立川 ゴミ 分別。 立川市の粗大ごみの出し方【決定版】|収集と持ち込み方法、無料回収の条件

立川市ごみの収集

立川 ゴミ 分別

記事の目次• 立川市の粗大ごみの種類 立川市は、ごみ減量やリサイクルに関しての取り組みを積極的に行っている自治体です。 このため、分別のルールや収集頻度など、他の自治体とは異なるルールが存在しています。 可燃ごみや不燃ごみはもちろん、紙類・古紙、カン・びん、有害ごみ、選定枝に至るまで細かなルールが設定されています。 粗大ごみに関しては、他の自治体のように「最大辺が30cm以上の不用品」といったような明確な規定はありません。 立川市では、ごみ分別辞典「ごみサク」を用意しており、処分したい不用品が、どのごみに分別されるかを事前にリサーチする必要があります。 gomisaku. 家電リサイクル法に該当するエアコン、テレビ、、冷蔵庫、冷凍庫、洗濯機、衣類乾燥機の他、パソコンも処分はできません。 また事業系ごみと、リフォーム等で生じた建築廃材、土地や石、消火器、自動車、バイクなどの処理困難物の処分も行えませんので、事前に確認をすることが望ましいです。 立川市の行政サービスで処分ができない粗大ごみ• 家電リサイクル法該当家電• 資源有効利用促進法に該当するパソコン• 事業ごみ• 建築廃材• ピアノ• タイヤ• バッテリー• バイク、自動車ならびに関連部品• 耐火金庫• 消火器• コンクリート、土、石、砂(肥料を含む)• 石油、灯油、塗料など 立川市のみならず、自治体で処分ができない品目は、大体同じです。 家電はメーカー、および買い替えをする販売店への引き取り、パソコンもメーカーへの返却や買い替え店への引き取り依頼をするか、3R推進協会へ処分の依頼をします。 立川市役所収集と回収業者の粗大ごみ処分を比較 立川市で粗大ごみを処分する場合、まずはごみサクから処分したい品物が粗大ごみかどうかを確認する必要があります。 次に 行政サービスで処分可能品かどうかを確認し、ポイントの確認と手数料の支払いを行わなければなりません。 買い替えの必要がある家電製品や、パソコンの処分はメーカーや買い替え時の販売店に引取を依頼する方法もありますが、一度に粗大ごみの処分をしたい場合は、不用品回収業者を利用する方が現実的です。 依頼先 立川市の行政サービス 不用品回収業者 品目数制限• 収集日から1ヵ月以内の再収集は不可• 一度の収集で20ポイント分まで 無制限 対応日時 受付:祝日、年末年始を除く月曜から金曜日9:00~16:00 収集:依頼日から最低5日~10日後 24時間365日 手数料 10ポイント(1,000円分)の料金が必要 単品回収500円~ 立川市役所収集では、 受付が平日の9:00~16:00であり、収集日も申し込みから5日~10日後となっています。 このことから、急な引っ越しや移転に伴う粗大ごみの処分は、現実的に難しいと言えます。 粗大ごみの出し方(立川市役所) 立川市で粗大ごみを処分したい場合は、事前申し込みが必要な戸別収集と、事前申し込みの必要がない、直接持込の2つからお選びいただけます。 戸別収集の方法からご紹介します。 STEP1:申し込みをする 前にも触れていますが、申し込みをする前に「ごみサク」で処分をしたい不用品が、粗大ごみに該当するかをリサーチします。 該当品であれば、専用ダイヤルに電話をし、申し込みをします。 インターネットからの受付は、行っていません。 