サーマル スロット リング。 www.eventagram.com:第1世代と第2世代Ryzenの違いは微小 AMD CPUロードマップ (2/3)

NVMe SSDのサーマルスロットリング設定温度をいじってみた

サーマル スロット リング

最近発売されたマザーボードにはM. 2スロットが用意され、M. 2対応SSDを導入している方も増えているかと思います。 「」でもSSDの重要性を解説しました。 2対応SSDの中でもNVMe対応SSDは、一般的な2. 5インチSSDに比べて速度が早いのですが、高速かつ本体の小ささから冷却がおいつかず、非常に高い温度になってしまうことがあります。 そのままでは熱暴走でSSDが壊れてしまうので、速度を落として発熱を抑え、SSDが破損しないような処理「サーマルスロットリング」が発生します。 高速なSSDなのに速度が遅くなっては導入する意味があまり無いので、このサーマルスロットリングを起こさないようにしましょう。 ヒートシンクを装着して解消 発熱元はSSDの動作を処理するコントローラーチップなので、コントローラーチップにヒートシンクを装着して冷却させる方法があります。 ainexの「」といったヒートシンクをコントローラーチップに装着してSSDの冷却をします。 この方法だとシンプルかつ安価に発熱を抑えることができるでしょう。 ヒートシンクを装着するときの注意点として、ヒートシンク装着には高さ30mm~40mmのスペースが必要になるので、他のパーツと干渉して物理的にヒートシンクを装着できない可能性もあります。 また、ケース内のエアフローが悪かったり、PCケース内部の温度そのものが高かったりするとヒートシンクの冷却が出来ないので、ヒートシンクの効果が薄くなることがあります。 PCI Express変換カードを使う もしPCI-Eスロットが空いているなら、PCI Express変換カードを使ったほうが手っ取り早く冷却できるでしょう。 玄人志向の「」は、M. 2対応SSDをPCI-Eスロットで使えるようにする変換カードです。 さらに冷却用の小型FANも付属しているので、冷却がおいつかないということはまず起こらないでしょう。 PCI Express変換カードとヒートシンクの併用が確実 ケース内の温度やエアフローをしっかり管理しているなら、ヒートシンクだけでも十分な冷却は得られるでしょう。 もしヒートシンクにするかPCI Express変換カードで迷う場合、PCI-Eスロットが空いているならPCI Express変換カードを使ったほうが確実でしょう。 ただ、小型FANの騒音が気になるかもしれませんので、PCI Express変換カードにSSDを装着し、その上にヒートシンクを装着すれば万全といえるでしょう。 サーマルスロットリングの発生は処理速度の低下だけではなく、SSDの寿命を縮める可能性もあるので十分な対処が必要と言えるでしょう。

次の

HP の逆襲

サーマル スロット リング

最近発売されたマザーボードにはM. 2スロットが用意され、M. 2対応SSDを導入している方も増えているかと思います。 「」でもSSDの重要性を解説しました。 2対応SSDの中でもNVMe対応SSDは、一般的な2. 5インチSSDに比べて速度が早いのですが、高速かつ本体の小ささから冷却がおいつかず、非常に高い温度になってしまうことがあります。 そのままでは熱暴走でSSDが壊れてしまうので、速度を落として発熱を抑え、SSDが破損しないような処理「サーマルスロットリング」が発生します。 高速なSSDなのに速度が遅くなっては導入する意味があまり無いので、このサーマルスロットリングを起こさないようにしましょう。 ヒートシンクを装着して解消 発熱元はSSDの動作を処理するコントローラーチップなので、コントローラーチップにヒートシンクを装着して冷却させる方法があります。 ainexの「」といったヒートシンクをコントローラーチップに装着してSSDの冷却をします。 この方法だとシンプルかつ安価に発熱を抑えることができるでしょう。 ヒートシンクを装着するときの注意点として、ヒートシンク装着には高さ30mm~40mmのスペースが必要になるので、他のパーツと干渉して物理的にヒートシンクを装着できない可能性もあります。 また、ケース内のエアフローが悪かったり、PCケース内部の温度そのものが高かったりするとヒートシンクの冷却が出来ないので、ヒートシンクの効果が薄くなることがあります。 PCI Express変換カードを使う もしPCI-Eスロットが空いているなら、PCI Express変換カードを使ったほうが手っ取り早く冷却できるでしょう。 玄人志向の「」は、M. 2対応SSDをPCI-Eスロットで使えるようにする変換カードです。 さらに冷却用の小型FANも付属しているので、冷却がおいつかないということはまず起こらないでしょう。 PCI Express変換カードとヒートシンクの併用が確実 ケース内の温度やエアフローをしっかり管理しているなら、ヒートシンクだけでも十分な冷却は得られるでしょう。 もしヒートシンクにするかPCI Express変換カードで迷う場合、PCI-Eスロットが空いているならPCI Express変換カードを使ったほうが確実でしょう。 ただ、小型FANの騒音が気になるかもしれませんので、PCI Express変換カードにSSDを装着し、その上にヒートシンクを装着すれば万全といえるでしょう。 サーマルスロットリングの発生は処理速度の低下だけではなく、SSDの寿命を縮める可能性もあるので十分な対処が必要と言えるでしょう。

