぶりに定期運用で復活した、7100形を増結した4両編成。 快速「サンポート」として高松〜伊予西条間を往復している。 <運用等> 当初は岡山運用を中心に使用されていたが、一時期はそれを113系に譲って香川県内限定(予讃線 観音寺以東と土讃線 琴平まで)運用となっていた時期もあった。 朝の通勤時間帯には1239Mなどで7100形を併結した1M3Tの定期編成もあったが、これは2011年3月改正で一旦消滅した。 2016年3月26日改正から、岡山運用が復活&伊予西条運用が登場して、登場から20年を経て初めて愛媛県内への定期乗り入れを開始した。 2019年3月16日改正では、岡山〜四国間のローカル列車が消滅したことから岡山運用が無くなり、四国島内のみの運用となった。 高松〜伊予西条間の1往復は、下り方に7100形を連結した4両編成となっており、8年ぶりに当該定期編成が復活した。 <6000系充当列車>(2019年3月16日改正) 2編成保有の2仕業と予備車無しで運用されるため、点検時は(主に性能面の理由で)7000系または7200+7000系に車種変更となる場合がある。 快速「サンポート」は4本を担当。 147Mと112Mは、7100形を増結した4両編成。 〜予讃線・土讃線〜 1227M/1255M 快 /147M 快 /155M 112M 快 /116M/1230M 快 /1258M 形式名 6000形 6100形 6200形 製造元 日本車輌 製造両数 2 2 2 形式写真 車体 主電動機とインバータ発電装置を搭載する上り向きの先頭車。 走行関係機器はすべてこの車輌に集中して搭載されている。 集電性能確保のため、パンタグラフを2基搭載しているのが外観上の大きな特徴である。 下り向き先頭の付随制御車。 また、7000系との併結が考慮され、下り方にサービス電源用の三相連結器を装備している。 中間付随車で、上り方車端部にトイレ設備を有する。 床下機器類を殆ど搭載しておらず、車重もかなり軽い。 下り方車端部に業務用スペースと身障者対応設備が設けらている。 屋根上 ダブルパンタと避雷器、無線アンテナ、信号煙管、それに冷房装置を搭載。 冷房装置の他には無線アンテナと信号煙管しかない。 7100形の屋根上とよく似ているが、運転室の位置に対する冷房装置の向きが逆になっているのが相違点。 モハ113形同様、冷房装置以外何も無いすっきりした屋根上。 補強用リブが入っているのが、113系との相違点。 8 t 28. 0 t 28. 6 kW 11.

次の

電車愛好会(電車でGO!プロフェッショナル2・土讃・予讃線快速サンポートキハ58系)

快速 サン ポート

7000系を使用した松山行の快速サンポート (2009年5月 讃岐塩屋-丸亀間) 概要 現況 運行中 地域 、 運行開始 (JR四国) 路線 起点 終点 ・・・・ 営業距離 48. 7 30. 3 (高松 - 多度津 - 観音寺間) 36. 2 22. 5 (高松 - 多度津 - 琴平間) 106. 5 66. 2 (高松 - 多度津 - 伊予西条間) 194. 4 120. 8 (高松 - 多度津 - 伊予西条 - 松山間) 使用路線 ・ 車内サービス 座席 普通車 技術 (高松運転所・松山運転所) 1,067 1,500 最高110 68 サンポートは、(JR四国)が - ・・・・間を・経由で運行しているのである。 なお、列車名である「サンポート」は香川県にある再開発地区「」に由来する。 概要 [ ] 運行状況 [ ]• データイム(日中) 高松駅 - 観音寺駅・伊予西条駅・松山駅間に1時間間隔で運行される。 坂出以西の各駅と端岡駅のみ停車。 先行する各駅停車を追い越す列車が一部あるが緩急接続はせず、大部分の列車は追い越しもない。 また、高松駅 - 坂出駅間では「」を含め、1時間に3本の快速列車が運行されている。 2011年3月のダイヤ改正以前は、このほかにとの間にも毎時1本が運行され、「サンポート」だけでも約30分間隔だった。 ラッシュ時 朝の上りと夕方の上り1本は端岡駅に加え鴨川駅・国分駅・鬼無駅にも停車し、朝の上り1本が鴨川駅で各駅停車との接続を行う。 夕方の下りは朝夕の上りとは違い、端岡駅と鴨川駅のみの停車で一部の列車が鴨川駅で各駅停車との接続を行う。 また、日中・ラッシュ時ともに一部の列車はで「」と接続する。 これは、「サンポート」の前身である「南風リレー」が運行されていた時から行われている。 過去には特急「」との接続を行う「しおかぜリレー」が運行されていた時もあった。 3月15日のダイヤ改正で、「南風」に乗り継ぎ可能な列車については「サンポート南風リレー号」の愛称で運行されるようになり、愛称が復活した。 快速「サンポート」が登場するまでの高松 - 多度津間では端岡・坂出・宇多津・丸亀(・讃岐塩屋)停車の快速「南風リレー号」(時間帯によっては「しおかぜリレー」)や・・・通過の普通列車(主に阿波池田駅発着の列車や予讃線観音寺駅以西からの直通、現在の朝上り快速「サンポート」の前身)が設定されていた。 特に後者に関しては国鉄時代これら4駅を停車する列車は1日あたり10本程度だった。 現在の使用車両 [ ] JR四国の所有する普通列車用車両の多くが使用される。 また、に所属する一部のを除いて全てに所属する車両である。 なお、現在使用される車両には種別・行先表示器に「快速」の表示が入っていないため、「快速サンポート」と表記したを装着する。 (かつて運用されていたやワンマン車は「快速」の種別表示が可能だったため、ヘッドマークの掲出は行わなかった)• 快速「サンポート」でかつて運用されていた113系 ( - ) 停車駅 [ ]• 予讃線(土讃線への直通列車を含む) - () - - () - <> - - (坂出以西は各駅停車)• ()は朝夕の一部の上り列車、<>は朝夕の一部の上り列車と夕ラッシュ時以降の下り列車が停車。 沿革 [ ]• (14年) - 高松都市圏輸送改善を目的として下り20本、上り22本を設定。 (平成15年) - 上り1本が各駅停車となり下り20本、上り21本に変更。 (平成17年) - 「サンポート」と「マリンライナー」が日中は高松駅を15分間隔で発車するダイヤになる。 (平成20年) - この日行われたダイヤ改正で「サンポート」と「マリンライナー」が高松駅を15分間隔で発車するダイヤ編成が崩れた。 また、高松駅 - 坂出駅間は一部を除いて日中は各駅停車が先着となるダイヤ編成へと変更。 (平成23年) - 日中(10時 - 15時台)の高松 - 琴平間を普通列車に変更(格下げ)。 これによりこの時間帯の運行本数は毎時1本となる。 脚注 [ ] [].

次の