受付の際には、粗大ごみの大きなと数量を聞かれますので、事前に大きさと処分したい個数をメモするなどしておくことが望ましいです。 注意点としては、 同一世帯が収集日から1ヵ月以内に再収集を依頼することができないという点です。 受付時間も月曜から金曜の9:00~16:00までと短めですので、計画的な申し込みが必要です。 決められた収集日に玄関先や集合住宅なら1階部分の目立つ場所にごみ処理券を貼付して出しておきます。 一度の収集依頼をすると、1ヵ月以内の再収集は行えませんので、出し忘れがないように気を付けること、また、 一度の収集依頼では20ポイント分の粗大ごみの処分しか受け付けていませんので、注意したいところです。 一度に大量の粗大ごみを処分したい場合には、以降でご紹介する直接持込方法で処分をします。 持込先 住所 電話番号 受付時間 ゴミの種類 清掃工場 立川市若葉町4-11-19 042-536-2921 月曜から金曜(年末年始を除く)8:30~12:00、13:00~16:00 机等の木製の粗大ごみ、布団などの燃やせるもの 総合リサイクルセンター 立川市西砂町4-77-1 042-531-0950 月曜から金曜(年末年始を除く)8:30~12:00、13:00~16:00 金属、プラスティック等を素材としる一般家庭から出される粗大ごみ 祝日を含む月曜から金曜まで持込が可能ですが、8:00~12:00までと、13:00~16:00までと時間が限定されています。 また持込の際には、住所と本人確認ができる運転免許証か身分証明書、または郵便物が必要です。 手数料は10kgあたり300円で、10kg毎に300円が加算されます。 10kg未満は四捨五入して計算します。 収集のようにごみ処理券を購入するのではなく、現金での支払いになります。 粗大ごみの出し方(回収業者) 立川市の行政サービスは、戸別収集と直接持込の両方が利用できます。 ただし収集依頼では、20ポイント分までという制限がある他、1ヵ月以内の再収集はできません。 直接持込でも月曜から金曜の午前4時間、午後3時間と限定的であり、ごみの種類によって持込先が違います。 何よりどんな不用品が粗大ごみになるのか「ごみサク」を使いリサーチするのが前提となります。 立川市を対応エリアにしている不用品回収業者を利用する場合には、評価の高い回収業者をリサーチし、複数社に見積りを依頼して、納得できる金額を提示してくれた業者に依頼を出すだけで済みます。 ごみの分別などをする必要もなく、ご都合がつく日に立ち会い、見積りで提示された料金を支払えば、粗大ごみを簡単に処分することができるのです。 立川市の粗大ごみ格安回収業者 立川市の行政サービスで粗大ごみを処分したい場合、戸別回収と直接持込の両方をご利用いただけます。 ただし 「ごみサク」を利用して粗大ごみかどうかをリサーチしたり、手数料の指針となるポイントの事前確認が必要です。 一度の収集で最低1,000円のコストが掛かり、20ポイント分の粗大ごみまでしか処分ができません。 また申込日から最低5日~10日後の収集になってしまうため、急ぎの処分には不向きです。 エコスマイルでは、 8:00~24:00までの16時間受付をしております。 メールでの申し込み、ご相談は24時間対応させていただいております。 当日依頼も受け付けており、申し込みから最短25分での現場到着も可能です。 立川市で粗大ごみの処分にお困りでしたら、お気軽にご相談くださいませ。