次の

サーマルスロットリング とは?

サーマル スロット リング

第9回目は「ストレージのギモン」からいくつかの回答をチョイスして紹介する。 特別企画は、あなたのPCに煌めくイルミネーションを「基本パーツ&便利アイテムで大変身!! 光の演出で自作マシンを鮮やかに飾る」、キャリアから解き放たれたあなたは自由「ポケモンGOも、VRアプリも楽しみたい! 今すぐ買える最新SIMフリースマホ20選」、出張の多いサラリーマンは知っておきたい「PCマニアのあなたも便利に使えます ネットプリント&コンビニプリント 知っておきたい基礎知識」を掲載。 人気の連載記事、髙橋敏也氏による「髙橋敏也の改造バカ一台」や本Web連載中のの本編「わがままDIY」も掲載だ。 今号の特別付録小冊子は、聞こえれば良いとは言うけれど、どうせならいい音で聴きたい「サウンドカード、ハイレゾ対応USB DAC、ゲーマー必携のヘッドセットなど盛りだくさん!! サウンドデバイス大全 2016」。 A.現在はTrimによって最小限に抑えられています SSDは、すでにデータがある箇所に別のデータを書き込む際、上書きができず、一度消去してから書き込むという手順が必要なため、使い込むほど速度が低下する傾向があります。 しかし、Windows 8以降のOSでは使っていない箇所のデータを消去する「Trim」による自動メンテナンスが行なわれているため、速度低下は最小限です。 Trimコマンドは「ごみ箱を空にする」などのタイミングで発行されるほか、Windows 10では毎週自動的に実行されるためユーザーが意識する必要はありません。 また、TrimはSSD側の対応も必要ですが、現在市場にあるSSDならほぼ対応しています。 A.NVMeモデルは温度が高くなりやすいので冷却を推奨します M. 2のNVMe SSDは高速なだけに発熱も大きい NVMe SSDは、Serial ATA SSDと比較して性能が大幅に向上していますが、同時に消費電力も大きく、発熱も増大しています。 このため、「サーマルスロットリング」と呼ばれる熱暴走を回避する仕組が発動し、性能が低下するケースがあります。 2形状のNVMe SSDはサイズの小ささから熱対策がしにくく、読み出しや書き込みがある程度の時間継続すると、性能低下が起こります。 そこで今回は、ヒートシンクと小型ファンでIntel SSD 600pとLite-On Plextor M8PeGNの熱対策を行ない、温度と速度の変化を調べてみました。 結果は、ヒートシンクは大きいほど効果が高く、ファンとセットで利用することでさらに効果がアップしています。 【検証環境】 CPU:Intel Core i5-6600K(3. 0、MLC、256GB) OS:Windows 10 Enterprise 64bit 版 速度の計測にはTxBENCH、温度の計測にはHWiNFO64を使用。 計測範囲100GBで4KB QD32のランダムライトをぞれぞれ5分間実行した場合の速度と温度を測定している。 また、各テストの間には5分間のアイドル時間を設定した。

次の