次の

ゴミの分別情報:立川市のごみ分別・処分方法を調べる『ごみ分別ナビ:立川市』

立川 ゴミ 分別

東京都立川市でいらなくなった不用品の処分に関する悩みや困った時の解決に役立てばと思います。 不用品の処分で困る事例としましてはお引越しの時、遺品整理でお部屋にある物を整理する時、大掃除の時など整理をしなくてはいけない時に不用品の処分で困る事が多いと思います。 ですがいざ不用品の処分をしようと考えた時に、どこでどの様に不用品を処分をしたらよいのか?どんな手順で処分をする必要があるのか?など分からない事も多いと思います。 不用品の整理をする機会は意外とありますので、いざと言う時に困らないように考えて行きましょう! 不用品と言いましても扇風機やラジカセ、電話機などの小型の電化製品からタンス、ベット、ソファーなどの大きな家具まで色々な物があります。 大掃除なのかお引越しなのかにもより出て来る不用品も異なります。 簡単に捨てられる物から手続きを経て処分しなければならない物まで不要となる物に合わせて処分方法を考えて行かないとなりません。 東京都立川市ではどんな方法で不用品を処分できるか考えて行きましょう! 東京都立川市で不用品の処分方法は? 東京都立川市で不用品やゴミの処分方法について対応を考えたいと思いますが、不用品の処分方法についていくつか方法がありますのでご紹介をしたいと思います。 新しい物や状態の良い物などはリサイクルショップで買取もしくは引取してもらう。 荷物量が多い場合などはテレビなどでも見かける便利屋さんやリサイクルショップで処分をしてもらう。 ごみ分別辞典を利用してごみの区分を調べる! 4. 小型のゴミや不用品は指定日にゴミステーション(ゴミ集積所)に出して処分する。 大型ごみ(粗大ゴミ)は受付センターに連絡をして指定処理券を購入して収集処分してもらう。 自分で市のゴミ処理施設へ自己搬入して処分をしてもらう。 小型家電リサイクル法対象製品は小型家電回収ボックスもしくは小型家電回収指定場所へ持ち込み回収処分してもらう。 色々な方法がありますが以上が主な不用品処分の方法になると思います。 それでは各項目をもう少し詳しく見て行きたいと思います。 スポンサーリンク 立川市のリサイクルショップで不用品の買取が可能か問合せ! お引越し時や遺品整理などで家電製品や家具など家財道具の処分や使わなくなった物を処分しようか検討の際には立川市のリサイクルショップで買取が可能か問合せをしてみましょう。 リサイクルショップでは色々な物を買取していますがリサイクルショップにも色々なお店があります。 比較的何でも買取しているリサイクルショップから家電製品に力を入れているお店、家具をたくさん扱っているお店、服をメインに扱ってるお店、雑貨に力を入れているリサイクルショップなどリサイクルショップにも特徴がありますのでご自身の不用品とマッチしているお店に買取や無料引取が可能かを確認してみる事で不用品を処分する事が可能な場合があります。 リサイクルショップでは販売する事が前提となりますので、古い物や状態の悪い物など商品価値が無い物は買取をしてもらえませんが、買取をしてもらえる事になれば不用品を処分する事が出来てお金をもらう事も出来ます。 出張買取などのサービスを行っているお店も多いため引き取りに来てくれたりしますので、お引越しの時などお部屋にある物をまとめて処分の検討をしている時にはリサイクルショップを活用してみるのも良いと思います。 リサイクルショップ利用時のメリットは! 出張買取サービスを利用したら自宅まで引き取りに来て運び出しもしてもらえるので楽です。 買取してもらえた場合にはお金に換える事が出来ます。 引越し時や遺品整理など物がたくさんある場合でも買取してもらえたらまとめて処分が可能です。 不用品処分の時のリサイクルショップ利用例 引越しで買取してもらえそうな不用品を買取してもらい不用品を減らす。 遺品整理で買取をしてもらえそうな不用品を買取してもらい不用品を減らす。 大掃除・物置の整理などで出て来た不用品を買取してもらい不用品を減らす。 リサイクルショップを利用して不用品を処分する場合には買取してもらえると言う事が前提となります。 立川市の便利屋さんで不用品を処分をしてもらう! テレビでもよく見る機会が増えて来ましたが、便利屋さんがゴミ屋敷を片付けたり遺品整理で不用品を処分したりしている番組を見た事がある方も多いと思います。 東京都立川市にも便利屋さんはたくさんあり日夜不用品の処分を行っています。 便利屋さんでは不用品の処分を日常行っているので、引越し時の不用品や遺品整理など大量の不用品、大型の不用品など素人では手におえないような不用品でも手早く運び出し数時間~数日で片付けてもらえますので個人では対応できないような不用品の処分では便利屋さんを利用して処分してもらうと言う方法も選択肢として検討しても良いと思います。 最近では便利屋さんの数も増えて来て価格競争も起きていますので以前と比べると価格も安くなり、作業の質も良くなって来ていると思います。 料金体系は主に不用品の量によるところが多いですが、最近では軽トラック満杯でいくら!と2トントラック満杯でいくら!などと言ったサービスを行っている所もあります。 業者により料金に差があるので何件か見積もりを取り金額の確認も大事ですが、サービス内容や質なども確認するようにしましょう。 年々便利屋を利用する人は増えて来ていますので今後もっと身近なサービスになるかも知れません。 便利屋利用時のメリットは! 不用品処分の経験が豊富なので素人が行うより作業が早く手早く終わらせてくれます。 費用は掛かりますが大量のゴミや不用品でも処分をしてもらえます。 業者によっては清掃などオプションサービスなどもあります。 便利屋で不用品を処分利用例 遠方に住んでいる!時間が無い!など自分たちで作業を行う事が出来ない場合。 引越しで不用品がたくさんあり自分では不用品を処分しきれない場合。 遺品整理などでお部屋丸ごとなど不用品がたくさんあり自分たちでは処分しきれない場合。 ゴミ屋敷など大量のゴミや不用品がある場合。 便利屋を利用する場合にはお金を払って不用品の処分や作業をお願いする事になりますので、不用品がたくさんある場合など自分で処分が出来ない時に便利屋を利用する事が多いと思います。 自分でゴミを処分する際にはごみ分別辞典を活用しましょう! 各市町村でごみ分別辞典、ごみ分別早見表、ごみ分別辞書、など少し呼び名が異なりますが、ごみの区分など五十音で調べられるページが用意されています。 五十音になっていますので調べやすく大変便利なページとなっています。 燃えるゴミ・燃えないごみ・粗大ごみ・資源ごみなどゴミの区分が書かれていたりしますので、捨てるのに迷うゴミが何ゴミなのかを調べる事が可能です。 何ゴミで捨てていいのか迷った時には「資源とごみの分別一覧表50音」を利用して区分を調べましょう。 これから不用品の処分で悩んだ時には一度目を通すと役立つ辞典です!!! ゴミの日にゴミ収集所に出して不用品を処分する ゴミ集積所に指定の袋に入れてゴミを出すと言うごくごく当たり前の方法になりますが、意外と何ゴミ?なのか分からないと言う事があるのではないでしょうか? 日常のゴミに付いては普段捨てているので燃やせるゴミ、燃やせないゴミ、ペットボトルなどのリサイクルなど分かると思いますが、整理をしてると捨てられるのかなと疑問に思うような物が出て来ます。 そんな時には立川市のホームページにある「ゴミ分別」を利用しましょう。 ごみの区分が分かる事により捨てる事が出来る品目や処分が出来るかなどを知る事が出来ます。 立川市のホームページにはごみの捨て方などゴミに関する事が書かれていますので引越しをして来たばかりと言う方や改めて立川市でのごみの捨て方に迷った時には市のホームページを利用して行きましょう。 ごみの捨て方、種別等が分かる事で不用品の捨て方の幅が広がりますので、迷った時にはドンドン調べて行きましょう! ゴミステーション(ゴミ集積所)で不用品処分例 ゴミ集積所には大量にゴミを捨てる事が出来ず、袋に入るような小さな物しか捨てる事が出来ませんのでゴミステーションで不用品を処分する時は制限があります。 大掃除などで出て来た不用品を処分する場合。 買い替えなどで不要になった小型の不用品を処分など。 スポンサーリンク 立川市の粗大ゴミ収集で不用品を処分 立川市では指定の有料ゴミ袋に入らない大きさの物は粗大ゴミとして 戸別有料収集しています。 ソファー、ベッド、タンスなどの家具も粗大ごみで処分する事が可能です。 粗大ごみ受付センターに電話で申し込み、収集日当日の朝までに玄関前などの指定された場所に粗大ごみ処理券を張り付けた粗大ゴミを出しておくと戸別収集して行きます。 粗大ゴミで処分の場合には屋内から運び出してはもらえませんので自分で屋外の指定場所に運び出しをしなくてはいけません。 粗大ゴミは収集日が決まっていたり申し込みから収集までに時間が掛かる事がありますので計画的に申し込みを行う必要があります。 粗大ごみ申し込み手順 立川市で粗大ゴミの大まかな申し込み手順になります。 粗大ごみ受付センターへ電話で申し込む。 電話:042-531-5311 受付時間:月曜日から金曜日(祝日、年末年始を除く)午前9時から午後4時 2. 住所・氏名・電話番号・ごみの品目・個数を電話で伝える。 粗大ごみ処理券を取扱店で購入する。 受付番号をシールに記入し、粗大ごみの見やすいところに張って指定場所へ出す。 粗大ゴミで不用品処分例 粗大ゴミでは家具等大きな物を処分してもらえますが、収集日が決まっていて、自分で玄関前など指定場所に搬出する必要があります。 小規模の引越しや遺品整理で家具や不用品を処分したい場合。 整理で不要な家具や大きな物を処分したい場合など。 立川市のごみ処理施設へ自己搬入で不用品処分 立川市にお住まいの方ですと市のゴミ処理施設に自分で出したゴミを持ち込む事により処分する事が可能です。 ゴミ処理施設に不用品やゴミを持ち込む際には用紙への記入、免許証の確認などが必要となりますので立川市以外の方は利用する事が出来ません。 処理施設へ不用品やゴミを持ち込む際には燃やせるゴミ・燃やせないゴミ・粗大ゴミなど分類されていてゴミの種類により持ち込む場所も異なりますので、持ち込みする際には分類分けを行ってから不用品を持ち込みするようにしましょう。 立川市のゴミ処理施設ではなんでも処分してもらえそうなイメージがありますが処分できない物もあります。 処理できないごみ ・家電リサイクル法対象品(エアコン、テレビ、冷蔵庫・冷凍庫、洗濯機など) ・パソコン ・小型充電式電池・タイヤ・バッテリー ・プロパンガスボンベ ・注射針・消火器・オートバイ ・ホムタンク・ドラム缶・自動車・廃油や塗料の入っている容器・ピアノ ・農薬などの科学薬品・家庭用耐火金庫・事業系ごみは持ち込みしても処理してもらえませんので注意が必要です。 サイズの制限により持込が出来ないサイズがあります。 その他施設により処理が出来ない物があります。 清掃工場 搬入可能ごみ:燃やせるごみ・可燃粗大ごみ 住所:東京都立川市若葉町4-11-19 電話:042-536-2921 受入れ時間:午前8時30分から12時・午後1時から午後4時まで 受入日:月曜日から金曜日(祝日可) 総合リサイクルセンター 受入可能ごみ:燃やせないごみ・資源ごみ・粗大ごみ(金属、プラスチック等を材料とするもの) 住所:東京都立川市西砂町4-77-1 電話:042-531-0950 受入れ時間:午前8時30分から12時・午後1時から午後4時まで 受入日:月曜日から金曜日(祝日可) ゴミ処理場へ不用品を持ち込む際のメリット 自分で作業を行いゴミ処理施設で処分してもらう事により便利屋など業者に依頼するよりは費用を抑える事が可能です。 自分のタイミングで持込する事が可能です。 ゴミ処理場へ持ち込みデメリット 自己搬入する必要がありますので、運び入れる車を用意出来るかなどがポイントになります。 自分でゴミの分別を行いゴミや不用品を持ち込むという作業を行う必要がありますので作業を行える前提となります。 立川市のゴミ処理施設で不用品処分の利用例 立川市に住んでいて立川市で排出された不用品を処分してもらう事が出来ます。 お引越しで不要となった家具や不用品、ゴミを持込処分してもらう。 遺品整理で不要となった家具や不用品など持ち込み処分してもらう。 整理などで出て来た不用品をゴミ処理施設へ持ち込み処分が可能です。 小型家電リサイクル法対象製品は小型家電回収で処分 小型家電リサイクル法とは使用済小型電子機器等に利用されている金属その他の有用なものの相当部分が回収されずに廃棄されている状況に、使用済小型電子機器等の再資源化の促進を目的とした法律となります。 立川市では小型家電リサイクル法に基づき家庭で不要となりました小型電化製品を無料で回収しています。 使用済み小型家電回収品目例• 携帯電話・PHS(スマートフォン含む)• 電子辞書• ポータブルカーナビ• デジタルカメラ• ポータブルビデオカメラ• 携帯音楽プレイヤー• 携帯CD・MDプレイヤー• ゲーム機• 回収方法は指定場所に設置してある回収ボックスへ小型家電を持込して回収ボックスへ投入する事により不要となった小型家電製品を処分する事が可能です。 回収ボックスの設置場所は「立川市役所本庁舎」「子ども未来センター」「総合リサイクルセンター」に設置されています。 小型家電リサイクル回収ポータルサイトでは各市町村の小型家電回収品目や回収場所などを調べる事が可能です。 小型家電回収ボックスのメリット ゴミ集積所では指定日に出す必要がありますが、持ち込みできる場合には自分のタイミングで回収ボックス処分する事が可能です。 小型の電化製品のみ回収ボックス、指定場所で回収していますので処分できるのは小型家電のみとなります。 整理や引越しなどで出た小型の家電製品を持ち込む事により処分する事ができます。 東京都立川市で不用品処分のまとめ 不用品の処分方法は色々ありますが不用品の量や品目など自分で対応が出来る不用品なのか対応できないのかなどにより処分方法を考えて行く必要があります。 大量の引越しゴミをゴミ集積所に出す事は出来ませんので引越しでトラックいっぱいになるようなゴミをごみ集積所では処分できませんので状況に合わせた適切な処分方法を考えなければいけません。 不用品の量やゴミの量、自分で行える作業内容なのかなどにより対処方法は異なりますが、自分の状況と処理方法を合わせて不用品の処分を行っていきましょう。 皆さんの参考になればと思います。

次の

あぁ捨て忘れた……が減る!立川市のゴミ分別アプリ「たちかわごみ分別アプリ」がけっこう便利

立川 ゴミ 分別

「ゴミとして捨てる」 カーペットや絨毯、ラグなどの一般的な敷物は、「ゴミとして捨てる」という処分方法が一般的です。 それでは、カーペットは、可燃ごみ?不燃ごみ?それとも粗大ゴミ? カーペットに使われている素材のお話 カーペットに使われている素材にはいろいろな種類があります。 カーペット表面には、ウール、絹、綿、イ草、竹などの天然素材をはじめ、レーヨン、アクリル、ポリエステルなどの化学繊維、またカーペット裏地には滑り止めのためにゴム素材が使われているものがあります。 カーペットに使われている繊維・素材は1種類ではなく、さまざま。 サイズが大きいものは「粗大ごみ」、小さくても「不燃ゴミ」となるケースが多いでしょう。 小さいサイズのカーペット(足拭きマットくらい)は、ごみ袋に入る大きさにカットして、使われている 素材に応じて「可燃ごみ」、「不燃ごみ」として捨てましょう。 (分からない場合は、お住まいの各自治体に確認しましょう) ビニール紐でまとめたり、小さくカットしたりと体力と時間がちょっとかかりますね。 サイズが大きくないけど、 レーヨン、アクリル、ポリエステル、ポリプロピレン、ナイロンなどの合成繊維で作られたカーペット。 サイズの大きなもの、重量がそれなりにあるもの、カットできないものは、「粗大ごみ」として出しましょう。 捨てる枚数が多くて作業が面倒な方は、「粗大ごみ」として出しましょう。 不用品1点から見積・相談は無料で行ってくれる上、 24時間受付のインターネットからの申し込みだとWEB限定割引の特典も! 近畿エリアであれば年中無休・即日対応してくれるので、ごみの収集日まで待てない方や時間が無い方でも安心して相談できるのではないでしょうか? もちろん、カーペット以外にも自分で運び出せないような不用品でも は引き取ってくれますよ。 新しいカーペットをお探しなら、リビモネット カーペットの買い替えを検討されている方は がお買い得でオススメ。 メーカー直販のカーペットやマットを取り揃えているので、お買い得です。

次の